お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
小説 わたしだけを見つめて

第58話 後悔しない選択を

  • 0
「彼は、一生、わたしだけを見る ……って、約束してくれたんだけど」 わたしの言葉が、ダイニングのざわめきに、 溶けるように消えていった。 どうしよう。 急に悠人の言葉に重みが感じられなくなった。 「それは、そう言うでしょう。 彼も決して伊藤さんをだますつもりはない、 と思うよ。今はね。 でも……さ、彼はモテるでしょ? おまけに、やさしいでしょ? この間も断れなくての浮気じゃない? 今はなくも3年後 …
全文を読む

お役立ち情報[PR]