2018年8月4日 公開
2018年10月1日 更新

MVNOとは? 基本からメリット・デメリット、選び方を紹介

格安SIMについて調べてるとき見かけるMVNOという言葉があります。MVNOとは……? と疑問に思った人はこの記事をチェック! MVNOの意味や読み方、安い理由、おすすめのサービスなどを説明しています。最近はCMでも格安SIMを目にする機会が増えてきました。わからないことは乗り換え前に解決しましょう。

78 view

MVNOとは?

 (6482)

MVNOが普及した理由

MVNOの利用者が増えてきた理由としては、MVNOの通信費用がキャリアに比べると格安であることが挙げられます。以前はキャリアのスマホや回線を利用する以外選択肢がありませんでしたが、海外製の安価なスマホが日本のスマホ業界に進出してきて、機種の購入とあわせて乗り換えても安くなることが多いMVNOも注目されるようになりました。

携帯電話からスマホが主流になったことでより多くのアプリやサービスに対応してきましたが、その分キャリアに支払うデータ通信費用も上がってきました。MVNOは現在800社以上あり、使い方にあわせたさまざまなプランやサービスを提供しています。

キャリアの料金が高いと感じていた人たちも、MVNOが提供する多くの格安SIMから使い方にぴったりなサービスを選択することでキャリアと比べて毎月の通信費が安く抑えられます。

MNOとは? MVNOとは何がちがうの?

MVNOに似た言葉でMNOという言葉があります。MVNOのことを調べていると一緒に登場することが多い言葉です。似ていますが、MVNOとは別の意味を持っています。

MNOとはMobile Network Operator(移動体通信事業者)の略称でエム・エヌ・オーと読みます。移動体通信事業者とはモバイル回線網を自社で用意している事業者のことです。つまり私たちに提供する移動体通信(携帯電話などの通信)の環境を持っている会社のことでドコモやau、ソフトバンク、Y!mobileなどの大手キャリアが当てはまります。

MVNOを選ぶメリットとデメリット

ここからはMVNOを選ぶメリットとデメリットを紹介します。格安SIMを契約する前にMVNOのメリットとデメリットを知っておくことで、契約した後にがっかりせずに済みますよ。

大手キャリアとは違う部分もありますが、最近はデメリットをカバーするさまざまなサービスもあります。乗り換えるときは事前に確認と準備をしておきましょう。

MVNOのメリット

MVNOのメリットは以下のとおりです。

☆月額料金が安い

MVNOの1番のメリットは月額料金が安いこと。MVNOならキャリアと比べて月額料金が半額以下になることも。キャリアの月額料金よりも安くなる理由は先述したとおり、キャリアから回線を借りているからです。

また店舗を構えているMVNOもありますが、オンラインでの契約やサポートがメインの場合が多く、店舗に必要なコストが抑えられている場合も多いでしょう。

またキャリアに比べて提供するオプションサービスも限定されていることが多く、コストを削減しながら安くサービスを提供できているのです。

☆プランが豊富

MVNOでは、キャリアと比べて用意されているプランの種類が多くなっています。高速通信を利用できる容量が少なくても良い人向けの500MBからたくさん高速通信を利用したい人向けの10MB以上のプランまで幅広いプランを取り扱っているので、自分の使い方に合わせたプランを選べます

すべての人が使い放題で高額な月額料金を支払うのではなく、自分が必要な量のプランを選択できるのも月額料金が安くなる理由の1つです。

たとえば動画やアプリを楽しむときは家のWiFiにつなぐ人であれば1GBから3GBのプランで十分でしょうし、動画の閲覧やテザリングも使う人であれば10GB以上のプランを選べば通信制限での悩みがなくなるでしょう。MVNOでは自分にあったプランを選びやすいですし、通信容量が足りないと思ったらネット上でプラン変更が簡単にできるというのもポイントです。

☆縛りが少ない

キャリアの契約では2年縛りが多いため、更新月以外に解約すると違約金が必要です。そのためほとんどの人がスマホの変更やキャリアの変更は2年のスパンで行っていると思います。MVNOはキャリアと比べて縛りがゆるくなっているので、2年ごとの変更にこだわる必要はありません。

MVNOで音声SIMを契約した場合は、通常は1年間の最低利用期間を設けているところが多いです。自動更新ではないことが多く、1年経てばそれ以降はいつ解約しても違約金が発生しないところがほとんどです。期間や違約金については各MVNOで取り決めが違うので、契約前には必ず確認しましょう。データ通信のみのSIMでは最低利用期間がないことが多いのでいつでも、変更や解約が可能です。

