お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR ダイエット

あなたも認定されている!? 男子が思う『崖っぷち女子』は〇〇が境界線?

renaissance_0526_001

これ以上“イタイ”と、クドく気にもならない。そんな、男子にとっての恋愛対象ボーダーラインにいる女子=“崖っぷち女子”には、誰もがなりたくないもの。あなたは、「自分はまだまだセーフ」だと思っていませんか? そんな隙が、実は“崖っぷち女子認定”されているかも!? 男子のホンネをチェックして、引く手あまたの“好印象女子”をめざそう!

男子のホンネ!
『崖っぷち女子認定』されてしまう女子の共通点とは?

「崖っぷち女子」「イタイ女子」と思う女性って、どんな人?

「崖っぷち女子」「イタイ女子」と思う女性って、どんな人?

※アンケート:2017年4月、マイナビウーマンにてWebアンケート実施/有効回答人数:400人/23歳~35歳の社会人男性を対象

男子が思う「崖っぷち女子」の筆頭は、「年齢に見合わないかわいすぎる服装ばかりする」(39歳/団体・公益法人・官公庁)、「無理やり若作りしている女性」(38歳/小売店)など「外見に気を使っていない」人という結果に。また、「露出があって若い子が着るような服を着ているが体型が明らかに崩れている」(29歳/医療・福祉)など5位に「体型が崩れている」がランクインしていることを考えても、どうやら見た目の劣化を自覚していない女子は“崖っぷち認定”されてしまうよう。

まだ間に合う!
男子の憧れ“好印象女子”になるための3つのメソッド

もしかしたら崖っぷち女子?エピソード

「甘い物を食べると、すぐ肌に吹き出物ができるようになった」(34歳/情報・IT)
renaissance_0526_006
「まわりがみんな結婚してしまい、土日に遊んでもらえる子が減った。女子会をしても恋バナで盛り上がらなくなった」(27歳/医薬品・化粧品)
renaissance_0526_006
「太りやすくなった。ちょっと飲み会が続いたら簡単に2kgくらい太る」(31歳/情報・IT)

先ほどの男子のホンネだけでなく、同世代女子たちの自覚エピソードを見てみても、これまでは若さを言い訳にして見て見ぬフリをしていたボディや肌のケアが、この先“崖っぷち認定”されるかどうかを大きく左右するみたい。カラダのゆるみは、心のゆるみにもつながるもの。心身ともに好印象な女子になるためには、まずは美しいカラダをキープすることから始めたほうがいいかも!

そこで、2011〜2015 ミス•ユニバース•ジャパン オフィシャルトレーナーも務め、医療•健康•食の専門家によるプロフェッショナルチーム「ラブテリ トーキョー&ニューヨーク」を日本とNYに発足している予防医療コンサルタントの細川モモさんに、崖っぷち女子から脱却するためのメソッドを伝授してもらいました。

  • 細川モモ
  • 細川モモ・予防医療コンサルタント
    ・社団法人ラブテリ トーキョー&ニューヨーク代表理事
    (http://www.luvtelli.com)
    ・2011〜2015 ミス•ユニバース•ジャパン ビューティーキャンプ講師
    両親のガン闘病をきっかけに予防医学に関心をもち、渡米。Internaotional Nutrition Supplement Adviser.の資格を取得後、健康食品会社の開発部に所属。以後10年間欧米の疾病予防リサーチと勉強に充て、09年に予防医療のプロフェッショナルチーム「Luvtelli(ラブテリ)Tokyo&NewYork」を日本とNYに発足。5年に渡り世界一の美女候補の身体づくりをサポートし、美と食と健康について分析を行う。

『崖っぷち女子』改善メソッド
加齢によって女性はおばさん化じゃなくておじさん化!?

細川さんよると、「女性は加齢とともに女性ホルモンが減少し始めるため、より体脂肪がつきやすくなり、“おじさん化”すると言われている」そう。そんな女性の体の変化を考えたとき、アラサーを迎えてからの意識と行動が、アラフォー、アラフィフでのビューティー&ヘルスを握る大きな鍵となるよう。「これからの体型の変化を放置するのか、きちんと向き合うのかで10年後、20年後に驚くほど大きな違いが出るのが女性のプロポーションです」(細川さん)。では、きちんと向き合うためにはどうすればいいのでしょうか?

崖っぷち女子改善メソッドⅠ 食生活を見直す

崖っぷち女子改善メソッドⅠ 食生活を見直す

「私たちが働く女性1,000名を対象に行った健康調査によると、①朝ごはんを抜く、②おやつを食べ過ぎる、③摂取カロリーが終戦直後以下(平均1,479kcal以下)という実態が浮き彫りになりました。しかし、これは加齢のケアには逆効果。結果的に、見た目はスリムでも体脂肪が高い”隠れ肥満”体型になってしまいます。
女性のアンチエイジングとは、“天然のコルセット”である筋肉をつけること。そのためには、運動だけでなく、筋肉の材料となるたんぱく質を3食コンスタントに取り入れる必要があります。食べる目安は、“1食あたり片手手のひら一盛り”と覚えておきましょう。またたんぱく質だけでなく、海藻や果物などバランスのいい食事が全身の筋肉量を良好に保つことがわかっています。もしバランスを考えるのが難しいのであれば、”1食あたり5色揃える”ことを意識してください」(細川さん)

