2018年5月25日 公開
2019年8月30日 更新

料金・容量で格付け!格安SIMの項目別ランキングを大発表!

格安SIMをこれから契約したいけど、どれがいいのか迷っている人は必見です。自分にぴったりの格安SIMをスムーズに見つけるならランキングを参考にしましょう。お気に入りの格安SIMが見つけられる、編集部が厳選したジャンル別ランキングを紹介します!

170 view

格安SIMをこれから契約したいけど、どれがいいのか迷っている人は多いでしょう。自分にぴったりの格安SIMを見つけるなら項目ごとのランキングを参考にすると、スムーズに見つけられます。

今回はお気に入りの格安SIMが見つけられるランキングを紹介します! 主要な格安SIMのなかから編集部が選んだランキングですので、これから契約を考えている人はぜひ参考にしてください。

数ある格安SIMの中でお気に入りを見つける方法は?

 (3678)

このごろ格安SIMのCMがよく放送されるようになりました。格安SIMやスマホを提供するMVNOは増えてきていて、どの格安SIMが良いのかよく分からないですよね。たくさんの格安SIMから自分にぴったりのMVNOを見つけるには、ランキングを参考にするなど工夫してみましょう。

そこで今回は、あなたのお気に入りが見つかるジャンル別ランキングを紹介します。まだ契約したい格安SIMが決まっていない人は、この記事を参考に自分にぴったりの格安SIMを見つけましょう。

ランキングを参考にする前に決めておきたいこと

ジャンル別ランキングを参考にする前に、現在契約しているキャリアやMVNOをもとにして、どのように格安SIMを使いたいのか決めておきましょう。特に、毎月の料金や通信量は、数ある格安SIMから選ぶ際の大きな基準になります。それでは各項目について詳しく見ていきます。

◇毎月いくらくらいの料金が良いのか?

格安SIMへの乗り換えを検討している人の多くは、毎月の月額料金の安さに惹かれているはず。大手キャリアから格安SIMへ乗り換えると、現在契約しているプランにもよりますが、月額料金が半分程度になることが多いです。これから格安SIMを契約する人は、毎月いくらくらいの料金にしたいのか決めておきましょう。

例えば、「現在の月額料金が6,000円程度なので半額にしたい」や「現在も4,000円程度で安いけど3,000円程度まで下げたい」など理想の月額料金をまとめておくと、ジャンル別ランキングを見た際に格安SIMを選びやすいです。

◇毎月どれくらいの通信量を使いたいのか?

格安SIMへ乗り換える際にもうひとつ重要なのが、毎月どれくらいの通信量を使うかという点。格安SIMを提供しているMVNOによって、用意しているプランの通信容量が異なります。そのため、自分が毎月どれくらい使いたいかによって契約するMVNOも変わってきます。毎月の通信容量の参考になるのが、現在利用しているプランの通信容量です。

現在大手キャリアの5GBのプランを契約している場合で考えてみましょう。毎月通信容量に制限のかかる人は5GB以上のプランを、逆に毎月問題なく使える人は同じ通信容量のプランまたは、余るような少し減らしたプランで構いません。

MVNOでは、プラン変更が簡単にできるので、契約後に変更することも可能です。ただ、MVNOやプランを選ぶ際の基準になるので、契約前にはどれくらい使いたいか決めておくと良いでしょう。

◇通信メインなのか、通話メインなのか?

最後に決めておきたいのが格安SIMを通信メインで使うのか、通話メインで使うのかという点です。通信メインの場合は多くの格安SIMから選択できますが、通話メインの場合はかけ放題など通話オプションのある格安SIMを選ぶ方がいいでしょう。

特に格安SIMには、2018年5月現在、音声通話SIMによる完全かけ放題のオプションは用意されていないので、キャリアでかけ放題を利用していた人は注意が必要です。

格安SIMのお気に入りが見つかる項目別ランキング!

 (3683)

それでは、格安SIMのお気に入りが見つかる項目別ランキングを紹介していきます。各項目のベスト3を紹介するので、これから契約する人は参考にしてください。

月額料金部門

はじめに月額料金部門を紹介します。月額料金が最安クラスの格安SIMを紹介するので、とにかく安く格安SIMを使いたいという人は、この部門を参考に格安SIMを契約してみてください!

