PR:株式会社オーネット

現在の私だから出会えた。大人世代のパートナーの探し方

「幸せ」って、人それぞれ。自分なりの幸せを選ぶことが出来るのもオトナノ世代。いろいろな出来事を経験してきたからこそ実感する「幸せ」があります。たくさんの選択肢の中から選ぶ「幸せのかたち」の一つを紹介します。

現在の私だから出会えた。大人世代のパートナーの探し方

今回は、“オトナノ世代のパートナー探し”をテーマに、1組のカップルにお話を伺いました。出会いのきっかけは、ある婚活サービスを利用したこと。そこで出会ったA夫さん(55歳)とB子さん(48歳)は、この春、結婚する予定です。 そこで、婚活を始めたきっかけやパートナーがいることの魅力、将来のことなどをインタビュー。おふたりの優しく朗らか雰囲気がとても素敵で、どれも心にしみるエピソードばかりです。

最初の印象はイマイチ……。 でもたわいもないやり取りが楽しく思えた

A夫さんは、落ち着いた雰囲気があり、誠実な理想の上司タイプ。B子さんは、気さくさの中に女性らしさがある、癒やし系。優しく朗らかな雰囲気で、とてもお似合いのカップルです。

Q.おふたりの出会いのきっかけを教えてください。

A夫さん
「45歳以上の男女を対象とした婚活サービス『スーペリア』で知り合いました。毎月写真付きプロフィールが届くのですが、入会した最初の月に送られてきたプロフィールの中に、B子さんがいたんです。私は、現在お勤めしている方で、パートナーになった後も仕事を続けてくれる自立した女性との出会いを希望していたので、送られてきた何人かのプロフィールを見た中で、B子さんとお話してみたいと思い、申し込みをしました」

B子さん
「写真付きプロフィールが届いたその日に、A夫さんから申し込みをいただきました。OKの返事をすると、お互いの連絡先が開示されるので、そこからメールのやり取りをするようになったんです」

A夫さん
「メールってなかなか話が続かなくて、無理やり質問を考えることもあるじゃないですか。でも彼女とはそれが全くなかった。好きな食べ物の話から始まり、お互いの趣味の話など、たわいもないやり取りがすごく楽しかったですね」

B子さん
「A夫さんのメールが素敵過ぎました(笑)ちょうどよいメールの距離感から、彼の誠実さも伝わり、会いたい気持ちがどんどん膨らんでいきました。ちょうど彼の趣味がクラシックだということを聞き、私も音楽を聴くのは好きだと伝えたら、音楽祭に誘ってくれたんです。最初に会った時の印象は、写真以上にもっさりしていて、あまり良い印象ではなかったのですが……。でも性格はこの年になるとなかなか変えられないけれど、外見は変えてあげることができるじゃないですか!」

A夫さん
「当時は今より体重が20kgも多かったからね……」

B子さん
「第一印象はイマイチでしたが、日中は音楽祭を楽しみ、夜はお酒を飲みつつ食事もして、初対面にも関わらずふたりで長い時間を過ごしたのですが、思った以上に楽しくて! その日のうちに私から次に会う約束をしたんです。それからふたりの時間を育んでいき、紹介から2、3ヶ月後にふたりで『スーペリア』を退会しました」

おふたりの出会いから交際まで、とんとん拍子のように見えますが、実はお互いにさまざまな経験をしたからこその出会いでもありました。

2人が入会した『スーペリア』って?

さまざまな別れを乗り越え、大人世代が前を向いて生きていくための婚活

Q.婚活を始めた理由を教えていただけますか?

A夫さん
「私は3年前に前妻と死別しました。それから休日はただボーっと過ごすばかりでおかしくなってしまいそうだったので、社会人大学院に通い始めたんです。そしたら気持ちにも変化があり、前妻は大事な存在であることは変わらないけれど、少しずつ気持ちに整理がつくようになりました。生前、前妻が『前向いて生きてね』と遺言のように私に言っていたので、まだ50代だし、社会人大学院を卒業したら婚活しようと決めたんです。『スーペリア』は、ネットで見つけて“45歳以上限定”という点に惹かれました」
B子さん
「私は長くお付き合いしていた人がいたんですが43歳のときに別れて。なんとなく気持ちを引きずっていたのですが、4年くらい経った頃、元彼に妻子がいることを知って、それで婚活する気になったんです。私もネットで調べて、『スーペリア』を見つけて、A夫さんと出会う半年前に入会しました。『スーペリア』を選んだ理由はやはり大人向けという点ですね」

Q.B子さんはその半年間、どのように活動されていましたか?

