ヘアメイク・加藤恭子さんが教える“ゆるやかカーブの大人まつ毛”

ヘアも、メイクも、ファッションも、カラダの中も。 40歳は「美に対する意識」が変わるとき。 目指したいのは、取り繕うことじゃなくて、これからの自分を大切にしたくなる美容。 ココロとカラダが心地よくリンクする、“ちょうどいい”自分を探しましょう。

ヘアメイク・加藤恭子さんが教える“ゆるやかカーブの大人まつ毛”

顔の印象を左右する目元。だからこそ、アイメイクには気合いを入れたくなるけれど、上手にマイナスするのが大人世代にとって必要なことです。今回はヘアメイクの加藤恭子さんに、アラフォーの目元を彩る、正しいまつ毛の作り方を教えてもらいました。

若いころは、愛らしい目元を作ってくれていた“くるんと上がったまつ毛”。でも、年齢を重ねるごとにカールの強いまつ毛が似合わなくなってきた気がしませんか? 理由のひとつは、目元の小ジワ。シワは基本的に横のラインですが、しっかり上げて、たっぷりマスカラを塗ったまつ毛は縦のラインを作るもの。縦と横のラインが近くにあると、お互いに強調し合ってシワを目立たせてしまうんです。

また、まつ毛をしっかり上げすぎると、下がり始めたまぶたが、くぼんで見えがち。私も、元々はくっきり二重まぶたではなかったのですが、まぶたがくぼんだことで二重がはっきりしてきました。“二重になった”と聞くといいように感じますが(笑)、その分、たるみや厚みが出てきたということ。がんばって根元からビューラーをすると、逆にそのたるみや厚みを引き立たせてしまうんです。

ビューラーは必須。ポイントは「上げすぎない」&「足し引き」

だから、大人世代のまつ毛は、根元から勢いよく上げすぎないことがポイント。「中間から毛先に、ゆるやかなカーブを描くまつ毛」に仕上げるのが正解です。また、「ブラウン系のマスカラで、縦のラインを強調しすぎない」ことも大切。やわらかな色のマスカラにして、顔から“黒の情報”を減らすことで、お肌を明るく見せることができますよ。

そして、小ジワが増えてきたからと、まつ毛を上げないのは逆効果。目の下に影ができて、老け見えの原因になってしまうのでビューラーは欠かせません。ただ、上手にマイナスすることも重要。私も、しっかりアイシャドウをする日はマスカラをしない、アイシャドウをしない日はマスカラをちゃんとする、など目元全体で足し引きを考えるようにしています。

ちょうどいい「大人まつ毛」の作り方

これまでのポイントを頭に入れながら、大人世代のビューラー&マスカラの仕方をマスターしていきましょう。

1.ビューラーで、まつ毛の中間あたりを挟み、一度キュッと力を入れてクセづけをする。このとき、根元から挟まないこと!

2.毛先方向にビューラーを少しずつずらしながら、数回挟んで、ゆるやかなカーブを作る。手首を返しながらビューラーを動かすと、まつ毛が自然と上向きに。

3.根元から毛先に向かって、まつ毛を上に持ち上げながらマスカラを塗る。明るすぎないブラウン、または赤みがかったウォームブラウンがおすすめ。

40歳に“ちょうどいいまつげ”って? 大人まつげQ&A

Q1 下まつげはどうすればいいの?

基本的には、何もしなくても大丈夫です。長めの人はビューラーを逆さに使って、少し下向きにしてもOK。ただし、マスカラはつけないようにしましょう。

Q2 大人に似合うマツエクのデザインは?

Cカールだと上向きになりすぎるので、普通~細めのJカールがいいと思います。長さやボリュームは元のまつ毛にもよるのですが、大切なのは“目立たせないこと”。パッと見たときに、つけすぎ、長すぎと感じない、自然なまつ毛を意識しましょう。

Q3 まつ毛のケアは?

マスカラは、専用のクレンジングでしっかり落とすこと。また、美容液はマストで使ってほしいですね。まつ毛の量が少なくなると、年齢を感じる寂しい目元になってしまうので、量をキープするケアは大切です。

やわらかくカーブを描く40歳の“ちょうどいいまつ毛”で、がんばった感のない自然な目元を作りましょう。

次回は年齢とともに表れる「髪のうねり」について、ヘアスタイリストの坂狩トモタカさんが原因と対策をレクチャーします。

(取材・文:宮浦彰子/撮影:須田卓馬)

今回教えてくれたのは、この方。「チームオトナノ」メンバーPROFILE

加藤恭子さん(ヘアメイク)/国際文化理容美容専門学校渋谷校卒業。美容師免許取得。資生堂SABFA サロンメーキャップコース修了。専門学校卒業後、サロン勤務の傍ら数々のタレントを手掛ける。10年のサロンに勤務したのち、ヘアメイク事務所allureに所属。2017年に独立し、ヘアメイク事務所GLUECHUと提携。アーティストや女優、アイドル、モデルなどのヘアメイクを中心に、TVや広告、ミュージックビジュアル、ファッション誌などマルチに活動。

【オトナノきれい塾 記事一覧

この記事のライター

40歳は「美に対する意識」が変わるとき。 目指したいのは、取り繕うことじゃなくて、これからの自分を大切にしたくなる美容。 ココロとカラダが心地よくリンクする、“ちょうどいい”自分を探しましょう。各業界のトップで活躍するメイクアップアーティスト、ヘアスタイリスト、スタイリスト、料理家が、さまざまな角度から“40歳の美”を提案します。