2018年7月6日 公開
2019年8月30日 更新

格安スマホに必要な速度はどれくらい? 速い・遅いはどう違うの?

格安スマホを契約するときに気になることが速度ではないでしょうか? 速度が遅いと格安スマホを使うときにイライラしてしまう可能性があります。ここでは格安スマホの速度はどれくらいなのか、何をするときにどれくらいの速度が必要なのか説明していきます。自分の使い方に必要な速度を確認しましょう。

289 view

【シーン別】格安スマホを使うときに通信速度はどれくらい必要なの?

 (5790)

1.メールやLINEで必要な速度:0.2Mbps~0.5Mbps

メールやLINEの場合、写真や動画のやりとりをしなければ、テキストの送受信のみなので、200kbps(0.2Mbps)~500kbps(0.5Mbps)程度の通信速度でも問題なく使えます。

ただし、これくらいの速度だと写真をやりとりする場合は読み込みに時間がかかってしまうこともありますし、動画の場合は見られないこともあります。

2.ホームページなどの閲覧:0.7Mbps~2Mbps

テキストメインのホームページを閲覧する場合は700kbps(0.7Mbps)~2Mbps程度あれば大丈夫です。700kbpsを下回るとホームページによっては読み込みに時間がかかりストレスを感じることもあります。反対に1Mbps以上出ていればスムーズに閲覧できます。

3.動画の閲覧:1Mbps~3Mbps

動画の閲覧の場合は画質の程度によって必要な速度は変わってきます。低画質の場合は500kbpsで十分ですが、標準画質~高画質の場合は1Mbps~3Mbpsは必要になります。

格安スマホを使うときに速度が速い方がいい場合

格安スマホは使い方によっては必要な速度が変わってきます。ここでは速い速度が必要な場合についてまとめていきます。

動画をよく閲覧する・配信する

YouTubeなどの動画サイトをよく閲覧する人や、Instagram(インスタグラム)のライブ配信を行う人は速いほうがいいでしょう。

動画を閲覧するだけであればプツプツ途切れることに我慢ができればよいのですが、Instagram(インスタグラム)のライブ配信などの場合は速度が出ていないと、見ている人がいなくなってしまうかもしれません。

SkypeやLINEで音声通話をする

通常の電話と違い、SkypeやLINEの音声通話は速度が大切です。速度が遅いだけで通話の品質が落ちてしまいますので、相手の声が聞こえなくなったり、勝手に切れてしまうこともあります。

オンラインのアプリで遊ぶ

アプリによって必要な速度は違ってきますが、大勢で接続するタイプのアプリやアクション性が高いアプリは速度が必要になることが多いです。オンラインのアプリで遊ぶことが多い場合は気をつけましょう。

家にWiFi環境がない

家にWiFi環境がない場合は、ほぼすべてのデータ通信を格安スマホで行う必要があるので速度が非常に大切です。速度が多少遅くても自宅でWiFiに繋げられればあまり不自由はありませんが、WiFiがないとそうはいきません。できるだけ速度が出るMVNOを選ぶ必要があります。

格安スマホを使うときの速度についてのQ&A

格安スマホの通信速度でよくある疑問点をまとめていきます。まだ格安スマホの速度で分からないことがある場合はこちらを参考にしてみてください。

Q.速度は時間で変わる?

MVNOはキャリアから回線や設備を借りています。借りるときに一度にどれくらいのデータ量をやり取りするか決めているので、一度にたくさんのユーザーが使う時間帯は速度が落ちてしまいます。

たとえば平日のお昼ごろは速度が落ちることがほとんどですし、多くの人が仕事を終えて帰る夕方の時間帯なども落ちることが多くなっています。

Q.速度が制限されることはある?

MVNOでは使い放題などを除いて、契約時に選んだデータ容量を超えると制限がかかってしまうことがほとんどです。2GBのプランを契約して、月の途中で2GBを使ってしまうと通信制限がかかります。

通信制限がかかっても速度が制限されるだけで通信できなくなるわけではありません。ですが速度が制限されてしまうとメールやSNSの閲覧程度しかできないような速度になります。

Q.公式サイトに載っている速度が出る?

