2018年3月14日 公開
2019年8月30日 更新

ガラケーで格安SIMを使うメリットはあるの? プランの選び方をチェック

大手キャリアのガラケーを使っている人のなかには「ガラケーのまま使える格安SIMってあるの?」という疑問を感じている人もいるのではないでしょうか。維持費の安さからガラケーを選んでいる人もいると思います。そんな人に向けてガラケーで格安SIMを使う場合のおすすめプランなどをご紹介します!

1,438 view

ガラケーでも使える格安SIMはあるのでしょうか。

格安SIMというと、スマホだけでしか使えないイメージがありますよね。格安SIMはデータ通信が安く、音声通話は割高と言われることが多くあります。

現在ガラケーを使っている人がガラケーのまま格安SIMに買い替えるメリットはあるのでしょうか。気になる月額の基本料金や通話プランなどを比較してご紹介します。

ガラケーで格安SIMは使えるの?

 (459)

現在ガラケーを使っている人の多くは通話料金が安いから使っているのではないでしょうか。ドコモやauなどの大手キャリアでスマホよりも通話料金が安く設定されているガラケーを使っている人やデータ通信用の格安SIMと通話用の大手キャリアのガラケーを2台持ちにしている人もいるかもしれません。

ガラケーを使っている人でも「少しでも安かったら格安SIMに買い替えたい」と考えている人もいるのでは? プランや料金を比較して、少しでも安いほうに変更したいのは当然です。

格安SIMというとやはりスマホのイメージが強いのですが、実はガラケーでも使うことができます。

ガラケーで使う格安SIMプランの選び方

一番気になるのは「料金は安くなるの?」ということですよね。大手キャリアのガラケーから格安SIMのガラケーへの買い替えで料金が高くなっていては、本末転倒です。

ガラケーの場合も、格安SIMのプランはスマホと同じものから選ぶことになります。格安SIMには音声通話対応のプランとデータ通信専用のプランがありますが、ガラケーで通話をメインに利用したい場合は音声通話に対応している格安SIMを選びましょう。

また、プランによっては高速データ通信の容量が3GB程度含まれているものなどもありますが、ガラケーの格安SIMではデータ通信ができない場合があります。

ガラケーと格安SIMではデータ通信が使えない?

ガラケーの格安SIMではデータ通信を行えず、インターネットに接続できない場合があります。ガラケーを使っているのは通話をメインに利用する人が多いので、データ通信はあまり必要がないかもしれませんね。

3G回線専用のガラケーでは通常はインターネットにアクセスできないので注意をしてください。LTE対応やVoLTE対応のガラケーの場合は、データ通信ができる機種もあります。

ガラケーに慣れている人はちょっとした調べ物などでインターネットを利用している人もいるかもしれません。

ですが、もしインターネットを利用するならスマホのほうが画面が大きく見やすいですし、機種代金が安い格安スマホも増えているため、特にガラケーにこだわる必要もないかもしれません。

ガラケーは格安SIMのAPN設定に対応していない

ガラケーのまま格安SIMに変更すると、音声通話とSMS(ショートメッセージサービス)機能は利用できますが、インターネットやEメールは使うことができません。

格安SIMのガラケーでデータ通信ができない理由としては、APN設定の問題があります。

APN設定とは携帯やスマホからデータ通信をするときのネットワーク設定のこと。大手キャリアのガラケーの場合は購入時に既に設定されているものですが、格安SIMのネットワークに接続するためには自分で設定をしなおす必要があります。

しかし、通常はガラケーではAPNの設定ができないので、データ通信も使うことができません。

音声通話が安い! ガラケー向けの格安SIMを紹介

ガラケーでデータ通信を使用しないのであれば、高速データ通信の容量がないプランや容量が少ないプランの格安SIMで十分です。データ通信分は少なくて、その分安く使えるプランだけを厳選しました。

