2018年3月9日 公開
2019年8月30日 更新

格安SIMに乗り換えてお得にスマホを使いたい! 準備とタイミングは?

格安SIMに大手キャリアから乗り換えを考えている人が増えています。テレビCMなどでも頻繁に放送されていて、知名度が上がったことも影響しているのではないでしょうか。そこで、気になるのが乗り換えに必要な準備とその時期ですよね。これらの疑問に対し、基本から具体例も出してお伝えします!

293 view
auやドコモ、ソフトバンクなどの大手キャリアから格安SIMに乗り換えようと考えている人のなかには、「何から準備をしていいか分からない」という人もいるのではないでしょうか。
初めて格安SIMにチャレンジしてみようと考えている人に向けて、乗り換え前に準備することや乗り換えのベストな時期などについてご紹介します。

格安SIMに大手キャリアから番号そのままで乗り換える

 (194)

大手キャリアから格安SIMへ乗り換えるときは、番号をそのまま乗り換えることができます

これは、一般的にMNP(Mobile Number Portability:携帯電話番号ポータビリティ)と呼ばれています。この制度によって、格安SIMへの変更の敷居が低くなりました。乗り換えるための手数料を数千円支払うことで、簡単に大手キャリアから乗り換えることができます。

また、MNPをせずに新規で格安SIMを購入することももちろんできますが、このときは新しい番号で使うことになります。

格安SIMに乗り換えるベストのタイミングは?

それでは、現在大手キャリアを使っている人が格安SIMに乗り換えるベストなタイミングはいつでしょうか。タイミングを間違えると、せっかくお得に使える格安SIMでも少し損をすることがあります。

損をしないために気をつけたいのは解約時の違約金がかかる時期です。これは大手キャリアが2年縛りと呼ばれる制限を設定しているために発生する違約金です。違約金を支払わなくてもいい時期は更新時期の1~2ヶ月程度の間です。

また、スマホを分割で購入している人は、格安SIMに乗り換えた後も引き続きスマホの機種代金を支払うことになるので注意しましょう。

そのため、格安SIMに乗り換えるのにベストなタイミングはスマホの機種代金の支払い終了後の2年縛りの更新時期です。

しかし、機種代金の支払いや2年縛りの違約金があっても月々の支払いは格安SIMのほうが安いので、長い目で見ると早めに格安SIMに変更したほうがいい場合もあります

毎月の安くなる金額と違約金などの費用を比較して自分に合った乗り換え時期を検討してみてください。

格安SIMと大手キャリアとの違い

乗り換えにあたって気になる大手キャリアと格安SIMの違いを見てみましょう。それぞれの違いをしっかりと知ることで、格安SIMに契約をしてから後悔してしまう……なんていう状況を防げますよ。

料金の安さ

大手キャリアと格安SIMの違いは、分かりやすいところで言えば料金の安さです。一番分かりやすくもあり、格安SIMの最大の魅力でもあります。

大手キャリアと比べると、大きな差があります。「今まで支払っていたスマホ代は何だったんだろう」というぐらいの金額の差があります。

格安SIMの業界でも最安値水準であるDMM mobileのデータ通信のみプランの場合だと、月額500円程度でスマホを持つことができるプランもあります。

どうして格安SIMは料金を抑えることができるかと言いますと、それは大手キャリアから通信回線を借りているためです。自社で回線をつなごうとすると、アンテナや基地局を建設したり、莫大な費用がかかります。大手キャリアから回線をレンタルすることで、これらの費用を抑えています。

さらに、格安SIMはネット上で契約受付やサポートをしている会社が多く、大手キャリアのように実際に店舗を全国各地に出店する必要がない分人件費も安いのです。この経費を節約した分をそのまま料金へと還元しているので、格安SIMは料金が安くなっています。

◆DMM mobileの最安値プラン

プラン名 データ容量 月額
シングルコースライト なし(最大通信速度200Kbps) 475円

キャリアのメールアドレスが使えない

キャリアのメールアドレスとは携帯会社から発行される「~@docomo.ne.jp」などのようなメールアドレスのことをいいます。

格安SIMへ変更すると、この大手キャリアのメールアドレスが使えなくなります。そのためGoogleが提供している無料メールアドレスのGmailなどを使うことになります。

ただ、最近ではLINEでのやり取りが多くなっているので、そもそも大手キャリアのメールアドレスを使用していないという人も多いのではないでしょうか。また、格安SIMを販売しているMVNOのなかには大手キャリアと同じようなメールサービスを提供しているところもあります。

格安SIMにはさまざまなプランやオプションがある

格安SIMでは、それぞれの人の使い方に合わせて多くのプランやオプションが設定されています。このように細かく分類することによって、ムダな支払いを抑えることができます。大手キャリアの場合は電話もかけ放題でネットのデータ通信も定額で無制限のプランが多いですよね。

しかし、その電話のかけ放題やデータ通信の定額料金が高く設定されています。データ通信も電話もそこまで使っていなくても定額の料金を支払っているので、スマホ代が割高になってしまう傾向があります。

その点、格安SIMでは、さまざまな料金設定が細かく分類されています。データ通信も1GBごとに設定されていたり、音声通話も利用頻度に合わせたプランなど自由に選択することができます。

どれぐらい通話をするか、どれぐらいインターネットやメールでデータ通信をするかで自分にぴったりなプランを無駄なく選べます。

格安SIMに乗り換える前に準備することは?

