2018年3月26日 公開
2019年8月30日 更新

格安スマホならイオンモバイル(イオンスマホ)♪ メリットとデメリットまとめ◎

これから格安スマホへ乗り換えたい人におすすめなのがイオンモバイル(イオンスマホ)。イオンモバイル(イオンスマホ)がおすすめと言われても、どんなサービスか分からないから不安だという人は多いはず。そこで、イオンモバイル(イオンスマホ)のメリットやデメリットをまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

272 view

格安スマホへの乗り換えを考えている人におすすめしたいのがイオンモバイル(イオンスマホ)です。日々の買い物でイオンを使っている人は多いはず。イオンモバイルはイオングループのイオンリテール株式会社が提供している格安スマホです。

今回は、そんなイオンモバイルのいまさら聞けないメリットとデメリットを紹介します。

格安スマホを使うならイオンモバイル(イオンスマホ)?

 (869)

イオンモバイルは、イオンリテール株式会社がMVNOとして提供しているサービスです。MVNOとは、格安スマホや格安SIMを提供している会社のこと。イオンでも格安スマホの取り扱いが始まり、月額料金の安さやプランの豊富さで人気となっています。

人気とはいってもイオンモバイルのどういうところがおすすめなのか分からない人も多いはず。

そこで、イオンモバイルのメリットとデメリットをまとめてみました。格安スマホに乗り換える前にどんなMVNOなのか知っておくといいでしょう。

イオンモバイル(イオンスマホ)の格安スマホを使うメリットは?

まずは、イオンモバイルのメリットを紹介します。格安スマホといえば月額料金が安いというメリットが目立ちますが、実はそれだけではありません。

幅広いプランの中から選べる

  • 500MBプラン(音声SIMのみ)
  • 1GBプラン
  • 2GBプラン
  • 4GBプラン
  • 6GBプラン
  • 8GBプラン
  • 12GBプラン
  • 20GBプラン
  • 30GBプラン
  • 40GBプラン
  • 50GBプラン

MVNOの中でもプランの数が多いイオンモバイル。ほかのMVNOでは見られない2GBや4GBといった高速通信のデータ容量が少なめのプランから、40GBや50GBといった大容量プランまで用意しています。

これまで、大手キャリアで大容量プランを使っていた人でも安心して利用できます。

ほかのMVNOに自分の求めるデータ量がない場合は、ぜひイオンモバイルのプランをチェックしてみてください。積極的にキャンペーンも行っているので、タイミングが合えば通常よりも安く契約できる場合もあります。

◆プランはどうやって選ぶの?

格安スマホのプランを選ぶときは、基本的にこれまで契約していたプランのデータ量を参考にしましょう。

例えば、現在5GBのプランを契約していて毎月データ量が足りなくなる人はそれより少し上のプラン。

一方で、データ通信の容量が毎月余ってしまう人はもう少し下のデータ量を選んでもいいかもしれません。

これまでガラケーを使っていて初めて格安スマホを使う人は、下記を参考に自分のスタイルにあったデータ量を選びましょう。

  • ~4GB:初めてスマホを使う人向け。調べ物をしたりSNSを少しだけ使いたい
  • 5GB~10GB:しっかり使いたい人向け。外出先でもアプリで遊んだり動画を見たりしたい
  • 10GB~:がっつり使いたい人向け。仕事での利用やパソコンでテザリングを使いたい

データ量別に、おすすめしたい人についてまとめてみました。4GBまでは初心者向けです。ネットを見たり、少しアプリで遊んだりする程度なら問題ありません。

ただ、動画を見たり、データ量消費の多いアプリを使ったりすると、すぐに容量が足りなくなってしまいます。

5GB~10GBまでは、アプリで遊んだり動画を見たりする人におすすめです。そして、10GB以上はテザリングでスマホをWiFiルーター代わりに使う人や、毎日アプリや動画を見るヘビーユーザーにぴったりです。

MVNOの料金はデータ量によって大きく変わってくるので、自分のライフスタイルにあったものを選ぶのがおすすめですよ。

ドコモユーザーだけでなくauユーザーもイオンモバイル(イオンスマホ)に乗り換えやすい

これまでau回線が使えるMVNOはかなり少なかったのですが、2018年3月からイオンモバイルはau回線での格安SIMサービスを開始しました。それによりドコモ回線とau回線が使えるマルチキャリアMVNOになりました。

auでスマホを使っている人も新しい機種を買わずにそのままのスマホを使いやすくなりました。機種を買い換えずにすむと手軽に乗り換えができますね。

豊富なかけ放題オプションで通話が多い人も安心!

