2018年2月28日 公開
2019年8月30日 更新

格安SIMで口座振替の支払いは可能なの?

格安SIMは口座振替に対応しています! 口座振替ができればクレジットカードがなくてもMVNOに乗り換えができますね。ただし、すべての格安SIMというわけではありません。口座振替ができる格安SIMを比較して、クレジットカードがなくても契約できるMVNOについて詳しく知りましょう。

631 view

格安SIMは口座振替で払えるの? はい、もちろん払えます!ただし、すべての格安SIMが口座振替に対応しているとは限りません。

クレジットカードがなくても契約できる口座振替に対応した格安SIMを紹介します。それぞれの格安SIMを比較してぴったりの格安SIMを選びましょう。

 (88)

口座振替できる格安SIMは?

格安SIMは口座振替ができないと聞いたけれど……。このように、格安SIMにしたいけど、クレジットカードを持っていないなどの理由で乗り換えをためらう人も多いかもしれません。

しかし、今では多くの格安SIMで口座振替の対応がされています。格安SIMを提供するMVNOと呼ばれる事業者の中でも口座振替に対応する会社だけをまとめて紹介します。口座振替の申し込みの方法やプランの特徴などを比較してみましょう。

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEは、安定と信頼でよい評判を得ているMVNO。口座振替にも対応していて、さすが大手という印象です。音声機能付きSIM、またデータ専用SIMのどちらでも口座振替ができます。

口座振替はカスタマーズフロントから申し込みが必要です。電話で口座振替を希望と伝えましょう。口座振替の申込用紙に記入して受理されるまで時間がかかるので、SIMを実際に利用できるようになるまでに余裕が必要かも。

OCN モバイル ONEのSIMプランの特徴は日単位のデータ量と月単位のデータ量のプランがあるのこと。日単位のプランは、毎日コンスタントにデータ量を使用する人におすすめです。

1カ月が31日ある月も、「最終日にデータ量が足りない!」なんて困ることもなさそうです。大容量プランも用意されているので、動画を見たり音楽を聞きたい、ゲームをたくさん楽しみたいという人にも対応できます。

  • 音声SIMとデータSIMの両方で口座振替に対応している
  • 安定と信頼のブランド
  • 日単位のプランや大容量プランなど種類が豊富でどんな人でも選びやすい!

楽天モバイル

知名度の高い格安SIMの楽天モバイルでも口座振替で支払いが可能です。契約者本人名義の銀行口座の引き落としのみ対応しています。引き落としには手数料108円がかかります。

申し込みは楽天モバイルの会員ページのメンバーズステーションから可能で、いつでも支払い方法を変更できるのがうれしいですね。

楽天モバイルでは楽天スーパーポイントと連携できるので、ポイントを貯めたり利用できるのは大きな魅力。

楽天市場でのショッピングや楽天トラベルでの旅行を使う人にはメリットが大きいと言えそうです。スマホのラインナップも豊富で、セットプランもお得なので格安SIMへの乗り換えとあわせて機種を変えたい人にもおすすめ。国内通話5分かけ放題プランがあるので、電話をよくかける人にぴったり。

  • 口座振替にいつでも変更が可能だけれど、引き落としには毎月108円かかる
  • 楽天スーパーポイントの連携によるポイントシステムが魅力的
  • スマホセットがお得で、通話料も5分かけ放題があるので心配なく利用できる

Y!mobile(ワイモバイル)

CMでもよく見かけるY!mobileは、知名度も人気度も高い格安SIM。かわいい猫のふてニャンが印象に残っている人も多いのでは?

ソフトバンクが運営している通信事業者なので、ドコモやauといった大手携帯キャリアの仕組みに近いサービスを提供しています。口座振替ができるのも、うなずけますね。銀行やPay-easy(ペイジー)に対応している金融機関からの引き落としが可能です。

口座振替の申込は電話からまたは会員ページのMyY!mobileにログイン後メニューからできます。Y!mobileには実店舗も用意されているので、店舗にて即日でも口座振替の手続きができます。

店舗ではキャッシュカード・本人確認書類を提示するだけで、口座振替依頼書や金融機関の届け印などが必要なく、とても便利。すべての店舗で申し込めるわけではないので、お店に行く前に確認しましょう。

