『おひとりさま専用Walker』編集者が語る 年末年始は己と向き合え!

『おひとりさま専用Walker』編集者の中村茉依が、おひとりさま生活を120%楽しむ方法をお届けします。第1回のテーマは「年末年始、どう過ごす?」です。

『おひとりさま専用Walker』編集者が語る 年末年始は己と向き合え!

みなさん、はじめまして。中村茉依と申します。この度『おひとりさまの歩き方』というタイトルで連載をはじめさせていただくことになりました。いやあ、各所から「あなた誰?」「誰やねん!」という声がたくさん聞こえてきますね。はい、その通りだと思います。なので、簡単に自己紹介を。どうか、ここで閉じないでくださいね。

私は、芸能人でもコラムニストでもなく、株式会社KADOKAWAに勤めるただの会社員です。当社は出版社でして、アニメや映画、小説、雑誌……さまざまなメディアを扱うのですが、その中で私は『東京ウォーカー』という情報誌の編集部におります。『東京ウォーカー』……は、みなさんご存知ですよね?

……ああ、よかった。認知されていてよかったです。そんな私がなぜ『おひとりさまの歩き方』を執筆しているのかって? そのワケは、2017年12月にさかのぼります。そのころ、私は『おひとりさま専用Walker』(※現在は『おひとりさま専用Walker2019』が発売中)というムックを企画・編集し、発売させていただきました。

おひとりさまである私は、「東京ウォーカーに載っているような、キラキラした毎日なんて過ごせっこないよ~(泣)」と嘆くあまり、“ひとりで過ごす時間をいかに充実させるか”に特化した1冊を完成させてしまいました。その本が、ありがたいことに、3度の重版を呼び、今回このようなご縁を運んできてくれたわけです。ありがたいお話です。

まもなく、2018年も終わりますね。今年っぽく表現するならば「平成最後の年末年始」がやってきますね。年末年始をひとりで過ごす方は、どんな予定がありますか?

中には「ひとり」というだけで、ネガティブになってしまう人もいると思います。そんなネガティブは今すぐ捨ててOK! なぜなら、ひとりで過ごすほうが“トク”できる年末年始の過ごし方があるから(私はよく、ひとりの方が人生トクする! と言っていますが、本当にそう)。

新しい年のはじまりはスッキリした気持ちで迎えたいですよね。だからこそ、大掃除に精を出して身も心も綺麗にしたくなる年末。でも、平成最後の年末は、外に出て厳格な場所で己と向き合い、心を2019年仕様に入れ替えてみませんか。この時期こそ「宿坊(しゅくぼう)泊」や「写経体験」「滝行」で、心と頭をスッキリさせてみませんか。

年末におすすめする理由は、ただひとつ。新年を迎えるための準備ができるから。慌ただしかった1年間、この1年でみなさんの中に積もりに積もった邪念をリセットしようじゃないですか。

たとえば「宿坊泊」。そこでは朝6時起床、21時就寝の生活をします。いつもの街から離れ、深呼吸をするようなひとときを過ごすことで、身も心も綺麗にすることができる。なんだか、新しい自分に生まれ変わった気持ちになるんです。

今、大掃除をして新年を迎える準備をしている、そこのアナタ。今年は、外へ出てみませんか。静かに己と向き合う場所こそ、ひとりで行くのがオススメです。余計な気遣いが不要ですからね。

東京や関東エリアはもちろん、東海地方、関西や九州にもありますので、年末年始の時間を使って出かけてみてはいかがでしょうか。特に「おひとりさま専用Walker2019」では、ソロ活時にありがたい予約や持ち物が不要な、とりわけ気軽に参加できるスポットを重点的に紹介していますよ。

イラスト:中島香奈

先ほどは外出する場合の話でしたが、年末年始は家で過ごすという方も多いですよね。室内では「どう寒さをしのぐか」が死活問題なわけですが、ひとりで暮らされている方はどうされていますか? 「実家のこたつが恋しい」「ひとり暮らしだからちょうどいい暖房器具がない」……なんて思っている方も多いのではないでしょうか。

そんなみなさんに朗報です。ここ数年「おひとりさま専用のこたつ」のバリエーションがとにかく豊富! 机のサイズ感からして、ひとり暮らしにふさわしいサイズでちょうどいいんですよね~(あたたかさは大きさ関係なく同じぬくもりです)。このような、おひとりさま専用グッズも、最近は沢山発売されているので、「ひとり」でできないことや不便なことも減ってきているなぁ、とつくづく思います。

ちなみに私、年始は、久しぶりに初売りに行ってみようかと思うのですが、ここでもやっぱり「ひとり」がトクですよ。あの初売りの混雑で集団行動は、思うように買い物ができないですからね。目的のものを買ったら即撤収! 以上!

上記でご紹介した「宿坊泊」や「写経体験」、「おひとりさま専用こたつ」などは、発売中の『おひとりさま専用Walker2019」で詳しく住所などを紹介しておりますので、気になったという方はこの本を手に取っていただければと思います。
ではでは、初回はこのあたりで……。みなさん良いお年をお迎えください。

(文:中村茉依/イラスト:中島香奈)

* * * * * * * * * * * * * * * * * *
発売中の『おひとりさま専用Walker2019』。この記事を読んで気になったという方はこちらからチェックしてみてくださいね。
* * * * * * * * * * * * * * * * * *

この記事のライター

中村茉依(なかむら・まい)
株式会社KADOKAWA東京ウォーカー編集部在籍の編集者。東京ウォーカーでは、グルメやおでかけ、コミックエッセイ、タレント連載など、幅広く担当。2017年12月、3度の重版がかかる異例のヒットとなった、おひとりさま専用情報誌「おひとりさま専用Walker」を企画し編集した生みの親。2018年12月には全国版をリリースし、即日重版がかかる。


ランキングをもっと見る >