お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
小説 わたしだけを見つめて

第56話 ごめんなさい

  • 0
わたしの言葉に、悠人は悲しそうな顔で、 こちらを見つめていた。 「ごめんね、そんなお願いをさせて。 もちろん一生、ほのかだけを愛するって誓うよ」 「ホントに?」 「本当だよ。だってぼくたち、結婚するんだよ?」 そう言って困ったように微笑む、 悠人の顔がだんだん涙でにじむ。 愛されているって実感できることが、 こんなに心に温かく、うれしいものだと、 生まれて初めて知った。 そんな中「デザートになりま …
全文を読む

お役立ち情報[PR]