【まんぷく】チュー顔の萬平、半端ないって! そしてラーメンの試作は続く……

NHKで放送中の連続テレビ小説・「まんぷく」のレビュー。ドラマウォッチャー・チンチロ鈴がお送りします。

【まんぷく】チュー顔の萬平、半端ないって! そしてラーメンの試作は続く……

* * * * * * * * * * * * * * * * * *
これまでのレビューは<こちら>から
* * * * * * * * * * * * * * * * * *

お湯をかけるだけで食べられる「即席ラーメン」の本格的な開発をはじめるため、庭の畑をつぶし、研究小屋を建てることにした萬平さん(長谷川博己)。その小屋作りを手伝ったのが、塩軍団の岡君(中尾明慶)と森本君(毎熊克哉)。塩作りしていた頃は喧嘩っ早いふたりだったけれど、会社解散後に北浜食品勤務となり、すっかり丸くなった感じ。あれから8年も経っているけれど、今でも萬平さんに恩を感じているんだね。筋肉質で頼りになるふたりは即戦力だね。

妻のタカ(岸井ゆきの)が妊娠中でつわりがヒドく、萬平手伝い禁止令が出ている神部君(瀬戸康史)はふたりに嫉妬! タカがいる前で、鈴(松坂慶子)から「タカと萬平さんとどっちが大事なの?」と聞かれ(その質問もナンセンスだけど……)、それに対して、「タカです……」と、しぶしぶ答える神部君。タカちゃんがかわいそう。萬平愛がほんと強いなぁ。

ちなみにこの研究小屋。モデルの安藤百福が作った小屋を再現したものが、横浜の「カップヌードルミュージアム」に展示されているので、『まんぷく』ファンは一度足を運んでみてもいいかも!

研究小屋が完成し、ますますやる気モードの萬平さんは、リヤカーを引いて地元の商店街へ食材や調理道具を仕入れに。「元信用組合の理事長がラーメン作りなんて……」と、世間は冷ややかな目を向けるけれど、萬平さんはまったくお構いなし。

さらに福ちゃん(安藤サクラ)をリヤカーに乗せて、パート先のパーラー「白薔薇」まで送ってあげて、本当愛されているねー。福ちゃんも恥ずかしそうに鍋のふたで顔を隠すけれど、まんざらでもない感じだし。

萬平さんは全員がおいしいと思える即席ラーメンを作るために、鈴と克子(松下奈緒)一家を呼んで、試作第1号のスープの試食会を実施。克子と忠彦(要潤)の反応はいいけれど、妊婦のタカは飲めず、福ちゃんの反応はイマイチ。鈴にも酷評され、さらにおいしいスープを作るために改良を重ねる。

研究に没頭するにつれ、萬平さんの見た目にも変化が。ズボンにインしたまま、ボタンを全て外したYシャツの下から、よれよれの白シャツが丸見え。さらに手ぬぐいを巻いた頭はボサボサだし、無精ひげまで。萬平さん(というか長谷川さん)は、どんなにみすぼらしい恰好をしても、男前オーラが全く消えず、逆に色気が増してしまうんだよねぇ。

そしてついに、真一さん(大谷亮平)が再婚することに……。お相手は、福ちゃんより若い35歳で、3年前にダンナを亡くして、6歳の女の子と4歳の男の子を育てているシングルマザーの本城好美(東風万智子)。なんかこの人見たことあると思って調べてみたら、なんと旧芸名が真中瞳! え、15~20年くらい前によくバラエティーに出ていた人じゃん! 超懐かしい~。海外留学していて、帰国後に芸名を変えたらしい。

好美さんはキャラが強烈で、咲姉ちゃん(内田有紀)とはまるで違う、おしゃべりで快活な、いわゆる「大阪のおばちゃん」タイプ。裁縫が得意で、真一さんが着ている洋服も手作り。真一さん、もう彼女に取りこまれているじゃん。結婚したら絶対に尻に敷かれるね。でも厳密にはもう親戚ではないのに、ちゃんと鈴さんらのお許しを請う真一さんは律儀な人だねー。

さらに、克子姉ちゃん一家には再び事件が起きそうな予感。その理由は、忠彦さん(要潤)の元に、次の絵画モデル、秀子が訪れるようになり、この美人を演じるのが、妖艶すぎるあの壇蜜だから! これは波風立たないわけがない、わくわくするな~。