Y!mobileのプランは、通話面でもアシストが付いたセットプランがあります。時間・回数ともに無制限のかけ放題プランを提供するサービスはあまりないので、通話をよくする人にとっては圧倒的にお得と言えるでしょう。

他の格安SIMではドコモより安い反面、ネット環境が不安定になることも珍しくありませんが、このY!mobileでは通信の安定性でもキャリアにそん色ないサービスが受けられるのも魅力です。

  • 電話・MyYmobile・全国に多くある実店舗での即日手続きが可能
  • キャリアに近いプランやサービスを受けられる
  • 時間・回数ともに無制限の電話かけ放題オプションがある

UQモバイル(ユーキューモバイル)

auと同じKDDIグループのUQコミュニケーションズが提供するUQモバイルもY!mobileのように大手の携帯キャリアに近い感覚で利用できる格安SIMです。口座振替ももちろん対応。クレジットカードか口座振替のどちらかから支払い方法を選ぶことができます

会員ページのMyUQからの申込が可能ですが、一部の金融機関は預金口座振替依頼書に記入して送付が必要です。また、家族名義の口座から振替をする場合、UQモバイルの店頭で契約者と支払者の家族証明書を提出する必要があります。

UQモバイルのプランにもデータ量も通話も込みになったセットプランがあり、大手の携帯キャリアのようなシステムを割安で使えるお得さが売りです。格安SIMの中では安定して速い通信速度であることが大きな魅力。

  • サイトから口座振替の手続きが可能
  • キャリアに近いプランやサービスを受けられる
  • 格安SIMの中でも安定した速い通信速度がメリット

BIGLOBEモバイル(ビッグローブSIM)


BIGLOBEモバイルは格安SIMのサービスが始まった頃から評判の良いMVNOです。口座振替は条件によって可能です。

音声通話に対応した格安SIMとメールやインターネットなどだけが利用できるデータ通信専用の格安SIMがありますが、BIGLOBE会員でない場合はデータ通信専用SIMのみ口座振替ができます。

BIGLOBE会員は自宅のインターネットなどで光回線を利用している場合、登録されている支払方法で格安SIMの料金も支払えます。そのほかのBIGLOBE会員はSIMのみであれば現在の会員情報に登録されている支払い方法で格安SIM料金を支払えます。

スマホも一緒に購入できるスマホセットを申し込む場合には、本人名義のクレジットカードでしか支払えないので注意しましょう。

また、自宅で光回線を利用していたとしても、「コミュファ光」および「BIGLOBE光パックNeo with フレッツ」「BIGLOBE 光 with フレッツ」以外のフレッツ光を利用している場合は適用されないので、まずは自分の契約内容をよく確認してから申し込むほうがよいでしょう。

  • 口座振替は条件次第で可能なので要確認
  • BIGLOBEのWi-Fiスポットが利用できるのがメリット

X-mobile(エックスモバイル)

X-mobileは通話をメインに利用したい人にぴったりの格安SIMで、こちらも口座振替で支払いできます。音声通話に対応した格安SIMはもちらん、インターネットやメール、SNSなどのデータ通信専用のSIMでも口座振替が可能です。

X-mobileのプランには5分以内のかけ放題と、通話が無制限に利用できる「かけ放題フル」というプランがあります。

時間制限のあるかけ放題は他社にも多く存在しているのですが、無制限で通話ができるプランは現段階でこのX-mobileとY!mobileにしかありません。月額料金をY!mobileよりもさらに抑えながらたくさんおしゃべりしたい!という人はチェックしておきたいサービスです。

  • 口座振替はデータ専用SIM・音声通話SIMどちらでも利用できる
  • 完全かけ放題のある通話に強いプランが特長

@モバイルくん。

ほかの会社には見つけることのできない独特なプランが用意されている@モバイルくん。も口座振替に対応しています。

ただし音声通話用のSIMはクレジットカードしか使えず、データSIMのみ口座振替が可能です。

使いたいときに使う分だけチャージでき、使えば使うほどチャージ金額が安くなる「もっと使ったぶ~んだけプラン」など独創的なプランがあるので、今までのスタンダードなSIMプランとは一味違うものを求める方は要チェックです。使用量に波がある人にもおすすめですね。

  • 口座振替はデータ専用SIMだけ対応
  • 他社にはない独創的なプラン

口座振替・クレジットカード以外の支払い方法ができる格安SIMはある?