MVNOのデメリット

次にデメリットについても知っておきましょう。デメリットも事前に知っておくことで契約してから「こんなはずじゃなかったのに」と思うことがなくなります。

☆MVNOによって通信速度がちがう

MVNOはキャリアの回線を借りて利用しているため、エリアや電波の入り方は基本的に同じです。しかし、スマホを使うときの通信速度は同じキャリアの回線を利用していてもMVNOによって変わってきます。借りている通信回線の大きさ(帯域幅などともいわれます)と利用者数が通信速度には大きく影響します。

キャリアから借りている回線には限りがあります。そのため、一度に多くの人が利用して混雑すると通信が遅くなることがあります。特に昼休みの時間帯である平日の昼間や学校や仕事から帰宅する夕方に通信速度が低下するMVNOが多い傾向にあります。

もちろん回線を増強すれば改善されるのですが、ただ増やすだけではその分コストがかかり料金が上がってしまいます。安い料金でサービスを提供するため、MVNOでは利用する時間帯を分散させるような工夫などを行っています。

☆キャリアであった機能が使えないことがある

MVNOはキャリアで使えていたサービスが使えないことがあります。たとえばキャリアメールアドレスもMVNOでは使えない場合があります。ドコモの@docomo.ne.jpやauの@ezweb.ne.jpやソフトバンクの@softbank.ne.jpのようなメールアドレスがないMVNOがあります。

一部のMVNOではメールアドレスを提供している場合がありますが、NVNO契約者の多くはGmailなどのフリーメールを利用しています。

また最近はスマホでネットショッピングを楽しむ人も多いと思いますが、MVNOでは一部を除いてキャリア決済は使えないことがほとんどです。アプリの課金などにはキャリア決済が使える場合もありますが、基本的にはクレジットカードなど別の支払方法を用意しておくと便利でしょう。

☆選択肢が多く初心者には難しいかも

MVNOは店舗がないことが多く、契約やプラン変更などは自分でオンライン上の手続きをする必要があります。そのため自分に必要な通信容量などを把握しておかなくてはなりません。ある程度自分で情報を調べることができる人ではないとMVNOに乗り換えることをためらうかもしれません。

しかし、最近はMVNOの公式サイトで料金シミュレーションが用意されていたりチャットサポートが用意されているので、気軽にわからないことを相談してから契約することができるようになりました。

また店舗があるMVNOもあるので、不安な人はそういった会社を選んで契約するといいでしょう。

MVNOの選び方は?

MVNOのメリットとデメリットを知ったあとはMVNOの選び方も知っていきましょう。MVNOの選び方を知っておくと、自分でMVNOを選びやすくなります。

価格を重視する

MVNOを選ぶとき、価格は大切です。MVNOに乗り換えたいときの理由の1つに価格があるでしょう。3GBの通信容量のプランでも会社によって料金は異なります。

MVNOに乗り換えるのであれば、月額料金を安くすることを目的にしている人も多いのではないでしょうか。MVNOによって通信容量が少ないプランが安いところや、通信容量が多いプランがお得なところなど、MVNOによってさまざまな特徴があるので自分にあったMVNOを見つけましょう

オプションを重視する

MVNOでは会社によって用意されているオプションがちがいます。通話をたくさんしたい人はかけ放題オプションが用意されているMVNOがいいでしょう。SNSをたくさんしたい人はSNSの通信が使い放題のオプションが用意されているMVNOがおすすめです。

プランによっては無料でWiFiサービスを利用できるMVNOもあります。自分がよく使う機能がお得に利用できるオプションがあるMVNOを探してみましょう。

初心者におすすめのMVNO

最後に初心者におすすめのMVNOを紹介します。ここまでのメリット・デメリットを考えた上で、格安SIMが初めてだという場合でも安心できるMVNOを厳選しました。

mineo(マイネオ)

mineoはCMでも見る機会が多いMVNOです。mineoはauとドコモの回線を用意しているMVNOで、どちらのキャリアからの乗り換えでも同じエリアで使えます。

またmineoはmineoユーザー同士で余ったパケットを共有したり、家族や友人とパケットをシェアすることができます。またmineoには「マイネ王」というコミュニティサイトも用意されており、他の利用者と交流しつつ質問などができます

@mineo.jpというメールアドレスが使えたり、Androidアプリの課金にキャリア決済が使えるので、これまでの大手キャリアと近い使い方もできそうです。サポートをしてくれる店舗があるので、初心者でも安心ですね。

