2018年10月21日 公開
2018年10月21日 更新

格安スマホとしてiPhone SEが使える? メリットや契約方法を紹介

Apple Storeでは販売を終了したiPhone SEですが、実は格安スマホとしてMVNOなどの事業者ではまだ購入できるんです。iPhone SEを格安スマホとして利用するメリットや契約に必要なもの、実際にかかる月額料金をまとめました。小型で使いやすいiPhone SEを格安スマホにして節約したい方は必見!

52 view

どんどんスマホのサイズが大きくなるなか、4インチというコンパクトさが魅力的なiPhone SE。少し前の機種ではありますが、まだまだiPhone SEは人気があります。そんなiPhone SEですが、実は格安スマホとして使えるんです。

この記事ではiPhone SEを格安スマホとして使うとどんなメリットがあるのか、どこで購入できるのかなどをまとめて紹介します。

Phone SEを格安スマホにするメリットとは

 (8221)

基本的に格安スマホはキャリアの半額程度の月額料金で利用できるお財布に優しいサービス。iPhone SEを格安スマホとして利用する場合も同じで、使い方によってはauやドコモなどの大手キャリアの半額程度の月額料金に抑えられるのが最大のメリットといえるでしょう。

iPhone SEを格安スマホとして利用するためには、月額料金の安い格安SIMを契約し、iPhone SEに入れて利用します。

これまでiPhone SEを大手キャリアで利用していた方なら格安SIMに乗り換えてSIMカードを入れ替えるだけで月額料金を安くできます。機種を新たに購入する必要がないため、高額な初期費用は不要。すぐに毎月のスマホ料金の節約ができます。

これからiPhone SEを購入したい方は格安SIMとセットで安く購入することもできます。iPhone SEは2016年3月発売されたスマホです。少し前の機種のため価格も安く、iPhoneシリーズを使いたいけれど値段がネックになっているという方も購入しやすいでしょう。

2018年の新機種iPhone XS/XS Maxの発表でApple StoreでのiPhone SEの販売は終了してしまいましたが、格安スマホとしては引き続きさまざまな事業者で販売されています。今から新しくiPhone SEのSIMフリーモデルを新品で入手したいのであれば、基本的には格安スマホとして購入する必要があります。

iPhone SEはまだまだ人気

iPhone - Apple(日本) (8223)

格安スマホやSIMを提供しているMVNOのスマホセットを見ると、ほとんどがAndroid搭載のスマホですが一部のMVNOではiPhone SEを利用できます。iPhone SEは、最近のスマホに多い5インチ以上のサイズに比べると4インチとコンパクトなサイズです。

片手に収まるサイズ感、安価で購入できるiPhoneシリーズということもあり、発売から数年経った今でも人気があります。最新のiOS 12へのアップデートにも対応しているiPhone SEは小さめのスマホが欲しい方やiPhoneシリーズでMVNOを使いたい方におすすめのスマホです。

iPhone SEの特徴

  • 4インチの小型液晶で持ちやすい
  • コンパクトながらパワフルなスペック
  • 指紋認証を搭載
  • Apple Payによる支払いが可能

iPhone SEは現在のスマホにはない4インチの小型液晶を採用しています。小さめのスマホが欲しい方にとってぴったりのサイズです。コンパクトなスマホはスペックが劣ることがありますがiPhone SEなら問題ありません。

コンパクトな見た目ながらA9チップと呼ばれるパワフルなチップを搭載しています。iPhone 6sと同じチップで、サクサクと快適に操作できます。

iPhone SEには前面のホームボタンで行える指紋認証が付いています。さらに、Apple Payで各種支払いができるのでおサイフケータイのような感覚で利用できます。iPhone SEは、コンパクトながらバランスの取れたスマホです。

iPhone SEを格安スマホとして購入できる事業者

 (8226)

