【朝ドラ】大阪万博まで一気にワープ、いよいよカップ麺の開発に着手! 美老女・鈴さんも元気です

NHKで放送中の連続テレビ小説・「まんぷく」のレビュー。ドラマウォッチャー・チンチロ鈴がお送りします。

【朝ドラ】大阪万博まで一気にワープ、いよいよカップ麺の開発に着手! 美老女・鈴さんも元気です

* * * * * * * * * * * * * * * * * *
これまでのレビューは<こちら>から
* * * * * * * * * * * * * * * * * *

まんぷくラーメンの発売からはや11年。大阪で万国博覧会が華々しく行われた昭和45年まで、時代は一気にワープ! 現在放送中の大河ドラマ『いだてん』で描かれる昭和39年の東京オリンピックも、潔くすっ飛ばします。さて『いだてん』といえば、足袋屋「播磨屋」の店主を演じているピエール瀧が逮捕されましたね。こちらは、3ヵ月先まで収録済みということで、今後『いだてん』がどうなるのか、NHKの対応も気になるところ。大好きなアーティスト&役者さんだったので、ショックも大きくて……。NHKオンデマンドは、出演作『あまちゃん』の配信停止を決定。賛否両論あるけれど、出演者が逮捕されると過去の作品にも影響が出るの、なんとかならないものかなー。たしかに現在放送中のドラマやこれから公開される映画が、お蔵入りや出演シーン差し替えになるのは致し方ないのかもしれないけれど、作品自体に罪はないのだし、すでに世に送り出された過去作品まで自粛するのは止めてほしいな……。すみません、長くなりました。

話を戻して、萬平さん(長谷川博己)はもちろん「まんぷく食品」の社長で、還暦を迎え、白髪交じりの紳士になっていました。福ちゃん(安藤サクラ)も50歳になり、萬平さんが信用組合の理事長を務めていた時代に住んでいた一軒家で、社長夫人として専業主婦ライフを満喫中。当時の流行ヘアのチリチリパーマをあて、年齢が出やすい首回りを隠すためにスカーフを巻いて登場した福ちゃんは、口角も下がり、話し方もだいぶゆっくり。50歳のわりにけっこう老け込んだ!? いっぽう生存も危惧されていた鈴さん(松坂慶子)は……バリバリ元気でした! 福ちゃんの見た目の変わりようとは逆に、髪は美しいロマンスグレーになっていたものの、ピチピチの肌ツヤに、話し方にも変化なし。これで80歳、奇跡の美老女! パーラー白薔薇の店主アキラ(加藤雅也)の妻、しのぶ(牧瀬里穂)も年齢不詳の美魔女でしたね。
萬平と福ちゃんのふたりの子どもも大きくなり、23歳の源(西村元貴)は「まんぷく食品」の社員に、21歳の幸(小川紗良)は、ど派手なパンタロンを着こなす、流行に敏感な女子大学生になっていました。

まんぷく食品は大きなビルを持つ大会社に成長し、専務に真一さん(大谷亮平)、商品開発部長に神部君(瀬戸康史)、営業部部長に岡(中尾明慶)、製造部部長に森本(毎熊克哉)と、役員たちもおなじみの顔ぶれです。まんぷく食品の専属商社・世良商事の社長、世良さん(桐谷健太)は、まんぷくラーメンに儲けさせてもらっているのか、ギラギラ感がいっそう増したような。相変わらず萬平さんに対して上から目線の物言いですが、でもやっぱり世良さんは憎めないよ!

香田家も変わらず、みんな元気。忠彦さん(要潤)はすっかり売れっ子画家になり、アトリエを出入りするヒッピー風の弟子まで。神部君の妻・タカ(岸井ゆきの)も、もちろん一家で同居中。このタカちゃんのポジションってものすごく快適だよね。マスオさん状態の神部君も居心地は良さそうだし、家事のメインは母親の克姉ちゃん(松下奈緒)だし。大阪帝大卒業の高学歴を活かしてないのがもったいない気がするけれど……。そんなタカちゃんを目下悩ませているのが、小学校で問題児と化しているらしい、一人息子・大介。グチからわかった大介のふてぶてしさ&大物ぶりは、今後注目かも? そうそう、香田家の次女、吉乃(深川麻衣)をめぐる岡君と森本君の戦いは、岡君に軍配があがっていました! でも森本君とは結婚してからも家族ぐるみの良い付き合いをしているよう。

