2018年3月1日 公開
2018年9月26日 更新

格安SIMでLINEは使える? 使えない機能と知っておきたい設定

格安SIMで、LINEのサービスは使えるのでしょうか。今やLINEはほとんどの人が利用しているサービスです。格安SIMに大手キャリアから乗り換えて「後悔」してしまうより、事前にしっかりとした対応をするこで問題は解決することが可能です。契約の前の確認が大切です!

1,341 view

格安SIMにしてみたいけど、「LINEって使えるの?」と疑問に思う人もいるのではないでしょうか。現在ではLINEは必要不可欠なサービスなので、格安SIMに変更してLINEが使えなかったらショックですよね。

もちろん、格安SIMでもLINEを使うことができます。ただ、使用するときに注意したほうがいい点もあるので、契約する前に確認しておきましょう。

格安SIMで使用できないLINE機能は?

 (151)

ドコモ、au、ソフトバンクのような大手キャリアでは普通に使用できて、格安SIMでは使用できないLINE機能について、ご紹介します。

大手キャリアから乗り換える前に知っておくことで変えてから困りません。使用できない機能もありますが、代替案もお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

LINEのすべての機能を使うには年齢認証が必要

格安SIMでは、LINEの年齢認証をすることができません。これは、LINEの年齢認証をするシステムが大手キャリアの契約内容を利用しているためです。

格安SIMを販売しているMVNOには、LINEのシステムがまだ対応していないのです。

でも、大丈夫。年齢認証ができなくても、ほとんどの機能は使えるんです。格安SIMでLINEを使おうと考えている人には、年齢認証ができないことによって「格安SIMで使用できない機能」が気になりますよね。

ID検索ができない

格安SIMで使えないLINEの機能としては、友達を追加するときの「ID検索」です。

なぜID検索ができないかと言うと、未成年保護のため18歳未満の利用者や年齢確認ができない利用者についてはLINEがID検索機能を制限しているからです。

格安SIMでは「年齢認証」ができないため、ID検索もできないというわけなのです。しかし他の機能を使って友達を追加することはできます!

格安SIMのLINEでID検索ができないときの友達追加方法

格安SIMではLINEの「ID検索」が使用できません。でも、これだけで格安SIMを諦めてしまわないで! なぜなら他にも友達追加をする方法がいくつもあるためです。

これからご紹介する方法で、友達を追加するときなども問題なく利用できますよ。

格安SIMのLINEでID検索の代わりにできること①:ふるふる・QRコードを使う

LINEの友達追加方法のなかでも特に簡単なのはこれ。近くにいる友達を追加するときには「ふるふる」か「QRコード」を使用します。

ふるふるとは、その名の通りスマホを振って友達追加する方法です。LINEアプリの友達追加画面でふるふるを選んで、あとは一緒にスマホを振るだけ。追加したい友達が画面に表示されます。

QRコードで友達追加をする場合は、LINEアプリの友達追加画面でQRコードを表示、追加したい人がそれを読み取ればOKです。

格安SIMのLINEでID検索の代わりにできること②:QRコードとリンクを送信

ID検索ができなくて困るのは、遠くの人を友達に追加するとき。そんなときに便利なのはQRコードの共有機能です。

近くにいる友達を追加するときと同様にQRコードを画面に表示させた後に、共有またはメールで送信をする機能があります。

メールアドレスを知っている人ならメールで、それ以外の人にもSNSのメッセージなどを利用して送信できます。QRコードと一緒に友達登録用のURLも送られるので、そこにアクセスして友達登録をすることもできます。

格安SIMのLINEでID検索の代わりにできること③:パソコン版で試してみる

スマホではID検索ができませんが、実はパソコン版のLINEではID検索できる場合があるのです。スマホのLINEでメールアドレスなどのログイン情報を登録すれば、パソコンからもLINEにログインできるようになります。

パソコン用のLINEはMac向けやWindows向けなど複数のバージョンがあります。バージョンにもよりますが、ID検索ができたという人も多くいるので、困ったときは一度パソコンのLINEにもログインして試してみると良さそうです。

格安SIMのLINEで使えない機能「ID検索」に対応する方法をご紹介しました。もちろん、他の機能については大手キャリアと同じように使えます。上手に対応することで、格安SIMで使用できないID検索の機能も問題ありませんね!

格安SIMに変更する前のLINEの準備と設定方法

大手キャリアから格安SIMへ変更する前にLINEで必要な準備と、格安SIMに替えてからのLINEの設定方法をご紹介します。特に、大手キャリアから格安SIMに変更する前のLINE設定はとても大切です。

格安SIMに変更する前に準備するLINEの設定

格安SIMに機種変更しても、LINEのアカウントはそのまま引き継ぎたいですよね。乗り換える前にやるべきことをチェックしておきましょう。

格安SIMに変更する前に、絶対に準備しておかなければいけないことがあります。それは、メールアドレスかFacebook(フェイスブック)のアカウントを自分のLINEアカウントに登録することです。2つのうち、どちらか1つを設定するだけで大丈夫です。

Facebook(フェイスブック)アカウントでLINEにログインするのは抵抗がある人もいるのではないでしょうか。Facebook(フェイスブック)とLINEの友達は分けたい、などの理由からメールアドレスで登録している人が多くいます。

特に注意が必要なのはこのメールアドレスです。

格安SIMに変更すると今使っているドコモ、au、ソフトバンクのメールアドレスが使えなくなるため、必ず乗り換える前に確認しておきましょう。設定するメールアドレスは、Googleの無料メールサービスであるGmailなどをおすすめします。

