松田聖子の名言をななめ斬り!「オトコっぽいです」

矛盾に満ちた世の中を、レジェンドたちはどう渡り歩いてきたのか。ライター・仁科友里さんが名言をひも解きながら、「女の生きざま」をナナメから考察します。

松田聖子の名言をななめ斬り!「オトコっぽいです」

二谷友里恵さんの初婚相手は、ヒロミ・ゴー。そのヒロミの元カノと言えば、松田聖子さんですが、彼女を見ていると、常識ってなんだろうと思うのです。

今をさかのぼること30年前。結婚した聖子が引退もせず、幼い子どもを実母に預けて全米進出を発表した時、マスコミは彼女をバッシングしました。「結婚したら、仕事をやめるのは当たり前」「子どもを他人に預けるのは愛情がない。自分の手で育てるのが常識」だったからです。聖子が叩かれていたころ、ある女性論客は「これは男女差別である」とはっきり述べました。

「男が女房子供を日本において、アメリカで一旗揚げてくると言ったら、『それでこそ男だ』とほめられただろう。女が同じことをすると、母親のくせにというのは、男女差別以外の何物でもない」と理路整然と書いたことが記憶に残っています。

当の聖子はそんな常識にとらわれず、アメリカにわたり、白人男性と不倫をしています(のちにこの青年に暴露本を書かれてしまいます)。当時はぼっこぼこに叩かれましたが、今考えてみましょう。

・結婚しても仕事をやめない
・子どもを預けて、仕事をする
・女性だって不倫をする

これらは、すでに現代ではあたり前のことです。結局、常識というのは、一種の思考停止もしくは怠慢ですから、警察のお世話にならず、自分で食べていけるのなら、破ってしまったほうが勝ちという部分があるのではないでしょうか。

山口百恵さんは人気絶頂時に結婚、引退することで、「結婚するとは、自分のすべてを引き換えにできる相手と巡り合うこと」といった具合に、神聖で不可侵なイメージを大衆に与えました。しかし、聖子は独身時代のスタイルそのままに、既婚者としての特権も手に入れていく。そんな聖子を週刊誌は「握力の強い女」「すべてを手に入れた女」と書いたものでした。

さすがの私も若い時はここまでひねくれていませんから、なるほどなぁと思ったのですが、今になって思うのです。聖子は、案外欲しがらないオンナかもしれないと。

イラスト:井内愛

聖子が「まったく欲しがらないもの」とは、何だと思いますか? 知らんがなという声が聞こえてきましたので、早々にお答えしますと「オンナ友達」なのです。

「蒼い時」(集英社)によると、山口百恵さんは桜田淳子さんと仲良くしていたそうですが、やはり賞レースなどではライバルですから、どこまで本音を話したらいいのかわからなかったそうです。「引退して、やっと本当の友達になれるかも」と書いていました。

芸能界はつきつめていえば、みんなライバルですから、友達を作るのは難しいのかもしれません。しかし、そうはいっても。やはり同業で同性のオンナ友達がいたら、ちょっとした世間話ができて楽しいはずです。しかし、聖子はアイドル時代から「芸能界に友達はいません」と公言しています。スターである聖子と親しければ、何かおこぼれに預かれることもあるでしょうから、聖子と友達になりたかった芸能人は多いと思います。にもかかわらず、聖子が「芸能界に女友達はいません」と公言するのは、聖子自身が「特にオンナ友達はいらない」と考えているからではないでしょうか(余談ですが、オンナ友達はいないものの、モト冬樹を親友と言っています)

聖子は自分を「オトコっぽい」と自己分析しています。どんな行動を指して「オトコっぽい」と言っているのかには触れていませんでしたが、女性誌が定期的に「オンナの友情」の尊さやもろさを特集していることから考えると、「オンナ友達を欲しがらない」というのは、オトコっぽい行為とみていいと思います。

オンナ友達とのつきあいから生まれる共感や承認は、とくにつらいことがあった時には、大きな慰めとなってくれるでしょう。にも拘わらず、「友達はいらない」というのは、聖子が他人の意見なんて必要ないという強さを持っていることの証明なのではないでしょうか。

すべての物事には、長所と短所があります。オンナ友達とのつきあいは、明日への活力となってくれますが、心地よすぎると変化を恐れてしまったり、相手の意見に引っ張られてしまうこともあります。その意見が正しければいいのですが、友達が悪意的にリードすることもないと言い切れません。聖子が30年前の常識を打ち破り、今では「当たり前」となったことにしれっと挑戦することができたのは、「ひとりだったから」ではないでしょうか。