TikiTiki(Tikimo)

最後に紹介したいのは、口座振替ではなくゆうちょ・コンビニ振り込みが可能なTikiTikiのSIM。

すべてのプランで対応しているわけではなく、ドコモ回線となるタイプDの、データ専用SIMで、しかも年契約一括前払いをする場合にだけ選択できる支払い方法となっています。

データ量をシェアして分け合いたい場合も5枚までSIMカードを追加でき、10GBの大容量プランはコスパに優れた値段になっているので家族で同じプランを分け合ったり、スマホを何台か持っている人におすすめです。

  • 口座振替ではないが、ゆうちょ・コンビニ振込が可能
  • ゆうちょ・コンビニ振込ができるプランは限られるので要注意
  • シェアプランはコスパが良く、5枚までSIMを追加できる

格安SIMも口座振替ができる!

クレジットカードがなくても、口座振替が可能な格安SIMならだれでも申し込むことができますね。最後にどの格安SIMで口座振替の支払いが可能だったかまとめて復習しましょう。

  • OCNモバイルONE
  • 楽天モバイル
  • Y!mobile
  • UQモバイル(ユーキューモバイル)
  • BIGLOBEモバイル(ビッグローブSIM)
  • もしもシークス
  • @モバイルくん。

これに加えて、ゆうちょとコンビニ振込がTikiTikiで可能でした。SIM初心者であれば、OCNモバイルONEや楽天モバイルなどの有名どころ、またはセットプランが豊富で店舗もあるY!mobileやUQモバイルなどが使いやすくて良いでしょう。お得な情報は公式サイトからぜひチェックしてみましょう。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

格安SIMでiPhone 6sを安く使いたい!  おすすめMVNOを紹介

格安SIMでiPhone 6sを安く使いたい!  おすすめMVNOを紹介

iPhone 6sが動作確認済みのおすすめ格安SIMを徹底比較! 今使っているiPhoneのまま格安SIMに乗り換えもできちゃう。ドコモ回線だけでなく、au、ソフトバンク回線の格安SIMも紹介します。iPhone 6sでテザリングを利用したいときの注意点もあるので、申し込み前にチェックしておきましょう。
「SIMのみ」で契約できるお得な格安SIM・MVNOは?

「SIMのみ」で契約できるお得な格安SIM・MVNOは?

MVNO・格安SIMはSIMのみで契約できるサービスがほとんど。SIMカードだけの契約なら以前利用していたスマホを再利用することで初期費用を抑えたり、自分の好きな機種を用意できるのがおすすめポイントです。メリット・デメリットを確認して、自分に合ったプランを選んでみましょう!
MVNOにデメリットはある? 契約前に知っておきたい10のこと

MVNOにデメリットはある? 契約前に知っておきたい10のこと

MVNOや安いけれどデメリットがあるのでは? と不安な方は多いはず。もちろんMVNOにはメリットだけでなくデメリットもあります。この記事ではMVNOのデメリットとどうすればそれを解消して快適に使えるかを解説しています。これから乗り換える方は事前に確認しておきましょう。
格安SIMの料金を「コンビニ支払い」する裏ワザを紹介!

格安SIMの料金を「コンビニ支払い」する裏ワザを紹介!

格安SIMの料金も「コンビニ払い」できる!? 支払い方法の裏技を紹介します。クレジットカードやデビットカードがなくても実は格安SIMは契約できるので、チェックしておきましょう。あわせてさまざまな支払い方法が使えるMVNO・SIMカードも紹介します。
ドコモ(docomo)から格安スマホへ乗り換えるには? 手順と注意点を紹介

ドコモ(docomo)から格安スマホへ乗り換えるには? 手順と注意点を紹介

ドコモ(docomo)から格安スマホへ乗り換えよう! 電話番号をそのまま引き継ぐ「MNP」の手続きは誰でも簡単なので、初めて乗り換える人も安心です。格安SIMへ移行する前の注意点と対策もまとめたので、事前にしっかり確認してお得な格安スマホに変更しましょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

そらとすまほ編集部 そらとすまほ編集部