お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR マンガ

【マンガ】第2話 管理人ショーケンさんは見た! 213号室 はらぺこ女子の”ケーキ”づくり

2_1_600
2_2_600
2_3_600

【ショーケンさんの投資の極意その1】株式投資は「会社を応援する制度」と知るべし!

【ショーケンさんの投資の極意その2】株式投資の魅力を知るべし!

2_4_600

【ショーケンさんの投資の極意その3】株主優待を楽しむべし!

【ショーケンさんの投資の極意その4】応援したい会社のことを調べるべし!

2_5_600

マンガ監修:風呂内亜矢(ファイナンシャル・プランナー)

prof2_1

スズナさん(26歳 )
213号室の住人。食品会社勤務。年収360万円。貯蓄額は50万円。 食べることが好きで食品会社に就職。甘いものに目がなく、「これも仕事のため」と言い訳しながら、休日は話題のスイーツを食べることでストレス発散している。

prof2_2

ショーコさん(64歳)
ショーケンさんの妻。ショーケンさんとは職場恋愛を経て結婚。短大を卒業後すぐに証券会社に就職。彼女のほうが社会人歴が長いため、教育係としてショーケンさんに仕事を教えているうちにショーケンさんに惚れられてしまったらしい。世話焼きで困ってる人を放っておけないところは、ショーケンさんと同じ。

prof2_3

タクトくん(28歳 )
製薬会社勤務。年収650万円。貯蓄額は300万円。 ランニング途中にスズナと出会い、自分のヴィジョンをしっかりもって努力をする姿に惹かれた。

 

title1

株式投資は「会社を応援する制度」と知るべし!

「株式投資」には、会社を資⾦⾯で応援するという楽しみや、会社を育てて経済・社会の発展に寄与するという社会的意義などもあります。
株式投資をした⼈は「株主(会社のオーナー)」となって、会社を応援するという仕組みなんですね。

kabusikitoshi

関連リンク

 

title2

株式投資の魅力を知るべし!

最⼤の魅⼒は、購⼊した株式の価格の値上がりによる「値上がり益」。ただし、逆に値下がりする場合もあります。
投資には「リスク」があるからなんとなく怖いという⼈も多いですが、資産運⽤の世界では、リスクとは「リターンの不確実性の度合い(振れ幅)」のことを表しています。リスクとうまく付き合う⽅法があるので…それは第3話で説明します。

株式投資の魅力

値上がり益
(キャピタル・ゲイン)

kabushiki1

買った時よりも高く売れると、譲渡益が得られる。

配当金
(インカム・ゲイン)

kabushiki2

会社が得た利益を株主に還元する「配当金」が受け取れる。

株主優待

kabushiki3

会社の製品やサービスなどの優待を受けられる場合も。

株式投資のリスク

価格変動リスク

kabu4

買ったときよりも、値下がりする可能性がある。

信用リスク

kabu5

投資した会社が破たんする可能性がある。

関連リンク

ハマカーンと学ぶ♪NISAでお得に資産運用!

 

title3

株主優待を楽しむべし!

株主優待とは、⼀定数の株式を保有している株主に対して、会社が⾃社の製品やサービスをプレゼントする制度です。株主優待を実施している会社は、上場会社の約3分の1にあたる1,307社(平成28年9⽉末時点※)と、年々増加傾向にあります。

例えば、⾷品や美容業界の会社では、⾃社の商品(お菓⼦や飲み物、スキンケア商品やヘアケア商品など)を提供していたり、飲⾷や旅⾏、百貨店業界では、お店で使える割引券を提供していたりします。
ちなみに、私の奥さんは好きなお菓⼦メーカーの株式を買って、年に1回か2回くらい、お菓⼦の詰め合わせを株主優待としてもらっています。(私も⽢党だから、ひそかにこの優待を楽しみにしているんですよ。)
present

そのほかにも、お⽶だったり、クオカードやギフトカードなどの⾦券だったり、最近はカタログのなかから商品を選べる株主優待もあります。どんな株主優待があるのか調べるだけでも、会社を知る勉強になりますよ。
なかには10万円以下の投資⾦額で株主優待がもらえる銘柄もあります。⻑い⽬で応援したい会社を⾒つけたいときには、「株主優待」も気にしながら調べてみると楽しいかもしれません。


※⼤和インベスター・リレーションズ調べ(2016年)
※株主優待をもらうには、会社ごとに定める割当基準⽇に最低限必要な株数(売買単位)の株を持っている必要があります。詳しくは【ココ】をクリック

 

title4

応援したい会社のことを調べるべし!

インターネットや会社四季報、新聞の株式欄など、情報収集の仕⽅は多種多様です。
⾃分の⽣活スタイルや興味にあった⽅法を⾒つけてください。もう少し詳しく知りたい⼈は【ここ】をクリック

あわせて読みたいお役立ち記事

 

 

提供:日本証券業協会

お役立ち情報[PR]