2018年7月2日 公開
2018年9月28日 更新

格安SIMのプランをデータ量別に料金比較! 安い料金でお得に契約しよう

少しでも安く格安SIMを利用したいなら契約前の料金比較が大切。格安SIMの月額料金は同じデータ量のプランでもMVNOによって異なります。そこで、この記事では格安SIMのデータ量別に安い料金のMVNOをまとめてみました。自分の必要なデータ量を確認、プランを比較してピッタリの格安SIMを見つけましょう。

188 view

格安SIMを契約するとき、どうせなら安い料金で契約したいですよね。数ある格安SIMから最安のプランを選びたいなら料金比較がおすすめです。そこで、今回は格安SIMのプランをデータ量別に料金比較してみました! より安い格安SIMを契約したい方は参考にしてみてください。

格安SIMをお得に契約するなら料金比較が重要!

 (5759)

格安SIMを提供しているMVNOは現在も増えていて、その数は数百社以上にのぼります。MVNOの公式サイトを見ても、ほかのMVNOと比べて安いかどうかはなかなか分かりませんよね。

そこで、本記事では格安SIMのデータ量別に料金を比較してみました。これから格安SIMをお得に契約したい方は記事を参考に安い格安SIMを契約しましょう。

どのくらいのデータ量のプランを契約すればいいの?

  • 1GB:SNSやちょっとしたネット閲覧が楽しめる程度
  • 3GB:ネット閲覧やちょっとした動画の再生が楽しめる程度
  • 5~6GB:ネット閲覧に加えてアプリや動画を楽しめる程度
  • 7GB:アプリや動画が十分に楽しめる程度
  • 10GB以上:テザリングしてPCでネット閲覧できる程度

データ量別にプランを契約する前に、そもそもどのくらいのプランを契約すればいいのか分からない方は多いはず。

データ量別に格安SIMでできることをまとめてみました。現在の利用状況と合わせて契約したいデータ量を考えてみてください。細かいデータ量の違いですが、料金自体は大きく異なるので、慎重にプランを選びましょう。

格安SIMのデータ量別に料金比較してみた

 (5764)

それでは、主要各社のデータ量別の料金を見ていきましょう。プランの料金だけではなく、スマホセットやオプションを合わせて加入すればより自分にあった格安SIMが契約できるはず。

今回は新規で格安スマホを契約したい方やMNPで大手キャリアから乗り換えたい方向けに、通話も可能な音声SIMの料金を比較しています。

1GB

とにかく安く格安SIMを契約したいなら1GBのプランがおすすめです。普段あまりスマホを使わない方なら1GBでも十分に使えます。空いた時間にスマホをついいじってしまうという方は1GBでは足りないので、もう少しデータ量の大きいプランがいいでしょう。

DMM mobile(DMMモバイル)

  • 月額:518円 ※データ通信のみ

1GBプランを提供している主要なMVNOの中でも特に安いのがDMM mobileです。DMM mobileは業界最安クラスのプランを提供しているため、料金で選ぶならおすすめです。

LINEモバイル(ラインモバイル)

  • 月額:1,296円

LINEモバイルは、カウントフリーと呼ばれる機能が特徴的なMVNOです。LINEを含めた対象のSNSのデータ量がカウントされなくなるので、1GBプランでも十分スマホを楽しめます。普段からSNSでデータ量を消費してしまう方は、LINEモバイルがおすすめです。

DTI SIM

  • 月額:1,296円

DTI SIMは、ユニークな機能やサービスの多いMVNOです。1GBプランはDMM mobileの次に安い料金で提供されています。

3GB

3GBは、初めて格安スマホを契約する方におすすめのデータ量です。毎日ある程度SNSやネット閲覧でスマホを使っても足りるので初心者にぴったり。ただし、動画やアプリを楽しみすぎるとすぐに通信制限がかかってしまうので注意が必要です。

DTI SIM

  • 月額:1,609円

DTI SIMでは、1GBから10GBまで4段階のシンプルなプランと、ネット使い放題などが用意されたMVNOです。3GBのプランの中で少しでも安いプランを契約したいならおすすめできるMVNOです。

DMM mobile(DMMモバイル)