MVNOの公式サイトを見ると、どのくらいの速度が出るのか記載されていることがほとんどです。公式サイトに記載されている速度は「理論値(ベストエフォート)」と呼ばれる数値で、そのMVNOが提供している通信の理論上の最速の通信速度が記載されているのです。

この数値は理論上は出る数字ではあるものの、その速度を保証するわけではありません。住んでいる地域や混雑具合で速度は大きく変わってきます

現在住んでいる地域でどれくらいの速度が出るのか知りたい場合は、速度を計測しているホームページや使っている人の口コミを見ることをおすすめします。

Q.速度の下りと上りってなに?

  • 下り:スマホに何かをダウンロードするときの速度(サイトの閲覧やアプリのダウンロードなど)
  • 上り:スマホから何かをアップロードするときの速度(動画の投稿や画像の投稿など)

速度について調べているときに「下り」「上り」という言葉を見たことがある人も多いかと思います。下りはデータをダウンロードするときの速度です。スマホを利用するときに必要な速度はほとんどがこの「下り」です。

反対に上りはスマホから何かをアップロードするときの速度です。こちらは速度のことを考えるときにはあまり重要視されませんが、YouTubeなどに動画を投稿している場合は気をつけましょう。

また下りのことを「受信」、上りのことを「送信」を言うこともあるので覚えておくといいでしょう。

格安スマホを速度で選ぼう

ではここからは「動画をよく閲覧する・配信する人」「SkypeやLINEで音声通話をする人」「オンラインのアプリで遊ぶ人」「家にWiFi環境がない人」におすすめのMVNOをご紹介していきます。この4つに当てはまらないけれど速度が出るMVNOが知りたいという人も必見です。

UQモバイル(ユーキューモバイル)

UQモバイルは高い通信品質を持つMVNOと言われています。またau回線を利用していることからauユーザーには非常におすすめです。

◇UQモバイル(ユーキューモバイル)の理論値

  • 下り:最大225Mbps(機器によっては150Mbps)
  • 上り:最大25Mbps
  • データ無制限プランの場合:送受信最大500kbps
  • 通信制限時:送受信200kbps/300kbps

UQモバイルの理論値は上記のようになっています。UQモバイルは理論値だけでなく実際に出る速度も速くお昼の混雑時も使いやすいMVNOです。

★UQモバイル(ユーキューモバイル)のおすすめプラン

おしゃべりプランM:月額料金3,218円(14カ月以降は4,298円)

UQモバイルのおすすめプランはおしゃべりプランMです。おしゃべりプランMは毎月6GB(26カ月以降3GB)が使えます。またおしゃべりプランは5分以内の通話が何回でもかけ放題でもなっているので、通話もするという人におすすめです。

Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobileはソフトバンク傘下のMNOです。MVNOとは違い自社の回線も使っているので通信の品質に優れているのが特徴です。

◇Y!mobile(ワイモバイル)の理論値

  • 下り:最大112.5Mbps(機種によっては350Mbps、250Mbps、187.5Mbpsまで対応)
  • 上り:最大37.5Mbps
  • 通信制限時:送受信最大128kbps

Y!mobileの理論値は上記のようになっています。Y!mobileも理論値だけでなく実際に出る速度も速いことがほとんどです。Y!mobileの実際に出る速度が気になる場合は、計測をしているホームページや口コミサイトを閲覧してみましょう。

★Y!mobile(ワイモバイル)のおすすめプラン

スマホプランM:月額料金3,218円(利用開始翌月から12カ月以降:4,298円)

Y!mobileのおすすめプランはスマホプランMです。スマホプランMは毎月6GB(2年経過後3GB)が使えるものです。またY!mobileは『スーパーだれとでも定額』という通話時間、通話回数が無制限のかけ放題オプションも用意してあります。速度も速く通話もたくさんしたいという人におすすめです。

IIJmio(みおふぉん)