この事前設定を忘れてしまうと、格安SIMに乗り換えたときにアカウントのデータを引き継ぐことができなくなります。乗り換えをする前に大事なトークは念のためにバックアップも取っておくといいかもしれません。

格安SIMでLINEを使用する場合のおすすめのプラン(SMS機能)

格安SIMでLINEを使う場合は、SMS(ショートメッセージサービス)に対応しているかどうかを確認するようにしてください。

SMS対応のプランの場合は、普通のスマホと同様に簡単に登録ができます。「新規登録」から入り「利用規約」に同意すればSMSに認証番号が送信されます。あとはその認証番号を入力すれば登録完了、LINEを使い始めることができます。

この登録の際にFacebook(フェイスブック)認証を選択することもできます。Facebook(フェイスブック)認証の場合、Facebook(フェイスブック)の友人が知り合いかも? に表示される可能性があります。

Facebook(フェイスブック)は仕事の知り合い、LINEはプライベート……などのように使い分けている場合、LINEでの設定にも注意をしないといけません。

格安SIMでLINEを使用する場合、SMS機能は必要

格安SIMを使っている人のほとんどがLINEを使っていると思います。LINEを使うならSMS機能は必要と言えるでしょう。

Facebook(フェイスブック)でのログインに不安を感じる人も多いと思いますし、SMS機能付きのプランのほうが簡単にLINEの登録ができるためです。

また、LINE以外のアプリを使用するときにも登録にSMS機能が必要な場合があります。

格安SIMのプランは主に、次の3つに分けられます。

  • データ通信用SIM(SMSの機能はなしでインターネットやSNS、メールなどの通信のみ)
  • SMS対応SIM(データ通信+SMS機能あり)
  • 音声通話対応SIM(データ通信+SMS機能あり+音声通話)

料金だけをみると、安いのはデータ通信用SIM(SMS対応なし)です。

しかし、SMS機能がついていないため、契約をしてからLINE設定のときなどに困ってしまうことがあります。特に、初めて大手キャリアから格安SIMに変更するという人は、やはりLINEの設定が簡単なSMS機能に対応しているプランがおすすめです。

音声通話対応SIMの場合はSMS機能も使えるようになっています。

LINEをよく使っている人にはLINEモバイル(ラインモバイル)が便利!

LINEモバイル (153)

実は、LINEがサービスを提供している「LINEモバイル(ラインモバイル) 」というMVNOがあります。

このLINEモバイルは、LINEをメインにスマホを使っている人には便利です。LINEモバイルでは、他の格安SIMとは違って「ID検索」もすることができます。

これは、LINEモバイルに申し込みをするときに年齢認証をしているため、他の格安SIMではできないID検索が使用できるようになっています。

しかもLINEモバイルにはLINEの通信を使い放題のLINEフリーのサービスやInstagram(インスタグラム)やTwitter(ツイッター)などのSNSの通信を使い放題コミュニケーションフリープランがあるんです。

LINEを頻繁に使っている人は、LINEモバイルを検討してみてもいいかもしれませんね!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

29 件

毎月のスマホ代、半額にしませんか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

格安SIMでLINE ID検索はできる? 裏ワザも紹介

格安SIMでLINE ID検索はできる? 裏ワザも紹介

LINE ID検索が使える格安SIMがあるのを知っていますか? LINEモバイルを使えば簡単に年齢認証ができるので、18歳以上であればID検索が利用できます。でも、他のSIMカードの場合はどうしたらいいの? LINEで簡単に友だち追加をする方法をまとめて紹介します。
格安スマホでLINEは使える? 引き継ぎやバックアップ方法も紹介!

格安スマホでLINEは使える? 引き継ぎやバックアップ方法も紹介!

格安スマホでもLINEは使えます! この記事ではLINEの新規アカウント登録と引き継ぎ方法、トーク履歴のバックアップから復元方法まで、すべてまとめて解説しちゃいます。LINEユーザーにおすすめの格安SIMもあるので確認してみてください。
MVNO各社の特長を一覧にまとめました! 契約したい格安SIMは?

MVNO各社の特長を一覧にまとめました! 契約したい格安SIMは?

数あるMVNOの中から自分にあった格安SIMを提供している会社を選ぶのは難しいですね。そこで、MVNO各社の特長を一覧で紹介します。魅力的な特長があるMVNOだけを厳選してまとめましたので、これからMVNOで格安SIMの契約を考えている人はぜひチェックしてみてください。
格安SIMと大手キャリアは何が違うの? 初心者にも分かりやすく解説

格安SIMと大手キャリアは何が違うの? 初心者にも分かりやすく解説

格安SIMとドコモやauをはじめとする大手キャリアのどこが違うのか実はよく分からない! そんな疑問はこの記事で解決しましょう。これから格安SIMに乗り換えたいなら知っておきたい格安SIMと大手キャリアの違いやそれぞれのメリット・デメリットを詳しく解説します。
月額1,000円以下のデータ専用格安SIMをまとめて紹介!

月額1,000円以下のデータ専用格安SIMをまとめて紹介!

データ専用の格安SIMなら月額1,000円以下で利用できるのを知っていますか? 携帯電話番号での音声通話には対応していませんが、その分安い料金で手軽に使えて最低利用期間などの縛りがないというメリットがあります。この記事では特にお得な月額1,000円以下のプランに絞って、おすすめのデータ専用格安SIMを紹介します。

この記事のキーワード

この記事のライター

そらとすまほ編集部 そらとすまほ編集部