2018年5月28日 公開
2019年8月30日 更新

格安スマホでiPhone 6が使える! 使い方と注意点を紹介します

iPhone 6を格安スマホとして使えるのを知っていますか? ドコモやau、ソフトバンクから格安スマホに乗り換えると月額料金が大手キャリア半額以下になることも。この記事ではキャリア版iPhone 6を格安スマホとして使う方法と注意点を紹介します。

100 view

iPhone 6は2014年9月に発売されたiPhoneシリーズ8世代目のモデルですが、その使いやすさから愛用している人がまだ多くいます。最新型のiPhoneは高価格ですが、iPhone 6は中古品が安く売られているので、これからiPhone 6を買おうと考えている人もいると思います。そこで今回はiPhone 6を格安スマホで活用する方法を紹介します

ドコモやauなどのキャリアでiPhone 6を使っていて格安スマホへの乗り換えを考えている人、中古のiPhone 6を買って格安スマホで使おうと思っている人は参考にしてください。

キャリアで発売されたスマホと格安スマホの関係

一般的にキャリアで発売されたスマホには、その会社のSIMカード以外は使えないようにSIMロックがかけられています。たとえばドコモで発売されたスマホはドコモのSIMカードしか使えないようになっています。

ただし、スマホの発売元と同じ回線を使っている格安スマホ、つまりドコモのスマホとドコモ回線の格安スマホであれば、このSIMロックがかけられていても使うことができます。

ではドコモのスマホにソフトバンクのSIMカードを入れて使う、あるいはソフトバンクのスマホにドコモ回線のSIMカードを入れて使う、ということができないか、というとそうではありません。

あくまでも対応する周波数帯や通信規格が一致している、という前提でですがSIMロック解除という手続きをすればスマホの発売元とは別の会社、あるいは別の会社の回線の格安スマホでも使えるようになります。

これがキャリアで発売されたスマホと格安スマホの関係の基本ですが、iPhone 6を含むiPhoneシリーズはこの基本どおりにはいきません。

キャリア版iPhone 6にはSIMロックがかけられている

iPhone 6は日本では2014年9月にドコモ、au、ソフトバンク(以下「キャリア」)の各社から発売されました。

これらのキャリアから発売されたiPhone 6は『ドコモ版(au版、ソフトバンク版)iPhone 6』と呼ばれ、それぞれにSIMロックがかけられています。

しかしキャリア版iPhone 6はドコモ版、au版、ソフトバンク版のいずれもSIMロック解除ができません。

これは総務省が各キャリアに対して『SIMロック解除原則義務化』を要請したのが2014年12月で、キャリアがこれを受け入れたスマホを発売したのが2015年5月以降だからです。

2015年5月以前に発売されたスマホの中にもSIMロック解除ができるスマホはありますが、キャリア各社はキャリア版iPhoneシリーズのSIMロック解除を行わなかった、という経緯があります。

SIMロック解除の原則義務化がスタートして以降、つまり2015年9月に発売されたキャリア版iPhone 6s以降はSIMロック解除に対応するようになりましたが、キャリア版iPhone 6はキャリアがSIMロック解除に応じなかった最後のiPhoneとなります。

キャリア版iPhone 6シリーズは同じキャリア回線を使った格安スマホなら使えるのか

キャリアから発売されたスマホは同じキャリアの回線を使った格安スマホであればSIMロック解除をしなくてもそのまま使うことができます。

しかしキャリア版iPhone 6は同じキャリア回線を使った格安スマホであっても使えないケースがあります。

ドコモ版iPhone 6はドコモ回線を使った格安スマホであれば基本的にどこでも使うことができます。つまり、ドコモ版iPhone 6×ドコモ回線の格安スマホ、という組み合わせはあまり心配いりません(念のため格安スマホ各社の公式サイトで動作確認端末のページを確認してください)。

注意が必要なのがau版iPhone 6とソフトバンク版iPhone 6です。

au版iPhone 6が使えるau回線の格安スマホはmineo(マイネオ)、UQモバイル(ユーキューモバイル)、QTmobile(QTモバイル)、Fiimo(フィーモ)のみ

2018年5月現在、au回線を使っている主要な格安スマホは以下の9つがあげられます。

  • mineo
  • UQモバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • IIJmio
  • イオンモバイル
  • J:COM MOBILE
  • QTmobile
  • Fiimo
  • TikiTiki

