2018年3月27日 公開
2019年8月30日 更新

プリペイド型の格安SIMの基本とおすすめのMVNO5選

プリペイド型の格安SIMとは、前払いで使うSIMカードのことをいいます。出張や旅行など、短い期間スマホを使いたいという人やこれから格安SIMを使いたい人のお試し利用におすすめです。プリペイド型格安SIMの基本からおすすめのMVNOまでまとめて紹介します。

520 view

格安SIMでは普通、使用料金は後払いになっています。しかし、格安SIMには料金を前払いするシステムもあります。それが、プリペイド型の格安SIMです。仕事や出張、旅行など短い期間だけスマホを使いたいときにおすすめです。手続きはとても簡単で、使いすぎの心配もありません。

この記事では便利なプリペイド型格安SIMの購入方法や使い方、注意点、おすすめのサービスなどをまとめて紹介します。

プリペイド型格安SIMとは?

 (667)

プリペイド型の格安SIMでは、データ通信の容量や使う期間が前もって決められています。例えば、1GBのデータ通信の容量を7日間使えるといった具合です。

使うための手続きも簡単で、基本的には通信料金の前払い分が含まれたSIMカードのパッケージを購入するだけです。短い間だけ格安SIMを使いたい人におすすめです。また、クレジットカードを持っていない人でもこのプリペイド型の格安SIMなら利用できます。

上手に活用できれば、ちょっとだけスマホが必要な人にはありがたいサービスですよね。

ただし、やっぱり通常プランの格安SIMと比べるとその料金設定は割高です。そのため、1カ月以上使うのであれば通常の格安SIMのプランも検討したほうがいいかもしれません。

プリペイド型の格安SIMはどこで買えるの?

プリペイド型の格安SIMは家電量販店やコンビニ、WEBなどで買うことができます。本人確認なども必要なく、その場で現金で買うことができる手軽さが大きなメリットです。

特に家電量販店で買った場合はその日のうちに格安SIMを使いはじめることが可能です。コンビニやWEBで買った場合は、後日SIMカードが発送されます。空港などでは自動販売機で売られている場合もあります。

プリペイド型の格安SIMの初期費用はパッケージの購入費用のみです。金額は購入するSIMカードのプランやサービスによりさまざまな種類があります。通常の格安SIMを契約する際は事務手数料として数千円支払いますが、プリペイドでは事務手数料は必要ありません。

プリペイド型の格安SIMが使えるスマホの種類は?

プリペイド型の格安SIMが使えるスマホは次の通りです。

  • SIMロックが解除されているかSIMフリーのスマホ
  • 購入を考えているMVNOで動作確認ができているスマホ

2つのうち、特に動作確認についてはプリペイド型の格安SIMを購入する前にそれぞれの公式サイトで確認するようにしましょう。

プリペイド型の格安SIMの準備から実際に使用するまで

それでは、実際にプリペイド型の格安SIMを購入する前に準備をすることと、購入してから使用できる状態にするまでの流れを解説していきます。

事前に準備すること

すでにスマホを持っている場合は自分のスマホでプリペイドSIMを使用できるか、購入しようと考えている事業者の公式サイトで確認します。

そして、見落としがちなことですが、SIMカードのサイズもチェックしておきましょう。その後にWEBや家電量販店などで購入します。

プリペイド型の格安SIMを購入してから使用するまで

実際に使用する際にはAPN設定をします。APNとは難しそうな言葉ですが、スマホからインターネットに接続するための設定のこと。公式サイトや説明書に手順が書かれているので、見ながら進めていけば誰にでも設定ができます。説明書を確認して設定しましょう。

購入した格安SIMのデータ容量をオーバーしたときの対処法

通常の後払いで利用する格安SIMの場合は、契約している高速通信の月間データ容量をオーバーしてもネット接続はできます。通信速度は遅くなってしまいますが、一応インターネットは見られる状態ですよね。

プリペイド型の格安SIMの場合、サービスによっては容量オーバーをするとまったく使えない状態になることがあります。データ容量がオーバーした後にそのまま継続して使いたいということであれば、追加チャージをしましょう。コンビニにあるマルチコピー機でチャージできる格安SIMもあり、購入した容量を使い切っても追加して繰り返し使うことができます。

ただしチャージ方法などはMVNOによって違いがあるので、長く使う可能性がある場合は購入する際に確認しましょう。

プリペイド型の格安SIMを解約したいときは?