  • 月額:1,620円

DMM mobileも料金の安さで知られるMVNOです。1GBに続いて3GBのデータ量でも安い料金でサービスを提供しています。新規契約でスマホも一緒に購入したい場合は、豊富なスマホセットからお気に入りを選んで契約しましょう。

mineo(マイネオ)

  • Aプラン:月額 1,630円

mineoは、ドコモ回線とau回線に対応したマルチキャリアのMVNOです。その中でもau回線のAプランでは最安クラスの料金で3GBプランを提供しています。ドコモ回線のDプランはaプランと比較すると料金が高いので注意しましょう。

6GB

通勤・通学中にスマホでアプリを利用することが多い方なら6GBプランがおすすめです。動画やアプリを楽しんでも通信制限がかかりにくいので、毎日楽しみながらスマホが使えます。また、3GBプランではデータ量が足りなくなってしまった方にもおすすめです。

OCN モバイル ONE

  • 月額:2,322円

6GBプランが安いのはOCN モバイル ONE。「らくらくセット」と呼ばれるスマホ代金がお得になるスマホセットをはじめ、豊富なオプションで快適に利用できるMVNOです。

BIGLOBEモバイル(ビッグローブSIM)

  • タイプD タイプA:月額 2,322円

BIGLOBEモバイルは、ドコモ回線のタイプDとau回線のタイプAで構成されたマルチキャリア対応のMVNOです。マルチキャリアのMVNOではau回線の料金が高くなりがちですが、BIGLOBEモバイルでは両方とも同じ料金となっています。

mineo(マイネオ)

  • Aプラン:2,365円

3GBプランでも紹介したmineoは6GBプランの月額料金もお得。mineoはユーザーサポートが優れているので、長く使える優良なMVNOですよ!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

62 件

毎月のスマホ代、半額にしませんか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

格安SIMでも無料で通話! なるべく電話を安くかける方法は?

格安SIMでも無料で通話! なるべく電話を安くかける方法は?

格安SIMでも、アプリを使えば無料通話ができるって知っていますか? かけ放題や電話料金割引オプションも充実しているので、実は格安SIMの通話サービスって安いんです。今回の記事では、できるだけ安く通話する方法を教えちゃいます!
格安スマホは端末のみで買える? SIMなし購入のメリット・デメリット

格安スマホは端末のみで買える? SIMなし購入のメリット・デメリット

格安スマホは端末のみでも購入できます。端末のみで購入するときの注意点や事前に確認することをまとめました。端末のみで購入した格安スマホ向けの保証サービスも紹介。また、端末のみでの購入する場合と格安SIMとセットで購入する場合、それぞれのメリット・デメリットを比較して解説します。
「SIMのみ」で契約できるお得な格安SIM・MVNOは?

「SIMのみ」で契約できるお得な格安SIM・MVNOは?

MVNO・格安SIMはSIMのみで契約できるサービスがほとんど。SIMカードだけの契約なら以前利用していたスマホを再利用することで初期費用を抑えたり、自分の好きな機種を用意できるのがおすすめポイントです。メリット・デメリットを確認して、自分に合ったプランを選んでみましょう!
スマホ料金“最安値”を目指す格安スマホ活用術

スマホ料金“最安値”を目指す格安スマホ活用術

格安スマホを最安値で使うには、格安SIMの月額料金やオプション・キャンペーンをしっかり比較しておくことが重要です。中には月額500円以下で使えるプランもあるので、どれだけ安く使えるのか見てみましょう! 契約前にキャンペーンをチェックしておきたい格安SIMも紹介します。
主要格安SIM一覧! 10社の特徴とおすすめしたい人をまとめてみた

主要格安SIM一覧! 10社の特徴とおすすめしたい人をまとめてみた

格安スマホのブームで多くの格安SIMが登場しています。数が多すぎてどの格安SIMにどんな特徴があるのか分からない人のために主要なサービスを一覧で紹介します。格安SIMの特徴とおすすめしたい人をわかりやすくまとめたので、初心者でも自分に合った格安SIMを見つけられますよ!

この記事のキーワード

この記事のライター

そらとすまほ編集部 そらとすまほ編集部