2018年6月29日 公開
2018年8月16日 更新

格安SIMでもドコモメールを使う裏技! でもGmailの方が安い?

ドコモメールを格安SIMでも使う裏技とは!? SIMフリースマホやパソコンからもメールの閲覧・送受信ができます。でも、その分デメリットも……。格安SIMでドコモメールを使う方法を徹底解説。ドコモメール以外の便利なメールサービス、フリーメールもまとめて紹介します。

2,769 view

格安SIMでもドコモメールは使えるの?

 (5690)

そもそもドコモメールって何?

『ドコモメール』とは、NTTドコモが提供するEメールサービスです。ドコモに契約があり、かつプロバイダーサービスのspモードを申し込んでいると利用できます。@docomo.ne.jpのドメインでメールの送受信を行えます。

ドコモメールの特徴は、メールがサーバーで管理されている点です。分かりやすくいうとインターネット上に保存されている(厳密にはサーバーで管理されているのですが)ので、異なる機種でもインターネットにアクセスしてログインすれば、ドコモメールの機能が使えます。

ドコモ販売のスマートフォンだけでなく他社のSIMフリースマホ、パソコンからもアクセスできるようになっているというわけです。ドコモ契約とspモードの申し込みさえあれば、格安SIMで利用しているスマホでもドコモメールが使える、という仕組みになっています。

『ドコモ契約』と『spモード』が必要

(ドコモメール利用に必要なもの)

  • ドコモ回線の契約
  • spモード(月額324円)の申し込み

ドコモメールを使うには、まずドコモ回線を契約していること、そしてその回線で『spモード』を申し込んでいることの2つが条件です。spモードを申し込んでおくと、インターネット接続サービスや、ドコモメールの利用ができるようになります。

ドコモメールを他社製スマホやパソコンで使うには

ドコモ販売以外のスマートフォンやパソコン、タブレットでドコモメールを使う方法を簡単に説明しましょう。

たとえばパソコンから使うときには、dアカウントIDとパスワードを入力後に2段階認証を使ってログインできます。スマホやタブレットの場合はIMAPに対応したアプリ・メールソフトを設定するだけです。

ドコモのSIMカードを装着して通信する必要はなく、格安SIMのモバイルデータ通信やWiFi接続の通信でもドコモメールが利用できます。ドコモメールはドコモの契約とspモードの契約があれば利用可能、ということなります。

ドコモメールを格安SIMで使う方法

すでに説明したように、ドコモメールを他社スマホで使うには2つの方法があります。詳しく見ていきましょう。

ブラウザからドコモメールにアクセス

1つ目はドコモメールのブラウザ版にログインする方法です。専用ページを開いて、あらかじめ設定しておいたdアカウントID、パスワード、そして送られてくる2段階認証のセキュリティーコードを入力すると、ログインできます。

  1. ドコモメール ブラウザ版ページにアクセス
  2. dアカウントID、パスワードを入力
  3. 2段階認証のコードを入力

IMAP対応のメールアプリを利用してアクセス

2つ目はIMAPに対応したメールアプリを利用して、ドコモメールの情報を入力して使う方法です。IMAP(アイマップ)とは、Internet Message Access Protocol(インターネット メッセージ アクセス プロトコル)の略称で、サーバーに管理されているメールにアクセスするための手順を定めたものです。

  1. IMAP対応のメールソフトを用意
  2. メールアカウント情報を設定する

たとえばGoogleのGmailアプリはIMAPに対応しているので、こちらを利用するのが手取り早いです。設定では以下の情報を入力します。

  • メールアドレス:利用中のドコモメールアドレス
  • パスワード:dアカウントのパスワード、もしくはIMAP専用パスワード

◆IMAPサーバー(受信サーバー)

  • iPhone、iPadに設定する場合:imap2.spmode.ne.jp
  • 上記以外の端末に設定する場合(パソコンやAndroidなど):imap.spmode.ne.jp
  • ポート番号:993
  • セキュリティ:SSL(over SSL3.0)
  • 認証方式:LOGIN または AUTHENTICATE(LOGIN)
  • ユーザーID:dアカウントID

◆SMTPサーバー(送信サーバー)

  • smtp.spmode.ne.jp
  • ポート番号:465
  • セキュリティ:SSL(over SSL3.0)
  • 認証方式:AUTH-PLAIN または AUTH LOGIN
  • ユーザーID:dアカウントID
  • パスワード:dアカウントのパスワード もしくは IMAP専用パスワード

