結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 自分らしさとは? 自分らしさが大切な理由と見つけ方

自分らしさとは? 自分らしさが大切な理由と見つけ方

自分らしさとは? 自分らしさが大切な理由と見つけ方
心理カウンセラー

「自分らしく生きよう」とよく耳にしますが、いざ「自分らしさ」について考えてみると、どういうことなのかよくわからなかったりしませんか?

自分らしさはとても抽象的なものです。

そこで今回は、自分らしさとは何かを具体的に考えてみたいと思います。

結婚に自分らしさは必要なのか、また、自分らしさがわからなくなってしまうのはなぜなのかについても考察します。自分らしさを見失ってしまったときに、自分らしさを取り戻していくための方法についても解説します。

自分らしさとは?

自分らしさとは

自分らしさとは、その人が持っている個性や特徴がよく表れているさまをいいます。自分らしさを発揮しているときは無理がなく自然体の自分でいられますし、まわりから見たときにも「〇〇さんらしいね」と違和感なく思われるような状態です。

たとえば仕事で、人と関わることが好きであちこち動き回りながら臨機応変に対応することが得意な人が、イベントなどを取り仕切るようなポジションを任されれば、その人らしさを十分に発揮することができるでしょう。私たちは自分の好きなことや得意なことをやれているときは、表情が明るくなりイキイキとするのです。

また、自分らしさはその人が大切にしている価値観や生き方にも関係しています。自由を愛していて、どんな人ともフラットに付き合いたいと思っている人が、ルールの厳しい組織に所属してしまうと、その人にとって大切な自由がなくなり上下関係やしがらみに縛られてしまうかもしれません。自分の大切にしている価値観にそぐわない生き方をしているときは、自分らしさが発揮されなくなってしまうのです。

自分らしさがわからないのはなぜ?

自分らしさがわからないのはなぜ?

「自分がない」「自分らしさがわからない」という人がいます。自分のことなのに「自分がよくわからない」。このようになってしまうのは、いろいろな場面で自分の思いを抑えたり我慢したりしてきたためです。

子ども時代、私たちは誰もが「自分らしさ」などは気にせずに、自分の気持ちをそのまま出していました。ところが成長していく中で、親やほかの誰かから否定されたりすることで「そのままの自分ではダメなんだ」と自分を隠すようになります。そうして大人になってからも、人の期待に沿うようにがんばったり、人目を気にして自分の気持ちを抑えたりしていると、いつしか自分らしさを失っていきます。

長年我慢していると、自分が我慢をしていることさえも気づかないようになり、自分が何が好きで何がしたいのかといった自分の気持ちもわからなくなってしまいます。

成長過程に問題がなくても、何かに自分を合わせようとしたり、自分以外のものになろうとしたりすると、ときに自分らしさを見失ってしまうこともあります。

たとえば、自分は仕事もプライベートも無理せず自分のペースでするのが好きなおっとりしたタイプなのに、メディアなどでキャリアウーマンタイプがもてはやされていたとします。「私もそういうバリバリ仕事する女性にならなくては」と、自分の個性を曲げてちがうものになろうとするとだんだん苦しくなってきますし、自分が何者なのかを見失ってしまいます。

結婚に自分らしさは必要?

結婚に自分らしさは必要?

自分らしさが発揮されているときは、心地がよく自然体の自分でいられます。結婚後は生活がずっと続いていくことになるので、彼と一緒にいるときに、自然体の自分でいられることがまずは一番大切なのではないでしょうか。

交際期間中に、自分の気持ちを抑えて彼に合わせていたとしても、結婚後もずっと自分の気持ちを抑え続けていけるわけではありません。いつか我慢が限界にきて大爆発してしまうと、関係を修復していくのが大変です。彼に嫌われてしまうのが怖いなど、自分を隠したくなることもあると思いますが、結婚前からできるだけお互いに隠さずに自分らしくいたほうが、結婚後も良好な関係を続けやすいです。