音声通話をメインにガラケーで格安SIMを使いたい人はおすすめのプランの中から選んでみてください。

楽天モバイル

対応プラン 通話料金 月額
ベーシックプラン(通話SIM) 21.6円/30秒  1,350円 

まずは、楽天モバイルのベーシックプランです。

高速データ通信容量がないプランで、通信速度は200Kbpsに制限されます。通話料金は21.6円/30秒ですが、専用アプリの『楽天でんわ』を使えば10.8円/30秒と安価になり、よく電話をかける人にぴったりです。

また、楽天モバイルでは5分以内の国内通話がかけ放題になるオプションも月額918円で利用できます。


オプション 月額 基本料+
オプション合計
楽天でんわ5分かけ放題by楽天モバイル 918円  2,268円

この楽天でんわ5分かけ放題のオプションは、1回の電話の時間が短い人向けのオプションになっています。また、5分を超えた部分はアプリの『楽天でんわ』で10.8円/30秒の通話料になります。


DMM mobile(DMMモバイル)

対応プラン 通話料金 月額
ライト(通話対応SIMプラン) 21.6円/30秒  1,231円 

DMM mobileの通話対応SIMのライトプランでは、業界でも最安値水準の月額1,231円。

とにかく安く格安SIMでガラケーを使いたい人におすすめします。通話料金は30秒で21.6円ですが、DMMが提供する『DMMトーク』を利用して通話料を半額にできます。維持費をとにかく抑えたい人に選んでほしい格安SIMです。


オプション 月額 基本料+
オプション合計 
10分かけ放題  918円  2,149円

DMM mobileでは、DMMトークからの通話が10分かけ放題になるオプションを月額918円で提供しています。このオプションに加入すれば10分以内の国内通話がかけ放題になります。10分を超えた部分は『DMMトーク』の10.8円/30秒の通話料となります。

OCN モバイル ONE

対応プラン 通話料金 月額
110MB/日コース(音声対応SIM)  21.6円/30秒  1,728円 

OCN モバイル ONEで最も安いプランを選択すると月額1,728円。他の格安SIMと異なり、月間ではなく1日の高速データ通信容量が決められているプランです。

通話料金は他の格安SIMと同様に21.6円/30秒、『OCNでんわ』のサービスを利用すると半額の10.8円/30秒となります。OCN モバイル ONEでは特徴的なかけ放題オプションを用意しています。


オプション 月額 基本料+
オプション合計 
トップ3かけ放題  918円  2,646円

月額918円で10分以内の国内通話がかけ放題になる他社と同様のオプションもありますが、特徴的なのはよく電話をする3人との通話が時間無制限でかけ放題になるトップ3かけ放題。

月額918円で、その月に電話をした時間の長い上位の3人との通話料金が無料になるものです。家族や恋人など決まった人との電話が多い人におすすめのオプションです。

この2つのオプションをあわせて月額1,404円のかけ放題ダブルもあります。オプションの対象外の通話料金は『OCNでんわ』で10.8円/30秒となります。

ドコモのガラケーのプランとの比較

比較のためにドコモのガラケー向けの料金プランを見てみましょう。現在、大手キャリアでガラケーを使っている人は、格安SIMとの音声通話プランとの違いをチェックして、どちらの料金が安いかなどを参考にしてみてください。


対応プラン 通話料金 月額
シンプルプラン 21.6円/30秒 1,058円(2年契約なし2,678円)
カケホーダイライトプラン 5分以内かけ放題・5分超過で21.6円/30秒 1,296円(2年契約なし2,916円)
カケホーダイプラン 無制限のかけ放題 2,376円(2年契約なし3,996円)

音声通話のみを目的としている人の場合、ガラケーを格安SIMにするよりも大手キャリアの携帯を使っていたほうが安い場合もあります。

ただし、デメリットは2年契約をしないとグンと料金が跳ねあがること。格安SIMでも音声通話つきのプランは6カ月〜1年程度の最低利用期間が設定されていることが多いのですが、大手キャリアは2年契約でしかも自動で更新されてしまうことがほとんど。自由に解約をしにくい契約になっています。

