2018年3月9日 公開
2019年8月30日 更新

格安SIMでデビットカードが使えるって本当?

格安SIMの料金の支払いにはデビットカードが使える場合があります。しかしどの格安SIMでも使えるわけではありませんし、デビットカードにも格安SIMで使える傾向が高いものがあるようです。この記事では格安SIMのデビットカードへの対応状況と、格安SIMで使いやすいデビットカードについて解説しています。

2,434 view

デビットカードが使える場合も? mineo(マイネオ)、NifMo(ニフモ)、OCN モバイル ONE、Y!mobile(ワイモバイル)

格安SIMの中にはデビットカードが使えるか使えないかをあいまいにしているところもたくさんあります。

Webでのお申し込みの流れ|mineo(マイネオ) (171)

これは「mineo」のWebでの申し込みの流れを引用したものですが、デビットカードは「ご利用いただけない場合がございます」となっています。これは逆に言えば利用できる場合もあるというようにも読めます。

お支払いについて |格安SIMのNifMo(ニフモ) (174)

「NifMo」もmineoと同様「ご登録いただけない場合があります」という書き方です。

mineo、NifMo両社のカスタマーサポートにさらに詳しい話を聞いてみたところ「どのデビットカードなら使えるかはわからない」「デビットカードを発行している銀行に確認して欲しい」という答えでした。

そこでいくつかのデビットカードを発行している銀行に「mineo(NifMo)で御社のデビットカードは使えますか?」と聞いてみましたが「こちらではわかりかねます」「mineo(NifMo)に聞いてください」という答えが返ってきました。


「OCN モバイル ONE」は公式サイト上にデビットカードについての記載はありませんが、カスタマーズフロント(カスタマーサポート)に確認をしたところ「家電量販店などにある『即日受渡カウンター』で契約をする場合はデビットカードでの登録ができない場合もあるが、電話かWebでの登録であれば登録ができるデビットカードもある」「どのデビットカードが使えるかはわからない」との回答でした。

これらの格安SIMでデビットカードを使いたい場合、使えるかどうかの確認はいても明確な回答が返ってこないため、他に方法がありません。

Y!mobileもOCN モバイル ONE同様公式サイト上にデビットカードについての記載はありません。しかし楽天銀行の公式サイトをみると「公共料金のお支払方法についてのご案内」というところでY!mobileの料金は楽天銀行デビットカードで支払いが可能、となっています。

そのためY!mobileのカスタマーセンターに確認をしたところ「オンラインでの契約手続きではデビットカードは使えないが、ショップでは少なくとも楽天銀行デビットカードは使える」との回答でした。

Y!mobileはOCN モバイル ONEとは逆にWeb上の手続きではダメ、ということです。ショップでも楽天銀行デビットカード以外のデビットカードが使えるかどうかは明らかにされていません。

格安SIMに使えるデビットカードはどれ?

ここまではデビットカードが使える格安SIMを見てきましたが、ここからは逆に「格安SIMに使えるデビットカード」という視点で考えてみたいと思います。

格安SIMで使えるデビットカードは月次決済可能となっているものが多い

「格安SIMで使えた!」という話を聞くデビットカードに共通するのは、デビットカードを発行している銀行の公式サイト上で「公共料金の支払いにも使える」「月額利用料金のお支払いができます」などのように、いわゆる月次決済ができるとされているものが多いのです。

その銀行とは楽天銀行とジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行です。この2つ以外の銀行が発行するデビットカードが月次決済に対応していない、とは言い切れませんが、中には対応していないものもあるようです。

少しでも確実に格安SIMで使えるデビットカードを作りたいのであれば、これらの銀行のVisaデビットカード、JCBデビットカードを作るのが近道といえそうです。

格安SIMでデビットカードの利用がしにくい理由

なぜ格安SIMではデビットカードを利用しにくいのでしょうか。

その理由はデビットカードの特徴にあります。デビットカードは即時決済が特徴の一つですから、もし銀行の預金口座に残高がなければ決済時に決済不能となる=買い物ができない、ということになります。

しかし、携帯電話料金のようなサービスでは毎月必ず利用料金が請求されます。そのときに利用者の銀行口座に残高がないと、請求する側(格安SIM)は利用料金を回収できません。

そうするとサービスを提供する格安SIMの事業者は料金の回収にとても多くの手間を取られます。格安SIMはこの料金の回収漏れ回収漏れ料金を更に回収する手間を嫌うため、デビットカードが使えないところが多いのだと考えられます。

クレジットカード決済の場合は、クレジットカード会社が立て替えて支払いをしています。そのため格安SIMが料金を回収できなくなる可能性は低い、ということになります。

格安SIMでデビットカードを使いたければ楽天モバイルがおすすめ!