1位:DMM mobile(DMMモバイル)

  • 最安プランはデータSIM ライトプラン 月額475円です。

DMM mobileの通信のみが行えるデータSIM、ライトプランは月額475円で契約できます。ライトプランは通信速度が最大200kbpsと決まっているプランですが、SNSの閲覧やテキストメインのサイトを見る程度なら十分利用できるプランです。

ただ、いろいろなサイトを見たりアプリを楽しんだりする場合は最大200Kbpsでは通信速度が遅すぎるので、DMM mobileの1GBプラン月額518円の契約を検討したほうがいいでしょう。こちらもほかの格安SIMに比べると安い料金で契約できます。

2位:LINEモバイル(ラインモバイル)

  • 最安プランはデータSIM LINEフリープラン 1GB 月額540円です。

LINEモバイルでは、データSIMのLINEフリープランが月額540円で契約できます。LINEフリープランは毎月1GBの通信容量が利用でき、それを超えた場合は通信制限が発生します。

LINEフリープランはLINEを利用するときに発生する通信量がかからなくなるカウントフリーを採用しています。画像や動画のやり取りも含めたLINEアプリ上のデータ通信はすべて通信量を気にせず使えるので、普段からLINEをよく利用する人におすすめです。

3位:楽天モバイル

  • 最安プランはデータSIM ベーシックプラン 月額567円です。

楽天モバイルでは、データSIMのベーシックプランが月額567円で契約できます。こちらもDMM mobileと同じく最大200Kbpsで通信が利用できるプランです。毎月あまりスマホを使わない人にぴったりです。

また、現在楽天会員の人なら楽天モバイルの料金の支払いで楽天スーパーポイントが貯まったり、逆に楽天スーパーポイントを楽天モバイルの料金の支払いに使えたりするのでおすすめです。ポイントを上手に使えばほかの格安SIMよりもお得に使えます。

通信容量部門

続いて通信容量部門です。格安SIMを選ぶときに幅広いプランを用意しているMVNOなら、通信制限に悩まずにスマホが使えます。今回は、幅広い通信容量を用意している格安SIMを紹介します!

1位:イオンモバイル(イオンスマホ)

  • 500MBプラン
  • 1GBプラン
  • 2GBプラン
  • 4GBプラン
  • 6GBプラン
  • 8GBプラン
  • 12GBプラン
  • 20GBプラン
  • 30GBプラン
  • 40GBプラン
  • 50GBプラン

イオンモバイルでは、500MBから50GBまで幅広いプランを用意しています。初めて格安スマホを使う人も、通信容量に不満がある人も満足できる多様なプラン構成で万人におすすめのMVNOです。

また、イオンモバイルは全国のイオンがサポート店になるので、お近くにイオンがある人はキャリアのショップのような感覚でサポートを利用できます。幅広いプランとサポートが欲しい人はイオンモバイルの契約を検討してみましょう。

2位:OCN モバイル ONE

  • 110MB/日コース
  • 170MB/日コース
  • 3GB/月コース
  • 6GB/月コース
  • 10GB/月コース
  • 20GB/月コース
  • 30GB/月コース
  • 500kbpsコース(15GB/月)

OCN モバイル ONEのプランは主に3つのコースに分かれています。まずは一般的な毎月の通信容量が決まっているプラン。3GBから30GBまで5段階の通信容量からプランを選べます。続いて、毎日の通信容量が決まっているプランです。

例えば、110MB/日コースの場合、30日なら約3.3GB、31日ある月なら約3.41GB使え、3GB/月コースよりも多く通信容量が使えます。そのうえ、毎月の料金も110MB/日コースの方が少し安いです。

最後は、通信速度が500kbpsに固定されたプラン。こちらのプランは速度は固定されていますが、毎月15GBまで使えるので毎月ある程度通信容量は使うけど、速度は気にしない人におすすめです。

3位:DMM mobile(DMMモバイル)

  • ライトプラン
  • 1GBプラン
  • 2GBプラン
  • 3GBプラン
  • 5GBプラン
  • 7GBプラン
  • 8GBプラン
  • 10GBプラン
  • 15GBプラン
  • 20GBプラン

DMM mobileでは、1GBから20GBまでのプラン。そして、通信速度が固定されたライトプランを用意しています。どのプランも最安値水準で契約することができ、プランの幅も広いので初めて契約する人は使いやすいでしょう。

また、DMM mobileは格安SIMを1枚から契約できるシングルコースと複数の格安SIMを契約できるシェアコースが用意されています。個人でも家族でも契約できるので、幅広いプランを家族と一緒に検討してみてください。

オプション部門

最後はオプション部門です。今回はオプションの中でも通話派の人に需要がある通話系オプションが優れた格安SIMを中心に紹介していきます。格安スマホを通話メインで使う予定の人はぜひ参考にしてください!

