結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 「ミラーリング効果」で恋愛上手に。婚活で効果的なテク7つ

「ミラーリング効果」で恋愛上手に。婚活で効果的なテク7つ

「ミラーリング効果」で恋愛上手に。婚活で効果的なテク7つ
心理カウンセラー

ミラーリング効果という心理効果をご存知でしょうか。婚活を成功させるために、相手にはできるだけいい印象を持ってもらいたいものですよね。

ミラーリング効果とはどういったものなのかを解説し、ミラーリング効果を使って、相手に好印象を持ってもらうための具体的な方法をご紹介します。またミラーリング効果を使うときの注意点についてもあわせて解説します。ぜひ参考にしてみてください。

ミラーリング効果とは

ミラーリング効果とは

ミラーリング効果とは、相手の言動やしぐさなどを鏡のように真似することで、真似された側が自然とその人に好意を抱く心理効果をいいます。

私たちは、趣味が似ていたり同じ価値観を持っていたりと、「私と似ているかも」と思うような、共通点を感じさせる人に対して親近感を抱きます。仲よしの友だちとは同じポイントで笑ったり、同じタイミングで食べたり飲んだりすることがあるように、好きな人の真似をしたくなるという心理があることもわかっています。

恋愛上手な人は、無意識のうちにミラーリングしていることが多く、真似することによって「あなたに好意を持っています」というメッセージを送っています。

ミラーリングは、飲食店で相手と同じものを注文する、相手と同じ小物を持つ、相手が身を乗り出して話しはじめたら自分も身を乗り出してみる、相手と同じ表情をする、相手の言った言葉をそのまま繰り返す、相手と同じタイミングでトイレに行くなど、行動やしぐさ、表情、会話、タイミングなどを真似することでその効果が発揮されます。

ミラーリング効果を婚活で活用する方法

メールやLINE、デートなど、婚活におけるさまざまな場面でミラーリング効果を活用する方法をまとめました。今すぐ実践できるものばかりですので、参考にしてみてください。

(1)相手と同じペース・同じ文調で連絡する

相手と同じペースで連絡する

メールやLINEに返信する際には、相手からの返信ペースと同じくらいの時間をあけて連絡します。いつも夜の時間帯に連絡がくる場合は、こちらからもその時間帯に送ってみるのもいい方法です。

また、スタンプを送ってくる相手なら、同じようなスタンプを送り返してみたり、文章の言葉遣いや語尾、改行などの特徴を真似してみて、同じようなテイストの文章を心がけてみると、親近感が増す効果があります。相手が「です、ます」調なら、こちらもそうしてみて、語尾に「笑」をつける相手なら、こちらもそうしてみるなどします。

(2)デートでは、共通点のあるものを注文する

デートでは共通点のあるものを注文する

デートで食事をするときは似たものを注文し、相手と食事のペースを合わせましょう。相手がペスカトーレを頼んだら、あなたはカルボナーラを頼むなど、同じジャンルの中でちがうものを注文します。相手がショートケーキとコーヒーのケーキセットを頼んだら、あなたはモンブランとコーヒーのセットもしくはカフェラテのセットなど、共通点のあるものを頼むとミラーリングになります。

まったく同じものを注文してもいいのですが、共通点のあるちがうものを頼むと、「これ、少し食べてみますか?」と交換してみたり、「これおいしい、そっちは?」など、会話の幅が広がります。また、相手が食べはじめたらあなたも食べ、相手が飲み物を手にしたら、あなたも飲み物を飲むなど、同じような動作をするとミラーリング効果が高まります。

(3)話すテンポやトーンを合わせる

話すテンポやトーンを合わせる

相手が早口な人であれば、あなたも同じように話すテンポを速めます。間を置きながらゆっくり話す人であればそれに合わせて会話しましょう。声のトーンも、元気のある相手には明るくはきはきと話すなど、テンポやトーンを合わせるようにするとミラーリングになります。