ここからは格安スマホとしてiPhone SEを利用する方法を解説します。iPhone SEを取り扱っている事業者、契約前に準備するものなどを紹介していきます。

Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobileではiPhone SEの32GBと128GBが契約できます。多くの格安SIM・格安スマホ事業者は大手キャリアから回線を借りてサービスを提供しています。Y!mobileは他の格安スマホの事業者とは違って自社回線を使っています。そのため、通信品質が高いのが特長です。また電話かけ放題サービスが充実していて、オプションに加入すれば時間も回数も無制限で国内通話がかけ放題になります。

Y!mobile(ワイモバイル)でiPhone SEを使う料金

Y!mobileでiPhone SEを利用するときはスマホプランを契約します。スマホプランは月間に利用できる高速データ通信の量によって、スマホプランS/M/Lの3種類があります。すべてのプランで、10分/回までの国内通話が回数無制限でかけ放題となっています。契約の翌月から12カ月はワンキュッパ割で基本使用料の割引があるため、安い料金で利用できます。iPhone SEの機種代金込みの毎月の利用料金は以下の通りです。機種代金は契約時に頭金が別途かかる場合があります(公式のオンラインショップでは540円)。

●iPhone SE 32GB(機種代金込み)の月額料金

プラン ワンキュッパ割期間中 ワンキュッパ割終了後
スマホプランS
(3GB ※2年後以降2GB)
月額2,138円〜 3,218円〜
スマホプランM
(9GB ※2年後以降6GB)
月額 3,218円〜 4,298円〜
スマホプランL
(21GB ※2年後以降14GB)
月額 5,378円〜 6,458円〜

●iPhone SE 128GB(機種代金込み)の月額料金

プラン ワンキュッパ割期間中 ワンキュッパ割終了後
スマホプランS
(3GB ※2年後以降2GB)
月額2,678円〜 3,758円〜
スマホプランM
(9GB ※2年後以降6GB)
月額 3,758円〜 4,838円〜
スマホプランL
(21GB ※2年後以降14GB)
月額 5,918円〜 6,998円〜

月額割引で毎月の利用料金から一定額が割引されます。月額割引やワンキュッパ割は申込みの翌月から適用されるため、初回の請求金額は違う場合があります。また途中で解約をすると割引はなくなりますが、機種代金の残額は支払う必要があります。スマホプランでは2年単位の契約が必要で、途中解約では契約解除料もかかりますので注意しましょう。

UQモバイル(ユーキューモバイル)

UQモバイルではiPhone SEの32GBが契約できます。UQモバイルはau回線のサービスで、通信速度は格安スマホのなかでもトップクラスといわれています。iPhone SEでさくさく快適に通信したいならUQモバイルがおすすめ。また、通話サービスつきのおしゃべりプランやぴったりプランを契約することでマンスリー割が適用、お得にiPhoneを購入できます。

UQモバイル(ユーキューモバイル)でiPhone SEを使う料金

UQモバイルでiPhone SEを契約するならおしゃべりまたはぴったりプランがおすすめです。おしゃべりプラン/ぴったりプランにはプランS/M/Lがあり、それぞれ月間に使える高速データ通信量が異なります。また、おしゃべりプランには5分/回までの国内通話かけ放題、ぴったりプランにはプランに応じて60〜180分の無料通話が付いてきます。

●iPhone SE 32GB(機種代金込み)の月額料金

プラン 2カ月目~13カ月目 14カ月目以降
おしゃべり/ぴったりプランS
(最大3GB ※増量オプション適用)
月額 2,570円〜 月額 3,650円〜
おしゃべり/ぴったりプランM
(最大9GB ※増量オプション適用)
月額 3,650円〜 月額 4,730円〜
おしゃべり/ぴったりプランL
(最大21GB ※増量オプション適用)
月額 5,810円〜 月額 6,890円〜

