お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR 生活

もう元には戻れない! 多忙なワーママがハマる、子&猫アリ家庭に“快適過ぎる”暮らしの極意とは

「使い出したら便利過ぎて手放せない」と評判の、ロボット掃除機 ルンバ。働くママであるマイナビウーマンスタッフ・Kもそのひとりです。3年前から愛用し、もはやノールンバ生活は考えられないと断言するヘビーユーザーのKに、進化したルンバを体験するチャンスが! そこで旧来のお掃除スタイルとも比較すべく、1週間の“ルンバ断ち”を指令したところ「無理ムリ~。でも新しいルンバ使ってみたい……」と、渋々承諾。1週間後、K宅に新しいルンバ960が届きました。

ヘビーユーザーが、“ルンバ断ち”して1週間…

もともとルンバを使い始めたのは、キレイ好きのワーママが「自分で掃除機をかけるより、はるかにキレイになるよ」と薦めてくれたから。最初は半信半疑だったけれど、いざルンバを使うようになってから、ホコリや髪の毛を気にすることがまったくなくなり、床がツルツルになるので素足が本当に快適で。ルンバが掃除のプレッシャーから解放してくれました。

床に散らばる無数の髪、猫の毛にホコリ……元に戻った掃除の負担とストレス

長髪パパとわんぱく盛りの息子、さらに猫2匹がいるK宅。ルンバを断ち、コード付き掃除機を使う手動のお掃除スタイルで生活してみて、今まで本当にルンバに助けられていたことを、あらためて実感した、とK。

ルンバがないと、子供はものを出しっぱなしの状態です。(※再現)

「毎朝ルンバのスイッチを入れて出勤、帰宅すると部屋中キレイになっている、という生活が当たり前になっていたので、この1週間は本当にストレスでした! 2日目にさっそくホコリや猫の毛が気になり、ああ掃除しなくちゃ……と思いつつ、忙しくてなかなか手が回らないし、納戸から掃除機を引っ張り出すのも面倒で。やっと掃除機をかけても、ホコリの吸いこぼしがなんとなく気になるし、子どもが外から元気に運んでくる砂ボコリで、廊下はすぐにザラザラ。

床に髪の毛やホコリがあるのを意識したのは久しぶりでした……。

しかも夫の髪が長いから、床に髪の毛がいっぱい散らばっているのが目立つんですよ。夫婦どちらが掃除をするかでプチ衝突が勃発するし。汚れた部屋ではリラックスできない、キレイにしなくちゃ!という義務感でイライラして、すぐにルンバロスに陥りましたね」。

新たなルンバがやってきた。え、ルンバってここまでパワーアップしていたの!?

ルンバロス1週間を経たそんなK宅に、お待ちかねの新しいルンバが到着。「前よりデザインがスタイリッシュになったんじゃない?」「ここにカメラがあるよ!」「吸引力がアップしたんだって」と、笑顔ではしゃぐ3人。それでは待望のルンバ、いざ使ってみましょう。

カメラ&センサーでお掃除エリアを高精度に感知、これまで以上にかしこく・力強く・ていねいに清掃!

使い方は簡単です。3年前から使っているモデル同様、中央のCLEANボタンを押すだけでお掃除がスタート! 進化したルンバの動きを観察して、Kがもっとも驚いたのは、かしこくてていねいな動き。本体に搭載したカメラやセンサーでルンバ自身の位置を把握しながら、「ぞうきんがけ」をするように往復して、すき間なく効率的にお掃除します。部屋から部屋へ移動する動きもスムーズなので、家族が常に集まって、ホコリや髪の毛で頻繁に汚れるリビングルームや、子どもが持ち帰ってきた砂ボコリでざらつく廊下も、すべてのお部屋を一度ですみずみまでキレイにしました。猫も“抜け毛を吸い取ってくれてありがとう”と、挨拶しているみたい!

せまい隙間に果敢にもぐってお掃除、砂ボコリでざらつく廊下も一度にお掃除!

