2018年9月29日 公開
2018年9月29日 更新

MVNOでiPhoneを使う方法を分かりやすく解説します!

MVNOに乗り換えたいけれど、今使っているiPhoneはそのまま使えるの? SIMロック解除ってなに? そんな疑問を解決。MVNOでiPhoneを使う方法を分かりやすく紹介していくので、MVNOに乗り換えを考えているiPhoneユーザーや乗り換えとあわせてiPhoneに買い替えたい人は読んでみて!

44 view

キャリアでiPhoneを使っていて月額料金が高いと感じている人も多いでしょう。そのような人にはMVNOでiPhoneを利用するのがおすすめ。この記事ではMVNOでiPhoneを使う方法をご紹介します。MVNOでiPhoneを使う手順も分かりやすく解説しているので、通信費節約をしたい人はMVNOへの乗り換えを検討しましょう。

MVNOでもiPhoneは使える

 (7786)

MVNOと聞くと格安スマホの印象が強く、iPhoneは使えないと思っているのでは。実はiPhoneもMVNOで利用できます。現在iPhoneを持っている人とiPhoneを持っていない人ではMVNOでiPhoneを使う流れは違うので、自分がどちらに当てはまるのか確認してから読み進めるといいでしょう。

すでにiPhoneを持っている人がMVNOに乗り換える方法

まずはキャリアで契約をしたiPhoneを持っている人がMVNOに乗り換える手続きをご紹介していきます。
ドコモで契約をしたiPhoneを持っている場合、auで契約をしたiPhoneを持っている場合、ソフトバンクで契約をしたiPhoneを持っている場合でそれぞれおすすめのMVNOが違います。

iPhoneのSIMロック解除は必要?

iPhoneをMVNOで使おうとしたときに必ず目にする言葉の1つが「SIMロック解除」です。今持っているiPhoneをMVNOで使うにはSIMロックの解除が必要なのでしょうか。答えは、iPhoneを購入した通信キャリアと使いたいMVNOの組み合わせによって違います

SIMロックとは、ドコモやauなどの通信キャリアがiPhoneや他のスマホを販売するときにかけるロックです。自社のSIMカードを入れてサービスを使う前提で通常よりも機種代金の値引きをして販売していることが多いので、他の会社のSIMカードが使えないようにロックをかけているのです。

SIMロック解除とはそのロックをはずして自由に好きな会社のSIMカードを使えるようにすること。購入後100日経過していること……などのキャリアごとに決められた条件を満たせば解除の手続きができるようになっています。

MVNOはドコモやauなどの大手キャリアの回線を借りて格安SIMを提供しています。そのなかで最も多いのはドコモの回線を借りているMVNOです。ドコモで買ったiPhoneをドコモ回線のMVNOで使うであれば基本的にSIMロック解除はしなくても問題ありません。

auとソフトバンクで買ったiPhoneでは少し注意が必要です。

auの場合もmineo、UQモバイル、Fiimoなどのau回線のMVNOであればそのまま使えることが多いのですが、ドコモと違うのは機種によってはSIMロック解除が必要なこと。対応状況はMVNOの公式サイト内の動作確認端末のページを見るとわかるので、契約前に確認しておきましょう。

ソフトバンクの場合はiPhoneのSIMロック解除をせずに使えるソフトバンク回線のMVNOの数がドコモやauに比べるとまだ少ない状況です。2018年7月にLINEモバイル、9月からmineoのソフトバンク回線がスタートして少しずつ増えてきていますが、より多くのMVNOから自分にあったプランを選びたいならSIMロック解除も考えるといいかもしれません。

SIMロックの解除は各キャリアのマイページやショップで手続きができます。ショップでの手続きでは通常3,240円の手数料がかかりますが、マイページからオンラインで手続きすれば無料。できればマイページから手続きしましょう。

MNP予約番号を取得する

MVNOに乗り換えても現在の電話番号をそのまま使いたいという人は現在契約している通信キャリアでMNP予約番号を取得しましょう。MNP予約番号はキャリアのショップや電話などで取得できます。ショップでMNP予約番号を取得する場合は本人確認書類が必要なので、忘れずに持っていきましょう。

どのキャリアでもMNP転出をすると手数料として2,160~3,240円が発生します。また2年契約などの契約期間内の場合は、契約解除料1万260円が別に発生するので注意しましょう。

MNP予約番号は有効期限が取得日から15日間に設定されています。有効期限が10日程度残っていないと契約手続きができないMVNOもありますので、予約番号を取得したら早めに乗り換え先で契約の手続きをしましょう。有効期限が切れた場合は再取得できます。有効期限が切れても今使っている電話番号が勝手に解約されることはないので安心してください。

☆ドコモのiPhoneを使っている場合

ドコモでMNP予約番号を取得するには以下の3つの方法があります。

  • パソコンでMy docomoの「ドコモオンライン手続き」から取得する 午前9時〜午後9時30分
  • 電話で取得する(ドコモ端末:151/その他電話:0120-800-000に発信) 午前9時~午後8時
  • ドコモショップで取得する

