【まんぷく】待ってました……! 萬平のラーメン開発物語、やっと開幕。

NHKで放送中の連続テレビ小説・「まんぷく」のレビュー。ドラマウォッチャー・チンチロ鈴がお送りします。

【まんぷく】待ってました……! 萬平のラーメン開発物語、やっと開幕。

* * * * * * * * * * * * * * * * * *
これまでのレビューは<こちら>から
* * * * * * * * * * * * * * * * * *
理事長を辞め、持ち家も売却し、借家に引っ越して再出発することになった立花一家。17週目は、昭和33年元日からスタート。

萬平(長谷川博己)、福ちゃん(安藤サクラ)、源、幸の4人で寂しいお正月になるかと思ったら、真一さん(大谷亮平)が日本酒の二本縛りを持って新年のごあいさつに訪れます。

さらに桐の箱入りのカステラを持って福子の親友、敏ちゃん(松井玲奈)と世良さん(桐谷健太)まで! 世良さんのお年賀は、2本のウイスキー。これが『マッサン』に登場した架空の「DOUKAH WHISKY(ドウカ・ウイスキー)」だったことで、朝ドラファンから歓喜の声が続出!! こういう小ネタがたまらないんだよね。

それにしても律儀な真一さんが、縁起のよい贈り物とされる二本縛りを持ってくるのはわかるけれど、世良さんもちゃんとウイスキーを2本持ってくるところがニクイよね。早速そのお酒をみんなで酌み交わします。ちゃぶ台の向こう側のたんすの上には咲姉ちゃん(内田有紀)の遺影が見え、まるで見守ってくれているかのよう。あれ、この咲姉ちゃんの遺影って、もともと鈴さん(松坂慶子)のものだったと思うけれど、克子姉ちゃん(松下奈緒)宅には持っていかなかったのかな? でも借家になってから、遺影が頻繁に映るから、咲姉ちゃんも幸せだよね。

そして源と幸は、みんなからお年玉をもらって大はしゃぎ。お年玉をもらったその場で中身を確認しようとして注意されるシーンがあったけど、私も小さい頃やって親にこっびどく怒られたことを思い出したよ。

それに萬平さんの「貯金箱にしまってきなさい」の連発も最高。鈴&克子姉ちゃん一家も訪れ、源はたくさんお年玉をもらって、「金や、金!」と、元理事長の息子とは思えない発言をします。

そんな源に萬平さんが「貯金箱にしまってきなさい!!」と大声で叱るんだけど、それに対して世良さんが、「使うときは使えよ」「貯め過ぎるのは良くないぞ」とアドバイス。このやり取り、めちゃくちゃ最高だったなー。

その後、人数が増えたことで、わが家のように、予備のちゃぶ台をどこからか持ってきて、克子姉ちゃんたちをお迎えする世良さんも好き。本当憎めない人だよねー。先週は緊迫してばかりだったから、久々にほんわかしたシーンが続き、『まんぷく』のおもしろさがつまった回でした。

そして今週からいよいよラーメン作りがスタート。萬平さんが、インスタントラーメンの開発をひらめいたのは、食卓を囲んでいるときの何気ない会話から。「ラーメンだ! 見つけたぞ、福子、ラーメンだ!」と、突然の発表にみんなビックリ。

戦後の大阪の闇市で、ラーメンの屋台に長い行列ができていたことや、福子と1杯のラーメンを分け合ったこと、南大津の「清香軒」のことなど、萬平さんの頭の中でラーメンの記憶が次々と蘇り、なんで家でラーメンが食べられないのか疑問に思ったことから思いついたみたいだけど、ほかの3人はよくわからなくて、ポカーン顔。

ラーメン作りを決めた萬平はラーメンを食べ歩き、自分が作りたいラーメンの条件を決定。1.おいしいこと、2.安く買えること、3.便利であること、4.常温で保存できること、5.安全であること。この条件のもと萬平さんがあれこれ考えている頃、子どもたちにある事件が起こります。

萬平が信用組合をクビになり、ルンペン(浮浪者)になったと言われ、学校でいじめられるように……。源と幸は、お父さんに信用組合に戻ってほしいと涙ながらに訴えます。しかしそれに対して福子は「ラーメン作って何が悪いのよ!」と一喝。このときの源と幸の演技のうまさといったら。特に幸は鼻水垂らして号泣。ああ、本当に愛らしい子だよ。

子どもふたりが、親に心配をかけさせないようにふるまっていたのがいじらしい。信用金庫理事長から無職になり、環境が変化したことで一番戸惑っているのは子どもたちだったんだね。

福ちゃんは、「誰に何と言われようと気にしたらダメ。ケンカしたらダメ。今にみてろ! って思っていなさい。何を言われてもニコニコしてなさい」と慰めるけれど、大丈夫かなぁ……。子どもにとってみたら、学校という狭い社会が生活のほとんどだから。どうか源と幸がグレずに成長しますよーに。

そんな萬平さんが作っているラーメンの名前は、鈴さんの案が採用。「即席ラーメン」と呼ばれるように。庭の畑をつぶし、研究所を建て、即席ラーメンの本格的な開発がいよいよスタート。放送はあと2か月しかないけれど、ラーメン作り、じっくり描いてほしいな~。

(文:チンチロ鈴)

* * * * * * * * * * * * * * * * * *
「朝ドラの時間です!」記事一覧

第1週:これぞ朝ドラ、1週目から見どころ満載。実力派揃いで期待度高し
第2週:波乱だらけの2週目。まさか、咲姉ちゃんがっ!?
第3週:拷問シーンにキュンキュンしっぱなし。無事釈放され、「萬平、今日から息子です!」
第4週:浴衣姿の萬平の「おいで」に悶絶! ラブラブの新婚生活から目が離せない
第5週:ようやく戦争が終わった……。→イケメンパラダイスで目の保養!
第6週:ふんどし姿で雑魚寝の“塩軍団”に釘付け! 福ちゃんはついにマネジメント力を発揮 
番外編:『黄昏流星群』がイチオシ! 今からでも間に合う 秋ドラマを独断と偏見でレビュー
第7週:祝「たちばな塩業」初出荷! いっぽう塩軍団には暗雲が……!?
第8週:塩軍団が一緒にいきみ、福ちゃん出産! 萬平さんはついに……
第9週:塩チームVSダネイホンチームの裸対決、軍配は? 源ちゃんの神演技に、母性本能くすぐられっぱなし
第10週:たちばな塩業の男性陣、進駐軍に全員逮捕! 雑居房はイケメンパラダイス
第11週:ダネイホンでいざ東京進出! 鈴観音にくいだおれ萬平、そして衝撃の事件が……
第12週:“東大一”の東太一先生こと菅田将暉がついに登場!
第13・14週:釈放された萬平は次なるステージへ。物語もついに後半戦突入!
第15週:萬平が理事長になって8年。浮気騒動、融資打ち切り、次々と事件が!
第16週:万能調理器が完成も、萬平の自宅が差し押さえ! 忠彦さんの元には謎の美女……!?
第16週:待ってました……! 萬平のラーメン開発物語、やっと開幕 ★現在の記事
* * * * * * * * * * * * * * * * * *

この記事のライター

小学生の頃に放送されていた『ずっとあなたが好きだった』(1992年)に衝撃を受け、TVドラマ好きに。3姉妹の末っ子のため、チャンネル権争いに負けて号泣することもしばしば。一人暮らしを始めてからは、誰にも邪魔されずテレビ独占で、毎日ドラマ漬けの日々を送る。一番好きな朝ドラは『カーネーション』(2011年下半期)。
twitter:@ChenChiroRin