【まんぷく】壇蜜、既成概念をぶち壊す衝撃のマンボ! 麺作りには革命的アイディアが!?

NHKで放送中の連続テレビ小説・「まんぷく」のレビュー。ドラマウォッチャー・チンチロ鈴がお送りします。

【まんぷく】壇蜜、既成概念をぶち壊す衝撃のマンボ! 麺作りには革命的アイディアが!?

* * * * * * * * * * * * * * * * * *
これまでのレビューは<こちら>から
* * * * * * * * * * * * * * * * * *

19週目の主役は、間違いなく壇蜜! 登場シーンは短いものの、ひとつひとつのセリフにユーモアがあり、すべてを持っていきました。その壇蜜は、画家の忠彦(要潤)の2番目の美人画モデル、木ノ内秀子として登場。克子(松下奈緒)は、秀子が忠彦さんに色目を使っている、と激しく嫉妬。そのことで忠彦さんとモメて、なぜか福ちゃん(安藤サクラ)が、秀子と対峙させられる羽目に……。克子姉ちゃん、福子はラーメン作りの手伝いに白薔薇の仕事、子育てで超忙しいし、家計も苦しくて、克子姉ちゃんの嫉妬に付き合っている余裕はないんですけどー。

しかも秀子から「悲しみが人生に深みを与えてくれるのよ」「フフッ。芸術家は家族なんてものに縛られちゃダメよ」と、人生の教訓を教えられた福ちゃんは何も言い返せず、「(忠彦さんが)たぶらかされるー」と叫んで、そそくさと退散。ん? 手に負えない=たぶらかされる、という方程式はちょっと違うんじゃない? 克子姉ちゃんも福ちゃんもちょっと視野が狭いような……。

さて、そんな壇蜜・秀子は、忠彦さんに「もっともっと冒険しなきゃ。退屈だわ、私。先生、私を描いて。既成概念をぶち壊すのよ」と言うなり、いきなりマンボを踊り出すのです。このダンスが衝撃過ぎた! 最初は茫然として何も描けない忠彦さんも、やがて秀子のパッションを感じて、芸術が爆発。画家として新境地を切り開くことになりました。

秀子は忠彦さんを、芸術家として新たなステージへと開眼させることこそが、自分の真の役目だと思っていたようで、最後に克子姉ちゃんに「あっ奥様。芸術家の妻があれくらいのことでうろたえてはいけませんわ」の言葉とほほ笑みを残して、嵐のように去っていったのです。もう秀子、最高だよ! というか壇蜜、最高! 現在放送中のNHKの連続ドラマ『みかづき』でも壇蜜は、主役の高橋一生の心をかき乱す女性を演じているけれど、その役もピッタリで、もはや壇蜜は、NHK公認の魔性の女!?

実は10年くらい前に、ブレイク前の壇蜜さんと一緒に仕事をしたことがあります。冠婚葬祭の専門学校に通いながら、モデルの仕事をしていた彼女は、色気があってアンニュイで妖艶、でも不思議といやらしさがない。放送禁止用語を連発しながら男性遍歴や下ネタをあけすけに話す彼女の話術は実に巧みで聡明で、センスにあふれ(エグイ話のオンパレードだったのに……)、20代ですでにアイデンティティは確立され、まさに自分の役目をちゃんと理解し、それを全うする“秀子”そのもの。

数年後にグラビアをやるようになり、福山雅治に見いだされて、「日本一綺麗な隣のお姉さん」として大ブレイク。今や女優としての活躍も目ざましいけれど、それでも彼女はグラビアをやめず、週刊誌では惜しげもなくヌードを披露。自分の市場価値をわかっているからか、自己表現のためなのか、売れても脱ぐことをやめない彼女のヌードは、透明感があって美しさが際立ち、芸術性を感じさせます。女性をも魅了するグラドルは、この人しかいないかも……今回の秀子は、そんな彼女にしかできないハマリ役でした。なかなかラーメン作りがうまくいかない萬平(長谷川博己)のところに壇蜜・秀子を送り込んだら、既成概念をぶち壊すアイディアが生まれたかも!?

