グレース・ケリーの名言をななめ斬り! 「女性は自分が決めたことは、なんでもできると思っています」

矛盾に満ちた世の中を、レジェンドたちはどう渡り歩いてきたのか。ライター・仁科友里さんが名言をひも解きながら、「女の生きざま」をナナメから考察します。

グレース・ケリーの名言をななめ斬り! 「女性は自分が決めたことは、なんでもできると思っています」

子どもの頃に読んだおとぎ話では、王子さまに選ばれたお姫さまは「いつまでも、幸せに暮らしましたとさ、めでたしめでたし」と書いてありましたが、現実世界のお姫さまというのはそうはいかないようです。

イギリスの名門スペンサー家から王室入りしたダイアナ元妃は、チャールズの浮気と拒食症に悩み、自らも不倫をして離婚。それだけならまだしも、不慮の事故で命を落としてしまいます。王子さまではありませんが、アメリカの政治家、ジョン・F・ケネディーと結婚したジャクリーン・ケネディーは夫の浮気に常に悩まされたようです。離婚を申し出ると、体面を重んじるケネディー家の長老はジャクリーンにカネを渡すことで解決してきたそう。「一生、全力でお守りします」という言葉にひかれて、皇室入りを決めた日本一のキャリアウーマンも、一時よりだいぶお元気になられたようにお見受けしますが、もっと違う人生があったのではないかと思っている国民もいるはず。

クールビューティーと呼ばれ、わずかデビューから四年後にアカデミー主演女優賞を受賞した女優、グレース・ケリー。モナコ公国の王妃となりましたが、この方の人生も平穏ではありませんでした。グレースの育った家庭は裕福ではありましたが、いわゆる成り上がり家庭でした。ケリー家のトップ、グレースの父親であるジョンはオリンピックに出場し、メダリストとなったことで国民的英雄になったことから、子どもたちにスポーツを奨励します。しかし、ケリーは兄弟の中で唯一、運動が苦手。父親のケリーに対する評価は非常に低かったそうです。

女優として頭角を現し、グレースがアカデミー賞を取った時、マスコミはグレースの父親にコメントを求めますが、「何かを成し遂げるとしたら、姉のほうだと思っていた」と、この期に及んでも冷たいコメント。グレースはヤリマ……いえ、恋多き女性として知られ、父親ほど年の離れた男性と浮名を流してきましたが、それも相手の男性に父性を求めていたからかもしれません。ハリウッドの男性を結婚すると、ほぼ100%の確率で男性は「グレース・ケリーの夫」と呼ばれてしまいます。そういう状態を恐れていたグレースにとって、モナコ公国のプリンス、レーニエ公との出会いは願ってもないチャンスでした。観光大国であるモナコにとっても、有名人であるグレースと結婚すれば、またとないモナコの宣伝になるはず。二人のメリットは完全に一致し、結婚が決まります。子どもを三人もうけ、公務に励んだグレースでしたが、レーニエ公の浮気、子どもたちの素行不良に悩まされてアルコールにおぼれていきます。娘を傍らに乗せて車を運転していたグレースは、事故を起こし、52歳の若さでこの世を去ったのでした。

女優として最高峰のアカデミー賞を受賞し、モナコに嫁いだ後はフランス語を覚え、王室のしきたりを覚え、三人の子どもを育てながら公務に励んだグレースは、勤勉で国民から愛された王妃でした。グレースは「女性は自分が決めたことは、なんでもできると思っています」と述べていますが、この女性というのは、自分のことを指していると解釈してもいいでしょう。

イラスト:井内愛

若い時なら、このひねくれ者の私でさえ「そうだ! 努力は大事だ!」と思ってしまいそうですが、今ならこう思うのです。いやいや、どちらかとういうと、あきらめる才能のほうが大事だと。

グレースがレーニエ公と出会ったのは仕事がきっかけでしたが、プロポーズを受けるときに、王子さまとの結婚なら、権威好きなお父さんが喜ぶことを考えなかったと言ったら、嘘になるのではないでしょうか。実はグレースは、レーニエ大公以外の複数の男性からプロポーズされていますが、離婚経験があることや、職業に文句をつけて別れさせられています。父親が若い娘の交際や結婚について意見するのが悪いとは思いませんが、グレースの父親は文句はつけるけれど、絶対にほめないタイプ。そんな人の意見を聞いてどんな意味があるのでしょう。グレースがあきらめればよかったもの、それは「頑張れば父親は愛してくれる」という成功譚だったのではないでしょうか。グレースの父が亡くなった後、父親の書斎に入ったグレースは、自分の写真が飾られていなかったことに気づき、「最後まで父に愛されなかった」と泣いたそうですが、残念なことに親でも通じない人はいますし、人はそう簡単に変わりません。

あきらめるというのは、ネガティブニュアンスで語られることが多いものですが、本来の意味は「心を明るくさせる、はっきりさせる」という意味だそうです。ということは、グレースの場合、お父さんをあきらめることができたのなら、これほど苦しまなくても済んだかもしれないのです。

アラフォーともなると、「あの時、〇〇だったら」といった類の「あきらめられないこと」の一つや二つあるでしょう。人によっては過去に空白を埋めようとしたりもしますが、努力家の自覚があって、いろいろ夢をかなえてきた自負がある人ほど、あきらめることをしたほうがいいのではないかと思うのです。というのは、幸せとは、「あきらめる」の本来の意味と同じように、心が明るい状態を指すと思うから。王子さまと結婚しようが、賞をとろうが心が暗かったら、意味がないと思うのです。

努力するのは大事、でもあきらめるのはもっと大事。もしあなたが胸にもやもやするものがあるのなら、「手に入らないものは、必要ないもの」と申し上げたいです。

(文:仁科友里/イラスト:井内愛)

* * * * * * * * * * * * * * * * * *
【名言ななめ斬り! 記事一覧
第1回 ココ・シャネル「傲慢さは私の性格の鍵であり、成功の鍵でもある」
第2回 松任谷由美「気持ちはつながっていると思う25年でした」
第3回 マリリン・モンロー「同じことを何度繰り返しても、チャレンジにはならないわ」
第4回 林真理子「あんまり若くない女って、どうしてこう運命って言葉に弱いのかしら」
第5回 小林麻美「結婚を選んだからには、何かを捨てなくてはならない」
第6回 メーガン妃「私はこれまでと同じ」
第7回 瀬戸内寂聴「大きな椿の花を咲かせるには、どうしたらいいと思いますか?」
第8回 マドンナ「私の一番の弱点は、不安感よ。1日24時間、週に7日悩まされているわ」
第9回 山口百恵「売上げ枚数が私の十分の一しかないタレントに対してなら、そうは言わなかったのではないだろうか」
第10回 グレース・ケリー「女性は自分が決めたことは、なんでもできると思っています」
* * * * * * * * * * * * * * * * * *

この記事のライター

1974年生まれ。OL生活をつづったブログが話題となり、2006年「もさ子の女たるもの」(宙出版)でデビュー。「週刊文春」「週刊女性」「女性セブン」にタレント論、女子アナ批評を寄稿。2015年「間違いだらけの婚活にサヨナラ!」(主婦と生活社)が異例の婚活本として話題を呼ぶ。好きな言葉は「勝てば官軍、負ければ賊軍」