お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR アイテム

あちゃ、洋服にシミ……そんなときの救世主。応急処置にピッタリのシミ取りペン『Shimitori』が頼もしい!

「やだ、食べこぼしのシミが……!」。気をつけて食べていたはずなのに、知らない間にシャツにソースやスープが飛んでいて、真っ青になった経験、ありませんか? 自宅ならばすぐに着替えてシミ抜きできても、外出先だと、ハンカチを濡らしてシミ部分を拭きとるくらいがせいぜいで、きれいに落とせることはまれ。お気に入りの一着を泣く泣く部屋着に格下げ……なんて悲劇を起こさないために、ポーチに常備しておくと便利な“頼れるアイテム”があるみたい。

お昼のミートソースのシミが! でも急いで洗えるとは限らないわけで……

おろしたての服や、薄めの色の服を着ているときに限って、食べ物のシミがついてしまうのはなぜなんでしょう? ついてしまったシミは“すぐ洗濯”が鉄則ですが、外出先ではそうもいきませんよね。シミがしっかり落とせるかどうかは、時間との戦いでもあります。

その場ですぐに洗い落とすことができればよいのですが、そんな時に限って水では洗い落とせない油系のシミだったり、そもそも十分な時間がなかったり……。せめて人と会う前に、シミが目立たないよう応急処置をしたい! そんな“困った!”なシチュエーションで有能な働きをしてくれるアイテムが、こちら。

布についたシミを手軽に取り除く(目立ちにくくする)、ペンタイプのシミ取り剤、その名も『shimitori(シミトリ)』。直径1センチくらいのシミであれば約3~4回、水性・油性どちらのタイプのシミにも対応しています。使い方はとっても簡単!

緊急事態の応急処置に! 衣類用シミ取りペン『shimitori』を使ってみた

まずは余分な汚れを拭き取ります。

シミのついた服の下にティッシュや乾いた布を敷いて、『shimitori』のペン先を押し当てて、液を出し、トントントン。ペン先をくるくるくる、トントントンの要領で、下のティッシュにシミを移して落としていきます。布地との相性によって落ち方は異なりますが、しょう油やカレー、ケチャップやミートソース、ジュースやコーヒー、口紅など、たいていのシミに効果アリ。さりげなく漂う「お花畑」の香りも、シミがついて落ち込む気分をリフレッシュしてくれそう。

シミが落ちたら、布に残った液はタオルなどで拭き取って、応急処置は完了です。ほら、先ほどのミートソースのシミ、ほとんど見えなくなりました! なお『shimitori』は応急処置用のシミとり剤なので、液による輪ジミなどを防ぐためにも、家に帰ったらその日のうちに洗濯するのが鉄則です。
うっかりつけた食べ物シミでお気に入りの洋服をダメにしないために、幅広いシミに対応する『shimitori』をバッグに常備しておくと心強いですね!

かわいくて頼もしい! 携帯用シミ取りペン『shimitori』
布に描いてアイロンをあてるだけで、洗濯もOKになる『ぬのペン』や、陶器に描いてオーブンで焼付けると定着する『らくやきマーカー』など、遊び心たっぷりなアイディアと確かな技術で開発されたペンや雑貨を生み出しているエポックケミカル社が、携帯用のシミ取りペン『shimitori』を新発売! 見た目はかわいいスティックながら、幅広いシミに対応しているスグレモノです。今回お試ししたピンクの「お花畑」のほかに、イエローの「グレープフルーツ」、水色の「無香料」の3タイプ。直径1センチ程度のシミなら約3~4回使えます。

ペンタイプのほかに、1回の使い切りタイプもあり。使い方はほぼ同じで、本体をプッシュして液を出しながらくるくるくる・トントントン。小指くらいのサイズ感でキュートな見た目ながら、シミとり効果はペンタイプ同様で頼もしい存在です。ぜひお試しあれ!

『shimitori』を詳しくみる

提供:株式会社エポックケミカル

お役立ち情報[PR]