☆auのiPhoneを使っている場合

auでMNP予約番号を取得する方法は2つです。他にもガラケーのEZwebで取得する方法がありますが、iPhoneやスマホではアクセスできません。

  • 電話で取得する(0077-75470に発信) 午前9時〜午後8時
  • auショップで取得する

☆ソフトバンクのiPhoneを使っている場合

ソフトバンクでMNP予約番号を取得する方法は以下の2つになります。au同様にガラケーのMy SoftBankでも取得できますが、iPhoneやスマホではアクセスできません。

  • 電話で取得する(ソフトバンク端末:*5533/フリーコール:0800-100-5533に発信) 午前9時〜午後8時
  • ソフトバンクショップで取得する

MVNOを選び、申し込みをする

iPhoneのSIMロックを解除について確認、MNP予約番号を取得したら、MVNOに申し込みをしましょう。初期費用無料などのキャンペーンを行っているMVNOを除いて、契約時には契約事務手数料3,240円とSIMカード発行手数料が300~400円がかかります。ドコモ、au、ソフトバンクのそれぞれのiPhoneにおすすめのMVNOをピックアップして、おすすめのポイントとあわせて紹介します。まだどのMVNOがいいのか迷っている日は選ぶときの参考にしてくださいね。

☆ドコモのiPhoneにおすすめのMVNO:楽天モバイル

ドコモ回線を使っているMVNOはたくさんあり、ドコモのiPhoneであればSIMロック解除なしで乗り換えが簡単にできます。そのなかでも、ドコモからの乗り換えで特におすすめなのは楽天モバイル。

楽天モバイルはMM総研による2018年3月の「国内MVNO市場規模の推移」で独自サービス型SIMの事業者シェアで1位を獲得、主要な格安SIMのなかで特に人気のあるサービスです。
プランの数が少なく分かりやすくシンプル、また楽天スーパーポイントを貯めたり使ったりできるのもおすすめのポイントです。

◆楽天モバイルでおすすめの料金プラン

  • 通話SIM 3.1GBプラン:1,728円/月

☆auのiPhoneにおすすめのMVNO:mineo(マイネオ)

mineoはドコモ回線とau回線の両方を用意しているマルチキャリアのMVNOです。au回線のAプランなら、VoLTE対応機種以外のauのiPhoneはSIMロック解除が不要です。mineoのおすすめポイントはユーザー目線に立ったサービスが充実しているところ。ユーザー同士でデータ通信量を贈り合ったりできるサービスや疑問や悩みを相談できるコミュニティサイト『マイネ王』などがあります。初めて格安SIMを利用する人も安心です。

◆mineoでおすすめの料金プラン

  • Aプランデュアルタイプ 3GB:1,630円/月

ソフトバンクのiPhoneにおすすめのMVNO:LINEモバイル(ラインモバイル)

ソフトバンク回線のMVNOはドコモ回線に比べるとまだ少ないのですが、少しずつ増えてきました。おすすめのLINEモバイルもサービス開始当初はドコモ回線のみのMVNOでしたが、2018年7月からソフトバンク回線の提供をはじめました。

LINEモバイルのおすすめポイントはずばり、快適な通信速度。LINEモバイルでは12月まで「格安スマホ最速チャレンジ」として、混雑する時間帯でもソフトバンク回線の通信速度を1Mbps以上でキープするチャレンジをしています。

またプランに含まれている高速通信の容量を消費せずにSNSが使い放題になるのも特長です。プランにより対象サービスは変わりますが、コミュニケーションフリープランならLINE・Twitter(ツイッター)・Facebook(フェイスブック)・Instagram(インスタグラム)が使い放題です。

◆LINEモバイルでおすすめの料金プラン

  • コミュニケーションフリープラン音声通話SIM 3GB:1,825円/月

iPhoneをまだ持っていない人がMVNOに乗り換える方法

ここまではすでにiPhoneを持っている人の乗り換え方法を解説してきました。続いて、まだiPhoneを持っていない人がMVNOへの乗り換える際にiPhoneを入手する方法を紹介します。

MVNOに乗り換えるときにiPhoneを入手する方法は大きくわけると以下の3つです。それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

  • SIMフリーのiPhoneを購入する
  • 中古のiPhoneを購入する
  • MVNOで格安SIMとiPhoneをセット購入する

SIMフリーのiPhoneを購入する

SIMフリーのiPhoneは、Apple Storeや家電量販店で購入できます。通信キャリアのような割引はありませんので費用が高額になることがありますが、最新機種を使いたい人にはおすすめの方法です。
発表されたばかりのiPhone XSシリーズやiPhone XRもApple Storeで予約をすれば購入できるでしょう。ただし、最新機種はまだMVNOで動作確認ができていない場合があるので注意しましょう。

