お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR (PR)女子旅.com

【第1弾】ブッキング・ドットコム「情熱トラベラープロジェクト」ムービー “食”への情熱を実現! 話題のフィリピン料理を体験

イメージ

食・ファッション・写真・芸能の各専門分野で活躍する4人の“情熱トラベラー”が、それぞれの目的やアクティビティを実現するべく旅に出発する、ブッキング・ドットコム「情熱トラベラープロジェクト」がいよいよスタート。記念すべき第1弾は、ローマ出身の料理研究家、ベリッシモ・フランチェスコさんの情熱トラベル。“食”に対する情熱を実現すべく、ベリッシモさんが向かった先は、注目度高まるフィリピンのセブ島!!素敵な夜との出会いと共に紹介いたします。

今回の“情熱トラベラー” ベリッシモ・フランチェスコさん

イメージ ローマ生まれ。家族の影響で幼い頃から料理に親しみ、イタリアと日本の文化の懸け橋的な役割で活躍の場を広げるため、20歳の時に来日。テレビなどのメディアや、クッキングショー、講演、料理イベント出演のほか、国内外のレストランやホテルのコンサルティングなど、幅広く活躍中。現在は、イタリアの一流レストランのシェフ、料理人、料理研究家を中心に結成された、イタリア料理研究会の会長も務める。
Instagram:https://www.instagram.com/bellissimoyoshi/?hl=ja

情熱トラベラー セブ島編(フィリピン)
料理研究家・ベリッシモ・フランチェスコが体験した“情熱トラベル”

イメージ

「僕の旅の情熱は“料理”。海外旅行をすることで、その国の文化を知りたい。料理を楽しむことで、その国の文化がわかってくる」とベリッシモさん。そんな彼が今回の旅の舞台にセブ島を選んだ理由は、さまざまな国の料理が融合し、独特のスタイルが生み出されたフィリピン料理を学ぶため。フィリピン料理は、2017年のトレンドフードとして世界中で注目を集めており、ブッキング・ドットコムのアンケートでも、セブ島への旅の目的で「食べ物」が1位になるほど!

セブ島での「旅の目的」ランキング

  • 1位 食べ物
  • 2位 ショッピング
  • 3位 友好的な人たち
  • 4位 ビーチ
  • 5位 くつろぎ

(出典:ブッキングドットコム調査より)

現地独自の調理法で作られる伝統的なフィリピン料理を学ぶために、いざセブ島へ!

海外旅行をする醍醐味!
その国の“料理“を楽しむことで、文化がわかり、新しい発見がある!

イメージ

セブ市内の最大規模マーケットで多くの食材に触れる

セブ島に降り立つやいなや、ベリッシモさんが向かった先は「セブ市民の台所」と言われる「カーボン・マーケット」。「食材はどういうストーリーがあるのか。どこからきて、誰が売っていて、誰が調理をするのか。そのような全てのプロセスに興味がある。料理を通して学ぶことがたくさんあるので、良い勉強をさせていただいて、自分の料理に活かしていきたい」と語るベリッシモさん。セブ市で最も古く、かつ最大規模のマーケットを歩き回り、フィリピン料理に欠かせない「カラマンシー」をはじめ、採れたての野菜、フルーツ、魚、鶏肉など、現地の食材を熱心に見学。人々の暮らしに触れられるのも市場巡りの醍醐味です。

最近、大注目のフィリピンのセブ島は、
まさに “食”の宝庫!

イメージ

イメージイメージ

フィリピンの代表的料理「Lechon(レチョン)」を堪能

食材を知った後は、早速現地の味を堪能するためにセブ市内のレストランへ。「LIGHTHOUSE(ライトハウス)」や「Laguna Garden Cafe(ラグーナ・ガーデン・カフェ)」に立ち寄り、スパイスなどに漬け込んだ鶏肉をパンダンという葉で包んで揚げる「Chicken Pandan(チキンパンダン)」や野菜のソテーが入ったフィリピンの生春巻き「Lumpiang Sariwa(ルンピア・サリワ)」など、フィリピンの伝統的な料理を体験。 また、「RICO’S LECHON(リコーズレチョン)」では、フィリピンの祝祭には欠かせない「Lechon(レチョン)」に舌鼓。さらにフィリピン料理への関心が高まったようです。

ホテルへのこだわり!
“料理”を最大限に楽しむための空間があること!