1位:IIJmio(みおふぉん)

  • 通話定額オプション(3分)
  • 通話定額オプション(10分)

IIJmioでは、2つの通話定額オプションを用意しています。3分と10分があるので、自分の通話スタイルに合わせて通話定額オプションを選びましょう。さらにこの通話定額オプションは家族で利用することでよりお得になります。

IIJmioを契約しているIDが同じであれば、それら同士の無料の通話時間が3分から10分に、10分が30分になります。家族メインで通話を利用する人にはIIJmioが断然おすすめです。

2位:OCN モバイル ONE

  • 10分かけ放題
  • トップ3かけ放題
  • かけ放題ダブル

OCN モバイル ONEでは、ほかの格安SIMにはない通話オプションを用意しています。まず基本的な、10分以内の通話が何度でも無料になる10分かけ放題。そして、国内通話料上位3番号の通話料が0円になるトップ3かけ放題が用意されています。

トップ3かけ放題は、特定の人に長電話する人におすすめです。毎月、通話料の上位3人までが実質的な完全かけ放題のように使えるので、ほかの格安SIMよりも通話料がお得になります。さらに、10分かけ放題とトップ3かけ放題が一緒になったかけ放題ダブルも用意されており、とにかく通話オプションが充実したMVNOです。

3位:BIGLOBEモバイル(ビッグローブSIM)

  • BIGLOBEでんわ 選べる通話オプション

BIGLOBE モバイルには、選べる4つの通話オプションが用意されています。まずは、3分以内もしくは10分以内の国内通話が何度でもかけ放題のプラン。こちらはほかのMVNOにもある一般的なかけ放題です。

もうひとつが、1,080円分(最大60分)もしくは1,620円分(最大90分)の国内通話無料分が付いた通話パックです。毎月まとまった時間通話する人はこちらのオプションがおすすめです!

格安SIMのジャンル別ランキングを参考にお気に入りを見つけよう!

格安SIMのジャンル別ランキングを紹介しました!自分の利用するスタイルを把握したうえでジャンル別ランキングを参考にすれば、お気に入りの格安SIMを見つけやすくなるはずです。ぜひ、本記事を参考にして、自分のスタイルにぴったりの格安SIMを見つけてくださいね!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

42 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

主要格安SIM一覧! 10社の特徴とおすすめしたい人をまとめてみた

主要格安SIM一覧! 10社の特徴とおすすめしたい人をまとめてみた

格安スマホのブームで多くの格安SIMが登場しています。数が多すぎてどの格安SIMにどんな特徴があるのか分からない人のために主要なサービスを一覧で紹介します。格安SIMの特徴とおすすめしたい人をわかりやすくまとめたので、初心者でも自分に合った格安SIMを見つけられますよ!
格安SIMでiPhone 6sを安く使いたい!  おすすめMVNOを紹介

格安SIMでiPhone 6sを安く使いたい!  おすすめMVNOを紹介

iPhone 6sが動作確認済みのおすすめ格安SIMを徹底比較! 今使っているiPhoneのまま格安SIMに乗り換えもできちゃう。ドコモ回線だけでなく、au、ソフトバンク回線の格安SIMも紹介します。iPhone 6sでテザリングを利用したいときの注意点もあるので、申し込み前にチェックしておきましょう。
「SIMのみ」で契約できるお得な格安SIM・MVNOは?

「SIMのみ」で契約できるお得な格安SIM・MVNOは?

MVNO・格安SIMはSIMのみで契約できるサービスがほとんど。SIMカードだけの契約なら以前利用していたスマホを再利用することで初期費用を抑えたり、自分の好きな機種を用意できるのがおすすめポイントです。メリット・デメリットを確認して、自分に合ったプランを選んでみましょう!
MVNOにデメリットはある? 契約前に知っておきたい10のこと

MVNOにデメリットはある? 契約前に知っておきたい10のこと

MVNOや安いけれどデメリットがあるのでは? と不安な方は多いはず。もちろんMVNOにはメリットだけでなくデメリットもあります。この記事ではMVNOのデメリットとどうすればそれを解消して快適に使えるかを解説しています。これから乗り換える方は事前に確認しておきましょう。
ドコモ(docomo)から格安スマホへ乗り換えるには? 手順と注意点を紹介

ドコモ(docomo)から格安スマホへ乗り換えるには? 手順と注意点を紹介

ドコモ(docomo)から格安スマホへ乗り換えよう! 電話番号をそのまま引き継ぐ「MNP」の手続きは誰でも簡単なので、初めて乗り換える人も安心です。格安SIMへ移行する前の注意点と対策もまとめたので、事前にしっかり確認してお得な格安スマホに変更しましょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

そらとすまほ編集部 そらとすまほ編集部