そう、萬平さんのラーメン作りはなかなか思うように進まず、チャレンジしては失敗の繰り返し。福ちゃんの提案は残念ながら今のところ的を射ているとは言えず(麺を常温保存するために塩漬けにするのはアウトでしょ~)、天日干しや、スープエキスをまんべんなく麺にかけるためにジョウロを使うなど、小粒というか……地に足のついた、生活に根ざしたアイディアなんだよね。

以前の福ちゃんは“究極のマネジメント能力”を駆使して、もつれた糸をほぐすように問題解決に一役買っていたけれど、ラーメン編になってからはあまりその能力を発揮できていないような。代わりに、トーマス・エジソンの名言「わたしは失敗したことがない。ただ一万通りのうまくいかない方法をみつけただけだ」を引用した、真一さん(大谷亮平)の励ましが際立ってました! さらに福子の友達の敏ちゃん(松井玲奈)がエビとサツマイモをおすそわけして「今夜は天ぷら」と言ったことに、萬平さんは新しい麺作りの着想を得て……さあ来週は、いよいよ新しいラーメンが完成する?

(文:チンチロ鈴)

* * * * * * * * * * * * * * * * * *
「朝ドラの時間です!」記事一覧

第1週:これぞ朝ドラ、1週目から見どころ満載。実力派揃いで期待度高し
第2週:波乱だらけの2週目。まさか、咲姉ちゃんがっ!?
第3週:拷問シーンにキュンキュンしっぱなし。無事釈放され、「萬平、今日から息子です!」
第4週:浴衣姿の萬平の「おいで」に悶絶! ラブラブの新婚生活から目が離せない
第5週:ようやく戦争が終わった……。→イケメンパラダイスで目の保養!
第6週:ふんどし姿で雑魚寝の“塩軍団”に釘付け! 福ちゃんはついにマネジメント力を発揮 
番外編:『黄昏流星群』がイチオシ! 今からでも間に合う 秋ドラマを独断と偏見でレビュー
第7週:祝「たちばな塩業」初出荷! いっぽう塩軍団には暗雲が……!?
第8週:塩軍団が一緒にいきみ、福ちゃん出産! 萬平さんはついに……
第9週:塩チームVSダネイホンチームの裸対決、軍配は? 源ちゃんの神演技に、母性本能くすぐられっぱなし
第10週:たちばな塩業の男性陣、進駐軍に全員逮捕! 雑居房はイケメンパラダイス
第11週:ダネイホンでいざ東京進出! 鈴観音にくいだおれ萬平、そして衝撃の事件が……
第12週:“東大一”の東太一先生こと菅田将暉がついに登場!
第13・14週:釈放された萬平は次なるステージへ。物語もついに後半戦突入!
第15週:萬平が理事長になって8年。浮気騒動、融資打ち切り、次々と事件が!
第16週:万能調理器が完成も、萬平の自宅が差し押さえ! 忠彦さんの元には謎の美女……!?
第17週:待ってました……! 萬平のラーメン開発物語、やっと開幕
第18週:チュー顔の萬平、半端ないって! そしてラーメンの試作は続く…… 
第19週:壇蜜、既成概念をぶち壊す衝撃のマンボ! 麺作りには革命的アイディアが!?  ★現在の記事
* * * * * * * * * * * * * * * * * *

この記事のライター

小学生の頃に放送されていた『ずっとあなたが好きだった』(1992年)に衝撃を受け、TVドラマ好きに。3姉妹の末っ子のため、チャンネル権争いに負けて号泣することもしばしば。一人暮らしを始めてからは、誰にも邪魔されずテレビ独占で、毎日ドラマ漬けの日々を送る。一番好きな朝ドラは『カーネーション』(2011年下半期)。
twitter:@ChenChiroRin