  • イオンでんわ10分かけ放題
  • 050かけ放題

イオンモバイルには2つの電話かけ放題が用意されています。それぞれ、かけ放題のスタイルが違うので、自分に合ったかけ放題を選びましょう。

◆イオンでんわ10分かけ放題

こちらのかけ放題は10分以内の通話が何度でも無料になるオプション。毎日10分程度の通話を頻繁にする人におすすめ。オプションに加入後、「イオンでんわ」というアプリを経由して通話することでオプションが適用されます。

アプリを経由すれば10分を超えても通話料が半額になるので、かけ放題と一緒に通話が安くなる点がお得です。ただ、長時間通話をする人には向いていません。これまでの通話状況を考えながら契約しましょう。

◆050かけ放題

こちらのかけ放題は国内通話なら24時間無料で通話できるオプション。ついつい長電話してしまう人にぴったりなかけ放題です。

ただ、注意しなければいけないのは、050かけ放題は電話回線ではなく、ネット回線を利用したかけ放題だということです。

先ほど紹介した「イオンでんわ10分かけ放題」は通話回線を利用したかけ放題なので、通話品質が高いです。

一方、050かけ放題はネット回線を利用したIP電話なので、場所や時間帯などによってはつながりにくいこともあります。ある程度決まった場所で通話する人には(環境によっては)問題ありませんが、毎回通話する場所が変わる人は環境に左右されやすいので、おすすめできません。

サポートが充実している

MVNOを契約するときに不安なのが、サポートがあるかどうか。MVNOには全国展開のショップなどといった手厚いサポートが少ない会社も多いですが、イオンモバイルはサポートが充実している会社です。

全国のイオンがサポート店になるため、最寄りにイオンがある人は、そこがキャリアショップのような感覚になります。店舗には専門のスタッフがいるので、格安スマホに関連した質問が気軽にできます。

◆ショップだけじゃない! イオンモバイルのサポート各種

  • イオンスマホ電話サポート

自宅にいながらサポートを受けたい人におすすめなのが「イオンスマホ電話サポート」。初期設定やアプリの設定を電話や遠隔操作でサポートしてくれます。

また、別途料金が発生しますが、出張サポートも行っているので、自宅にいながら徹底したサポートが受けられるのはとっても魅力的ですよね。

イオンモバイルでは、「イオンスマホ安心パック」というイオンスマホ電話サポートが入ったお得なパックがあります。イオンモバイルが発売している指定端末であれば万が一の破損でも保証してくれる「イオンスマホ安心保証」と、強力なセキュリティでスマホをウイルスなどから守ってくれる「イオンスマホセキュリティ」がセットになったパックです。

単体で各オプションに加入するよりパックの方がおトクになるので、こちらのオプションへの加入も考えてみるといいでしょう。

イオンモバイル(イオンスマホ)の格安スマホを使うデメリットは?

続いて、イオンモバイルのデメリットをご紹介します。いくつかのデメリットがありますが、実はどれも対処法があるんです! デメリットと対処法を知っておいて損はありません。

MNP転出手数料が発生する

イオンモバイルには、契約後に2年縛りのような最低利用期間や契約解除料は用意されていません。最低利用期間とは、主に音声SIMを契約した際に、最低利用期間内に解約すると契約解除料がかかるというもの。イオンモバイルならこうした縛りがないので、いつ解約しても大丈夫です。

ただし気をつけなければいけないのが、MNPでイオンモバイルからほかのMVNOや大手キャリアに乗り換えた場合です。

イオンモバイルでは、MNPで電話番号そのままで他の事業者に乗り換えたときのみ「MNP転出手数料」が発生します。他の事業者でも契約期間にかかわらず3,000円前後のMNP転出手数料がかかる場合があるのですが、イオンモバイルでは契約期間によってその金額が違います。

ほかの事業者への乗り換えが完了した時点で、契約後180日以内だと8,640円、契約後181日以上経っていると3,240円が発生します。

これまでの電話番号を引き継いでスマホを利用したい人がほとんどだと思うので、この点には注意して契約しましょう。

◆対処法は?

