お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR

立ち仕事の美容部員さんが本当に求めるパンプスを開発せよ! きれい見えなのに負担が少ない“理想のお仕事パンプス”が出来るまで

女性の美しさを最前線でサポートしている美容部員さん。きれいで華やかな世界の裏側で、実際は一日立ちっぱなしのことが多く、足元は痛みとむくみとの戦いなのだとか。そんな美容部員さん3名と、働く女性を足元からサポートするシューズブランド『レディワーカー』がタッグを組み、“理想のパンプス”を開発するプロジェクトを昨年9月に始動。約1年にわたる開発の模様に編集部は注目してきましたが、このたび『Beauty care pumps(ビューティー・ケア・パンプス)』として、いよいよ形になったのだとか。発売が待ち遠しい新パンプスの魅力を、いち早くお届けします。

3ヶ月に一足履きつぶす、朝と夕方でサイズが違う……美容部員の足元あるある

毎日が痛みや疲れとの戦い! だから何よりも重視するのが「履きやすさ」

このプロジェクトに参加したのは、有名化粧品メーカーで働く3人の美容部員さん。昨年9月におこなわれた最初の意見会では、仕事で履いているパンプスへのお悩みを、具体的にヒアリング。

「せっかくお気に入りの1足を買っても、3ヶ月ペースで履きつぶしてしまう」、「夕方になると足がむくんでパンパンになるので、ヒールが低めのパンプスに履き替える」、「高いヒールのパンプスは前滑りして足が痛くなるけれど、仕事中にペタンコ靴は履きたくないから、痛みに耐えて履き続けている」などなど、立ちっぱなしのつらい“足元あるある”が続々! そんな3人がお仕事パンプスに一番に求めることは、ズバリ“履きやすさ”で、クッション性は絶対必須とのこと。インナーソールも重要で、やわらかめではなく、ほどよい硬さがあるのが良いのだそう。

ヒールの高さは? かかとの太さは? 立ちっぱなし仕事の味方となるパンプスって?

履き心地の良さはもちろん、パンプスを履いた時の“見た目の美しさ”も同じくらい大事だと、3人は口をそろえます。
「スタイルを良く見せるためにもヒールの高さは、7cmくらいあるのが理想」、「ヒールはできたら細い方がうれしい。太いと安定感はあってもどことなく野暮ったいから」、「素材も大事で、洗練された印象を与えるような、上品なツヤ感がほしい」。

“自分が仕事で履きたいのはこんなパンプス!”という3人の具体的なイメージを参考に、『レディワーカー』開発担当者たちが試作品を作り、美容部員さんがお試し、さらに試着した意見をもとに改善することを続けること約1年。従来のレディワーカーの特性である履き心地は一切妥協せず、さらに見た目のシルエットの美しさを発展させた一足は、『Beauty care pumps(ビューティ・ケア・パンプス)』と名づけられました。

美容部員の“足元あるある”炸裂! 第1回目の意見会を見る

【履いてみた】毎日外回りの営業女子も、『Beauty care pumps』をお試し!

そんな『Beauty care pumps(ビューティ・ケア・パンプス)』のサンプルを編集部が入手。毎日パンプスで取引先を回るマイナビウーマン営業のMが、いち早く履いてみました。

第一印象は、「上品な見た目ですね。従来のレディワーカーよりシルエットが細くて、華奢な印象がステキです」。いざ履いてみると、「足のホールド感がしっかりあって、足を入れて歩いてみると快適な履き心地を実感しました。ヒールは細めなのにしっかりとした安定感があり、これならいくら歩いても快適かも」とかなり好感触。「つま先部分がないインナーソールは初めてです。だから足指が自由に動かせて、窮屈な感じがしないんですね。前滑りしにくい素材のおかげなのか、指先まで快適でした。これは毎日履きたいパンプスかも!」と、歩き回るお仕事の代名詞、営業女子もお墨付きでした。

『レディワーカー』を詳しく

働くこと、それは自分らしく輝く時間

【たかみな流お仕事論PART3】女子同士の衝突は、事前回避が絶対!

『レディワーカー』のイメージキャラクターを務める高橋みなみさんは、女だらけの世界をまとめ上げるために、メンバーとの会話を大切にしていたそうですが、女同士の微妙な言い回しに戸惑ったこともたくさんあったようです。

「ストレートに気持ちを言える女子って、多くはないですよね。相手が仕事仲間なら、なおのこと。ハッキリ言えないから、何か含んだような言い回しをしたり、遠回しに何となくイヤミっぽいことを言う人もいると思うんです。言われた側は、『どういう意味?』『ひょっとして、けなされている?』と真意を測りかねることもありますよね。でも、考えてみて。良いことをわざわざ遠回しに言う人って、あまりいなくないですか? プラスの感情は、素直に相手に伝えたくなるもの。だとすれば、何か含んだ言い方をしているのは、マイナスなことを言っていると考えたほうがいいと思います。大事なのは、そこで『そっちだって!』と反撃したり、避けたりしないこと。この先も仕事で接しないといけない相手なら、一定の距離を保ちながらやっていく選択をするほうが、結果的に気持ちは楽だと思います」

高橋みなみさんに聞く、女社会をサバイブする極意

美容部員さんの声から誕生! きれい見えなのに負担が少ない『Beauty care pumps』が12月に登場
女性のためのお仕事靴を数多く展開する「レディワーカー」から、待望の『Beauty care pumps』が、いよいよ12月に発売決定! 履き心地と美しいシルエットの両方を兼ね備えた、と開発担当者も自信をのぞかせる仕上がりです。かかとの重心の下にヒールを配置し、インナーソールのアーチサポートで前滑りを抑制。つま先がないインナーソールで窮屈感を感じさせない上にほどよいクッション性で蹴り出しやすく、歩きやすい機能性にも注目です。発売が待ち遠しい限りですが、「レディワーカー」シリーズは、ほかにもさまざまなニーズに合わせたパンプスを多数ラインナップ! ぜひ公式サイトをのぞいてみて。

自分に合ったパンプスを、スタイルから選ぶ

私を変える仕事靴、「レディワーカー」とは?

「レディワーカー」オンラインショップへ

提供:アシックス商事株式会社

お役立ち情報[PR]