職場の忘年会、参加理由の第1位は「仕事の一部だと思うから」 アラフォーシングル女性1000人に聞きました!

「オトナノ・世論調査」ではオトナノ世代がいま疑問に感じていることや、何気なく考えていることを調べ、発信しています。

職場の忘年会、参加理由の第1位は「仕事の一部だと思うから」 アラフォーシングル女性1000人に聞きました!

今年も残りわずかです。中には連日忘年会の予定が入っている……という人もいるのではないでしょうか。今回は、「会社の忘年会」についてアラフォーシングル女性1088人に聞いてみました。

職場の忘年会に参加しましたか?

まず、忘年会に「参加した(する予定)」人は41.7%、「参加しなかった(しない予定)」人は22.5%という結果に。「そもそも開催がなかった」という人は35.8%でした。

参加した理由は?

参加した理由は、「仕事の一部だと思う」(60.3%)、「チームの交流が深まる」(21.9%)、「普段話せない人と話せる」(18.8%)という順に。多くの人が“職場の忘年会=仕事”という認識が強いようです。では、それぞれの理由を見ていきましょう。

「仕事の一部だと思う」

・「職場のイベントであり、よほどの事情がない限り欠席という選択はない」(38歳/技術系専門職)
・「職場の決まり事だから参加する。特に嫌な思いをするわけではなく職場で普段接触少ない人とも交流が図れる利点もあるから」(39歳/事務系専門職)

最も多かったのが、「仕事の一部だと思うから」(60.3%)でした。職場のイベント=これも仕事という暗黙の了解で、参加するのが当たり前という意識の人が多数派。また、職場によっては忘年会が参加必須のイベントになっているところもありました。

「チームの交流が深まる」

・「みんなで集まれる機会はなかなか無いし、交流することで対人関係が円滑になると思うから」(38歳/秘書・アシスタント職)
・「仕事中は忙しくて職場の同僚や新人さん達と個人的に会話する機会がなかなか持てないから」(44歳/その他)

次に多かった意見が「チームの交流が深まる」(21.9%)。普段同じチームで働いている人とも、業務以外の話ができて新しい発見があったり、一層の交流を深める機会とポジティブにとらえているようです。

「普段話せない人と話せる」

・「普段はあまり話すことのない人たちとも話せるし、少しざっくばらんな雰囲気で聞けないことも耳に入らないことも分かることもあるので。また、楽しい」(36歳/技術職)
・「日頃ゆっくり話せない人や、顔を合わせている人でも、仕事とは別の話ができるから」(43歳/事務系専門職)

続いて多かったのが「普段話せない人と話せる」(18.8%)。忙しくて普段なかなか話せない人とも、打ち解けるチャンスと考えているよう。コミュニケーションが深まると仕事も円滑に進むと言えそうですね。

参加しなかった理由は?

いっぽう、参加しなかった人の意見はどうでしょうか。参加しなかった理由として、「プライベートを優先したい」(85.4%)が圧倒的に多く、続いて「お酒が好きでない」(24.6%)「会費が高い」(19.8%)の順。

「プライベートを優先したい」

・「12月は休みがないほど忙しいのに、わざわざ時間を割いて上司に気を遣いながらお酒を飲みたくない」(40歳/クリエイティブ職)
・「仕事以外でも面倒な人と顔を合わせなければならないと思うと憂鬱だから」(40歳/事務系専門職)

最も多かったのが「プライベートを優先したい」(85.4%)という意見。年末で特に忙しい時期に、業務以外で会社の行事に時間を使いたくないという気持ちがあるようです。

「お酒が好きでない」

・「お酒が飲めないので、会費の金額に対して割に合わないと感じることが多いから」(43歳/その他

・「お酒が飲めないしカラオケが苦手。会費は払って15分くらいで無難に抜けている」(38歳/その他)

続いて多かったのは「お酒が好きでない」(24.6%)という意見。お酒が好きでない人の中は、飲み会自体を苦痛に思う人もいます。さらに、お酒を飲む人とそうでない人の会費が一律であることも「損」と感じられるようです。

「会費が高い」

・「ご飯が美味しくないわりに会費が高い。年末で出費が重なる時期にキツイ」(39歳/事務系専門職)
・「役職がついている人とそうでない人の会費が一緒なのに不公平を感じるから。役職つきの人はもう少し払ってほしい」(36歳/技術系専門職)

3番目に多かったのは「会費が高い」(19.8%)という意見。年末で出費が重なるこの時期、参加費が高い忘年会だと人によってはかなり手痛い出費になるもの。役職の有無で会費に傾斜をかけてほしいという意見も寄せられました。

まとめ

今回のアンケートでは、約4割の人が忘年会に参加していることがわかりました。プライベートの時間を割きたくないという意見も一定数いるいっぽう、オトナノ世代は「飲みニュケーション」による社内交流を大切にしている人が主流のよう。くれぐれも体調管理は大切に、忘年会シーズンを乗り切ってくださいね!

(文:オトナノ編集部)

<調査概要>
調査方法:インターネット調査
調査期間:2018年12月7日(金)~12月11日(火)
調査対象:35~44歳の働くシングル女性
回答者数:1088人

この記事のライター

30代後半から40歳にかけては、自分自身にも環境にもさまざまな変化が訪れるタイミング。「そこそこ満足」と「これからどうする」で揺れることも多いのではないでしょうか。編集部では、オトナノ世代がこれから先もしなやかに、柔軟に、楽しみながら生きていくための道しるべを模索し、発信します。

twitter:@otonano_mynavi

関連するキーワード

忘年会 調査