2018年4月24日 公開
2019年8月30日 更新

格安SIMで大容量データをシェアしてスマホ代を節約♪

格安SIMにはシェアコースと呼ばれる、複数のSIMでデータ容量をシェアできるプランがあります。シェアコースにすると家族でデータ容量をシェアしたり、自分用に複数台のスマホを手軽に使えます。そんなシェアコースを提供しているおすすめのMVNOのプランを徹底解説します。

71 view

格安SIMでは、シェアコースというデータ容量を複数の人で分けて使えるプランがあります。

このプランを利用すれば、1つの契約で家族や自分用の複数のスマホでデータ容量を無駄なく使い切ることが可能です。そんなシェアコースを扱っているおすすめのMVNOについてご紹介します。

格安SIMのデータ容量をシェアするってどういうこと?

 (1659)

格安SIMでは、シェアコースというプランがあります。このプランを選ぶと、自分のデータ容量を他の人や自分の別のスマホでシェアできます。その方法は、追加でSIMを購入しそれを他のスマホに入れるだけです。自分で複数のスマホを使うときや、家族でシェアするときなどに大変役に立ちます。

このように、1つのデータ容量をシェアすることによって、支払いなどの管理がしやすくなります。特に、家族でデータ容量をシェアするときにこの格安SIMのシェアコースを使うととても便利です。家族全体でデータ通信の使う量を決めておくのもいいかもしれません。

もちろんシェアコースは家族用だけでなく、自分のスマホをビジネスとプライベート用で分けたりするときにも使えます。わざわざ2つの契約をすることなく、1つの契約で複数のスマホを持つことができるのがシェアコースの大きなメリット。用途別に合わせて複数のスマホを持つのもアリですよね。

格安SIMのシェアコースの注意点・手数料

格安SIMのシェアコースを使うときの注意点や利用する際にかかる手数料などについてご紹介します。契約をする前にしっかりと確認をしましょう。

スマホが対応しているか確認する

まず基本的なことですが、シェアして使う予定のスマホがSIMカードに対応しているかを確認します。これはシェアコースだけでなく、格安SIMを使うときは必要な確認です。確認の方法は簡単です、購入を予定しているMVNOの公式サイトで確認します。公式サイトでは、その事業者のSIMに対応する端末一覧が掲載されています。

手数料やSIMの枚数を確認する

格安SIMのシェアコースを使うときには、追加するSIMカードに1枚ごとにおよそ数百円から数千円の手数料がかかります。大手キャリアから乗り換えるときはこの手数料も含めて検討しましょう。SIMカード追加の手数料や、追加することでかかる月額料金の合計金額を見て総合的に判断することが大切です。

格安SIMをシェアできるおすすめMVNO

格安SIMのシェアコースがあるMVNOのなかでも、編集部が厳選したおすすめのプランをご紹介します。シェアすることのできるデータ容量や月額料金、そしてSIMの枚数などを確認してみてください。

DMM mobile(DMMモバイル)

プラン名 データ通信SIM(最大)3枚プラン
データ容量 8GB 10GB 15GB 20GB
月額料金 2,138円 2,365円 3,542円 4,298円

 

プラン名 通話対応SIM1枚+データ通信SIM(最大)2枚プラン
データ容量 8GB 10GB 15GB 20GB
月額料金 2,894円 3,121円 4,298円 5,054円

 

プラン名 通話対応SIM2枚+データ通信SIM(最大)1枚プラン
データ容量 8GB 10GB 15GB 20GB
月額料金 3,650円 3,877円 5,054円 5,810円

 

プラン名 通話対応SIM 3枚プラン
データ容量 8GB 10GB 15GB 20GB
月額料金 4,406円 4,633円 5,810円 6,566円

DMM mobileのデータ通信のみのプランは、業界でも最安値の水準になっています。それはシェアコースでも同じことがいえます。とにかく、安いというのが大きな特長です。家族とも十分にシェアすることが可能なデータ容量20GBでも4,298円で、みんなで使えばかなりお得ですよね。20GBなら1人あたり7GB程度は使えるので、普通にWEBサイトを見たりSNSを利用するには十分なデータ量です。