このうち各社が公式にau版iPhone 6の動作確認を行っている(=使えると認めている)のがmineo、UQモバイル、QTmobile、Fiimoの4社です。BIGLOBEモバイル、IIJmio、イオンモバイル、J:COM MOBILE、TikiTikiの5社についてはau版iPhone 6は使えません。

au版iPhone 6が使える格安スマホではnanoSIMとau VoLTEに対応したVoLTE SIM(UQモバイルはマルチSIM)を提供していますが、au版iPhone 6で使えるのはnanoSIMです。契約の際には注意しましょう。

ソフトバンク版(SoftBank)iPhone 6はY!mobile(ワイモバイル)、スマモバ以外のソフトバンク回線の格安スマホなら使える

2018年5月現在、ソフトバンク回線を使っている主要な格安スマホは以下の7つがあげられます。

  • U-mobile S
  • Y!mobile
  • b-mobile S
  • QTmobile
  • nuromobile
  • スマモバ
  • H.I.S.モバイル

このうちY!mobileとスマモバはソフトバンク版iPhone 6が使えません。その他ではソフトバンク版iPhone 6を使えます。

Y!mobileはソフトバンク株式会社が手がけているのでなんとなくソフトバンク版iPhone 6が使えそうな気がしますが、使えませんので気をつけてください。

SIMフリー版iPhone 6ならどの格安スマホでも使える

iPhone 6には上記で紹介したキャリア版の他に、Appleが発売したSIMフリー版iPhone 6があります。こちらはキャリア版のようにSIMロックがかけられていないので、原則としてどこの格安スマホでも使えます。

2018年現在AppleではSIMフリー版iPhone 6の販売を終了していますので、今からSIMフリー版iPhone 6を入手するには中古で買うしかありません。

SIMフリー版iPhone 6は必ず国内版を買うようにしてください。海外版のiPhone 6はSIMフリーですが、通信規格や周波数帯の問題があり日本国内で使うには向いていません。場合によっては完全に使えないものもあるので注意しましょう。

もう1つの問題は、海外版は技適マークを取得していないということです。技適マークというのは日本の電波法が定める基準に適合していることを表すマークで、日本国内で正規に販売されているスマホはiPhone 6に限らずすべてのものにつけられています。

技適マークを取得していないスマホは電波法の基準に適合していない可能性があり、使っていると知らず知らずのうちに法律を犯してしまう可能性があります。SIMフリー版を買うなら正規の国内版を買う、これが鉄則です。

格安スマホでiPhone 6を使う場合は、APN設定用の構成プロファイルのインストールが必要

キャリア版、SIMフリー版を問わず、格安スマホでiPhone 6を使うにはAPN設定用の構成プロファイルのインストールが必要です。

APN設定プロファイルというのはiPhone 6を格安スマホの回線につないで使うための接続情報が設定されたファイルで、格安スマホ各社がそれぞれ自社の接続情報を設定したプロファイルを用意しています。

このプロファイルをiPhone 6にインストールすることによって初めて格安スマホで使うことが可能になります。

Androidスマホを格安スマホで使う場合、APN設定は設定画面から手打ち入力することになりますが(最近はSIMフリースマホの中に主要格安スマホのAPN設定が既に書き込まれていることもあります)、キャリア版iPhone 6はAPN設定を手動で設定できません(SIMフリー版iPhone 6は可能)。

そのためキャリア版iPhone 6は格安スマホ側が用意してくれているAPN設定プロファイルをインストールしなくてはなりません。SIMフリー版iPhone 6も手動で設定するよりはAPN設定プロファイルをインストールした方が楽です。

APN設定プロファイルの提供方法は格安スマホ各社によって異なりますが、多くの格安スマホでは使う予定のiPhone 6から標準ブラウザ(safari)で専用サイトへアクセスしてインストールするように案内しています。

たとえばこれはUQモバイルがiPhone 6用にAPN設定のプロファイルのインストール方法を案内したものです

UQ Communications Inc. (3760)

これを見てもわかるようにAPN設定プロファイルは格安スマホのSIMでインターネットが使えるようになる前にダウンロードをする必要があるので、事前にWiFi環境の整った場所で作業を進めるのがベストです。

格安スマホでiPhone 6を活用しよう!