ドコモ契約を残すと、維持費用がかかる

格安SIMでドコモメールを使うデメリットとして、ドコモ契約を残すための維持費用がかかるということが挙げられます。たとえば安いFOMA+spモード契約でも、毎月1,000円以上の維持費がかかります。

現在はスマートフォン用にメールを無料で使えるサービス・アプリがたくさんあるので、ドコモ回線を残す維持費がドコモメールを利用する価値に見合うかどうか、格安SIM利用前の方は確認してみるといいでしょう。

維持費がかかってもドコモメールを格安SIMで利用するメリット

SIMフリースマホはSIMカードが2枚使える『デュアルSIMスロット』を搭載している機種もあるので、通話/インターネット通信用のSIMカードを分けて使う活用方法があります。

たとえばドコモで契約中のSIMカードは通話用に使い、データ通信専用の格安SIMを契約してインターネットは格安SIM側で行う方法などです。

これならspモードを契約していればドコモメールは使えますし、格安SIMのデータ専用プランは月額料金が安いことが多いので、インターネット料金が安く済みます。通話プランを2重に契約する必要もないので月額料金を抑えて使えます。

格安SIMへ乗り換えるならフリーメールを活用しよう

もちろんドコモメールのためにドコモ契約とspモードを残すと維持費用がかかってしまうので、契約を乗り換えて格安SIM1枚で使う場合と比較すると月額料金が増えるのも事実です。

「とにかく安く使いたい」ということであればドコモメールの利用は諦めて、無料のメールアドレスが使えるサービス・アプリを利用する方法がおすすめです。

Gmail(ジーメール)

GmailはGoogleが提供するメールサービスです。登録すれば@gmail.comのドメインが無料で利用でき、iPhoneやAndroidスマートフォン用にアプリも提供されています。容量はGoogle ドライブの保存容量と共有なので、無料で使えるのは最大15GBです。

特にAndroidスマートフォンを利用する場合にはGoogle Play ストアからアプリをインストールするためにGoogleのアカウントが必要になるので、そのままGoogleのアカウントをメールアドレスとして使うとスムーズで便利です。

Yahoo!メール(ヤフーメール)

Yahoo!メールはYahoo! JAPANが提供するメールサービス。こちらも無料で利用でき、Gmail同様にスマートフォンアプリだけなく、パソコンのブラウザからウェブメールにアクセスできます。

Yahoo! JAPAN IDがあれば@yahoo.co.jpのメールアドレスが使えるのですが、通常会員のメールボックスの容量は最大10GBまで。Yahoo! BB、セキュリティパック、Yahoo!プレミアムのどれかに加入しているIDであれば、実質無制限でメールボックスの容量を使えるのもポイントです。

Outlook

マイクロソフトが提供するメールサービスで、こちらも無料で使えます。無料で使える容量は最大15GBです。

iCloudメール

Appleのメールサービスで、iCloudを設定すると、@icloud.comのメールアドレスを無料で作れます。無料で使える容量はiCloudストレージ共有で最大5GBまでなので、他社のメールサービスと比較すると容量が少なめです。

iPhoneやiPadを利用する方はメインのメールアドレス、もしくは容量が少ないのでサブのメールアドレス用に便利です。

フリーメールアドレスは何がメリット?

  • 基本無料で使える
  • 通信キャリアに依存しない

Gmailのようなフリーメールを利用する理由は大きく2つです。
まずは単純に「無料で使える」ことです。ドコモメールを格安SIMでも使おうとするとドコモ契約の維持費がかかりますから、より安く格安SIMだけで利用したいならこれらのメールサービスを使うのがおすすめです。

もう1つのメリットが「キャリア契約に依存せずに使える」部分です。
たとえばドコモメールはドコモの契約がなければ使えませんし、auのメールサービスやソフトバンクのメールサービスも同様です。Gmailのようなサービスであればたとえ他社のキャリアへ乗り換えてもアカウントを利用してログインすれば同じように使えるので、いちいち通信会社を乗り換えるたびにメールアドレスについて心配する必要がなくなります

格安SIMにはドコモメールのようなメールアドレスはないの?

