2018年5月31日 公開
2019年8月30日 更新

格安スマホは端末のみで買える? SIMなし購入のメリット・デメリット

格安スマホは端末のみでも購入できます。端末のみで購入するときの注意点や事前に確認することをまとめました。端末のみで購入した格安スマホ向けの保証サービスも紹介。また、端末のみでの購入する場合と格安SIMとセットで購入する場合、それぞれのメリット・デメリットを比較して解説します。

4,482 view

DMM mobile(DMMモバイル)『つながる端末保証』

DMM mobileでも『つながる端末保証』を提供しています。故障発生時に修理または交換機を提供するオプションサービスで、月額540円です。

修理は5万円を超えなければ無料。交換(Android端末のみ)は1回目が4,320円、2回目が8,640円。保証対象はAndroid/iOS/Windows搭載のスマートフォン/タブレット端末/モバイルルーターです。機種によって対応が異なるので要確認です。

IIJmio『つながる端末保証』

月額540円の保証オプションです。修理代金は5万円を超えなければ0円、交換の場合は1回目が4,320円、2回目が8,640円で対応してくれます。

交換はAndroid、Windows端末が対象となっており、修理はAndroid、Windows、iOS、モバイルルーターが対象です。

UQモバイル(ユーキューモバイル)『つながる端末保証』

こちらも月540円で加入できるオプション。UQモバイル以外であってもAndroid端末なら対応しており、修理は5万円を超えなければ無料、交換の場合は1回目が4,320円、2回目が8,640円。

UQモバイルの『つながる端末保証』は2018年4月2日時点でiOSには対応していないので注意が必要です。

mineo(マイネオ)『持込み端末安心保証サービス』

月額料金は540円。AndroidスマホではSIMフリー版で修理または交換、キャリア版(ドコモ・au・ソフトバンク)で交換に対応しています。iOSも修理または交換に対応しているのが強み。

修理費用は4万円を超えなければ無料で、交換の場合には1回目が5,400円、2回目が8,640円となっています。

イオンモバイル(イオンスマホ)『イオンモバイル持ちこみ保証』

Android、Windows端末は月額594円、iOS端末は月額702円で加入できる保証サービス。修理対応機器で修理が可能であれば負担金はなし、交換の場合にはAndroid、 Windows端末が1回目は4,320円、2回目が8,640円、iOS端末の場合には一律1万2,960円となっています。

NifMo(ニフモ)『NifMo あんしん保証 for SIMフリー』

AndroidまたはiOS搭載のスマートフォン、タブレット端末で使える保証サービス。月額料金が410円と少し安く、AndroidまたはiOS搭載のスマートフォン、タブレット端末に対応します。

修理は2回目まで0円、交換は1回目が4,320円、2回目が8,640円で、保証でカバーできる上限金は4万円です。

LINEモバイル(ラインモバイル)『持込端末保証』

月額540円で加入できる、持ち込み端末用の保証オプションです。AndroidだけでなくiOS端末も対象です。

修理・交換の費用は修理・交換問わず1回目が4,320円、2回目が8,640円で、保証でカバーできる上限金は5万円まで。

nuromobile(nuroモバイル)『端末補償』

オプション料金は月額540円。

持ち込み端末も対象で、交換の場合は1回目が5,400円、2回目が8,640円、修理の場合は基本0円。4万円がサービスでカバーできる上限となっており、これを超えた場合は差額を支払う必要があります。

格安スマホを端末のみ買うメリット・デメリット

格安スマホを端末のみ買う方法を紹介しました。最後にこの記事で紹介したメリット・デメリットをまとめて確認しておきましょう。

格安スマホの端末のみを自分で用意するメリット

  • 機種を選べる
  • 買う場所を選べる
  • 買い方を選べる(新品・中古など)

格安スマホの端末のみを自分で用意するデメリット

  • 格安SIMで使えるかどうか、自分で確認する必要がある
  • キャンペーンによっては、格安SIMとセット購入したほうがお得

最近は自分で買った持ち込み端末であっても独自の保証サービスで対応していたりするので安心です。ただし契約する格安SIMで使えるかどうか確かめる手間はかかります。

また、格安SIMとセットで格安スマホが安く買えることもあるので、まずは気になる機種で格安SIMとの同時申し込みキャンペーンなどがあるか確認してみると良いでしょう。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

69 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

格安SIMでも無料で通話! なるべく電話を安くかける方法は?

格安SIMでも無料で通話! なるべく電話を安くかける方法は?

格安SIMでも、アプリを使えば無料通話ができるって知っていますか? かけ放題や電話料金割引オプションも充実しているので、実は格安SIMの通話サービスって安いんです。今回の記事では、できるだけ安く通話する方法を教えちゃいます!
格安SIMでiPhone 6sを安く使いたい!  おすすめMVNOを紹介

格安SIMでiPhone 6sを安く使いたい!  おすすめMVNOを紹介

iPhone 6sが動作確認済みのおすすめ格安SIMを徹底比較! 今使っているiPhoneのまま格安SIMに乗り換えもできちゃう。ドコモ回線だけでなく、au、ソフトバンク回線の格安SIMも紹介します。iPhone 6sでテザリングを利用したいときの注意点もあるので、申し込み前にチェックしておきましょう。
MVNOにデメリットはある? 契約前に知っておきたい10のこと

MVNOにデメリットはある? 契約前に知っておきたい10のこと

MVNOや安いけれどデメリットがあるのでは? と不安な方は多いはず。もちろんMVNOにはメリットだけでなくデメリットもあります。この記事ではMVNOのデメリットとどうすればそれを解消して快適に使えるかを解説しています。これから乗り換える方は事前に確認しておきましょう。
主要格安SIM一覧! 10社の特徴とおすすめしたい人をまとめてみた

主要格安SIM一覧! 10社の特徴とおすすめしたい人をまとめてみた

格安スマホのブームで多くの格安SIMが登場しています。数が多すぎてどの格安SIMにどんな特徴があるのか分からない人のために主要なサービスを一覧で紹介します。格安SIMの特徴とおすすめしたい人をわかりやすくまとめたので、初心者でも自分に合った格安SIMを見つけられますよ!
ドコモ(docomo)から格安スマホへ乗り換えるには? 手順と注意点を紹介

ドコモ(docomo)から格安スマホへ乗り換えるには? 手順と注意点を紹介

ドコモ(docomo)から格安スマホへ乗り換えよう! 電話番号をそのまま引き継ぐ「MNP」の手続きは誰でも簡単なので、初めて乗り換える人も安心です。格安SIMへ移行する前の注意点と対策もまとめたので、事前にしっかり確認してお得な格安スマホに変更しましょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

そらとすまほ編集部 そらとすまほ編集部