大人の女性にこそ着て欲しい! スタイリスト渋谷さん流・春色スタイルの作り方

ヘアも、メイクも、ファッションも、カラダの中も。 40歳は「美に対する意識」が変わるとき。 目指したいのは、取り繕うことじゃなくて、これからの自分を大切にしたくなる美容。 ココロとカラダが心地よくリンクする、“ちょうどいい”自分を探しましょう。

大人の女性にこそ着て欲しい! スタイリスト渋谷さん流・春色スタイルの作り方

あと少しで春。気持ちを軽やかにしてくれる季節は、生活に春色を取り入れたくなるもの。そこで、チームオトナノのメンバーが、40歳の“ちょうどいい春色”を提案します。今回は、ファッションに取り入れたい春色服をラインナップ!

(イスの上)Tストラップパンプス[ピンク×ブラック] 35,000円/Pretty Ballerinas(F.E.N)、ショルダーバッグ[シルバー] 28,500円/HUMANOID(Jasmin Speaks)、(ラック上部)スニーカー 6,300円/コンバース、(ラック下)バッグ 12,000円/中川政七商店

これが大人の春色服。上品さを演出する、“明るい色”の取り入れ方

ついつい無難な暗めカラーに手を伸ばしがちなアラフォー世代。落ち着きも大切だけれど、年齢を重ねるほど明るい色を上手に取り入れて、上品さや清潔感を演出することも重要です。今回はスタイリストの渋谷美喜さんが、大人の春色服を教えてくました。

洋服は、身に着けるものの中でも面積が大きいものです。だからこそ、ふだんとは違う色を取り入れるのに、躊躇してしまう大人女性も多いみたい。渋谷さんは「本当は大人女性にこそ、明るい色を着る意識をもってほしいなと思います。第一印象が爽やかに映る春色は、親しみやすい印象を与えられて、お肌も明るく見えます。ただ、ずっと暗めの色を着ていた人が、いきなり春色を取り入れるのは少し勇気がいりますよね。その場合は、ひとつずつ段階を踏むのもいいと思います。たとえば、まずは靴やバッグといった小物から挑戦して、徐々に洋服にも取り入れるなど、自分のペースで楽しんでみてください」と話します。

明るめカラーに抵抗あり……そんなビギナーは、小物から挑戦!

目線の高さから離れた足元は、春色をミックスするのにもハードルが低め。「靴を明るい色にするだけでも、かなり軽やかな雰囲気が出ます。色は白やクリーム、ベージュ寄りのピンク、あとは淡いグレーもいいですね。服装が自由な職場なら、スニーカーでカジュアルダウンするのもおすすめです」と渋谷さん。

(上段左から)スニーカー [ホワイト] 30,000円/ECCO、パンプス[ベージュ] 6,900円/SUGATA(ムーンスターカスタマーセンター)、ローファー[ホワイト] 18,500円/ステファノ ガンバ(Due passi per wash ルミネ横浜店)
(下段左から)スニーカー[グレー] 13,000円/コンバース、スニーカー(ベージュ×ブラック) 31,000円/HUMANOID(Jasmin Speaks)、バレエシューズ[ホワイト×ベージュ] 29,000円/Pretty Ballerinas(F.E.N)

もうひとつ、初心者におすすめなのがバッグやアクセなどの小物。渋谷さんは「バッグやストールを春色にして、コーデのアクセントに。カジュアルめのパールのアクセで、春っぽさを演出するのもいいですよ」と話します。

(左から)ハンドバッグ[きなり] 41,000円/トフ アンド ロードストーン×デミルクス ビームス(ビームス ハウス 丸の内)、トートバッグ[レッド] 16,800円/PRENE BAGS(HOLLYWOOD RANCH MARKET)、シンデレラパール×オーガニックコットンリボンネックレス[ホワイト] 16,000円、ポンポンビーズネックレス[ブルー] 6,000円/ともにプリスティン、ストール[イエロー] 6,500円/中川政七商店、ストール[ブルー] 18,000円/HUMANOID(Jasmin Speaks)

意外と盲点⁉ アウターで取り入れる春色

「アウターは四六時中、身につけるものではないので、意外とハードルが低め。春用の薄いダウン、トレンチコートややわらかめのレザーなど、ふだんの自分のテイストに合うものを選んでみて。白、サーモンピンク、明るめのカーキ、ベージュなどが大人世代には似合うと思います」と渋谷さん。

(左から)白のダウン 54,000円/DUVETICA(F.E.N)、レザージャケット 78,500円/HUMANOID(Jasmin Speaks)、トレンチコート 32,408円/COS

服の春色デビューは、白とベージュから

明るい色で取り入れやすいのは、やはり白やベージュ。「安心感を求めて、ネイビーや暗めのブラウンなどを合わせたくなる方もいると思いますが、ここは思い切って、左2着のような白×ベージュの淡い色合わせ、右2着のような白のワントーンコーデなど色数を絞って勝負を。大人のこなれ感が出て、おしゃれさも上がります」と渋谷さん。