シェアコースではなく、1GB~7GBのシングルコースで契約した後でもSIMを1枚324円/月で追加できます。ただ、この場合にはSIMカード発行手数料が3,240円かかります。

もし1人あたり1GB~7GBのデータ容量で十分なら、まずは8GB~20GBのシェアコースプランで契約してから、利用状況を見て1GB~7GBのプランに変更することをおすすめします。また、データ通信のみのプランではSMSが付かないので、SMS機能を付けるのであれば162円/月が別に必要です。

IIJmio(みおふぉん)

タイプ別 データ通信専用SIM(タイプD)
プラン名 ミニマムスタートプラン
SIM(最大)2枚
ライトスタートプラン
SIM(最大)2枚
ファミリーシェアプラン
SIM(最大)10枚
データ容量 3GB 6GB 10GB
月額料金 972円 1,641円 2,764円

 

タイプ別 音声機能付きSIM(タイプD)
プラン名 ミニマムスタートプラン
SIM(最大)2枚
ライトスタートプラン
SIM(最大)2枚
ファミリーシェアプラン
SIM(最大)5枚
データ容量 3GB 6GB 10GB
月額料金 1,728円 2,397円 3,520円

IIJmioのシェアコースプランの大きな特長としては、シェアできるSIMの数の多さです。「ファミリーシェアプラン」の場合で、データ通信専用ではその数はなんと最大10枚。初めに契約するときに「ファミリーシェアプラン」の場合だと、3枚まで持つことができます。

さらにSIMを追加したいときは、追加手数料として2,160円がかかります。IIJmioでは、とにかく多くのSIMを持つことができるので、自分用に複数台を持ちたい場合や大人数の家族でも問題なくシェアできるようになっています。

エキサイトモバイル

プラン名 エキサイトモバイル定額プラン データ通信(最大3枚)
データ容量 1GB 2GB 3GB 4GB 9GB 20GB 30GB 40GB 50GB
月額料金 1,360円 1,566円 1,814円 2,138円 2,656円 4,838円 7,106円 9,266円 1万1,534円

 

プラン名 エキサイトモバイル最適料金プラン データ通信(最大3枚)
データ容量 100MBまで 500MBまで 1GBまで 2GBまで 3GBまで 4GBまで 5GBまで 6GBまで 7GBまで 8GBまで 9GBまで 10GBまで 11GBまで 12GBまで 13GBまで 14GBまで 15GBまで
月額料金 1,134円 1,188円 1,274円 1,447円 1,674円 1,922円 2,041円 2,106円 2,268円 2,365円 2,570円 2,743円 3,056円 3,348円 3,726円 4,093円 4,298円

エキサイトモバイルの特長は料金プランの多さ。細かく段階的にデータ容量に合わせて料金プランが設定されていることで、少しのデータ容量も無駄にすることはありません。SIMも3枚まで利用できます。

また、もしデータ容量を使い切ったとしても、WEBサイトを見るときの初期読み込みが速くなるバースト機能があります。そのため、データ通信制限がかかった状態でもテキストがメインのサイトなどは比較的スムーズに見ることができます。

また、SMS機能を付ける際には別に151円/月がかかります。音声通話機能は756円/月で付けることも可能になっています。さらに、SIMの3枚コースは最大2枚のSIMを追加することができ、その際は421円が1枚につき追加で必要です。

OCN モバイル ONE

プラン名 データ通信専用SIM(最大5枚)
データ容量 110MB/日 170MB/日 3GB/月 6GB/月 10GB/月 20GB/月 30GB/月 15GB/月(最大通信速度500kbps)
月額料金 972円 1,490円 1,188円 1,566円 2,484円 4,482円 6,534円 1,944円

 

プラン名 データ通信専用SIM 050 plus付き(最大5枚)
データ容量 110MB/日 170MB/日 3GB/月 6GB/月 10GB/月 20GB/月 30GB/月 15GB/月(最大通信速度500kbps)
月額料金 1,134円 1,652円 1,350円 1,728円 2,646円 4,644円 6,696円 2,106円

