2018年3月26日 公開
2018年12月3日 更新

通話のみ格安SIMを使いたい! おすすめプラン5選

格安SIMを通話のみに使う場合、プランは大手キャリアと比べてどのように違うのでしょうか。格安SIMでは使い方にあわせた料金設定が数多く用意されているので、自分に合わせたプランを選ぶことができます。格安SIMで通話のみを使いたい人におすすめのプランをご紹介します。

5,298 view

通話のみ格安SIMを利用したいという人もいるのではないでしょうか。普段からインターネットでのデータ通信をほとんど利用せずに、電話がメインの人もいますよね。このような人の場合でも、格安SIMを使うことでお得になるのでしょうか。

なぜ格安SIMの音声通話のプランを選ぶとお得になるのか、またどんなプランがおすすめなのかをご紹介します。

格安SIMを通話のみに使うのはお得なの?

 (539)

ドコモやauなどの大手キャリアを使っていて一番気になる部分といえば、スマホにかかる月々の維持費の高さですよね。

なかには、電話はよく利用しているけどデータ通信はLINEやネットサーフィン程度しか使わない人もいるのではないでしょうか。そういった人からすると、大手キャリアで毎月かかる7,000〜8,000円のスマホ料金を余計な費用と感じるようになるかもしれません。

それもそのはず、LINEやネットサーフィンぐらいのデータ通信量なら大手キャリアのプランに含まれるデータ通信の容量を大幅に余らせて無駄な料金を支払っている可能性が高いのです。

そんな人は大手キャリアから格安SIMに乗り換えることで、毎月のスマホにかかる費用がかなりお得になります。

なぜなら、格安SIMの場合は料金設定が使い方に応じて細かく分かれているからです。大手キャリアのように「無制限で電話かけ放題」「高速データ通信も無制限」という大ざっぱな分類をしていません。

このように分けると、そんなに使わない人でも無駄な通話料やデータ通信料を支払うことになります。LINEぐらいしか使っていない人に高速データ通信の無制限や大容量プランは必要ないですよね。格安SIMでは、オプションなどを上手に活用すると大手キャリアに比べてかなりお得にスマホを持つことが可能です。

格安SIMの音声通話、品質は大丈夫?

大手キャリアから格安SIMへ乗り換えるときに不安に感じるのが格安SIMの電波状況。いくら安くても電波が悪くて通話が途切れてしまうようでは使い物になりません。特に初めて格安SIMを使おうと考えている人にとっては最も気になる点かもしれません。

しかし、安心してください。格安SIMの通話や通信に使う回線は大手キャリアから借りているため、品質に問題はありません。仕事の通話などにも安心して利用できます。ただし、これは大手キャリアのスマホでも同じですが、地域や場所によっては電波の悪いところがあります。

格安SIMの音声通話の回線の種類

格安SIMの音声通話の回線には3つの種類があります。それぞれの違いをじっくり見ていきましょう。

音声通話

通常の音声通話は大手キャリアと同じ電話回線を使っているものです。格安SIMは大手キャリアから設備を借りて同じ回線を使っているので、電話の品質なども変わらず非常に高いレベルです。音声通話に関して不満に感じることはほとんどありません。プライベートでも仕事でも問題なく使えます。

音声通話(プレフィックス)

音声通話(プレフィックス)は、電話番号の前に「0037-68(楽天でんわの場合)」のようなプレフィックス番号と呼ばれる番号を付けて電話を発信することで利用できるサービスです。相手に通知される電話番号は基本的には090や080で始まるいつもの携帯電話番号です。

プレフィックス通話のサービスを提供する事業者の中継器を通して通話することで、事業者ごとに独自に設定された割安な通話料金が適用されるという仕組み。音声通話用の設備を使用した回線のため、通常の音声通話と遜色がない品質で通話できます。

とはいえ、電話発信前に毎回特定の番号を入力するのは面倒ですよね。格安SIMを提供するMVNOと呼ばれる事業者では自動でプレフィックス通話になる専用のアプリを用意していることがあります。

格安SIMのかけ放題のプランの多くは音声通話(プレフィックス)を採用しているため、専用アプリを使って電話をかけることになっています。

IP電話

IP電話は050ではじまる電話番号で発着信をする電話サービスです。音声通話用の回線ではなくデータ通信用の回線を使って通話を行うため、品質は通常の音声通話やプレフィックスに比べて劣ります。地域や場所によっては、つながりにくくなることもあります。

LINEやSkypeなどでよく通話をしている人なら、同様のサービスだと思うとイメージしやすいでしょう。

今回は、品質の良い「音声通話」「音声通話(プレフィックス)」に絞っておすすめのMVNOを5つ厳選しました。

通話のみで格安SIMを使うならおすすめのMVNO5選

数ある格安SIMの音声通話プランなかでも、特徴のあるサービスを集めてみました。使い方に合うプランがきっとあるはずなので、格安SIMを選ぶ際に参考にしてみてください。

mineo(マイネオ)

プラン名 データ容量 月額
デュアルタイプ(Aプラン) 500MB 1,414円

mineoでは、「デュアルタイプ(Aプラン)」が月額1,414円で提供されています。月額918円のオプション「10分かけ放題」もあるので、短い電話をよくする人にもおすすめです。