デビットカードのあらましと格安SIMで使えるデビットカードについて紹介しました。もしあなたが格安SIMでデビットカードを使いたいと考えているのなら、楽天銀行Visaデビットカードか楽天銀行JCBカードを使って楽天モバイルと契約するというのがベストだと思います。

楽天モバイルは格安SIMの中でも大手ですし、ショッピングモールなどにも積極的にショップを出しています。そのため新規契約やMNP(モバイルナンバーポータビリティ―=携帯電話番号を持ったまま携帯電話会社を乗り換える方法)の際は直接ショップへ出向いて手続きをすることができますし、使っていてわからないことがあってもすぐにスタッフに聞けるという安心感があります。

何よりも楽天銀行デビットカードが確実に使える、という点がポイントです。楽天モバイル以外の格安SIMにしたい、という場合はデビットカードが使える場合もあるmineo、NifMo、OCN モバイル ONEなどを検討することになります。これらの格安SIMで使える可能性が高いデビットカードは月次決済への利用が可能な楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行が発行しているものだと思われます。

これから格安SIMの契約のためにデビットカードを作る人には楽天銀行のデビットカードが最もおすすめ(少なくとも楽天モバイルでは確実に使えるので)で、次いでジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、ということになります。

格安SIMへのデビットカードの対応は変わる場合がありますので、契約前には常に最新の情報をチェックするようにしてくださいね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

55 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

MVNOでデビットカードが使える? クレジットカードなしで契約できる格安SIMまとめ

MVNOでデビットカードが使える? クレジットカードなしで契約できる格安SIMまとめ

クレジットカードなしで格安SIMを契約したいならMVNOの支払いにデビットカードを使いましょう。デビットカードに対応したMVNOならクレジットカードがなくても支払い方法に困りません。毎月の料金の支払いにデビットカードが使えるMVNOをまとめました。
スマホ料金“最安値”を目指す格安スマホ活用術

スマホ料金“最安値”を目指す格安スマホ活用術

格安スマホを最安値で使うには、格安SIMの月額料金やオプション・キャンペーンをしっかり比較しておくことが重要です。中には月額500円以下で使えるプランもあるので、どれだけ安く使えるのか見てみましょう! 契約前にキャンペーンをチェックしておきたい格安SIMも紹介します。
格安SIMのプランをデータ量別に料金比較! 安い料金でお得に契約しよう

格安SIMのプランをデータ量別に料金比較! 安い料金でお得に契約しよう

少しでも安く格安SIMを利用したいなら契約前の料金比較が大切。格安SIMの月額料金は同じデータ量のプランでもMVNOによって異なります。そこで、この記事では格安SIMのデータ量別に安い料金のMVNOをまとめてみました。自分の必要なデータ量を確認、プランを比較してピッタリの格安SIMを見つけましょう。
格安SIMのメリットは? 料金だけじゃありません!

格安SIMのメリットは? 料金だけじゃありません!

格安SIMのメリットは「格安」というだけあってキャリアに比べて月々の料金が安いという点です。しかし格安SIMのメリットは料金の安さだけにとどまりません。この記事では料金の他に2つのメリットを紹介しています。格安SIMを検討している人はぜひ参考にしてください。
格安SIMの最安プランを探そう! 安く契約できるMVNOを紹介♪

格安SIMの最安プランを探そう! 安く契約できるMVNOを紹介♪

普段からそこまでスマホを使わないから格安SIMに乗り換えようと考えている人はいませんか? 今回は格安SIMを最安プランについてまとめてみました。より安くよりお得にスマホを使いたいなら、この記事で安く使えるMVNOの特徴について確認してください。

この記事のキーワード

この記事のライター

そらとすまほ編集部 そらとすまほ編集部