崖っぷち女子改善メソッドⅡ 基礎体力をつける

崖っぷち女子改善メソッドⅡ 基礎体力をつける

「階段をのぼると息が切れたり、ダッシュしたらすぐに疲れてしまったり、アラサーになると基礎体力の低下を痛感する機会も少なくないですよね。もしこの先、子育てをしたいと思っているなら、基礎体力は余計に求められます。基礎体力は運動によって強化できますが、働く女性の半数は“活動量レベル”が運動不足と評される“1”という状況です。忙しくて運動時間を確保できない気持ちはよくわかりますが、運動(有酸素運動)は、認知症の予防に繋がったり、抗うつ剤と同クラスのリフレッシュ作用があることもわかっていますので、たとえば土曜日の朝だけとか、少しの時間を将来への投資として充ててみることをおすすめします」(細川さん)

崖っぷち女子改善メソッドⅢ 継続できることを実行

崖っぷち女子改善メソッドⅢ 継続できることを実行

「体型の変化や体力の衰えは、残念ながら努力なしに維持・改善されることはありませんので、運動も“たまにやる”ではなく、“習慣化する”ことが大切です。特に、アラフォー、アラフィフになると運動習慣の有無は目に見えてはっきりわかるようになります。女性の若さを印象づけるのは、バストやヒップの“高さ”と言われていますが、ほかにも二の腕の引き締まり具合やたるみのなさも挙げられます。実年齢に対して、圧倒的に若くスリムで美しく見える女性は、例外なく運動習慣を持っているもの。一朝一夕では叶わないものですので、“習慣化”を心がけましょう」(細川さん)

まずは行動あるのみ!

「崖っぷち女子」から卒業!
適度な運動を続けて、“好印象女子”へ!

総合型フィットネスがいい理由

総合型フィットネスがいい理由

「アラサー以降の女性にとって悩みの種である“疲れやすさ”(基礎体力の低下)、“体型の崩れ”(基礎体力と筋肉量の低下)、“冷え性”、“肩こり”などに、運動習慣は総合的な解決力があります。たとえば、弱り続ける腹直筋を鍛えることで姿勢悪化による消化器官の圧迫を予防して膨満感を予防・改善したり、気分がすっきりしたり。また、食欲や水分摂取量が増して栄養状態が良好になったり、夜もぐっすり眠れるようになったりすることも大きなメリットです」と細川さん。

そんな中で、基礎体力をつけ、かつ忙しい女性でも無理なく運動を続けられるのがヨガやピラティスといったスタジオプログラムに、プールプログラム、ジムプログラムなど、バリエーション豊かなメニューが揃う「総合型フィットネス」で、細川さんご自身も通われているとか。細川さん曰く「まさに運動の総合デパート」で、現在の自分の体力や環境にあった運動ができるほか、体調やその日の気分でメニューが選べるのが魅力です。

崖っぷち女子にならないために!

続けることが大切!
継続できるスパイスが「総合型フィットネス」には豊富に♪

「たとえば月経中はハードな運動はNGですが、気分の浮き沈みやむくみは気になりますよね。そんなとき、総合フィットネスなら、リフレッシュ効果の高いヨガを選んだり、運動が苦手でも美姿勢になるバレエを選んだりすることができます。また、私自身は、独身時代は自宅がユニットバスだったので、運動後に入る広々としたお風呂やサウナ(岩盤浴)も楽しみのひとつでした」(細川さん)

さらに、総合フィットネスはサポート体制が充実しているのもうれしいポイント。「特に強度の高い運動をする場合、自己流だと膝や腰を痛めることもありますので、専任のトレーナーにしっかり指導してもらえるのはいいですね」(細川さん)

どうやら普段から運動不足を自覚している“崖っぷち女子”ほど、総合フィットネスは心強い味方になってくれそう。少しずつ身体を動かす習慣をつけて、心身のコンディション高め、“好印象女子”への第一歩を踏み出してはいかが?

マイナビウーマン読者限定スポーツクラブルネサンス体験はこちら

フィットネスクラブ「スポーツクラブルネサンス」

総合型フィットネスの代表的存在といえば、日本全国で展開しているフィットネスクラブ「スポーツクラブルネサンス」。エアロビクス、ヨガ、ピラティスを始め、ダンス系、筋力向上系、リラクセーション系など、さまざまなプログラムを実施しているので、初心者にも利用しやすいと評判です。今なら、7月31日までマイナビウーマン読者限定で、フィットネスを500円(税込)で体験できるキャンペーンも実施中。電話で予約すると、サポートスタッフに自分に合うフィットネスを提案してもらえるほか、シューズレンタル、タオル(大・小)、上下ウェアのレンタルも無料(一部取扱いの無い店舗もございます)。お仕事帰りに気軽に体験してみては?

マイナビウーマン読者限定
スポーツクラブルネサンス体験はこちら

提供:ルネサンス

お役立ち情報[PR]