フリーメールはちょっと心配、格安SIMでもドコモメールのように専用のメールアドレスを使いたい。そう思う方もいるかもしれませんね。格安SIMにも実は専用のメールアドレスを発行してくれるサービスがあります。

ドコモメールのように、携帯メールと同じ扱いになるのはY!mobileとUQモバイルのメールサービスです。

Y!mobile(ワイモバイル)

  • Y!mobile メール(@yahoo.ne.jp)
  • MMS(@ymobile.ne.jp)
  • 月額料金:無料

Y!mobileでは、@yahoo.ne.jpもしくは@ymobile.ne.jpのメールアドレスが使えます。キャリアメールとしての扱いになるので、パソコンメールの受信拒否設定をしている人にも届きます。スマホプランの契約があればメールアドレスを発行できますし、追加の月額料金もなしで無料で使えるメールサービスなので便利です。

UQモバイル(ユーキューモバイル)

  • @uqmobile.jp
  • 月額料金:216円

au回線を利用した格安SIM、UQモバイルでも独自のメールサービスが使えます。こちらは月額216円のオプションとなっており、加入すると@uqmobile.jpを利用できます。UQモバイルのメールサービスもキャリアメールとして提供されているので、パソコンメールの受信拒否設定を回避できるメリットがあります。

格安SIMでドコモメールを残して使うか、それとも他のメールを利用するべきか

ドコモ+spモードを契約していれば格安SIMでもドコモメールが使えるのですが、その反面維持費用がかかります。

何かの理由でどうしてもドコモのメールアドレスを失いたくない、変えたくないということであればドコモ契約は残してデータ通信専用の格安SIMを使う方法もありますし、月額料金の安さが1番に考えるならドコモメールは諦めてフリーメールや格安SIMのメールサービスを使う方法もあります。

現在は無料で使えるメールアドレスがたくさんあるので、なるべく安くスマホを使いたいということであれば格安SIMへの乗り換えのタイミングでメールアドレスも変更を考えるのがおすすめです◎

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

42 件

毎月のスマホ代、半額にしませんか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

格安スマホに乗り換えて後悔しないためには? よくある事例と対処法を紹介!

格安スマホに乗り換えて後悔しないためには? よくある事例と対処法を紹介!

料金が安くなるといわれている格安スマホですが、乗り換えをして後悔しないのか心配。そんな不安を解消! 格安スマホで後悔することが多いポイントを具体的な事例で紹介、どう対処すればいいのか、どんな格安スマホなら大丈夫なのかを解説します。格安スマホに乗り換えてから後悔することがないよう、乗り換えの前にチェックしましょう。
格安スマホのメールアドレスについての疑問あれこれ……解決します!

格安スマホのメールアドレスについての疑問あれこれ……解決します!

格安スマホに乗り換えるときに気になることは、メールアドレスではないでしょうか? この記事では格安スマホのメールアドレスの疑問点についてまとめていきます。キャリアメールはどうなるのか、フリーメールは使えるのかなど気になることがある方は必見です。
ドコモ(docomo)から格安スマホへ乗り換えるには? 手順と注意点を紹介

ドコモ(docomo)から格安スマホへ乗り換えるには? 手順と注意点を紹介

ドコモ(docomo)から格安スマホへ乗り換えよう! 電話番号をそのまま引き継ぐ「MNP」の手続きは誰でも簡単なので、初めて乗り換える人も安心です。格安SIMへ移行する前の注意点と対策もまとめたので、事前にしっかり確認してお得な格安スマホに変更しましょう。
格安スマホでキャリアメールは使える? 変更後の対策まとめ

格安スマホでキャリアメールは使える? 変更後の対策まとめ

格安スマホへ乗り換えると、ドコモやauで提供されているキャリアメールは使えなくなります。契約を変更した後に使えるメールについて徹底解説! GmailやYahoo!メールなどのフリーメールや独自のメールアドレスを使える格安スマホなど、これまでのキャリアメールの代わりになるサービスを紹介します。
格安スマホでも電話番号をそのまま使いたい! 引き継ぎに必要な手続きは?

格安スマホでも電話番号をそのまま使いたい! 引き継ぎに必要な手続きは?

格安スマホへ乗り換えても電話番号の引き継ぎは可能です。引き継ぎにはMNP予約番号など必要なものがあるので、必要な手続きとあわせて紹介します。格安スマホに変える前に、注意点やプランの比較方法、おすすめのサービスを確認しておきましょう!

この記事のキーワード

この記事のライター

そらとすまほ編集部 そらとすまほ編集部