楽天モバイル

プラン名 データ容量 月額
ベーシックプラン なし(最大通信速度200kbps) 1,350円

楽天モバイルのベーシックプランは、月額1,350円。オプションで月額918円の「5分かけ放題」プランを追加することができます。

楽天モバイルを使うとポイントが貯まるため、楽天市場など楽天グループのサービスをよく利用している人におすすめです。テレビCMなどでもよく見かける知名度が高いブランドで安心感がありますね。

LINEモバイル(ラインモバイル)

プラン名 データ容量  月額
LINEフリープラン  1GB 1,296円 

LINEモバイルのLINEフリープランは、高速通信のデータ容量1GBが付いて月額1,296円です。さらに、LINEの通信はいくら使ってもデータ通信にカウントされないので使い放題です。

オプションでは月額950円の「10分電話かけ放題」が用意されています。LINEのデータ通信がカウントフリーになるので、LINEをよく使う人におすすめです。

Y!mobile(ワイモバイル)

プラン名 データ容量  月額
スマホプランS  1GB 3,218円 

ワイモバイルのスマホプランSでは月額3,218円です。他の会社のプランに比べて少し割高に感じますが、この料金には10分以内かけ放題が含まれています。

さらにキャンペーンを頻繁に実施しているので、2018年の2月25日時点では「ワンキュッパ割」を利用することで最初の1年間は月額料金が1,000円割引。月額2,138円になります。月額1,080円のオプション「スーパーだれとでも定額」に加入すれば、誰にでも時間も回数も無制限で電話をかけられます。

ロケットモバイル

プラン名 データ容量 月額
神プラン(Dプラン) なし(最大通信速度200kbps) 1,023円

ロケットモバイルの「神プラン(Dプラン)」では月額がなんと1,023円に設定されています。料金プランも非常に分かりやすく、この基本料金と通話した分だけを支払うシステムになっています。通話料金は21.6円/30秒と少し割高ですが、毎月1,000円ちょっとでスマホを持つことができるのは魅力的です。

自分からはあまり電話をかけない人が受ける用にスマホを持っていたいという場合にも良さそうですね。とにかく安くスマホを使いたい人におすすめします。

格安SIMの音声通話のみを利用しスマホ代を上手に節約する!

 (556)

音声通話のみ格安SIMを使いたい人もプランを上手に選べばスマホ料金を大幅に節約できます。大手キャリアの「無制限で電話かけ放題」「高速データ通信も無制限」プランでは利用方法によっては余計な費用を支払っている場合があります。

格安SIMにはさまざまなプランがあるので、自分に合ったものを選ぶことができます。用途に合わせて月々のスマホ料金を上手に節約しましょう!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

39 件

毎月のスマホ代、半額にしませんか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

格安SIMのプランをデータ量別に料金比較! 安い料金でお得に契約しよう

格安SIMのプランをデータ量別に料金比較! 安い料金でお得に契約しよう

少しでも安く格安SIMを利用したいなら契約前の料金比較が大切。格安SIMの月額料金は同じデータ量のプランでもMVNOによって異なります。そこで、この記事では格安SIMのデータ量別に安い料金のMVNOをまとめてみました。自分の必要なデータ量を確認、プランを比較してピッタリの格安SIMを見つけましょう。
格安SIMでiPhone 6sを安く使いたい!  おすすめMVNOを紹介

格安SIMでiPhone 6sを安く使いたい!  おすすめMVNOを紹介

iPhone 6sが動作確認済みのおすすめ格安SIMを徹底比較! 今使っているiPhoneのまま格安SIMに乗り換えもできちゃう。ドコモ回線だけでなく、au、ソフトバンク回線の格安SIMも紹介します。iPhone 6sでテザリングを利用したいときの注意点もあるので、申し込み前にチェックしておきましょう。
「SIMのみ」で契約できるお得な格安SIM・MVNOは?

「SIMのみ」で契約できるお得な格安SIM・MVNOは?

MVNO・格安SIMはSIMのみで契約できるサービスがほとんど。SIMカードだけの契約なら以前利用していたスマホを再利用することで初期費用を抑えたり、自分の好きな機種を用意できるのがおすすめポイントです。メリット・デメリットを確認して、自分に合ったプランを選んでみましょう!
MVNOにデメリットはある? 契約前に知っておきたい10のこと

MVNOにデメリットはある? 契約前に知っておきたい10のこと

MVNOや安いけれどデメリットがあるのでは? と不安な方は多いはず。もちろんMVNOにはメリットだけでなくデメリットもあります。この記事ではMVNOのデメリットとどうすればそれを解消して快適に使えるかを解説しています。これから乗り換える方は事前に確認しておきましょう。
スマホ料金“最安値”を目指す格安スマホ活用術

スマホ料金“最安値”を目指す格安スマホ活用術

格安スマホを最安値で使うには、格安SIMの月額料金やオプション・キャンペーンをしっかり比較しておくことが重要です。中には月額500円以下で使えるプランもあるので、どれだけ安く使えるのか見てみましょう! 契約前にキャンペーンをチェックしておきたい格安SIMも紹介します。

この記事のキーワード

この記事のライター

そらとすまほ編集部 そらとすまほ編集部