2018年2月28日 公開
2019年8月30日 更新

格安SIMとは? 初心者が分かりにくい部分を丁寧に解説!

スマホを持っていて、「スマホ代」が高いと感じている人も多いのではないでしょうか。そんなときにおすすめしたいのは「格安SIM」。今回は「格安SIMとは何か?」といった基本を初心者の人に分かりやすく丁寧に解説します。格安SIMを選ぶ際にぜひ参考にしてみてください!

379 view
格安SIMという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。しかし、具体的に「格安SIMとは何か?」と聞かれると「よく分からない」という人もいますよね。今回は、これから格安SIMを使ってみたい、または格安SIMについて詳しく知りたいという人に向けて、格安SIMの基本を分かりやすくお伝えします!

格安SIMとは? 基本知識①:SIMカード

 (37)

そもそも「SIMカード」とは、英語で「Subscriber Identity Module Card」と言います。SIMカードとはこの略称です。SIMカードを分かりやすく言うと、「契約者のデータなどが記録されているカード」ということになります。このSIMカードを携帯に入れることで、その携帯で電話をしたりネットに接続することができるようになります。

このSIMカードは、現在使用されているすべてのスマホ(携帯)に入っています。当然ながらドコモ、au、ソフトバンクの大手携帯会社3社のスマホにもSIMカードは入っています。 そこで、大手携帯会社の「SIMカード」と大手携帯会社以外の「SIMカード」を区別するために、大手携帯会社以外の安い通信料金を提供する会社のSIMカードが「格安SIMカード」と呼ばれるようになりました。

また、格安SIMカードだと少し長いので、省略され「格安SIM」と呼ばれるようになっています。 まとめると、SIMカードは携帯を使用するときに必要な情報が入っているもので、大手携帯会社以外のSIMカードのことを「格安SIM」と言います。

それでは、次に気になるのが「大手携帯会社以外」の携帯会社のことですよね。最近はテレビCMでも放送されているので、見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。

格安SIMとは? 基本知識②:MVNO

大手携帯会社以外の携帯販売会社のことをMVNO(エムブイエヌオー)と呼びます。つまり、格安SIMを販売している携帯会社のことです。MVNOとは、英語で「Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)」と言います。

MVNOと大手携帯会社との大きな違いは、MVNOは大手携帯会社から「回線を借りている」ということです。

MVNOは大手携帯会社のように自前でアンテナや基地局などを建設していません。あくまで、大手携帯会社の設備を使って提供される回線を借りている会社です。 そのため、初めて格安SIMを購入する際に心配することの一つ「電波が悪いんじゃ……」という不安ですが、その心配はありません。大手携帯会社の回線を使っているので、大手携帯会社と変わりのない品質になっています。

格安SIMとは? 基本知識③:どうして安くなるの?

それでは、どうして格安SIMは大手の携帯会社と比べて料金が安いのでしょうか。それは上記にも書きましたが、大手携帯会社から回線を借りているからです。

回線を自前で造ろうとすると、莫大な費用が掛かります。アンテナや基地局を全国に造らなければいけません。こういった通信設備を造ったり維持したりする必要がないため、格安SIMは料金を安く抑えることができます。

また、もう一つ格安SIMが安い理由としては、人件費があまりかかっていないということもあります。

これは、大手携帯会社の場合は、街中の至るところに販売ショップが多くありますよね。電気店などにも併設されているところも多いです。そういった販売ショップでは多くの人が働いています。

それに比べて、MVNOはネット上で申し込みから契約まですべてを完結することができます。実際の店舗に掛かる費用が丸ごと必要なくなるため、その分、格安SIMの料金を抑えることができるわけです。 通信設備に掛かる費用と、人件費などの費用が少ないため、MVNOでは格安の料金設定が可能になっています。

格安SIMとは? 基本知識④:SIMカードの種類

また、SIMカードには3つのサイズの種類があります。それは標準SIM、micro SIM、nano SIMと呼ばれる3種類です。覚え方としてSIMカードの大きさは次の通りで、上から順番です。また、上から順番にSIMカードが販売された古い順番でもあります。nano SIMが最新です。

  1. 標準SIM
  2. micro SIM
  3. nano SIM

それぞれの機種に対応しているSIMカードを購入しないと「合わなくて使えない」ことにもなってしまうので、購入する前には、機種とSIMカードが対応しているかも調べないといけません。ちなみに参考としまして、iPhone 5からはnano SIMが使われています。

格安SIMを実際に契約する際には、自分に合ったプランを選択する必要があります。大まかに「データ通信のみ対応プラン」と「音声通話も対応プラン」に分けることができます

格安SIMとは? 基本知識⑤:プラン

●データ通信のみ対応プラン

電話の利用にLINEなどの無料のアプリを使っている人は、このプランと併用することで、スマホ代を非常に安く抑えることができます。普段からあまり電話を利用することがない人や、電話用とデータ通信用の2台持ちを考えている人にはおすすめのプランです。

しかし、110番や119番などの緊急電話に加え、一部のフリーダイヤルへの発信が利用できません。また、SMS通信もできないプランもあるため、契約をする前にしっかりとした確認が必要です。

●音声通話も対応プラン

ネットに加えて、電話も対応しているプランでは、通常の携帯と同じ様に音声通話をすることが可能になっています。もちろん、110やフリーダイヤルなどへの電話もすることができます。ただ、データ通信のみ対応プランと比べると、料金は割高になります。それでも、大手携帯会社と比較すると「格安」であることには変わりありません。

それぞれのプランにはメリットとデメリットがあります。そのため、自分に合った用途でプランを選択する必要があります。

格安SIMとは? 基本知識⑥:2年契約のしばりがない

大手携帯会社の場合、一度契約すると、2年間の契約しばりがあります。解約に関しては非常に厳しいルールが設定されています。しかし、格安SIMだとこの期間が6ヶ月~12ヶ月になっています。大手携帯会社に比べて、解約をしやすいのは非常に大きなメリットです。