(4)視線の向きを合わせる

視線の向きを合わせる

相手と視線の向きを合わせると、感覚的に「似ている」「合う」と感じさせることができます。相手があなたを見ているときには、こちらも相手を見て話をします。相手がスマホで検索をはじめたら、あなたもスマホに視線を落として検索します。

街歩きをしているときなどに相手がどこを見ているのかを観察して、同じ方向に視線を向けるようにします。そうすることで、興味の対象が同じであるという印象を与えることができます。

(5)相手の言った言葉を繰り返す

相手の言った言葉を繰り返す

相手の言った言葉を繰り返すオウム返しは、共感のテクニックでもよく使われる手法で、相手が心を開きやすくなる効果があります。

相手が「最近、仕事がすっごく忙しいんだ」と言ったら、「そうなんだ、仕事が忙しいんだね。何時くらいまでやってるの?」というように、同じ言葉を繰り返します。「え、大変だ、何時までやってるの?」だとミラーリングにはならないので注意してください。相手の言った言葉をそのまま使うことで、感覚を似せることができ、発言を受け止めてもらえたという安心感につながります。

(6)相手と感情を共有する

相手と感情を共有する

相手が楽しそうな表情をしたら、あなたも笑います。相手が困っていることを話してきたときには、あなたは相槌をうちながら、困っている表情をして感情を共有しましょう。相手が感じているであろう感情を、「それはうれしいですね!」など言葉で表現してあげるのもいい方法です。

男性より女性のほうが感情を豊かに表現できるので、少しオーバーに表現するくらいでちょうどいいかもしれません。楽しいと感じてもらいたいと思えば、あなたのほうから「楽しいです!」と思いっきり表現するようにすると、相手もつられて楽しんでくれます。

(7)歩く速度を合わせる

歩く速度を合わせる

私たちは、好きな相手に対しては自然と歩調を合わせるものです。そこで、デートするときは、相手の歩調に合わせましょう。同じ速度で歩くことができると、心地よく感じられ好感を持ってもらいやすくなります。

ミラーリング効果を活用する上での注意点

ミラーリング効果を活用する上での注意点

ミラーリング効果は、相手に「自分と似ているな」と思ってもらうことで効果を発揮するので、「真似された」と思われると逆効果になります。意識的に真似をしていることが相手にバレると、印象が悪くなりかねません。あくまでもさりげなく行い、慣れないうちはミラーリングを少し取り入れる程度にしておくとよいかもしれません。

相手のしぐさや動作を真似する動きは難易度が高く、歩く速度や食べるペースを合わせたり、会話の中でテンションを合わせたり同じ言葉を使ったりするほうが、難易度が低いです。まずは難易度が低く自分がやりやすそうだと思えるものから取り入れていくのがオススメです。

また、ミラーリング効果といっても、足や腕を組む、ため息をつく、品のない言葉遣いをする、落ち着きのない動作を繰り返すなどは、婚活の場として相応しくないので、相手がやっていたとしても真似しないようにしましょう。

ミラーリング効果は「自分と似ている」と相手に思わせることがポイント

ミラーリングは、相手の話し方を真似したり、同じ言葉を繰り返したり、視線の向きを合わせたりするなど、今すぐに使うことができるテクニックです。過剰にやってしまうと、逆効果となりますので、あくまでさりげなく行うように気をつけましょう。

相手をよく観察しながらミラーリングを行い、相手に「自分と似ているな」「この人は自分のことをわかってくれる」と思わせることができると、自然と好意を持ってもらえます。

相手も自分も心地よく過ごせるよう、ミラーリング効果を上手に活用して、婚活を成功させていきましょう。

(高見綾)

※画像はイメージです
 

あなたにぴったりの人を診断! [PR]

チャンステスト

あなたにぴったりの人を診断! [PR]

プロフィール入力すると無料でマッチング診断、あなたに合った楽天オーネット会員をご紹介します。

婚活に関するキーワード

婚活に関する記事

結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 「ミラーリング効果」で恋愛上手に。婚活で効果的なテク7つ
結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 「ミラーリング効果」で恋愛上手に。婚活で効果的なテク7つ