さて物語の本筋では、即席ラーメン市場に350社以上が参入し、倒産する会社も出始めていました。この現状に危機感を抱いた萬平さんは、まんぷくラーメンを超える新商品の開発を決意。またもや福ちゃんのふとしたつぶやきにヒントを得て、「容器入りの即席ラーメン」=「カップ麺」を作ることをひらめきます。神部君に指示して、新しい着想への期待を込めて開発チームに若手たちを抜擢、その中には息子・源の姿もありました。この新商品を世界中で発売することを目指し、英語で麺を意味する“ヌードル”をとって、商品名を「まんぷくヌードル」に決定。しかし欧米では、麺を“音を立ててすする”習慣がないという盲点が……。通勤時間のロスも惜しい萬平さんは、自宅で福ちゃんと新商品にふさわしい新しい麺の開発に着手。試行錯誤の末、外国の人でも食べやすいよう麺を短くして、特製の容器に合わせた麺の揚げ方を発見して大興奮。いっぽう容器やスープを担当する開発チームの状況はかんばしくなく……開発の遅れに怒り爆発の萬平さんは、その発明力に圧倒され萎縮する源や、気合いが空回りして若手メンバーが不満を募らせていることにも気づきません。こんなとき、ギクシャクしていく関係性を修復するヒントを与えるのも、やっぱり福ちゃん。難航するまんぷくヌードルの開発、次週は完成するでしょうか!?

(文:チンチロ鈴)

* * * * * * * * * * * * * * * * * *
「朝ドラの時間です!」記事一覧

第1週:これぞ朝ドラ、1週目から見どころ満載。実力派揃いで期待度高し
第2週:波乱だらけの2週目。まさか、咲姉ちゃんがっ!?
第3週:拷問シーンにキュンキュンしっぱなし。無事釈放され、「萬平、今日から息子です!」
第4週:浴衣姿の萬平の「おいで」に悶絶! ラブラブの新婚生活から目が離せない
第5週:ようやく戦争が終わった……。→イケメンパラダイスで目の保養!
第6週:ふんどし姿で雑魚寝の“塩軍団”に釘付け! 福ちゃんはついにマネジメント力を発揮 
番外編:『黄昏流星群』がイチオシ! 今からでも間に合う 秋ドラマを独断と偏見でレビュー
第7週:祝「たちばな塩業」初出荷! いっぽう塩軍団には暗雲が……!?
第8週:塩軍団が一緒にいきみ、福ちゃん出産! 萬平さんはついに……
第9週:塩チームVSダネイホンチームの裸対決、軍配は? 源ちゃんの神演技に、母性本能くすぐられっぱなし
第10週:たちばな塩業の男性陣、進駐軍に全員逮捕! 雑居房はイケメンパラダイス
第11週:ダネイホンでいざ東京進出! 鈴観音にくいだおれ萬平、そして衝撃の事件が……
第12週:“東大一”の東太一先生こと菅田将暉がついに登場!
第13・14週:釈放された萬平は次なるステージへ。物語もついに後半戦突入!
第15週:萬平が理事長になって8年。浮気騒動、融資打ち切り、次々と事件が!
第16週:万能調理器が完成も、萬平の自宅が差し押さえ! 忠彦さんの元には謎の美女……!?
第17週:待ってました……! 萬平のラーメン開発物語、やっと開幕
第18週:チュー顔の萬平、半端ないって! そしてラーメンの試作は続く…… 
第19週:壇蜜、既成概念をぶち壊す衝撃のマンボ! 麺作りには革命的アイディアが!?  
第20週:意外な“性悪”福ちゃん、壇蜜マンボはここにつながった! まんぷくラーメン、ついに完成
第21週:祝・まんぷくラーメン大ヒット! そして田中哲司の憎ったらしい演技が光るパチモン大騒動 
第22週:大阪万博まで一気にワープ、いよいよカップ麺の開発に着手!  ★現在の記事
* * * * * * * * * * * * * * * * * *

この記事のライター

小学生の頃に放送されていた『ずっとあなたが好きだった』(1992年)に衝撃を受け、TVドラマ好きに。3姉妹の末っ子のため、チャンネル権争いに負けて号泣することもしばしば。一人暮らしを始めてからは、誰にも邪魔されずテレビ独占で、毎日ドラマ漬けの日々を送る。一番好きな朝ドラは『カーネーション』(2011年下半期)。
twitter:@ChenChiroRin