解約をするときは、特に手続きなどは必要ありません。有効期間が過ぎたり、データ容量を使い切ると自動的に使えなくなります。こういった手続き不要の使い勝手の良さもプリペイド型の格安SIMのメリットです。自由に、お試し感覚で格安SIMを使うことができます。

プリペイド型の格安SIMでおすすめのMVNO5選

格安SIMを提供する事業者はMVNOと呼ばれています。高速データ通信の容量が多いものや有効期間が長めなものなど、特徴のあるプリペイド型格安SIMのプランのなかからおすすめのプリペイド型の格安SIMを提供しているMVNOを5つ紹介しますので、利用を考えている人はぜひ参考にしてみてください!

楽天モバイル

データ容量 有効期間 SIMサイズ 販売価格
1GB 30日間 標準SIM、microSIM、nanoSIM 3,218円
2GB 90日間 標準SIM、microSIM、nanoSIM 4,298円

楽天モバイルではSIMカードをスマホに挿入、APN設定をするだけで簡単に使えます。容量は1GBと2GBがあり、容量によって有効期限が違います。

また、データ容量が不足した場合は1,620円で500MB(30日間有効)を追加リチャージできます。リチャージ前には契約者情報の登録が必要です。また、有効期間終了後はリチャージできなくなるため、注意が必要です。

U-mobile(ユーモバイル)

データ容量 有効期間 SIMサイズ
220MB/日 7日間 microSIM
220MB/日 15日間 nanoSIM

U-mobileではU-NEXTストアでプリペイド型の格安SIMを販売しているほか、成田空港などにも自動販売機を設置しています。

公式サイトで紹介されているのは有効期間が7日間、15日間のプランで、いずれも高速通信のデータ容量は200MB/日となっています。この容量を超えても通信は可能ですが、当日23時59分まで通信速度が200Kbpsに制限されます。毎日メールやSNSをチェックするなど、こまめに接続をしたい人におすすめです。

自動販売機向けのパッケージではプランなどの仕様が異なります。有効期限やサイズの異なるSIMカードを使いたい場合は自動販売機で探すと良いでしょう。追加容量のチャージや有効期間の追加などはできないので、長期の利用や大容量通信には向きません。

nuromobile(nuroモバイル)

データ容量 有効期間 SIMサイズ 販売価格
1.2GB 30日 標準SIM、microSIM、nanoSIM オープン価格
2.4GB 30日 標準SIM、microSIM、nanoSIM オープン価格
3.2GB 60日 標準SIM、microSIM、nanoSIM オープン価格

nuromobileのプリペイド型格安SIMには、データ容量1.2GB、2.4GB(それぞれ有効期間30日)、データ容量3.2GB(有効期間60日)の3つのプランがあります。販売価格はすべて販売店が価格を決めるオープン価格になっています。通信容量を追加でチャージするときの価格は1GBで3,065円(有効期間60日)です。

また、追加でチャージする際はクレジットカードが必要です。使い始める際にはAPN設定のほか、SIM電話番号とパスワードで、ユーザー登録情報入力してアクティベーションの手続きが必要です。

BIGLOBEモバイル(ビッグローブSIM)

データ容量 有効期間 SIMサイズ 参考価格
3GB 30日間 標準SIM、microSIM、nanoSIM 5,292円
7GB 30日間 標準SIM、microSIM、nanoSIM 8,316円

プリペイド型の格安SIMのなかでも大容量のプランがあるのはBIGLOBEモバイル。パッケージの価格は店舗によって異なる場合があります。

データ容量が足りない場合は1GBで2,160円(有効期間31日)で追加チャージが可能。追加分はクレジットカードで支払います。使いはじめるときにはAPN設定のほかに利用登録が必要で、メールアドレスなどを入力する必要があります。