181日以上使ってからMNP乗り換えを行うことにより、3,240円で済みます。

ほかには、イオンモバイルが行っているキャンペーン中に契約することで、MNP転出料3,240円分を相殺するという方法もあります。キャンペーンで3,240円以上得になれば、万が一MNP転出手数料が発生しても痛手はないということになりますね。

イオンモバイルでは通常3,240円かかるSIMカード発行手数料が2円になるなどのキャンペーンが時々行われているので、キャンペーン情報はしっかりチェックしておきましょう!

au回線では高速通信に通信制限がある

au回線のプランでは、直近3日間あたりの通信量が6GBを超えると通信制限がかかる場合があります。また、通信容量を使い切って低速通信になったときも、3日あたりの通信量が366MBを超えると速度が制限されます。

◆対処法は?

3日で6GBを使うとなると、動画やゲームなどでよくスマホを利用するスタイルが考えられます。

イオンモバイルのマイページなどで自分がどのくらい通信容量を使ったかチェックできるので、通信をよく利用する人はこまめに見ておくといいでしょう◎

イオンモバイル(イオンスマホ)のメリット・デメリットを知って格安スマホを契約しよう

イオンモバイルのメリットやデメリットを紹介しました。これから格安スマホの契約を考えている人には、イオンモバイル(イオンスマホ)がおすすめです。イオンモバイルはデメリットが少なく、プラン容量や回線も選べるので自分のライフスタイルに合った使い方ができます。

またイオンモバイルではイオンの店舗でサポートを受けられるので、ほかのMVNOに比べると困ったときにも安心です。この記事でイオンモバイルのメリットやデメリットをしっかり確認してから契約を考えてみてください!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

MVNO各社の特長を一覧にまとめました! 契約したい格安SIMは?

MVNO各社の特長を一覧にまとめました! 契約したい格安SIMは?

数あるMVNOの中から自分にあった格安SIMを提供している会社を選ぶのは難しいですね。そこで、MVNO各社の特長を一覧で紹介します。魅力的な特長があるMVNOだけを厳選してまとめましたので、これからMVNOで格安SIMの契約を考えている人はぜひチェックしてみてください。
小さくて持ちやすい4インチ台のSIMフリースマホおすすめ機種まとめ

小さくて持ちやすい4インチ台のSIMフリースマホおすすめ機種まとめ

性能が上がりどんどんサイズも大きくなるスマホですが、本当はもっと小さくて使いやすいスマホが欲しい人も多いのでは。この記事では4インチ台に絞っておすすめのSIMフリースマホを紹介します。片手で操作しやすいSIMフリースマホが欲しい、ポケットに入るSIMフリースマホが欲しい人はこの記事で気になる機種をぜひ見つけてください!
MVNOで端末をセットで購入したい! 取り扱いスマホが多いMVNO

MVNOで端末をセットで購入したい! 取り扱いスマホが多いMVNO

MVNOでは格安SIMとスマホがセットになった端末セットが販売されています。端末セットでは格安SIMと別々に購入するよりもスマホが安く手に入ることがあります。端末セットの取り扱い機種が多くお気に入りの機種を見つけやすいMVNOやセット購入できるおすすめの機種をまとめて紹介します。
店舗のある格安SIMまとめ 店舗契約のメリット・デメリットは?

店舗のある格安SIMまとめ 店舗契約のメリット・デメリットは?

格安SIMというと以前は店舗があまりなくネットでの契約が主流でした。しかし、最近は格安SIMの店舗が増えてきました。格安SIMの店舗では、契約はもちろん、大手キャリアのショップのようなサポートも受けられます。この記事では店舗のある格安SIMを紹介しつつ、店舗で契約するメリットやデメリットを解説します。
おすすめMVNO、ドコモ(docomo)系5社を紹介

おすすめMVNO、ドコモ(docomo)系5社を紹介

大手キャリアの回線を借りて格安SIMを提供するMVNOですが、その中でも特に多いのがドコモ(docomo)回線を使ったMVNO。たくさんあるので、自分に合ったドコモ(docomo)回線のMVNOを選ぶのはなかなか大変です。そこで、特におすすめできる5つのサービスをピックアップ、特徴をまとめました。

この記事のキーワード

この記事のライター

そらとすまほ編集部 そらとすまほ編集部