IIJmioはドコモ回線、au回線のどちらにも対応しているMVNOです。非常にユーザー数が多く満足度も高いことが特徴です。

◇IIJmio(みおふぉん)の理論値

  • 下り:最大タイプD 788Mbps/タイプA 370Mbps
  • 上り:最大タイプD 50Mbps/タイプA 25Mbps
  • 通信制限時:送受信最大200kbps

IIJmioの理論値は上記のようになっています。理論値で見るとドコモ回線のタイプDの方が速くなっています。以前はタイプDは理論値のわりに速度がそこまで出ていませんでしたが徐々に安定してきています。

★IIJmio(みおふぉん)のおすすめプラン

タイプD ライトスタートプラン:月額料金 音声機能付きSIMみおふぉん 2,397円

IIJmioのおすすめプランはライトスタートプランです。ライトスタートプランは毎月6GBが使えます。IIJmioでは『みおふぉんダイアル』というアプリがあり、このアプリを使うことで通話料が半額になります。

また3分以内の通話が何度かけても無料になるオプションや10分以内の通話が何度かけても無料になるオプションなども用意しています。自分にあったオプションを選んでいくことでお得に使えるMVNOです。

格安スマホの速度を知って、自分にあった契約をしよう!

今回は格安スマホの速度についてまとめました。何も知らない状態だと分かりづらい通信速度ですが、少し知っていくと意外と簡単なものだったりします。

ここまで読んで、速度がそこまで重要ではないという人は自分にあったお得な料金プランがあるMVNOを選び、逆に速度が重要な人は高速通信ができるMVNOを選ぶようにすると快適なスマホライフが送れるはずですよ。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

44 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

格安スマホを契約するメリット・デメリットは? 申込前に確認すべきこと

格安スマホを契約するメリット・デメリットは? 申込前に確認すべきこと

格安スマホを契約するメリット・デメリットは何でしょうか? 格安スマホの契約前に確認しておきたいこと、注意しておきたいことをまとめてみました。格安スマホを契約すべき最大の理由は月額料金の「安さ」と、選べる「柔軟性」。どんなサービスがあるのかを比較して自分にぴったりな格安スマホを契約しましょう。
格安スマホに乗り換えて後悔しないためには? よくある事例と対処法を紹介!

格安スマホに乗り換えて後悔しないためには? よくある事例と対処法を紹介!

料金が安くなるといわれている格安スマホですが、乗り換えをして後悔しないのか心配。そんな不安を解消! 格安スマホで後悔することが多いポイントを具体的な事例で紹介、どう対処すればいいのか、どんな格安スマホなら大丈夫なのかを解説します。格安スマホに乗り換えてから後悔することがないよう、乗り換えの前にチェックしましょう。
格安SIMでiPhone 6sを安く使いたい!  おすすめMVNOを紹介

格安SIMでiPhone 6sを安く使いたい!  おすすめMVNOを紹介

iPhone 6sが動作確認済みのおすすめ格安SIMを徹底比較! 今使っているiPhoneのまま格安SIMに乗り換えもできちゃう。ドコモ回線だけでなく、au、ソフトバンク回線の格安SIMも紹介します。iPhone 6sでテザリングを利用したいときの注意点もあるので、申し込み前にチェックしておきましょう。
「SIMのみ」で契約できるお得な格安SIM・MVNOは?

「SIMのみ」で契約できるお得な格安SIM・MVNOは?

MVNO・格安SIMはSIMのみで契約できるサービスがほとんど。SIMカードだけの契約なら以前利用していたスマホを再利用することで初期費用を抑えたり、自分の好きな機種を用意できるのがおすすめポイントです。メリット・デメリットを確認して、自分に合ったプランを選んでみましょう!
MVNOにデメリットはある? 契約前に知っておきたい10のこと

MVNOにデメリットはある? 契約前に知っておきたい10のこと

MVNOや安いけれどデメリットがあるのでは? と不安な方は多いはず。もちろんMVNOにはメリットだけでなくデメリットもあります。この記事ではMVNOのデメリットとどうすればそれを解消して快適に使えるかを解説しています。これから乗り換える方は事前に確認しておきましょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

そらとすまほ編集部 そらとすまほ編集部