UQモバイルもY!mobileと同様に2年単位で更新される契約です。また、初回の請求額はそれぞれ108円加算されます。

楽天モバイル

楽天モバイルではY!mobileやUQモバイルと違い、海外販売モデルと海外販売モデルのメーカー認定整備済みのiPhoneを販売しています。いずれもインストールされているアプリなど一部の仕様が国内版と違う場合があります。整備済みのiPhoneとは、何らかの理由で回収されたiPhoneがAppleの品質基準にそって再整備されたもの。通常の新品のiPhoneと同様に1年間のメーカー保証がつきます

iPhone SEは海外販売モデルの16GB、32GB、64GBを販売しています。海外モデルなので、国内では販売されなかった容量のiPhoneも揃えています。

楽天モバイルでiPhone SEを使う料金

楽天モバイルには10分/回までの通話が何回でも無料になるスーパーホーダイプラン(ドコモ回線のみ)と使用する月間の高速データ通信量や通話機能の有無で選ぶ組み合わせプラン(ドコモ回線/au回線の選択が可能)があります。どちらを選んでもiPhone SEをセットで購入できますが、無料通話つきのスーパーホーダイプランが人気です。

スーパーホーダイは最低利用期間を1年、2年、3年から選択でき、期間が長い契約のほうが契約から2年間の月額料金が安くなります。また、楽天会員と非会員でも料金がかわります。今回は他のY!mobileやUQモバイルと同様に無料通話が使えるスーパーホーダイの2年契約で金額を見ていきます。楽天モバイルでは最低利用期間を選んで契約しますが、自動更新ではないのでそれ以降はいつでも解約が可能です。

●iPhone SE 16GB(機種代金込み)の月額料金

プラン 2カ月目~24カ月目 25カ月目以降
スーパーホーダイプランS
(2GB)
月額 3,388円〜 月額 4,468円〜
スーパーホーダイプランM
(6GB)
月額 4,468円〜 月額 5,548円〜
スーパーホーダイプランL
(14GB)
月額 6,628円〜 月額 7,708円〜
スーパーホーダイプランLL
(24GB)
月額 7,708円〜 月額 8,788円〜

初回のみ2円加算されます。

●iPhone SE 32GB(機種代金込み)の月額料金

プラン 2カ月目~24カ月目 25カ月目以降
スーパーホーダイプランS
(2GB)
月額 4,154円〜 月額 5,234円〜
スーパーホーダイプランM
(6GB)
月額 5,234円〜 月額 6,314円〜
スーパーホーダイプランL
(14GB)
月額 7,394円〜 月額 8,474円〜
スーパーホーダイプランLL
(24GB)
月額 8,474円〜 月額 9,554円〜

●iPhone SE 64GB(機種代金込み)の月額料金

プラン 2カ月目~24カ月目 25カ月目以降
スーパーホーダイプランS
(2GB)
月額 4,244円〜 月額 5,324円〜
スーパーホーダイプランM
(6GB)
月額 5,324円〜 月額 6,404円〜
スーパーホーダイプランL
(14GB)
月額 7,484円〜 月額 8,564円〜
スーパーホーダイプランLL
(24GB)
月額 8,564円〜 月額 9,644円〜

楽天モバイルでは、月額料金に加えて機種の分割購入に手数料がかかる場合があります。支払いに使うカードにより手数料は違いますが、楽天カードで支払いの場合は分割手数料がかかりません。楽天カードでの支払いがお得です。

料金で見ると他のサービスより割高に見えますが、スーパーホーダイでは決められた高速データ通信の容量を使い切っても最大1Mbpsの速度で通信ができるメリットがあります。また、2年後にデータ容量が減ることもないので、通信の利用が多いならおすすめです。

iPhone SEを格安スマホとして契約するときに必要なもの

  • 本人名義のクレジットカード(事業者によっては口座振替も可能)
  • 本人確認書類
  • メールアドレス
  • MNP予約番号(同じ電話番号で乗り換える方のみ)

iPhone SEをどこで契約するにしても基本的には上記の書類を用意する必要があります。

まず、本人名義のクレジットカードです。ほとんどは契約時にクレジットカードが必要になります。本人名義のものを用意してください。持っていない場合、口座振替やデビットカードで契約できる場合があります