料金面で見ると、大手キャリアでもガラケー向けに5分以内のかけ放題や無制限のかけ放題などを格安SIMとほとんど変わらない料金で提供しています。ガラケーのまま格安SIMに変更するのは、そこまでメリットが大きいとは言えないかもしれません。

でも、音声通話の利用がメインと考えている人は大手キャリアのガラケーのままでいいのかというと、実はそういうわけではありません。

ガラケーから格安SIMとスマホへの乗り換えがおすすめ

 (474)

より快適&便利に格安SIMを使うならガラケーのまま格安SIMに変えるよりも、乗り換える際にスマホに変更することをおすすめします。ガラケーのままでは格安SIMでデータ通信ができない場合が多いのですが、データ通信の安さこそが格安SIMの一番のメリットです。さらに、音声通話ももちろんスマホで問題なく使えます。

この記事でご紹介した格安SIMのプランでも、もちろん音声通話だけではなくLINEやインターネットの検索などを使うことができます。

せっかくデータ通信が安く使える格安SIMに変えるのですから、一緒にスマホに変更することでこれまでと変わらない料金でより便利に音声通話用の携帯を持ちたいと考えている人は、ガラケーではなくスマホで格安SIMを検討してみてください!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2018年冬】人気のSIM(シム)フリースマホを一挙紹介

【2018年冬】人気のSIM(シム)フリースマホを一挙紹介

SIMフリースマホには多くの機種がありますが、初めて格安SIMに乗り換えるときにはどれがいいか迷ってしまいますよね。そこで、スマホ選びに悩んでいる方におすすめしたい人気のSIMフリースマホを選んでみました。SIMフリースマホの選び方、人気機種を使うメリットもまとめて紹介します。機種選びで迷ったらチェックしてみて!
ドコモ(docomo)回線で使えるSIMフリースマホのおすすめは?

ドコモ(docomo)回線で使えるSIMフリースマホのおすすめは?

SIMフリースマホの種類はたくさんあり、スマホに詳しくないと選ぶのはなかなか難しいのではないでしょうか。そこで、ドコモ(docomo)回線で使えるおすすめのSIMフリースマホを編集部が厳選しました。ドコモ(docomo)回線の格安SIMへの乗り換えで、機種に迷っているならこの記事を読んでみて。
格安スマホを契約するメリット・デメリットは? 申込前に確認すべきこと

格安スマホを契約するメリット・デメリットは? 申込前に確認すべきこと

格安スマホを契約するメリット・デメリットは何でしょうか? 格安スマホの契約前に確認しておきたいこと、注意しておきたいことをまとめてみました。格安スマホを契約すべき最大の理由は月額料金の「安さ」と、選べる「柔軟性」。どんなサービスがあるのかを比較して自分にぴったりな格安スマホを契約しましょう。
格安SIMでiPhone 6sを安く使いたい!  おすすめMVNOを紹介

格安SIMでiPhone 6sを安く使いたい!  おすすめMVNOを紹介

iPhone 6sが動作確認済みのおすすめ格安SIMを徹底比較! 今使っているiPhoneのまま格安SIMに乗り換えもできちゃう。ドコモ回線だけでなく、au、ソフトバンク回線の格安SIMも紹介します。iPhone 6sでテザリングを利用したいときの注意点もあるので、申し込み前にチェックしておきましょう。
「SIMのみ」で契約できるお得な格安SIM・MVNOは?

「SIMのみ」で契約できるお得な格安SIM・MVNOは?

MVNO・格安SIMはSIMのみで契約できるサービスがほとんど。SIMカードだけの契約なら以前利用していたスマホを再利用することで初期費用を抑えたり、自分の好きな機種を用意できるのがおすすめポイントです。メリット・デメリットを確認して、自分に合ったプランを選んでみましょう!

この記事のキーワード

この記事のライター

そらとすまほ編集部 そらとすまほ編集部