OCN モバイル ONE

データ容量 有効期間 SIMサイズ 販売価格
50MB/日 20日間 標準SIM、microSIM、nanoSIM 3,024円
1GB 利用開始から3カ月後の月末まで 標準SIM、microSIM、nanoSIM 3,456円

OCN モバイル ONEでは、20日間の有効期間中に50MB/日の高速データ通信を利用できる期間型、1.0GB(利用開始から3カ月後の月末まで有効)の容量を使い切るまで高速データ通信ができる容量型の2つのプランがあります。

それぞれ容量や期間の追加ができるだけではなく、利用期間中にOCN モバイル ONEが気に入れば、そのまま通常の契約に移行もできます。格安SIMを契約する前に、速度などのお試し用として使ってみるのにぴったりですね。

プリペイド型の格安SIMは短い期間使いたい人におすすめ!

 (730)

プリペイド型の格安SIMでは面倒な手続きや本人確認がないため誰でもすぐにスマホを使うことができます。

さらに、出張や旅行などで、短期間スマホを持ちたいという人にもおすすめです。料金は通常の格安SIMに比べると少しだけ割高ですが、自動販売機や家電量販店で使いたいときにすぐに購入できるのは手軽ですね。

お試し感覚で使ってみてはいかがでしょうか。使ってみて格安SIMが気に入れば、通常の格安SIMに乗り換えることも検討してみてもいいかもしれません。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

43 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

格安SIMでも無料で通話! なるべく電話を安くかける方法は?

格安SIMでも無料で通話! なるべく電話を安くかける方法は?

格安SIMでも、アプリを使えば無料通話ができるって知っていますか? かけ放題や電話料金割引オプションも充実しているので、実は格安SIMの通話サービスって安いんです。今回の記事では、できるだけ安く通話する方法を教えちゃいます!
格安SIMでも速度制限なし? 使い放題プランを比較してみた!

格安SIMでも速度制限なし? 使い放題プランを比較してみた!

「月間データ容量による速度制限なし」の格安SIMがあるのはご存知ですか? LTEの高速通信使い放題のプランのほか、動画やSNSなど特定のサービスがお得に使えるプランも。たくさんインターネットを使いたい方におすすめの使い放題プランをまとめて比較しました!
格安SIMのプランをデータ量別に料金比較! 安い料金でお得に契約しよう

格安SIMのプランをデータ量別に料金比較! 安い料金でお得に契約しよう

少しでも安く格安SIMを利用したいなら契約前の料金比較が大切。格安SIMの月額料金は同じデータ量のプランでもMVNOによって異なります。そこで、この記事では格安SIMのデータ量別に安い料金のMVNOをまとめてみました。自分の必要なデータ量を確認、プランを比較してピッタリの格安SIMを見つけましょう。
格安SIMの選び方のコツ♪ 迷わず自分に合うプランを選ぶ方法!

格安SIMの選び方のコツ♪ 迷わず自分に合うプランを選ぶ方法!

格安SIMには本当に多くのプランやオプションがあり、選び方に迷ってしまう人もいるでしょう。特に、初めて大手キャリアから格安SIMに乗り換えようと考えている人は検討することも多いはず。そこで、この記事では格安SIMの選び方のコツをご紹介します。ポイントをおさえて自分にあった格安SIMを見つけましょう。
格安スマホは端末のみで買える? SIMなし購入のメリット・デメリット

格安スマホは端末のみで買える? SIMなし購入のメリット・デメリット

格安スマホは端末のみでも購入できます。端末のみで購入するときの注意点や事前に確認することをまとめました。端末のみで購入した格安スマホ向けの保証サービスも紹介。また、端末のみでの購入する場合と格安SIMとセットで購入する場合、それぞれのメリット・デメリットを比較して解説します。

この記事のキーワード

この記事のライター

そらとすまほ編集部 そらとすまほ編集部