また、結婚生活やライフスタイルにおける大切にしたい価値観は、結婚前に彼とよく話し合っておくのがオススメです。忙しくても食事を一緒にとりたいとか、家族や子どもを第一優先にしていきたい、子どもを持ってもバリバリと働いていきたい、休日は家でゆっくりしたい、旅行をしてあちこち出かけたいなど、何を大切にしてどんなふうに生きていきたいのかをシェアしておきましょう。

ゆずれないものなど、自分が大切にしている価値観や生き方が満たせないような状態になると、結婚生活においてフラストレーションが溜まったり違和感が出てきたりしてしまいます。考え方や価値観は時間の経過とともに変化していくものなので、「(将来はわからないけど)今の時点ではこう考えています」といった形でなんでも話し合えるような関係性をつくっておきましょう。

これらのことから、結婚において自分らしさは必要だといえると思います。

自分らしさを見つける方法

自分らしさがわからないとき、どのようにして見つけていけばいいのでしょうか。自分らしさは自分だけで見つけていくのは難しいので、人の力を借りるとスムーズです。

「自分はどう思う?」と問いかける癖をつける

「自分はどう思う?」と問いかける癖をつける

自分らしさがわからない人は、自分がやりたいかどうかよりも「こうあるべき」とか「~が正しい」という発想をしがちです。たとえば、会社の飲み会に参加するかどうか悩んだときには、行くべきかどうか、という考え方とは別に、「行っても行かなくてもどちらでもいいとしたら、自分は行きたい?」と、自分の気持ちを問いかける癖をつけましょう。選択を迫られたときに、毎回問いかける癖をつけておくと、自分の気持ちに気づけるようになります。

人と比べてちがうところを見つける

人と比べてちがうところを見つける

自分ひとりで、自分らしさについて考えてみても、わからないことがほとんどです。自分らしさとは人との比較によって気づくことが多いもの。人と関わることで、「〇〇ちゃんは明るくてムードメーカーだけど、私は人の気持ちにそっと寄り添うタイプ」など、人と自分のちがいを見つけていくことで、自分の個性が浮き上がってきます。

人から自分らしさを教えてもらう

人から自分らしさを教えてもらう

自分のことは、案外自分ではわからないものです。その点、まわりの人のほうがあなたの個性を知っていたりします。迷ったときは人に聞いてみましょう。とくに、得意なことは自分にとっては当たり前にできてしまうことなので、それが特別だとは思わないものです。まわりの人の目を通して、たとえば「観察力がすごいよね」「あなたと一緒にいるとすごく安心感があるわ」などと、教えてもらうことで、自分の姿に気づけたりします。

自分らしさは、人とのちがいを通じて見えてくるもの

婚活において、自分らしくいることはとても大切です。結婚は生活ですので、自分を隠して無理をした状態では長続きしません。自分らしくいることで、相性のいい結婚相手が見つかるはずです。

また、自分らしさとは、人とのちがいを通じて見えてくることが多いので、ひとりで考えこまずに、人と関わることによって自分の個性に気づいていきましょう。

まわりの人は、自分以上に自分のことを知っています。まずはまわりの人から自分がどんな人かを教えてもらってみるといいでしょう。

(高見綾)

※画像はイメージです

【診断】あなたの恋愛傾向は? [PR]

恋愛傾向診断

【診断】あなたの恋愛傾向は? [PR]

理想の相手と出会うにはまずは自分を知ることから!30の質問に答えて自分の「恋愛傾向」をチェックしよう!

婚活に関するキーワード

婚活に関する記事

結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 自分らしさとは? 自分らしさが大切な理由と見つけ方
結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 自分らしさとは? 自分らしさが大切な理由と見つけ方

結婚相談所ナビは
"結婚したい"と思う人の
「第一歩」を応援するサイトです

結婚相談所ナビ

婚活の正しい情報、婚活の不安を解消する情報をお届けし、最高の結婚相手と出会うための第一歩をサポートいたします。