Apple Storeや家電量販店で購入した新品のiPhoneには1年間の保証期間があるほか、「Apple Care」というAppleの提供する破損などの際の補償サービスに加入することができます。

中古のiPhoneを購入する

続いて、少しお手頃な価格で購入できる方法を紹介します。それは白ロムの中古iPhoneを購入することです。白ロムとは、SIMカードが入っていないキャリア端末のこと。

中古なので機種により状態はまちまちです。また、中古のiPhoneを購入する際には注意点が2つあります。

1つは赤ロム。元の利用者が分割払いで購入している機種の場合、元の利用者の支払いが滞ると利用制限がかかって通信ができなくなる場合があります。赤ロム保証などを用意している中古ショップで購入すると安心です。

もう1つはSIMロック。中古iPhoneはキャリアで購入してSIMロックがかかっているものが多く、SIMロックは元の購入者以外は解除ができません。購入前にどのMVNOで使うのか、またSIMロックの状態はどうなっているのかを確認しましょう。

MVNOで格安SIMとiPhoneをセット購入する

楽天モバイルやUQモバイルなどの一部のMVNOではiPhoneと格安SIMをセットで販売しています。またMVNOではありませんが、格安SIMを提供するY!mobileでもiPhoneをセット販売しています。

注意してほしいのはMVNOや格安SIMの事業者で取り扱うiPhoneは最新機種ではありません。2018年9月現在の販売機種の主流はiPhone 6sやiPhone SEです。しかし格安SIMとセットで契約できるので、動作確認の状況を確認する手間などがありません。初めて格安SIMへの乗り換えを考えるならば安心できる方法といえるでしょう。

MVNOでもiPhoneを使う手順は簡単!

 (7805)

MVNOでiPhoneを使いたい人向けに乗り換えの手続きなどをご紹介してきました。知らない言葉もいくつか登場したと思いますが、一度理解してしまえば乗り換えの手続き自体は簡単です。

この記事を読んで、MVNOへの乗り換えにチャレンジしてみてくださいね!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

37 件

毎月のスマホ代、半額にしませんか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

格安SIMでもiPhoneでテザリング 動作確認済み一覧

格安SIMでもiPhoneでテザリング 動作確認済み一覧

iPhoneは格安SIMでテザリングを利用できます! おすすめ格安SIMとモデル別iPhone対応表を作ったので、比較してみましょう。ドコモ/ソフトバンク回線は使える機種が多いのですが、au回線のMVNOは要注意です。
「ソフトバンク回線が使える格安SIMおすすめ6社を一挙に紹介!」

「ソフトバンク回線が使える格安SIMおすすめ6社を一挙に紹介!」

格安SIMといえばドコモ回線が当たり前で、一部のMVNOでau回線が利用できるといった 状況でしたが、最近ではソフトバンク回線を利用できる格安SIMも増えてきています。 ソフトバンクで購入した端末をドコモ回線やau回線の格安SIMで利用するにはSIMロッ ク解除をしなければなりませんが、ソフトバンク回線なら原則としてSIMロック解除を せずにそのままの利用が可能。 供給会社が少ない分、回線も混雑しにくいといった状況もあり、密かに人気を集めて います。 そこで今回は、ソフトバンク回線を利用できるおすすめの格安SIM会社を5社ほど厳選 して比較してみました。 各社、特徴のあるプランを打ち出していますので、ぜひご自身のニーズと照らし合わ せてベストな会社を見つけてくださいね。 ※掲載している価格は、すべて税抜きです。
auのiPhoneにおすすめの格安SIMは? 乗り換え方法や注意点も解説

auのiPhoneにおすすめの格安SIMは? 乗り換え方法や注意点も解説

auから今のiPhoneはそのままで格安SIMに乗り換えたい、そんな方のために格安SIMを選ぶポイントをまとめました。乗り換えの前に知っておきたい注意点やおすすめのMVNOもあわせて紹介しますので、auから乗り換えを考えている人はぜひ読んでみてください。
格安スマホは「SIMフリー」……!? よく耳にする謎ワードをやさしく紹介

格安スマホは「SIMフリー」……!? よく耳にする謎ワードをやさしく紹介

格安スマホを探しているとSIMフリーという言葉を耳にしたことのある人は多いはず。でも、SIMフリーについてよく分からない人は多いはず。この記事では格安スマホとSIMフリーの関係、SIMフリーのメリット・デメリットなどをわかりやすく解説していきます。
ドコモ(docomo)端末のままで格安スマホに乗り換えるにはどうしたらいいの?

ドコモ(docomo)端末のままで格安スマホに乗り換えるにはどうしたらいいの?

格安スマホはドコモ(docomo)回線を使うものがほとんどのため、ドコモ(docomo)利用者であれば端末をそのまま持って簡単に乗り換えることができます。この記事では格安スマホへの乗り換える流れや、ドコモ(docomo)端末を他社の回線で使う注意点について紹介しています。

この記事のキーワード

この記事のライター

そらとすまほ編集部 そらとすまほ編集部