イメージ

イメージ

シャングリ・ラ マクタン リゾート&スパ(Shangri-La’s Mactan Resort & Spa)

「“料理”を最大限に楽しむために、身体を動かす場所やジムがあったり、身体を休めるスパやマッサージが備わっていたり、心身ともにリフレッシュできる空間があることが大事」と、ホテルへのこだわりも深いベリッシモさん。そんな彼のために、ブッキング・ドットコムでセレクトしたのが「シャングリ・ラ マクタン リゾート & スパ(Shangri-La’s Mactan Resort & Spa)」。今回の“情熱トラベル”の宿にふさわしい、充実した設備、抜群のロケーションを誇る5つ星ホテルです。くつろぎの空間を提供する評判のラグジュアリーホテルとあって、ベリッシモさんもゆっくりと過ごせたようです。

新しい発見は海外旅行でしか味わえない魅力!
現地料理を学ぶ、料理教室を計画!

イメージ

シェフとともに現地料理にチャレンジ!

旅の締めくくりとして、ホテルで現地料理を学ぶ料理教室を計画。この料理教室では、マグロのぶつ切りとタマネギなどの刻んだ野菜を酢であえた「Kinilaw(キニラウ)」や、旅路で食した「Lumpiang Sariwa(ルンピア サリワ)」、現地で採れたパイナップルやマンゴーを、カラバオという水牛のミルクを原料とするチーズと共に味わうスイーツ「Pineapple Marinade(パイナップル マリネ)」などの料理にチャレンジ。シェフとともに実際に料理を行ったベリッシモさんは、フィリピン料理という新たな体験を通じて、自身の料理の幅を、より一層広げる大きな経験を得たようです。

情熱トラベラー」の旅をもっと見る

ブッキング・ドットコムPRESENTS「情熱トラベラー」続々始動中! その“思い”とは?

イメージ

世界最大の宿泊予約サイト「ブッキング・ドットコム」が、情熱を叶える旅に出かける人を応援すべく「情熱トラベラープロジェクト」をスタート。トラベラーたちを応援する“思い”をブッキング・ドットコムの北アジア地区統括兼日本地区リージョナル・ディレクターを務めるアダム・ブラウンステインが教えてくれました。「旅行先で実現したい目的やアクティビティなど、一人ひとりが“情熱”をもって行く旅行の醍醐味や楽しさを多くの人に広めたいと考え、その“思い”から“情熱”をもって旅に出るトラベラーを応援していきたい」。今回のベリッシモさんによる「ブッキング・ドットコムpresents情熱トラベラー セブ編」に続き、今後も3人の“情熱トラベラー”が、それぞれの情熱を実現するべく、さまざまな国に旅立ちます。その旅の様子を、各情熱トラベラーのSNSアカウントおよび、「ブッキング・ドットコム」の公式YouTubeチャンネルにて随時公開予定なので、お楽しみに♪

ブッキング・ドットコム」の公式YouTubeチャンネルをチェック

ブッキング・ドットコム

イメージ

世界中の人々に世界を体験していただくことを使命とし、情熱を持った旅のお手伝いをしてくれるオンライン宿泊予約サイト「ブッキング・ドットコム」。B&Bスタイルから5つ星の高級リゾートまで、227ヶ国と地域にある130 万軒以上の宿泊施設の予約が、なんと無料でできるんです! 実際に宿泊したゲストのみが書き込める1億件以上のレビューもタメになると評判。日本語 をはじめ、43の言語に対応し、パソコン、スマートフォン、タブレットなどからアクセスできるのも便利です。

ブッキング・ドットコム

提供:ブッキング・ドットコム

Advertisement