 

プラン名 音声対応SIM(最大5枚)
データ容量 110MB/日 170MB/日 3GB/月 6GB/月 10GB/月 20GB/月 30GB/月 15GB/月(最大通信速度500kbps)
月額料金 1,728円 2,246円 1,944円 2,322円 3,240円 5,238円 7,290円 2,700円

OCN モバイル ONEでは、最大5枚のSIMを持つことができます。

さらに、データ容量の制限が「日」と「月」ごとに分かれています。1日の大体の利用量が分かれば、1日ごとのプランも選ぶことができます。OCN モバイル ONEの特長は、すべてのプランでシェアができる、とても分かりやすい料金設定。

SMS機能は129円/月で付けることができます。追加SIMはデータ通信のみプランでは432円/月、音声通話SIMでは1,188円/月となっています。

格安SIMのシェアコースで無駄なくお得にスマホを使う♪

 (1678)

今回は、格安SIMのシェアコースについてご紹介しました。1つの契約で、複数の人がスマホを使えるようになるため、スマホ代の支払いや管理もかなりラクになります。

また、データ容量を複数の人で使うので無駄なく使いきることもできます。もちろん、1人で複数台を手軽に持つことができるのも大きなメリットです。格安SIMのシェアコースで複数のスマホをお得に使いこなしましょう!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

格安SIMはデータ通信のみでも契約できる? 賢くスマホを利用する方法とは

格安SIMはデータ通信のみでも契約できる? 賢くスマホを利用する方法とは

格安SIMをは大手キャリアと違い、データ通信のみでも契約ができます。格安SIMの公式サイトを見ていると、データ通信のみのほうが月額料金が安いことに気がつくはず。データ通信のみの格安SIMはどんな使い方をする人に向いているのでしょうか。おすすめのプランもあわせて紹介します!
格安SIMでもシェアプラン! 複数枚SIMを家族/2台目で使ってみよう

格安SIMでもシェアプラン! 複数枚SIMを家族/2台目で使ってみよう

格安SIMでもシェアプランが使えます! 今回はSIMカードを追加して複数枚でデータ容量をシェアできるMVNOや、パケットをあげたりもらったりできるサービスを紹介しますよ♪ 家族での利用やスマホ/タブレットの2台目用に活用してみてください!
格安スマホを契約するメリット・デメリットは? 申込前に確認すべきこと

格安スマホを契約するメリット・デメリットは? 申込前に確認すべきこと

格安スマホを契約するメリット・デメリットは何でしょうか? 格安スマホの契約前に確認しておきたいこと、注意しておきたいことをまとめてみました。格安スマホを契約すべき最大の理由は月額料金の「安さ」と、選べる「柔軟性」。どんなサービスがあるのかを比較して自分にぴったりな格安スマホを契約しましょう。
格安SIMでiPhone 6sを安く使いたい!  おすすめMVNOを紹介

格安SIMでiPhone 6sを安く使いたい!  おすすめMVNOを紹介

iPhone 6sが動作確認済みのおすすめ格安SIMを徹底比較! 今使っているiPhoneのまま格安SIMに乗り換えもできちゃう。ドコモ回線だけでなく、au、ソフトバンク回線の格安SIMも紹介します。iPhone 6sでテザリングを利用したいときの注意点もあるので、申し込み前にチェックしておきましょう。
「SIMのみ」で契約できるお得な格安SIM・MVNOは?

「SIMのみ」で契約できるお得な格安SIM・MVNOは?

MVNO・格安SIMはSIMのみで契約できるサービスがほとんど。SIMカードだけの契約なら以前利用していたスマホを再利用することで初期費用を抑えたり、自分の好きな機種を用意できるのがおすすめポイントです。メリット・デメリットを確認して、自分に合ったプランを選んでみましょう!

この記事のキーワード

この記事のライター

そらとすまほ編集部 そらとすまほ編集部