2018年6月22日 公開
2018年9月26日 更新

主要格安SIM一覧! 10社の特徴とおすすめしたい人をまとめてみた

格安スマホのブームで多くの格安SIMが登場しています。数が多すぎてどの格安SIMにどんな特徴があるのか分からない人のために主要なサービスを一覧で紹介します。格安SIMの特徴とおすすめしたい人をわかりやすくまとめたので、初心者でも自分に合った格安SIMを見つけられますよ!

317 view

BIGLOBEモバイル(ビッグローブSIM)

BIGLOBEモバイルはもともとドコモ回線のみでサービスを提供していましたが、2017年9月末からau回線の提供もスタートしました。

BIGLOBEモバイルには、「BIGLOBE Wi-Fi」と呼ばれるWiFiスポットが用意されていて、こちらを利用すればプランの通信量を消費することなく利用できます。

6GB以上のプランの場合は、こちらのWiFiスポットが無料で使えるようになります。動画やアプリなど容量の多いデータをやり取りする通信はWiFi、そのほかはプランの通信量を使えば、節約になるのでおすすめです。

☆BIGLOBEモバイルはどんな人におすすめなの?

  • スマホで動画やアプリなどをよく利用する人

スマホで動画やアプリを利用していると、少ない通信量のプランではすぐに通信制限がかかってしまいますよね。BIGLOBEモバイルは、動画やアプリをメインに使っている人に嬉しい格安SIMです。先ほど紹介した「BIGLOBE Wi-Fi」を利用すれば、こうした通信量の多いやりとりを行っても通信量が減りません。

さらに近くにWiFiスポットがない場合でも、BIGLOBEモバイルが提供している「エンタメフリー・オプション」を利用すれば、YouTubeをはじめとする対象サービスがカウントフリーで楽しめます。これらの特徴を上手に使えば通信量を節約しながらスマホを楽しく使えますよ!

IIJmio(みおふぉん)

IIJmioは、老舗のインターネットプロバイダが提供している格安SIMです。その高い技術力は格安SIMにも反映されていて、安定した通信をいつでも利用できます。

IIJmioのプランはシンプルで、ドコモとau回線のマルチキャリアに対応。あらゆる人の選択肢に入る選びやすい格安SIMのひとつです。取り扱いスマホの数もトップクラスに多いので、お気に入りの機種を選んでスマホセットを契約できます。

☆IIJmioはどんな人におすすめなの?

  • 家族で格安スマホを利用する予定の人

IIJmioは家族で格安スマホを利用する人に向いています。IIJmioには、3分と10分の通話定額オプションが用意されています。ここまでは格安SIMでもよくあるオプションです。しかしIIJmioではこれらの通話定額オプションが同一mioIDの家族間で利用する場合、より魅力的なオプションにパワーアップします。

同一mioID間で通話するときは3分が10分に、10分は30分の通話定額オプションになるので、家族と長電話する際も通話料を気にする必要はありません。家族で格安スマホを利用したいならIIJmioの利用をおすすめします!

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEは、格安スマホが登場した頃から存在する老舗の格安SIMです。抜群の安定感を持っており、ユーザー満足度の高い通信品質や速度を提供しています。

初心者も2台目を検討している人も選びやすいバラエティ豊かなスマホセットが用意されています。また豊富なオプションもあるため、自分の利用スタイルによってプランやオプションを選べる点も特徴のひとつといえるでしょう。

☆OCN モバイル ONEはどんな人におすすめなの?

  • 通話メインで格安スマホを使いたい人

OCN モバイル ONEの豊富なオプションの中でもおすすめしたいのが通話オプションです。OCN モバイル ONEでは、他社とは違う独特な通話オプションを用意しています。まずは、ほかの格安SIMにもある「10分かけ放題」オプション。10分以内の通話が何度でも無料になるオプションです。

そして、注目すべきは「トップ3かけ放題」。こちらは国内通話料上位3番号の通話料が0円になるもので、特定の人との通話が実質かけ放題になります。また、これらのオプションを組み合わせた「かけ放題ダブル」も用意されているので、用途によってオプションを契約しましょう。

イオンモバイル(イオンスマホ)

イオンモバイルは、イオンリテール株式会社が運営している格安SIMです。業界最安級で幅広い通信量のプランが特徴。500MBから50GBまで用意されているので、初心者から上級者までイオンモバイルを楽しめます。

さらにイオンモバイルは顧客満足度が高い格安SIMとしても有名です。分かりやすいプランと徹底的なサポートで初めて契約する人でも問題なく利用できますよ。

☆イオンモバイルはどんな人におすすめなの?