(左から)ストライプワンピース 37,000円/HUMANOID(Jasmin Speaks)、ニットパンツ[ライトブラウン] 29,000円/ロベルト コリーナ(ビームス ハウス 丸の内)、透かし柄Vネックセーター 18,000円、オックスフォード バギーパンツ 23,000円/ともにプリスティン

中級者向けコーデは柄を取り入れた春色ファッション

春感を一気にあげるのが、暖色系の柄物アイテム。「左の花柄ワンピのような、ちょっと甘めなデザインのトップスは、デニム×ヒールで大人っぽく仕上げて。右のトップスはちょっと個性をアピールできる大人柄。タイトスカートでも、パンツスタイルでもハマります」と渋谷さん。どちらもトップスに透け感があるので、軽い印象を与えてくれます。

花柄ワンピース 41,000円、キャミソール 9,000円/ともに HUMANOID(Jasmin Speaks)、デニムパンツ 16,800円/HOLLYWOOD RANCH MARKET、柄トップスネイビー 43,000円、スカート 28,500円/ともに HUMANOID(Jasmin Speaks)

パキッとカラーを入れた上級者の春色コーデ

上級者は、強めのパキッとしたブルーやピンクをミックス。渋谷さんは「春というと淡い色を思い描きがちですが、鮮やかな色味を入れると華やかな春コーデになりますよ。左の太めのボーダー×ブルーのスカートなら、カジュアルな中にチャーミングさも感じられるコーデに。右のピンクのシャツは主役級の存在感があるので、ボトムスはあえて暗めカラーのパンツを合わせてクールな大人女性を目指して」と話します。

ボーダートップス 12,000円/BLUE BLUE、スカート[ブルー] 28,000円/エッフェ ビームス(ビームス ハウス 丸の内)、シャツ[ピンク] 29,000円/チノ(ビームス ハウス 丸の内)、テーパードパンツ 39,000円/バレナ(ビームス ハウス 丸の内)

ファッションとひと言に言っても、取り入れ方はそれぞれ。自分の好みやふだんのスタイルに合わせて、ムリのない大人の春色にトライしてみて。次回は、料理家の両角舞さんが、食卓を彩るカラフルな“春色レシピ”をご紹介します!

(文:宮浦彰子/撮影:小川健[willcreative])

お問い合わせ先

F.E.N 03-3498-1642
COS 銀座店 03-3538-3360
Jasmin Speak(CLOCHE) 078-382-4012
ビームス ハウス 丸の内 03-5220-8686
HOLLYWOOD RANCH MARKET 03-3463-5668
BLUE BLUE 03-3715-0281
プリスティン (プリスティン本店) 03-3226-7110
エコー・ジャパン 0120-974-010
コンバースインフォメーションセンター 0120-819-217
中川政七商店 表参道店 03-3409-2260
Due passi per wash ルミネ横浜店 045-451-0821
ムーンスターカスタマーセンター 0800-800-1792

今回教えてくれたのは、この方。「チームオトナノ」メンバーPROFILE

渋谷美喜さん(スタイリスト)/文化服飾学院スタイリスト科卒業。アイドルから俳優、アスリートまで幅広いスタイリングを手掛ける。化粧品や家電メーカーなどのCM・広告、映画の劇中衣装も担当。

* * * * * * * * * * * * * * * * * *
【オトナノきれい塾 記事一覧
各界のスペシャリストが「40歳の美」をサポート。チーム オトナノ発足!
座談会第2弾。40歳からの美容って“ちょうどいい自分”を探すこと
ある日、黒が似合わなくなった…スタイリスト渋谷さんの葛藤&取り入れ術
黒を味方に[1] “なんだか寂しく、疲れて見える”解決の極意
黒を味方に[2] “全体的に重くて表情が暗く見える”解決の極意
黒を味方に[3] “顔がぼんやりやぼったく見える”解決の極意
40歳がぶち当たるペタンコ髪・ツヤなし髪の壁、どうすればいいの?
ペタンコ髪を蘇らせるには? ふんわりトップ&色気ほんのりニュアンスヘア
ツヤがなくなってきたら、こんなツヤ髪スタイリング。きくらげ朝食にも注目!
潤う冬[1] 40歳の砂漠肌を抜け出そう。オイルでしっとり潤いケア
潤う冬[2] パサパサ髪には「アウトバストリートメント」で潤いをチャージ!
潤う冬[3] 乾燥したカラダはファッションでも潤せる!
潤う冬[4] 白い食材で内側からカラダを潤す“美容ミルク鍋”
なりたい自分を表現する。大人の“ちょうどいい春色”リップの選び方
春色メイクに合わせたい。超簡単・春のすっきり大人アレンジ
大人こそ着て欲しい! スタイリスト渋谷さん流・春色スタイルの作り方
* * * * * * * * * * * * * * * * * *

この記事のライター

40歳は「美に対する意識」が変わるとき。 目指したいのは、取り繕うことじゃなくて、これからの自分を大切にしたくなる美容。 ココロとカラダが心地よくリンクする、“ちょうどいい”自分を探しましょう。各業界のトップで活躍するメイクアップアーティスト、ヘアスタイリスト、スタイリスト、料理家が、さまざまな角度から“40歳の美”を提案します。