悪口が多い職場にうんざり……。スマートに対処する3つの方法

職場の人間関係の悩み、「言葉」で解決しませんか? コミュニケーション講師の宇佐美陽子さんが、アラフォーシングル女性の職場コミュニケーションの悩みにアドバイスします。第11回は、「悪口が多い職場の対処法」について考えます。

悪口が多い職場にうんざり……。スマートに対処する3つの方法

* * * * * * * * * * * * * * * * * *
これまでの連載は<こちら>から
* * * * * * * * * * * * * * * * * *

「オトナノ」読者のみなさん、こんにちは! コミュニケーション講師の宇佐美陽子です。

先日、電車に乗っているときに30代~40代くらいのサラリーマン風の男性2人の話が耳に入ってきました。女性社員同士が陰口を言い合っているところに自分の話題があったのだとか……!

その男性は「20代の頃だったら、勢いで何だよー俺の話~? 何? とか言えたけど、今は陰口に反論してる体力も余裕もないなー」と、もうひとりの男性に愚痴っているのでした。

今回は陰口や悪口を言っている場に遭遇したとき、反論せずにスマートに対処する方法をお伝えしましょう。

本日のテーマ「悪口、陰口タイムからの突破口の作り方」

こんなお悩みが届きました。

「同僚とのランチタイム。上司や同僚の陰口や悪口がとにかく多い。他人をいちいちジャッジするのって疲れる」(39歳/正社員・総合職)

会社の中で悪口や陰口などの個人的感情や利害関係に左右されないためには、どうしたらよいのでしょうか?

悪口や陰口が気になるとき、自分自身には何が起きているのでしょうか? そして、こんなとき、その場を乗り切る対処方法とはどんなものでしょうか。

“悪口陰口族”の話を疲れるほど気にしている自分の状態を確認

悪口や陰口が多い人と付き合っていると疲れてしまうのは、“悪口陰口族”から放たれるネガティブワードに自分自身のアンテナが立ってしまっているからです。

「アンテナが立っている状態」というのは、たとえば「パンが好きな人」はどんな街でも、「パン屋さん」を見つけることができる、というようなことです。何かを好きな気持ちが募れば、アンテナとなります。

それは、逆も然りです。悪口や陰口が特に気になるときは、自分の中で誰かに対して“不平、不満”を抱いているときともいえます。「〇〇さんはなんであんなに仕事が遅いのかしら?」などと誰かのできないことへの不満や、嫌な気持ちが募っているといえるでしょう。

そんなときは、主語を「私」に切り替えて、「私が今一番心地よい場所はどこだろう?」「私が好きな食べ物は何だろう」というポジティブな気持ちにアンテナを立てることで、ムカつくな、とか嫌だなという気持ちを薄めていきましょう。

自分自身の心の状態がネガティブであると、周りの雑音からネガティブワードを拾いやすくなりますし、逆にポジティブな状態であればポジティブワードを拾いやすくなります。自分自身の心の状態から言葉は生まれるので、まずは心の中をしっかりと整える時間を大切にしましょう。

また、人間は自分のことも、他人のことも、100パーセント悪く言い切れない性質を持っているものなので、会話の中では悪口、陰口以外の話もしているはず。そちらの話題を拾い上げ、広げるように働きかけていきましょう。

イラスト:えなみかなお

悪口陰口大会がはじまったときの対処法

いつものように悪口陰口大会が始まってしまったときはどうすれば良いでしょうか。

【×】なんでも同調する言葉「そうだよね」を何度も使う


まず、安易な同調は避けましょう。同調すればするほど、悪口、陰口はとめどなく果てしなく続きます。

【△】苦笑いでうなずきながら何も言わない(言葉では同調しない)

しかし、話をまったく聞いていないそぶりを見せれば今度はあなたが悪口の対象になりかねません。△の態度は、言葉としては同調しないが、うなずくという仕草は見せて、相手のカッカした悪口に込められた怒りをゆっくり鎮めていくやり方です。うなずくときは、ゆっくりとやってみてください。