  • キャリアショップのような店舗でサポートしてほしい人

イオンモバイルでは、全国のイオンがサポート店になります。キャリアを利用していた頃によくショップを使っていた人はイオンモバイルがおすすめです。最寄りのイオンに買い物がてら、疑問点を聞きにいくことが可能です。

イオンモバイルのショップでは実際にスマホに触れたり専門スタッフに質問することができます。まだ契約は考えていないけど、話だけ聞いてみたいという人は一度近くのイオンに足を運んでみてはいかがでしょうか。

TONEモバイル(トーンモバイル)

TONEモバイルは、TSUTAYAを運営するCCCとフリービットが協業してできた子会社、TONEモバイルが提供している格安SIM。TSUTAYAの格安スマホとして知られています。シンプルな2つのプランと自社で開発したスマホでほかの格安SIMにはない特徴あるサービスを提供しています。

見守り機能が充実しているので、子供にスマホを持たせたい人にぴったり。オリジナルスマホに専用アプリがあらかじめインストールされています。

☆TONEモバイルはどんな人におすすめなの?

  • 小さな子供や年配の人、スマホに詳しくない人

TONEモバイルはシンプルなプランと使い心地が魅力的な格安SIM。オリジナルスマホは、ダメージレス構造で高い耐久性を持っています。さらに、ワンセグ、おサイフケータイにも対応しているので大手キャリアのスマホと同じような使い方ができます。

お子さまが安心してスマホを使える見守り機能やシニアの健康管理に役立つ機能を搭載しているので、子供や両親にスマホを使ってもらいたい人はTONEモバイルを選びましょう。

格安SIMの一覧から好きなMVNOを契約しよう

格安SIMの簡単な特徴をまとめた一覧を紹介しました! 現在、どの格安SIMを契約しようか悩んでいる人はこの記事を参考に、お気に入りの格安SIMを見つけてみてください。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

57 件

毎月のスマホ代、半額にしませんか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

MVNOにデメリットはある? 契約前に知っておきたい10のこと

MVNOにデメリットはある? 契約前に知っておきたい10のこと

MVNOや安いけれどデメリットがあるのでは? と不安な方は多いはず。もちろんMVNOにはメリットだけでなくデメリットもあります。この記事ではMVNOのデメリットとどうすればそれを解消して快適に使えるかを解説しています。これから乗り換える方は事前に確認しておきましょう。
格安SIMでiPhone 6sを安く使いたい!  おすすめMVNOを紹介

格安SIMでiPhone 6sを安く使いたい!  おすすめMVNOを紹介

iPhone 6sが動作確認済みのおすすめ格安SIMを徹底比較! 今使っているiPhoneのまま格安SIMに乗り換えもできちゃう。ドコモ回線だけでなく、au、ソフトバンク回線の格安SIMも紹介します。iPhone 6sでテザリングを利用したいときの注意点もあるので、申し込み前にチェックしておきましょう。
「SIMのみ」で契約できるお得な格安SIM・MVNOは?

「SIMのみ」で契約できるお得な格安SIM・MVNOは?

MVNO・格安SIMはSIMのみで契約できるサービスがほとんど。SIMカードだけの契約なら以前利用していたスマホを再利用することで初期費用を抑えたり、自分の好きな機種を用意できるのがおすすめポイントです。メリット・デメリットを確認して、自分に合ったプランを選んでみましょう!
ドコモ(docomo)から格安スマホへ乗り換えるには? 手順と注意点を紹介

ドコモ(docomo)から格安スマホへ乗り換えるには? 手順と注意点を紹介

ドコモ(docomo)から格安スマホへ乗り換えよう! 電話番号をそのまま引き継ぐ「MNP」の手続きは誰でも簡単なので、初めて乗り換える人も安心です。格安SIMへ移行する前の注意点と対策もまとめたので、事前にしっかり確認してお得な格安スマホに変更しましょう。
格安スマホは端末のみで買える? SIMなし購入のメリット・デメリット

格安スマホは端末のみで買える? SIMなし購入のメリット・デメリット

格安スマホは端末のみでも購入できます。端末のみで購入するときの注意点や事前に確認することをまとめました。端末のみで購入した格安スマホ向けの保証サービスも紹介。また、端末のみでの購入する場合と格安SIMとセットで購入する場合、それぞれのメリット・デメリットを比較して解説します。

この記事のキーワード

この記事のライター

そらとすまほ編集部 そらとすまほ編集部