結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 恋愛 言いたいことを言うのが大切な理由。不快にさせないコツとは

言いたいことを言うのが大切な理由。不快にさせないコツとは

言いたいことを言うのが大切な理由。不快にさせないコツとは
心理カウンセラー

言いたいことがあっても、気持ちを抑えて我慢したり、遠慮したりしてゆずってしまうことがありますよね。自分の本当の気持ちを言えないとだんだん苦しくなってくるものです。なぜ言いたいことを言えないのか、その心理について詳しく解説します。

また、本音を伝えても相手を不快にさせないようにするコツを紹介します。普段からため込みやすいタイプの人はぜひ参考にしてみてくださいね。

言いたいことを言えないのはなぜ?

言いたいことを言えないのはなぜ?

言いたいことがあるのに、発言をためらってしまう人は、不安や自信のなさを抱えており、大きく分けて3パターンの心理があります。

まずひとつ目は、自分が発言することで、相手が嫌な気分になるのではないか、相手の迷惑になってしまわないかを気にしている場合です。自分の発言が場の空気を乱すのではないか、自分の発言は相手に受け入れられないのではないかと考えている場合もあります。言いたいことが言えない人は、場の空気に敏感なので、和を乱してしまうくらいだったら、自分が我慢して飲み込めばいいと考える傾向にあります。自分の意見がほかの人の意見とちがっていたりすると、「間違っていたらどうしよう」という恐れが生まれて、自信がなくなって言えなくなる人もいるようです。

2つ目は、まわりの目線が自分に注がれることを避けたいと思っている場合です。とにかく目立ちたくないと思う恥ずかしがり屋さんはこのパターンに該当します。

3つ目は、自分の内面を知られることを恐れている場合です。何か発言すると、それに対してまわりから「それはどういうこと?」「〇〇さんはどうなの?」と関連する質問が返ってきたりします。自分自身をいいものだと思えていなかったり、コンプレックスを抱えていたりすると、質問されることは都合悪く感じます。自分のことがバレないようにするために、発言を控える人もいます。

言いたいことを言うのは大切?

言いたいことを言うのは大切?

言いたいことを言わないでいると、そのひとつひとつは些細なことであっても、積み重なると大きなストレスになります。自分の思いを言葉にして表現することは、癒し効果がありますので、それをしないでいると、解放されなかった自分の気持ちがどんどん溜まってきて苦しくなっていきます。

人との関係においても、我慢が多くなるわりには、こちらの気持ちは相手に伝わらないので誤解されたり、自分だけが損をしているような気分になったりすることも多いはずです。言いたいことを言わないということは、感情表現がないので、相手から見るとあなたが何を考えているのかがわかりません。私たちは、警戒仮説といって、わからないものには自然と恐れを抱きます。気を使ったり遠慮したりして、言いたいことを言っていないと、まわりから「よくわからない人」として警戒されてしまうことが増え、親密な関係を築きづらくなります。

以上のことから、自分自身のストレスを溜めないためにも、良好な対人関係を築いていくためにも、言いたいことを言うことは、とても大切だと言えるでしょう。

嫌われる人と好かれる人のちがい

同じように言いたいことを言っていても、嫌われる人と好かれる人がいます。そのちがいはどんなところにあるのでしょうか。

ポジティブな気持ちを多く伝えているか

ポジティブな気持ちを多く伝えているか

言いたいことを言うときは、NOを言う以上にYESを伝えることのほうが大切です。ところが、言いたいことが言えないタイプの人は、YESよりもNOを言おうとがんばります。「私はこういうのは嫌です」というよりも「私はこういうのをすると喜びます」といった情報や、相手の価値を見てほめ、認めるといった、ポジティブな声かけが多い人のほうが好かれます。

信頼関係があるかどうか

信頼関係があるかどうか

相手をイジったり、からかったりするときは、相手との間に、信頼関係があることが前提になります。根底に愛があり、お互いにそれがわかっている場合は問題になりませんが、一方的なものになると反発されてしまいます。アドバイスをするときも同様です。信頼関係があり相手が求めていれば成立しますが、ない場合は、勝手に意見を押し付けてくる人になってしまいます。