もし、サービスやプランに気に入らないところがあった場合、早く解約することが可能です。

また、音声通話を付けていない場合、つまり「データ通信のみ対応プラン」で契約すると、この契約のしばりがない場合がほとんどです。いつでも、自由に、解約することが可能になっています。

そのため、まずは一度「格安SIMを試してみたい」という人はデータ通信のみ対応プランなどを契約して、実際に格安SIMを使用してみてもいいかもしれません。気に入ればそのまま使用し、もし自分に合わなかったらすぐに解約することも可能です。

そして、現在、大手携帯会社を利用していて、格安SIMに変更したいと考えている人は、2年しばりと違約金が発生しない月に解約をすることも大切です。

格安SIMとは? 基本知識⑦:デメリットも抑えておく

上記までは、主に格安SIMのメリットをお伝えしましたが、やはり最後にデメリットもしっかりと抑えておかなくてはいけません。

通信速度がやや遅い

基本的には、普通にネット接続をしたりLINEなどをする分には特に不自由を感じることはないと思いますが、それでも大手携帯会社と比べると、やや遅く感じます。そして、動画を見る場合は、時間帯によってはかなり厳しくなるときもあります。この通信速度は、地域や場所なども含めて考える必要があるので、一概に速い遅いと言い切れることはできません。

キャリアメールが使えない

格安SIMでは「@docomo.ne.jp」といった大手携帯会社のキャリアメールを使うことができません。そのため、Gmailを使用したり、キャリアメールアドレスを維持するためにガラケーなどで安い契約をして、2台持ちにするなどの対応を取る必要があります。MVNOのなかでもオプションでキャリアメールを引き継ぐこともできますが、月々の費用は割高になります。

店舗でのサポートがない

格安SIMを購入して、分からないことがあったときやトラブルが発生したときは自分で対応しなければいけません。しかし、最近では「UQ mobile(UQモバイル)」のように実際に店舗を構えているMVNOも増えています。もし、格安SIMの契約などに不安があるときは実際に店舗があるMVNOを選んだほうがいいかもしれません。

格安SIMを正しく理解して月々のスマホ代を賢く節約する!

 (38)

今回は、「格安SIMとはなにか?」といった基本的なことについてご紹介しました。最後にはデメリットもお伝えしましたが、そのデメリットを上回るだけのメリットが格安SIMには多くあります。特に、流行に敏感な女性の中には一足早く格安SIMのメリットに気づいて大手携帯会社から変更している人もいます。

現在、使用しているスマホの月々の支払いが高いと感じている人は、格安SIMに変更することでスマホ代を節約することができるかもしれません。

自分に必要な用途に合わせて格安SIMを選ぶことで、今まで支払っていたスマホ代は何だったんだと感じるようになると思います。正しく格安SIMについて理解して、上手に利用してみてください!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

オネェの格安SIM道場 ~格安SIM乗り換え特集 初級編~

オネェの格安SIM道場 ~格安SIM乗り換え特集 初級編~

これさえ見れば格安SIMへの乗り換えに必要な事が丸わかり!!「格安SIM道場」のオネェライターの穴宝寺理子が再び登場!ズボラ女子の美咲と一緒に自分に合った格安SIMの選び方をお勉強しましょう! 今回は、初級編! 格安SIMのスマホ本体の準備方法、プランの種類、支払い方法についてまとめました!
格安SIMになぜSMS機能を付けたほうがいいの? 徹底解説

格安SIMになぜSMS機能を付けたほうがいいの? 徹底解説

格安SIMのデータ通信のみプランの場合、SMS機能が付いているプランと付いていないプランがあります。このSMS機能は月額150円程度のオプションですが、メリットが大きいので付けることをおすすめします。なぜ付けたほうが良いのか、そもそもSMS機能とは何なのかを徹底解説します!
月額1,000円以下のデータ専用格安SIMをまとめて紹介!

月額1,000円以下のデータ専用格安SIMをまとめて紹介!

データ専用の格安SIMなら月額1,000円以下で利用できるのを知っていますか? 携帯電話番号での音声通話には対応していませんが、その分安い料金で手軽に使えて最低利用期間などの縛りがないというメリットがあります。この記事では特にお得な月額1,000円以下のプランに絞って、おすすめのデータ専用格安SIMを紹介します。
相性抜群! 格安SIM×ポケットWiFiでコスパ◎なネット環境を作ろう!

相性抜群! 格安SIM×ポケットWiFiでコスパ◎なネット環境を作ろう!

外出中にタブレットやパソコンをWiFiでネットに接続したいけれど、スマホと別にポケットWiFiを契約するのは料金が気になる。そんな人に格安SIMとポケットWiFiを組み合わせて、通信料金を抑えながら快適なネット環境を作る方法を紹介します。モバイルルーターを契約する前に、よりお得な方法を確認してみましょう。
UQモバイルのお得なキャンペーン情報と申し込み方法の手順を解説

UQモバイルのお得なキャンペーン情報と申し込み方法の手順を解説

MMD研究所(モバイルに特化した調査研究機関)の調査で、「総合満足度No.1」を獲得しているUQモバイル。 利用者も増加中ですが、せっかく契約するならお得なキャンペーンを利用したいものです。 期間限定のキャンペーンだけでなく、期間が定められていないキャンペーンも多々あります ので、ぜひチェックしてみてください。 気になるキャンペーンを見つけたら、申込み手順通りに進めることで、インターネットから 簡単に申し込むことができますよ。

この記事のキーワード

この記事のライター

そらとすまほ編集部 そらとすまほ編集部