具体的にどのような準備をしたらいいのか。そして、どのようなMVNOを選んだほうがいいのかをご紹介します。

Gmailなどのメールアドレスを友達などに伝えておく

乗り換える前に準備することは、まずは新しいメールアドレスを準備して友達や家族に伝えること。それまでの携帯メールアドレスが使えなくなるので、Gmailなどのメールアドレスを先に作成して知り合いに伝えておいたほうがいいです。

人によっては迷惑メール対策でPCからのメールの受け取りを拒否している人もいるため、携帯メールで事前に連絡をしておかないと格安SIMに乗り換えてから送ったメールが相手に届かず見てもらえないことがあります。

そのため、乗り換える前に携帯のメールアドレスからGmailなどの次に使うメールアドレスを知らせておきましょう。

サポート体制が整っているMVNOを選ぶ

初めて大手キャリアから格安SIMに乗り換えようと考えている人は分からないことも多いのでは。格安SIMを提供する事業者をMVNOと呼びます。

初めての乗り換えならサポート体制が整っているMVNOを選ぶことが大切です。電話やチャットでのサポート体制が充実していたり、店舗を持っているMVNOもあります。

大手キャリアのように全国各地のあらゆる場所にあるわけではありませんが、ショッピングモール内や大都市を中心に順次店舗を全国に展開している楽天モバイルやUQモバイルのようなMVNOを選ぶと直接質問もできるので安心ですね。

格安SIMに乗り換えるときに気を付けたいこと

格安SIMに乗り換えるときですが、気を付けたいのが空白期間です。以前は、MNPを申し込んでから1週間近く開通作業に時間がかかることもありました。

しかし今はこの開通作業はほぼ即日で終わります。SIMカードを入れ替えてから、開通するまでは数十分程度。この即日開通はほとんどのMVNOで取り入れていますが、購入する前にしっかりと確認してみてください。

また、同時に初期設定の方法も契約した格安SIMのWebサイトを見て事前に確認しておくとスムーズにスマホを使いはじめられます。初期設定は電話サポートや公式ホームページでも分かりやすく説明されているため、初心者でも安心して設定をすることが可能です。

格安SIMへの乗り換えを考え直したほうがいい人は?

今の大手キャリアのメールアドレスをよく使う人で、メールアドレスを変更したくない人は格安SIMに替えないほうがいいかもしれません。

しかし、格安SIMでもY!mobileのように、大手キャリアのメールサービスとほぼ同じ機能を提供しているものもあります。ただ単にメールアドレスが変わるだけなので、今までと同じサービスを受けることができます。ドコモやau、ソフトバンク間での乗り換えと一緒ですね。

そのため、大手キャリアと同様のメールサービスを使いたい人はY!mobileのような格安SIMを選べば、それまでとほぼ変わらずに月々のスマホ代がお得になります。

◆Y!mobileのプラン

プラン名     データ容量  月額   
スマホプランS 2GB 2,138円

格安SIMへの乗り換えで月々のスマホ代を安く抑える!

 (203)

格安SIMに乗り換える前は、それまでのようにスマホを使えるか不安になることもあります。

しかし、正しく理解して自分に合った格安SIMを選択することで、便利につかいながら月々のスマホ代をかなり安く抑えられます。大手キャリアから乗り換えると、まずはその安さに驚くと思いますよ。

格安SIMを販売している会社は数多くあるので、自分に必要なサービスや機能を提供しているのを見分けてお得にスマホを使っていきましょう!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

MVNOに乗り換えの方法を分かりやすく解説します

MVNOに乗り換えの方法を分かりやすく解説します

MVNOに乗り換えて毎月の通信料金を節約したいと思っている人も多いのでは。キャリアと比べるとMVNOには多くのプランやサービスがあり、自分にあったプランに乗り換えれば月額料金が安くなるでしょう。でも、初めての乗り換えは不安……。そんな人のためにMVNOへの乗り換えの手順や注意することを分かりやすくまとめました。
格安スマホへの乗り換えは簡単♪ 注意点と流れを説明します

格安スマホへの乗り換えは簡単♪ 注意点と流れを説明します

格安スマホに乗り換えるとドコモやau、ソフトバンクといったキャリアと比べて毎月の料金を半額以下に抑えられることがあります。気になってはいるものの手続きが面倒で二の足を踏んでいる人も多いのではないでしょうか。そんな人のために、この記事では格安スマホへ乗り換えるときの注意点や流れを簡単に紹介します。
格安スマホでも電話番号をそのまま使いたい! 引き継ぎに必要な手続きは?

格安スマホでも電話番号をそのまま使いたい! 引き継ぎに必要な手続きは?

格安スマホへ乗り換えても電話番号の引き継ぎは可能です。引き継ぎにはMNP予約番号など必要なものがあるので、必要な手続きとあわせて紹介します。格安スマホに変える前に、注意点やプランの比較方法、おすすめのサービスを確認しておきましょう!
auから格安スマホに乗り換えたい……今のスマホはそのまま使えるの?

auから格安スマホに乗り換えたい……今のスマホはそのまま使えるの?

auから格安スマホへの乗り換えならau回線のMVNOがおすすめ。au回線のMVNOを選ぶメリットや、今のスマホのまま乗り換える方法を初心者にもわかりやすく解説します。はじめてauから格安スマホに変えてみようと思っている人は参考にしてみてください。
au回線が使える格安SIMはどこ?おすすめできる7社を一挙公開!

au回線が使える格安SIMはどこ?おすすめできる7社を一挙公開!

auユーザーが格安SIMに乗り換えるなら、au回線が使える格安SIMを選びたいですよね。 でも、実はau回線を提供している格安SIMは希少で、現状ほとんどの格安SIMがドコモ回線を提供しています。 今回は、そんなau回線が使えるおすすめの格安SIMを、7社厳選してご紹介します。 今お持ちのauの端末を、格安SIMに乗り換えて使いたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。 ※掲載している料金は、全て税抜きです。

この記事のキーワード

この記事のライター

そらとすまほ編集部 そらとすまほ編集部