相手を否定していないか

相手を否定していないか

誰しも否定されたり批判されたりすることは嫌なものです。自分の意見を伝えるときに、相手の人格を否定するような言い方をしている場合は、嫌われやすくなってしまいます。好かれる人は、「ちょっと厳しい言い方かもしれませんが」とクッション言葉を入れてみたり、「~だと思うのですが、どうでしょうか?」と断定せずに相手の意向を伺うような言い方にしてみたりするなど伝え方を工夫していることが多いです。

感情をぶつけていないか

感情をぶつけてないか

気分が悪いからといって、感情のままに攻撃的な言葉を言ってしまうと嫌われます。自分の感情の責任は自分にあることを理解し、「こんなことがあってね、私は悲しい気持ちになったの」というように、起きた出来事と自分の感情を分けて客観的に話すことができる人は好かれやすいです。

タイミングを見ているか

タイミングを見ているか

相手の状態を見て、必要なタイミングで言えば、心に刺さるものです。相手の状態を見ずに、余裕がないときに伝えたり、昔のことを今言ったりするなど、自分が言いたいタイミングだけで物を言っていると、意図が伝わりにくくなります。

言いたいことを上手に言うコツとは

言いたいことを上手に言うコツ

まず、自分の感情の責任は自分にあることを理解することが大切です。「相手が私を嫌な気持ちにさせた」と受けとめると、相手の態度が変わらない限り、自分の気分がよくならないことになってしまいます。自分の機嫌は自分で取ることが基本です。女性はよく男性に対して、「あなたのせいで私は不機嫌なのよ」という態度を取ってしまいがちですが、男性はこうした表現の仕方をもっとも嫌いますので注意しましょう。

相手を不快にさせないためには、感情的にならないこと、そして相手の気持ちに寄り添いながら、自分の言いたいことを伝えることがコツです。たとえば、婚活で知り合った人とデートに行く約束をしていたけれど、彼が提案してくれたお店とはちがうところに行きたかったとします。

「場所を調べてくれてありがとうございます。〇〇さんが教えてくれたお店も素敵ですね。じつは私、最近△△というお店がすごく気になっているんです。〇〇さんと一緒に行けたらきっと楽しいだろうなと思うんですけど、どうですか?」と言われれば相手も不快にはならないはずです。

結果として自分の意見が採用されなかったとしても、それを受け入れましょう。自分の意見を大切にして表現する代わりに、相手の意見も同じように大切にする姿勢をもつことが、関係性がうまくいくコツです。

自分も相手も大切にした言い方を心がけよう

自分の気持ちや意見を言うことは、ストレスを溜めないという点からも、関係性をつくっていくという点からも大切です。言いたいことを素直に伝えることで、お互いがどんなことを考えているかがわかり、親密な関係をつくっていくことができます。

とはいえ、なんでも言えばいいというわけではありません。自分と考え方がちがった場合には、相手の意見を尊重しながら、「私はこう思う」とシンプルに伝えるようにすると、相手は不快な気持ちになりにくいものです。自分も相手も尊重する意識をもつことが、自分本位にならない伝え方のコツです。

(高見綾)

※画像はイメージです
 

【診断】あなたの恋愛傾向は? [PR]

恋愛傾向診断

【診断】あなたの恋愛傾向は? [PR]

理想の相手と出会うにはまずは自分を知ることから!30の質問に答えて自分の「恋愛傾向」をチェックしよう!

恋愛に関するキーワード

恋愛に関する記事

結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 恋愛 言いたいことを言うのが大切な理由。不快にさせないコツとは
結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 恋愛 言いたいことを言うのが大切な理由。不快にさせないコツとは

結婚相談所ナビは
"結婚したい"と思う人の
「第一歩」を応援するサイトです

結婚相談所ナビ

婚活の正しい情報、婚活の不安を解消する情報をお届けし、最高の結婚相手と出会うための第一歩をサポートいたします。