【◯】(悪口そのものではなく不満にフォーカスして)「大変なことがあったんだね」

◯のやり方は、悪口や陰口そのものではなく、背景にある「不平」や「不満」にフォーカスする方法。今回の相談者さんは「聞き役」タイプかと思います。「聞き役」タイプの持ち味は「共感力」。その「共感力」を活かした方法です。

「辛かったね」「大変だったね」という一言で、相手の気持ちに共感しましょう。そうすると、相手は「気持ちをわかってくれている」と思うので、不平や不満、そして悪口が徐々におさまっていくはずです。

【◎】(相手の話が大体終わった後で)「私の悩みも聞いてくれる?」

◎のやり方は、言いだすのに緊張するかもしれないので、自分にゆとりがあるときに使ってみてください。「実は私も悩みがあってさ……。聞いてくれる?」と言うと、言われた側はアドバイスを求められていると感じます。

不平、不満がある人は、意見を言いたいモードになっているので、きっと悩み相談に乗ってくれるでしょう。こうした「私の悩みも聞いてくれる?」という言葉は相手に「視点を切り替える」効果をもたらします。

悪口や陰口は、言い続けるのはエネルギーを消耗して疲れるので、誰だって本当は言いたくないし、相手の役にたつアドバイスができた充実感のほうを味わいたいですよね。ただ、自分の悩みに沿ったアドバイスをもらえないかもしれないので、その点、心しておいてください。

とはいえ、言葉にして気持ちを放つのは大事なストレス発散!

悪口陰口大会が疲れるのは、他人を貶める場になってしまうから。とはいえ、悪口や陰口は、無くならないものですし、発散も必要なこと。なので、「改善大会」を開くことをオススメ。悪口陰口がはじまったら、「じゃあ、どうすれば不平や不満がなくなるか?」ということも自由に話してみてください。不平や不満は「現状を良くしたい」という気持ちがあるからでてくるもの。うまく発散し、感情を整理する時間にしてくださいね。

また、自分も不平や不満を抱えているときもあるでしょう。そんなときは、心許せる友人たち限定で、「今から○分は、悪口言いたい放題タイム!」と、時間を決めて思い切り言い合ってみてくださいね。

(文:宇佐美陽子/イラスト:えなみかなお)

* * * * * * * * * * * * * * * * * *
「人間関係はあなたの言葉でできている」記事一覧

第1回:他人と比較するクセをやめるには?
第2回:「完璧主義でうまくいかない」から脱却するには?
第3回:「上司に振り回されたくない!」を解決する3ステップ
第4回:後輩との関係づくりに悩んでいる? 「失敗談」と「ペーシング」を意識しよう
第5回:語尾の「ね」がポイント! 苦手な会議を乗り越える魔法のワードとは
第6回:「雑談が苦手」を克服したい! コミュニケーション専門家が教えるコツとは
第7回:「仕事を断るのが下手……」スマートに頼るためのキーワード「KTT」とは?
第8回:「仕事を任せるのが苦手!」なあなたに必要なこと
第9回:初対面で失敗したくない!! 心の距離をぐっと縮める「3秒ルール」
第10回:催促が苦手……! 相手に気持ちよく動いてもらうための伝え方って?
第11回:悪口が多い職場にうんざり……。スマートに対処する3つの方法 ★現在の記事
第12回:職場で評価される人、されない人のたった1つの違いとは?
* * * * * * * * * * * * * * * * * *

この記事のライター

TCS認定コーチ、コミュニケーション講師
大学在学時よりラジオDJとして活動。10年やってラジオDJの仕事を休止し、自分は本当は何がしたいのだろう? と30代から「自分探し」を始める。しかし完全に迷子になり、NLPコーチングを学ぶ。「訳アリ」な状況をチャンスに捉えることで好転してきた自身の体験を元に、現在はコミュニケーション講師としてお仕事展開中。愛読書は漫画キングダム。趣味はNetflixタイム、瓶集め。