お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR 不調

「せっかく出社したのに……」 頑張っても評価されない“風邪出社”を一発で好印象にする方法

 

風邪でものすご~くダルい朝。「自分が会社を休むとほかの人の仕事を増やしてしまう。でも、出社してうっかり周囲の人にうつすのも困るし……。いったいどうすればいいの!?」。この時期は特に、こんな選択に迫られることもあるのではないでしょうか。そこで社会人女性223名に、会社で風邪が流行したときについてのアンケートを行いました。

休む、それともムリして出社? 周囲の人のホンネは!?

どんなに仕事が忙しくても休んでほしい! でも、「できれば出社」の声も一定数。

働き方改革への意識が高まる昨今、やはりオフィスでは「風邪をうつされたくない」「体調を優先すべき」という気持ちからか、「休んでほしい」が大多数でした。周囲は休むことに寛容ですが、本人が「どうしても今日中にやるべき仕事が……」というときには悩ましいですね……。

一方、4人に1人は「休んだ人の仕事までフォローしなくてはいけないので、無理のない範囲で出社してほしい」という声も。シビアかもしれませんが、相手の立場になって考えてみると、たしかに納得かも。

せっかく風邪をおして出社したのに、周囲が発する「絶対にうつされたくない!」オーラにしょんぼり……なんて状況は、ちょっとツラいですよね。そんなときのお守りアイテムがあるのです。それは、マスク!

マスク選びのポイント

マスクをする・しないで周囲への印象は大きく変わる!

どうしても出社! の時はマスクで防備が好印象のカギ

同じ風邪でも、マスクをしていないと「かなり不快」「少し不快」という印象を持つ人が約78%なのに比べ、マスクをしていると約39%と周囲の不快度が激減! むしろ「かわいそうだと思う」が25%と、同情や心配をする人がグンと上昇するという結果に。マスクをしているだけで周りの人に与えるイメージは大きく変わるのです。

「マスクをしているほうが好印象」と明言する人の理由として、「周りへの感染を防ぐことは当然。マスクは礼儀」(女性/生保・損保/営業職/25歳)、「エチケットをわきまえている」(女性/金融・証券/事務系専門職/23歳)などの声が寄せられました。なるほど、風邪の時のマスクは、今やマナーのひとつなんですね。

これだけ印象に関わるとなると、ほかの人に風邪をうつしてしまうのは絶対に避けたいところ。マスクで周りの人に配慮をしつつ、自分の体もいたわりましょう。マスクにまつわるアレコレをご紹介します!

マスクのトリビア

好印象なだけじゃない! 種類別・マスクの効果と機能

1.呼気による保湿効果で喉やお肌が潤う!

風邪のウイルスは乾燥した空気を好みます。マスクをしていると呼気によってマスク内が潤い、喉を乾燥から守ってくれます。さらに、お肌や唇の保湿など、美容面への効果も期待できます!

2.マスクにも型がある! 使い分けて効果アップ

ズレにくいから仕事中も安心♪ プリーツタイプ

顔の形や口の動きにも自然にフィット。マスクをしたまま話をしてもズレにくいので、仕事中のマスクとしてイチオシです。プリーツを上下に広げて装着するので、広い面積を覆うことができます。

さらなるフィット感を求めるなら! 立体タイプ

人間の顔の形に合わせてデザインされているので、よりフィット感のある着け心地。マスクと口元の間に空間ができるため、装着時の息苦しさなども緩和。口紅うつりが少ないというメリットも♪

お肌も喜ぶ綿素材 ガーゼタイプ

最大の特長は高い保湿性と保温性。睡眠時やエアコンの効かせたリビングなど、乾燥しがちな環境下で喉を守るならコレ! 天然素材である綿織物を使用しているので、お肌に優しいことも嬉しいポイント。

風邪・花粉対策、防寒・保湿など、マスクはさまざまな目的で使いますよね。ガーゼタイプは眠る時、プリーツタイプはオフィスで、より高い効果を求めるなら立体タイプといったように、各タイプのマスクを常にスタンバイし、用途やシチュエーションに応じて使い分けてみましょう!

マスクの使えるシーンまとめ

せっかくのスキンケア、台なしにしていない? マスクにも『品質』がある

 

化粧品を選ぶとき、吟味に吟味を重ねている人は多いはず。では、マスクを選ぶ時はどうでしょう? 同じく肌に直に触れるものを全く考えないのは、せっかくのコスメ選びも台なしに。だからこそ、マスクもこだわりを持ってセレクトしましょう! 目印となるのは『全国マスク工業会・会員マーク』。

このマークのある商品は、品質基準、製造管理基準など、数々の基準が満たされているという証拠です。パッケージに記載されているので、購入時、チェックをお忘れなく!

安心・安全のしるし❤

マスクは、働く人のエチケット

 

日々の体調管理は、社会人として基本中の基本。でもこの時期、どんなに気をつけていても風邪をひいてしまうことはありますよね。そんなときはマスクが、「今日はどうしても会社に行かなきゃ!」とがんばる人の心強い味方になるんです。周囲の人への配慮の表れでもあるので、エチケットとしてマスクを常備しておきましょう♪

Let’s wearing a mask!

関連記事

そもそも「マスク」って? マスクの雑学

自分にピッタリのマスクのサイズの見分け方

マスクを選ぶ際にチェックするべき6つのポイント

コレが予防の秘訣! マスクの構造を解説

アンケート出典:マイナビウーマン調べ(2019年11月Webアンケート実施/有効回答数:223件/20歳~40歳の有職者女性対象)

掲載日:2016年1月5日
更新日:2019年12月5日

お役立ち情報[PR]