オンナ友達はいませんが、聖子の傍らには常にオトコがいました。ヒロミ・ゴーと破局した後は、俳優・神田正輝と電撃結婚し、噂になった男性は上述した白人男性や、近藤真彦(聖子は「私たちはオトコっぽい関係」と否定)、バックダンサーだったアラン・リード、歯科医師(再婚)、原田真二、マネージャー、そして現在の夫である大学病院勤務の歯科医師(再々婚)と遍歴を重ねていきます。

こう書くと、オトコ依存のような感じもしますが、聖子はオトコとうまくいかなくなって身体を傷つけたり、仕事に穴をあけたりすることはないのです。暴力をふるうようなオトコともつきあいません。つまり、オトコはエサ。カイコが桑を食べて美しい絹を口から吐き出すように、聖子はオトコを食して歌を歌い続けているのです。

女性たちは時に、「私はまだあれが欠けている」「これを持っていない」と言う言い方をします。「より多くのものを、持っている人が勝ち」という価値観の根っこにあるのは、「人が私を見ていて、私は審査されている」という自意識だと思うのです。一方の「欲しいものを手に入れる」「自分にとって価値あるものを手に入れる」という聖子の生き方は、不思議なことに自意識と正反対です。

オトコを欲しがる人生がアリかナシかは別として、芸能人という「見られる」商売でありながら、「私が欲しいと思うんだから、人がどう言おうと関係ない」という強さ。オトコでもオンナでもなく、聖子はやっぱりスターなんだと言わざるを得ないのです。

(文・仁科友里/イラスト・井内愛)

* * * * * * * * * * * * * * * * * *
【名言ななめ斬り! 記事一覧
第1回 ココ・シャネル「傲慢さは私の性格の鍵であり、成功の鍵でもある」
第2回 松任谷由美「気持ちはつながっていると思う25年でした」
第3回 マリリン・モンロー「同じことを何度繰り返しても、チャレンジにはならないわ」
第4回 林真理子「あんまり若くない女って、どうしてこう運命って言葉に弱いのかしら」
第5回 小林麻美「結婚を選んだからには、何かを捨てなくてはならない」
第6回 メーガン妃「私はこれまでと同じ」
第7回 瀬戸内寂聴「大きな椿の花を咲かせるには、どうしたらいいと思いますか?」
第8回 マドンナ「私の一番の弱点は、不安感よ。1日24時間、週に7日悩まされているわ」
第9回 山口百恵「売上げ枚数が私の十分の一しかないタレントに対してなら、そうは言わなかったのではないだろうか」
第10回 グレース・ケリー「女性は自分が決めたことは、なんでもできると思っています」
第11回 デヴィ夫人「男性から選ばれる女になること」
第12回 オードリー・ヘップバーン「自分を客観的に見なくてはなりません。ひとつの道具のように分析するのです」
第13回 ジャクリーン・ケネディ・オナシス「不変なものは何もない」
第14回 宇野千代「恋をしなさい」
第15回 マリア・カラス「女性の使命は、愛する男性を幸せにすること」
第16回 森英恵「芯の強い日本女性の美徳が、まったく理解されていない」
第17回 エビータ「忘れるとか許すということの絶対できない女性」
第18回 黒柳徹子「これだけ言われると、面倒くさくない?」
第19回 サッチャー元首相「好かれようとしているだけなら、いつでもなんでも妥協する必要があり、何も達成しないだろう」
第20回 向田邦子「禍福は糾える縄の如し(かふくはあざなえるなわのごとし)」
第21回 マザー・テレサ「私にとって幸せというものは、内的な深い平和を意味しています」
第22回 樹木希林「私は実人生では、男に捨てられた実感がないんですよ」
第23回 ダイアナ妃「自分はどこか違う場所へ行くことがわかっていました」
第24回 二谷友里恵「平凡なんて大キライ」
第25回 カレン・カーペンター「このまま終わるんじゃないかと思うと、怖い」
第26回 松田聖子「オトコっぽいです」
* * * * * * * * * * * * * * * * * *

この記事のライター

1974年生まれ。OL生活をつづったブログが話題となり、2006年「もさ子の女たるもの」(宙出版)でデビュー。「週刊文春」「週刊女性」「女性セブン」にタレント論、女子アナ批評を寄稿。2015年「間違いだらけの婚活にサヨナラ!」(主婦と生活社)が異例の婚活本として話題を呼ぶ。好きな言葉は「勝てば官軍、負ければ賊軍」

関連するキーワード

仁科友里 名言 女の生き様