本人確認書類は免許証や保険証などを用意しましょう。書類によっては別の書類と組み合わせて提出するよう求められる場合があるので、事前に公式サイトをよく確認しておきましょう。

オンラインショップでの申込みの際にはメールアドレスが必要です。送られてくるメールが迷惑メールにならにようフィルタリングを解除しておくといいでしょう。キャンペーンを利用する場合の特典の案内なども登録のメールアドレスに届く場合があります。確実に受信できるアドレスで申込みをしましょう。

最後に、携帯電話番号をそのままで乗り換える方は現在契約している携帯電話会社でMNP予約番号を取得してください。番号には15日間の有効期限があります。契約する事業者によっては10日以上の有効期限がないと申し込みできない場合があるので、番号を取得したら速やかに契約しましょう。

iPhone SEを格安スマホにすれば毎月のスマホ代が節約できる

格安スマホとしてiPhone SEを契約する方法は簡単です。iPhoneシリーズといえば高いイメージがありますが、本体代金の安いiPhone SEと格安SIMを組み合わせれば大きな負担なく利用できます。

iPhone SEはApple Storeでは販売が終了になっている機種で、今後販売が減っていくことが想定されます。欲しい方は早めに入手しましょう!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

31 件

毎月のスマホ代、半額にしませんか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

小さくて持ちやすい4インチ台のSIMフリースマホおすすめ機種まとめ

小さくて持ちやすい4インチ台のSIMフリースマホおすすめ機種まとめ

性能が上がりどんどんサイズも大きくなるスマホですが、本当はもっと小さくて使いやすいスマホが欲しい人も多いのでは。この記事では4インチ台に絞っておすすめのSIMフリースマホを紹介します。片手で操作しやすいSIMフリースマホが欲しい、ポケットに入るSIMフリースマホが欲しい人はこの記事で気になる機種をぜひ見つけてください!
格安SIMでiPhone 6sを安く使いたい!  おすすめMVNOを紹介

格安SIMでiPhone 6sを安く使いたい!  おすすめMVNOを紹介

iPhone 6sが動作確認済みのおすすめ格安SIMを徹底比較! 今使っているiPhoneのまま格安SIMに乗り換えもできちゃう。ドコモ回線だけでなく、au、ソフトバンク回線の格安SIMも紹介します。iPhone 6sでテザリングを利用したいときの注意点もあるので、申し込み前にチェックしておきましょう。
格安スマホでiPhone 7を使うには? 流れと注意点を解説

格安スマホでiPhone 7を使うには? 流れと注意点を解説

iPhone 7は格安スマホで使うことができますが、いくつか注意する点があります。この記事ではiPhone 7を格安スマホで使う流れ、気をつけることをまとめました。キャリアから格安スマホに乗り換えてiPhone 7を使いたい人、中古のiPhone 7を格安スマホで使いたい人は必見!
格安SIMと大手キャリアは何が違うの? 初心者にも分かりやすく解説

格安SIMと大手キャリアは何が違うの? 初心者にも分かりやすく解説

格安SIMとドコモやauをはじめとする大手キャリアのどこが違うのか実はよく分からない! そんな疑問はこの記事で解決しましょう。これから格安SIMに乗り換えたいなら知っておきたい格安SIMと大手キャリアの違いやそれぞれのメリット・デメリットを詳しく解説します。
格安SIMの料金は銀行引き落としでも支払える!

格安SIMの料金は銀行引き落としでも支払える!

格安SIMはクレジットカードがないと契約できないイメージがありますが、実は格安SIMのなかには銀行引き落としに対応したサービスもあります。銀行引き落としに対応している格安SIMやそれぞれの特長、銀行引き落としの手数料や注意点をまとめました。クレジットなしで格安SIMを契約したいならぜひ読んでみてください!

この記事のキーワード

この記事のライター

そらとすまほ編集部 そらとすまほ編集部