B子さん
「複数人の男性とやり取りして、その中の何人かと直接お会いしました。さまざまな男性に会ってみて、相手に求める優先順位が分かってきただけでなく、自分自身が変わらないといけないところも見えてきました。たとえばもっと積極的に行動しないといけないとか。自分自身と向き合うことができ、この時間があったからこそ彼に会った時にすぐに行動できたんだと思っています」

A夫さん
「私は婚活のような活動自体が初めてだったので、ほかのサービスとの違いはよくわかりませんが、『スーペリア』は自由度が高く、あまり干渉しないでいてくれるところがよかったですね。お互いがOKを出せばすぐに直接やり取りができるシステムは、私に合っていたと思います」

B子さん
「でも何かあった時はアドバイザーさんがサポートしてくれるので、心強かったです」

日常の何気ない時間を一緒に過ごせることが幸せ。ふたりで新しいストーリーを紡ぎ始める。

Q.パートナーと出会えてよかったことは?

A夫さん
「毎日の生活の中で、楽しいと思える時間が増えたことですね。たとえば今日も桜が咲き始めたから、早起きしてふたりで花を見ながらきたんですが、“来週は満開の桜を見に行こうよ”といった感じで、季節を一緒に歩んでいるといったら大げさだけど、日常の何気ない時間を彼女と共有できることがうれしいです」

B子さん
「だからと言って“いつも一緒じゃなくていいよね”という話もしました。来月入籍して一緒に住み始めるのですが、お互いに仕事も趣味もあるし、今まで築き上げてきた交流関係もあるので、それはそれでお互い大切にしながら、生活を共にして1日の始まりと終わりは一緒に過ごそうねって!」

A夫さん
「彼女はいつも自分の気持ちを素直に伝えてくれるので、この人とだったら一緒に生活ができるだろうなと心から思えました」

B子さん
「お互い定年までしっかり働いて、その後はふたりで世界旅行したいねと話しています。それまでふたりとも元気でいなくちゃいけないから、健康にも気遣うようになったよね」

A夫さん
「僕は彼女とお付き合いするようになって、周りから『身ぎれいになったね』と言われるようになりました。一緒にショッピングに行って、洋服も選んでくれるし、身だしなみにも気をつけるようにもなったかな」

幸せは自分でつかむもの。心を豊かにする最高の出会いが待っている!

Q最後に、素敵なパートナーが欲しいなと思っている同世代に一言お願いします。

A夫さん
「今回、死別した前妻のお母さんやお兄さんに、再婚の報告をしたら心から祝福してくれました。もちろん家族によって関係のあり方は異なりますが、伴侶が亡くなったから、こんな年齢だからなど、あまり自分で枠を決めずに、やれることから始めていけばいいと思います。婚活では、相手との会話のキャッチボールを楽しむことが大事です。1回で全て伝えきるのではなく、少しずつ積み重ねいくと、良い結果に結びつくと思います」

B子さん
「40代になって私のように失恋したり、仕事で重要なポジションを任されてミスした時など、ひとりでいるとすごく落ち込む時ってありますよね。でもそういう時こそ行動を起こすチャンスです。どう生きていくかは人それぞれですが、婚活もこれからの人生の1つの選択肢として考えてみては。今でも十分楽しいけれど、でもパートナーがいたらもっと楽しいだろうな~、くらいの気持ちで気軽に行動してみるのがいいかも。結婚するかしないかに関わらず、気の合うパートナーの存在は、心をより豊かにしてくれると思います」

どんな時も、新しい出会いは人生に刺激を与えてくれます。人生100年時代、この先の人生をどう生きていくかは人それぞれですが、パートナー探しをこれからの人生の選択肢のひとつとして考えてみるのも素敵ですね。
“新しい出会い”がなかなか見つからないあなたへ

さまざまな形で出会いの場を提供する、45歳以上の男女限定の婚活サービス『スーペリア』

45歳以上の男女を対象にした人生のパートナー探し『スーペリア』。結婚に限らないさまざまなパートナーとの出会いの機会を提供します。出会い方は紹介書(写真付きプロフィール)、イベント・パーティー、お引き合わせ(お見合い)の3種類。 月会費10000円(※イベント・パーティー、お引き合わせ料は別途)とリーズナブルな価格で、無理なく続けられるのも魅力。また婚活アプリなどと違い、入会時に公的な独身証明書・身分証明書の提出を必須にしているので、安心して活動できます。『スーペリア』を利用して、自分のペースで焦らず、人生のパートナー探しを。
『スーペリア』について詳しく見る

この記事のライター

30代後半から40歳にかけては、自分自身にも環境にもさまざまな変化が訪れるタイミング。オトナノ編集部[PR]では、これからに向き合うオトナノ世代に役立つ、さまざまな情報を発信しています。