ルンバそのものの特長も健在です。掃除機ではなかなか行き届かない家具の下にもしっかりと入り込むので、見て見ぬふりをしていたホコリやゴミもスッキリ。ラグや敷居などの段差も、2センチ程度の段差なら軽々と乗り越えるので、お部屋の家具レイアウトやインテリアはそのままでOK。お掃除に必要な機能はそのままに、かゆい所に手が届くようなルンバのスムーズな走行に、Kも思わずニンマリ。

ちなみにKパパが一番反応していたのが、ルンバの動きを制御できる「デュアルバーチャルウォール」という付属品。これを置くことで赤外線の見えない壁ができ、半径約60cmの円形の進入禁止エリアをつくることができます。家族がお仕事や学校で家にいないときも、猫たちのお食事スペースを守れるので、より安心してルンバに掃除を任せられます。

進入させたくないゾーンに見えない壁を作る「デュアルバーチャルウォール」。猫たちの食事もこれなら安心です。

超使える! 猫のエサ皿や水入れ付近に置けば、ルンバの進入を禁止できるので、猫たちがリラックスしてエサを食べられる。これなら留守中も安心だね。

やっぱり手放せない! ルンバが変えた家族の暮らし

ルンバがあると、大げさじゃなく、お部屋がこんな風に片付くんです。

「今までのルンバにも十分満足していたけれど、最新ルンバのかしこさなどの掃除力は期待以上! 部屋のすみずみまで掃除が行き届くし、廊下の砂ボコリのザラザラも消えて、フローリングはツルツルになっています」。部屋全体の印象も心なしか明るくなったようで、家族も猫も心からリラックス。

ルンバがないとき(左)と、あるとき(右)では、コード周りもこんなに変化。

ルンバのメリットは、ゴミや汚れが気にならないだけでなく、家族みんなに“片付ける習慣が自然と身に付く”ことだとKは言います。「ルンバの掃除の邪魔にならないように、床にモノを置かなくなり、充電器などのケーブル類もまとめるようになるので、自然と部屋はいつも整理整頓された状態がキープされます。息子もランドセルやサッカー道具を率先して棚に収納するし、家族みんなが積極的に片付けに参加するので、掃除に費やす時間を家族団らんや他の家事に有効活用できることを、今回あらためて実感しました」。

ルンバの掃除の邪魔になりそうな荷物を片付ける習慣がつくのがうれしい!

先輩ワーママが心底思う。“もっと早く買っておけば良かった……!”

わが家は息子が年長のときにルンバを購入したのですが、もっと早く買っておけば、育児や家事がもっとラクだっただろうなあ……と何度も思いましたね。たとえば、離乳食が始まった頃なんかは、食べこぼしするたびに掃除していたので。でももちろん今も大活躍で、やんちゃ息子は校庭の砂を持って帰ってきたり、友達を家に連れて来てお菓子を食べてボロボロと床に落とすし(笑)。そんなときにもルンバはママを助けてくれる、強い相棒になってくれます。なんといっても自分の手で掃除機をかけるよりはるかに清潔になるので、時間もストレスも圧倒的に軽減されています。

そんなルンバをまだ未体験の人に、うれしいお知らせです。実はルンバを15日間おためしできる注目のレンタルサービスがあるのです。これなら「気になっているけど、自分の家で使えるか不安……」なんて心配はご無用ですね。興味がある方はルンバ公式サイトのこちらをチェックして。実際に自分の家で使い勝手を確かめられるうれしいチャンス、まだルンバ生活を体験したことない人は、この機会にぜひ一度試してみては?

思い通りいかない掃除はルンバに一任! 4人家族の場合

今回Kファミリーが体験した「ルンバ900シリーズ」は、カメラと多彩なセンサー搭載で、フロア全体をナビゲーションし、ルンバ自身が今どこにいるのか、部屋のどこがまだ掃除されていないのかを高精度に判断するというスグレモノ。ルンバ独自のテクノロジーで、目にみえない微細なゴミやハウスダストまでも徹底的に吸引します。
さらに「iRobot HOME」アプリを使えば、別の部屋にあるルンバを遠隔で操作したり、お仕事中に子どものお友達が遊びに来るけど、お掃除してない!とあわてなくても、外出先から掃除を開始することもできるハイテクぶり。毎日を快適に、暮らしの質を向上させてくれる頼もしい存在。
基本的な清掃力を兼ね備えたスタンダードモデルの「ルンバ600シリーズ」や、日々のお手入れがカンタンなハイエンドモデルの「ルンバ800シリーズ」と豊富なラインナップが揃っているので、ぜひあなたにピッタリのルンバを見つけてください。

「ルンバ」公式サイトへ

提供:アイロボットジャパン合同会社

お役立ち情報[PR]