LINEモバイル(ラインモバイル)

LINEモバイルはスマホアプリ「LINE」を運営するLINE株式会社の関連会社であるLINEモバイル株式会社が運営するMVNOです。

LINEモバイルの特徴はLINEなどのSNSアプリの通信量がカウントされないところです。SNSをたくさん使う人におすすめのMVNOとなっています。

LINEモバイルではLINEのみ使い放題となるプランやLINE以外にTwitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)、Instagram(インスタグラム)も使い放題のプランが用意されています。

スマホではSNSの使用がメインだという人にLINEモバイルはとてもおすすめです。

UQモバイル(ユーキューモバイル)

CMが人気のUQモバイルは、auと同じKDDIグループのMVNOが運営するサービスです。ショッピングセンターなどに多くの店舗を構えているので、キャリアと同じように契約時や困ったときに気軽に相談できます。

通信速度の評判が良く、公式サイトでも実測(実際に計測した速度)がNo.1とアピールされています。無料通話付きのプランや5分以内の国内通話がかけ放題のプランなどがあるので、通信だけではなく通話をする人にもおすすめ。

メールアドレスの発行やAndroid・iPhoneアプリのキャリア決済などもできるので、mineo同様にキャリアと近い感覚で使いたい人にぴったり・

MVNOとは……を知って、お得にスマホ生活を送ろう

 (6510)

最近話題のMVNOとはなにかをご紹介しました。CMなどでも見る機会が増えていますが、MVNOを知って自分の使い方に合ったプランを選べば今までよりも良いスマホ生活が送れるはずです。

通話が多い人や通信が多い人、家族で使いたい人などにおすすめのサービスを他の記事でもさらに詳しく解説をしているので、気になる人はぜひ他の記事も読んでみてくださいね。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

36 件

毎月のスマホ代、半額にしませんか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

MVNO各社の特長を一覧にまとめました! 契約したい格安SIMは?

MVNO各社の特長を一覧にまとめました! 契約したい格安SIMは?

数あるMVNOの中から自分にあった格安SIMを提供している会社を選ぶのは難しいですね。そこで、MVNO各社の特長を一覧で紹介します。魅力的な特長があるMVNOだけを厳選してまとめましたので、これからMVNOで格安SIMの契約を考えている人はぜひチェックしてみてください。
iPhoneで使える格安SIMを徹底比較しました!

iPhoneで使える格安SIMを徹底比較しました!

iPhoneの月額料金を安くしたいなら格安SIMに乗り換えを考えましょう。この記事ではiPhoneで使える格安SIMを比較し、乗り換え先の格安SIM選びをサポートします。iPhoneにおすすめの料金プランがあったり、iPhoneをセット購入できる格安SIMも増えてきました。格安SIMに変えて通信費を節約しましょう。
格安スマホに乗り換えて後悔しないためには? よくある事例と対処法を紹介!

格安スマホに乗り換えて後悔しないためには? よくある事例と対処法を紹介!

料金が安くなるといわれている格安スマホですが、乗り換えをして後悔しないのか心配。そんな不安を解消! 格安スマホで後悔することが多いポイントを具体的な事例で紹介、どう対処すればいいのか、どんな格安スマホなら大丈夫なのかを解説します。格安スマホに乗り換えてから後悔することがないよう、乗り換えの前にチェックしましょう。
【初心者必見】格安SIMはどこがいいか分からない? おすすめはこれ!

【初心者必見】格安SIMはどこがいいか分からない? おすすめはこれ!

たくさんの格安SIMから自分に合ったMVNOを見つけるのは難しいですよね。特に初めて乗り換える方にとっては格安SIMはどこがいいか選ぶのは大変。そこで、この記事ではおすすめのMVNOをまとめて紹介します。初心者にも分かりやすく特長をまとめたので、格安SIMを選ぶ際にどこがいいか迷っている人は参考にしてみてください!
格安SIMでiPhone 6sを安く使いたい!  おすすめMVNOを紹介

格安SIMでiPhone 6sを安く使いたい!  おすすめMVNOを紹介

iPhone 6sが動作確認済みのおすすめ格安SIMを徹底比較! 今使っているiPhoneのまま格安SIMに乗り換えもできちゃう。ドコモ回線だけでなく、au、ソフトバンク回線の格安SIMも紹介します。iPhone 6sでテザリングを利用したいときの注意点もあるので、申し込み前にチェックしておきましょう。

この記事のキーワード

この記事のライター

そらとすまほ編集部 そらとすまほ編集部