結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 ボルダリングに出会いはある? 出会える男性のタイプと注意点

ボルダリングに出会いはある? 出会える男性のタイプと注意点

ボルダリングに出会いはある? 出会える男性のタイプと注意点
エッセイスト・イラストレーター

運動に慣れていない人でも、レベルに合わせて楽しめるのがボルダリングの魅力。最近は気軽にはじめる人も増えており、出会いや恋愛の場としてもチャンスが多くあると注目を集めています。

ではほかのスポーツと何がちがい、どんなチャンスがあるのか。実際の事例もご紹介しながら、ボルダリングでの出会いのつかみ方をご紹介します。

ボルダリングに出会いはある?

ボルダリングに出会いはある?

ボルダリングに出会いは、あります! 一般的なスポーツとちがい、ボルダリングは人と人が仲よくなる仕組みが自然とあるため、友情や恋愛が芽生えやすいのです。ではどんな仕組みがあるのか、ここでは3点ご紹介します。

1.人との会話が自然に発生する

ボルダリングジムには複数の難易度のコースが用意され、各自がチャレンジしたいコースにトライしていきます。当然ほかの人とバッティングすることもありますので、「お先にどうぞ」といった声がけが発生することも。また盛り上がってくると知らない人ががんばっているときに応援の声をかけることもあります。

ボルダリングではこういった会話のキッカケが随所にあるため、人と人が仲よくなりやすい側面があります。

2.年齢層に大きな幅がない

ボルダリングは最近ブームになったスポーツ。そのため年齢層も極端に広いわけではなく、比較的同世代の男女が集まっていたりします。もちろん地域やジムの雰囲気次第な部分もありますし、出会える人の数はジムに通う人と限られています。それでも全体の年齢層が近いことは、仲よくなりやすい空気を生み出しているといえます。

3.常連同士が仲よくなりやすい

筆者も複数ボルダリングジムを利用したことがありますが、基本的にどこも常連同士は仲がよく、グループ的なものができています。一般的なスポーツジムは、常連になっても会員同士で仲よくなることはケースバイケースですが、ボルダリングジムはその点常連になった場合の親しさの敷居が低いかもしれません。

このような理由から、ボルダリングは健康面だけでなく出会いの場としてもチャンスが多いといえるのかもしれません。

ボルダリングで出会える男性のタイプとは?

「ボルダリングで出会える男性って、どんな人がいるの?」「運動が苦手だと、出会っても気が合わないかも」そんな方のために、ボルダリングで出会える男性のタイプをいくつかご紹介します。とはいえ、ボルダリングをしている人もさまざまですから、最終的には性格が合うかをしっかり見定め、仲を深めていきましょう。

頭脳的な男性が多い

頭脳的な男性が多い

ボルダリングは壁を登るという運動をするわけですが、同時にコース取りや体の使い方など、頭脳をかなり使うスポーツです。そのためボルダリングが好きな男性には、運動だけでなく頭を使うことを楽しいと感じる男性が多く、知性と体力のバランスが取れている男性が多い傾向があります。

コミュ力の高い男性が多い

コミュ力の高い男性が多い

ボルダリングはコースにトライし、休憩し、またトライするという楽しみ方をするスポーツです。休憩中には自然と参加者同士で会話をしたりする機会も増えるため、ボルダリングを続けている男性の多くは、コミュニケーション力もそれなりにある方が多い印象です。

カルチャー感の強い男性が多い

カルチャー感の強い男性が多い

ボルダリングはブームになる前は、カルチャー感の強いスポーツ。おしゃれなスポーツとして注目を集めました。そういった背景もあり、プレイしている男性は、比較的文化的なおしゃれな男性も多い印象です。実際ボルダリングを極めていくと、減量が必要だったり体作りを極めたりする必要もあるようですが、ボルダリングジムに通って楽しむ程度なら、そこまで考える必要はありません。