格安スマホでiPhone 6を使う方法を紹介しました。

キャリアから格安スマホに乗り換えてiPhone 6を使う方法もおすすめですが、筆者が個人的におすすめしたいのがメインスマホは別に持ち、サブスマホとして中古のiPhone 6を入手して格安スマホで使う、という方法です。

まずスマホを2台持つメリットとして、バッテリーやデータ通信量の消費を分散できるということがあります。

長時間動画を見たりゲームをしたりといったスマホの性能に大きく依存するものは最新のスマホに任せ、電話・LINE・メールのように常に使えないと困る最低限の機能だけをiPhone 6に入れます。

iPhone 6は昨今の大型化が進むスマホに比べて小型軽量ですが、ちょっとした外出ならiPhone 6だけを持っていけば済むようにすると身軽になります。

通勤や通学の際も片手で電車、バスの吊り革につかまりながら片手で大画面のスマホを操作するのは難しかったりしますが、iPhone 6であれば片手での操作も比較的楽に行えます。

2台持ちでも1台が格安スマホであれば月々の料金も安く抑えることができるでしょう。使い方にもよりますが、サブスマホに格安スマホをiPhone 6で使う、という選択は悪くないと思いますよ◎

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

格安スマホでiPhone 7を使うには? 流れと注意点を解説

格安スマホでiPhone 7を使うには? 流れと注意点を解説

iPhone 7は格安スマホで使うことができますが、いくつか注意する点があります。この記事ではiPhone 7を格安スマホで使う流れ、気をつけることをまとめました。キャリアから格安スマホに乗り換えてiPhone 7を使いたい人、中古のiPhone 7を格安スマホで使いたい人は必見!
iPhoneで使える格安SIMを徹底比較しました!

iPhoneで使える格安SIMを徹底比較しました!

iPhoneの月額料金を安くしたいなら格安SIMに乗り換えを考えましょう。この記事ではiPhoneで使える格安SIMを比較し、乗り換え先の格安SIM選びをサポートします。iPhoneにおすすめの料金プランがあったり、iPhoneをセット購入できる格安SIMも増えてきました。格安SIMに変えて通信費を節約しましょう。
「ソフトバンク回線が使える格安SIMおすすめ6社を一挙に紹介!」

「ソフトバンク回線が使える格安SIMおすすめ6社を一挙に紹介!」

格安SIMといえばドコモ回線が当たり前で、一部のMVNOでau回線が利用できるといった 状況でしたが、最近ではソフトバンク回線を利用できる格安SIMも増えてきています。 ソフトバンクで購入した端末をドコモ回線やau回線の格安SIMで利用するにはSIMロッ ク解除をしなければなりませんが、ソフトバンク回線なら原則としてSIMロック解除を せずにそのままの利用が可能。 供給会社が少ない分、回線も混雑しにくいといった状況もあり、密かに人気を集めて います。 そこで今回は、ソフトバンク回線を利用できるおすすめの格安SIM会社を5社ほど厳選 して比較してみました。 各社、特徴のあるプランを打ち出していますので、ぜひご自身のニーズと照らし合わ せてベストな会社を見つけてくださいね。 ※掲載している価格は、すべて税抜きです。
auのiPhoneにおすすめの格安SIMは? 乗り換え方法や注意点も解説

auのiPhoneにおすすめの格安SIMは? 乗り換え方法や注意点も解説

auから今のiPhoneはそのままで格安SIMに乗り換えたい、そんな方のために格安SIMを選ぶポイントをまとめました。乗り換えの前に知っておきたい注意点やおすすめのMVNOもあわせて紹介しますので、auから乗り換えを考えている人はぜひ読んでみてください。
格安SIMでも無料で通話! なるべく電話を安くかける方法は?

格安SIMでも無料で通話! なるべく電話を安くかける方法は?

格安SIMでも、アプリを使えば無料通話ができるって知っていますか? かけ放題や電話料金割引オプションも充実しているので、実は格安SIMの通話サービスって安いんです。今回の記事では、できるだけ安く通話する方法を教えちゃいます!

この記事のキーワード

この記事のライター

そらとすまほ編集部 そらとすまほ編集部