本題の即席ラーメン作りはというと、試作を続け、みんなから大絶賛される鶏がらスープがとうとう完成し、今度は麺作り開始。麺にスープを練り込むが、なかなかうまくいかず…。やっと麺らしいものができたものの、お湯をかけるだけで食べられるものを目指しているのに、なぜかその麺を普通に茹で始めたりと、ふたりとも頭混乱で、ツッコミどころ満載。ようやく原料、水分の適切な配合を導き出すことに成功し、試作の麺にお湯をかけて味見してみるが、味がまったくしない! 

再び壁にぶつかり、酒に逃げる萬平。福ちゃんが小屋に様子を見に行くと、泥酔している萬平の姿を発見。このシーンの萬平がかわい過ぎた!

メガネを探すために手をバタつかせて「メガネ、メガネ」状態の萬平だが、メガネは額の上。福ちゃんがそれをそっと目の位置に戻してあげると、な、なんと唇を尖らせて、キスを要求! それをいつものことみたいに制する福ちゃん。えー、何このやり取り……。萬平さんってそんなイチャイチャするようなタイプじゃないし、もう50歳だし、今までそんな風に福ちゃんに甘えるシーンなんてなかったのに何でこのタイミングで!? 年取ると甘えん坊になるのかと、一瞬のことすぎて頭が混乱。

でも何度繰り返しても、やっぱりキスを要求している~。酔っぱらった萬平さんのチュー顔の破壊力、半端ない! もうラーメン作り、どうでもよくない!? ってダメか……。来週もチュー顔、お願いします!

(文:チンチロ鈴)

* * * * * * * * * * * * * * * * * *
「朝ドラの時間です!」記事一覧

第1週:これぞ朝ドラ、1週目から見どころ満載。実力派揃いで期待度高し
第2週:波乱だらけの2週目。まさか、咲姉ちゃんがっ!?
第3週:拷問シーンにキュンキュンしっぱなし。無事釈放され、「萬平、今日から息子です!」
第4週:浴衣姿の萬平の「おいで」に悶絶! ラブラブの新婚生活から目が離せない
第5週:ようやく戦争が終わった……。→イケメンパラダイスで目の保養!
第6週:ふんどし姿で雑魚寝の“塩軍団”に釘付け! 福ちゃんはついにマネジメント力を発揮 
番外編:『黄昏流星群』がイチオシ! 今からでも間に合う 秋ドラマを独断と偏見でレビュー
第7週:祝「たちばな塩業」初出荷! いっぽう塩軍団には暗雲が……!?
第8週:塩軍団が一緒にいきみ、福ちゃん出産! 萬平さんはついに……
第9週:塩チームVSダネイホンチームの裸対決、軍配は? 源ちゃんの神演技に、母性本能くすぐられっぱなし
第10週:たちばな塩業の男性陣、進駐軍に全員逮捕! 雑居房はイケメンパラダイス
第11週:ダネイホンでいざ東京進出! 鈴観音にくいだおれ萬平、そして衝撃の事件が……
第12週:“東大一”の東太一先生こと菅田将暉がついに登場!
第13・14週:釈放された萬平は次なるステージへ。物語もついに後半戦突入!
第15週:萬平が理事長になって8年。浮気騒動、融資打ち切り、次々と事件が!
第16週:万能調理器が完成も、萬平の自宅が差し押さえ! 忠彦さんの元には謎の美女……!?
第17週:待ってました……! 萬平のラーメン開発物語、やっと開幕
第18週:チュー顔の萬平、半端ないって! そしてラーメンの試作は続く…… ★現在の記事
* * * * * * * * * * * * * * * * * *

この記事のライター

小学生の頃に放送されていた『ずっとあなたが好きだった』(1992年)に衝撃を受け、TVドラマ好きに。3姉妹の末っ子のため、チャンネル権争いに負けて号泣することもしばしば。一人暮らしを始めてからは、誰にも邪魔されずテレビ独占で、毎日ドラマ漬けの日々を送る。一番好きな朝ドラは『カーネーション』(2011年下半期)。
twitter:@ChenChiroRin