ボルダリングでの出会いエピソード

ボルダリングで出会って付き合う。そんな自然な流れで愛をはぐくめたら素敵ですよね。今回は実際ボルダリングジムで出会い、そして結婚まで登りきったエピソードをご紹介します。

ボルダリングでの出会いエピソード

運動不足に悩んでいた嘉穂さんは、友だちに誘われたのがきっかけで、会社近くのボルダリングジムに足を運ぶようになりました。最初は友だちと行っていたものの、自然と顔見知りもでき、慣れてきたらひとりでもジムに行くようになっていったといいます。

そこで出会ったのが、後の夫になる聡さん。メーカーの企画職をしており、元々運動は好きだけどひとりで黙々と取り組むのが好きという、マイペースな男性です。

聡さんのほうがボルダリング歴は長かったため、最初は嘉穂さんがコツを教わるカタチで、2人は仲よくなっていったといいます。

しかし最初からデートするような関係に発展したのではなく、はじめはスタジオ内で会話するだけの関係。そこからジム終わりに数人でご飯にいったり、休日は外岩ボルダリングにみんなで出かけたりするようになり、自然と仲よくなり交際を申し込まれたそうです。

親密になったキッカケを聞くと、やはり最初は「教えてもらう」というアクションだったと嘉穂さんは語ります。また急に男女の仲にならなかったのも、今思えばよかったそう。

婚活にスピード感を重視したい方は不向きかもしれませんが、趣味の延長でゆっくり仲を深めたい方には、ボルダリングは向いているのかもしれません。

ボルダリングでの出会いの注意点

ボルダリングでの出会いの注意点

健康的かつ自然な縁をはぐくめるボルダリングでの出会い。でもガツガツと攻めるのは壁だけにしないと、男性に引かれてしまうことも。ここでは出会いを求める際の注意点をご紹介します。

ボルダリングを一番に楽しむこと!

ボルダリングに限らず、出会いを一番に考え行動すると、相手にそれが伝わり、引かれてしまうこともあります。一番はボルダリングを楽しむこと。楽しくないなら、無理に続ける必要はありません。

積極的に人とかかわること!

ボルダリングのよさは、運動しながら自然と知らない人と交流できることにあります。だからこそ、相手から声がかかるのを待つのではなく、積極的に人とかかわっていってほしいのです。

たとえば常連さんやスタッフさんから上達のコツなどを聞き、自分で居心地のいい環境を作っていきましょう。それがひいてはご縁を呼び寄せることにもつながります。

おめかししすぎは要注意!

ボルダリングで出会いがほしい。その気持ちが女性をちょっとだけおしゃれに目覚めさせることもあるでしょう。でもあくまでもスポーツなので、気を使いすぎると逆に浮いてしまうことも。

過去に見かけた話ですが、初心者女性が爪を切らずにスタジオに来てしまい、終わったあとにボロボロになり、文句を言っていた……なんてことも。

汗だくになるスポーツではありませんから、服装の幅は広いもの。でもあまりギラついた雰囲気を出さないよう、注意して望みましょう。

楽しむ気持ちが出会いを運んでくれる

ボルダリングに限らず、スポーツを通した出会いは体験する楽しさを味わいながら、自然と縁を深められるメリットがあります。

だからこそ、ガツガツ進みたいときはオススメしません。自分のライフスタイルのひとつとして運動しながら出会いたい。そんな新しい気持ちが、きっと素敵な出会いを運んできてくれます。

(おおしまりえ)

※画像はイメージです

あなたにぴったりの人を診断! [PR]

チャンステスト

あなたにぴったりの人を診断! [PR]

プロフィール入力すると無料でマッチング診断、あなたに合った楽天オーネット会員をご紹介します。

婚活に関するキーワード

婚活に関する記事

結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 ボルダリングに出会いはある? 出会える男性のタイプと注意点
結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 ボルダリングに出会いはある? 出会える男性のタイプと注意点