結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 恋愛 これって恋愛依存症? ケース紹介と原因、克服方法

これって恋愛依存症? ケース紹介と原因、克服方法

これって恋愛依存症? ケース紹介と原因、克服方法
心理・産業カウンセラー

常に好きな人がいる状態でないと落ち着かなかったり、彼氏がいない状態に耐えられなかったりすると、「私って恋愛依存症かも」と思ってしまいませんか? 

では恋愛依存症になってしまった場合は、どうすればいいのでしょうか?

今回は恋愛依存症のケースを紹介しながら、心理カウンセラーの杉本まきさんに原因や克服方法を解説してもらいます。

「自分は恋愛依存症かもしれない」と思うケース

「自分は恋愛依存症かもしれない」と思うケース

自分のことを「恋愛依存症かもしれない」と思っている女性はどのくらいいるのでしょうか? 女性にアンケートで聞いてみました。

恋愛依存症だと思っている女性の割合

Q.自分のことを恋愛依存症だと思った経験はありますか。はい(24.7%)いいえ(75.3%)

※有効回答数198件

約25%の女性が「恋愛依存症だと思った経験がある」と回答しました。およそ4人にひとりの割合です。そこまで多くはありませんが、彼女たちは何が原因で恋愛依存症だと思ったのでしょうか?

恋愛依存症だと思う理由

上の質問で「はい」と回答した女性49人に、自分が恋愛依存症だと思った理由を聞いてみました。

恋人がいない状態が耐えられない

・「別れたその日からほかの人と付き合うことを毎回していた」(35歳/その他/その他)

・「今までに好きな人がいなかった期間のほうが少ない。常に出会った人を恋愛対象としてみてしまうから」(20歳/学生/その他)

彼氏の行動を気にしすぎる

・「束縛魔になってしまうところがある。常に相手の行動や言動を気にしすぎてしまい、勝手な思い込みで一喜一憂してしまう」(41歳/情報・IT/その他)

・「好きな人が今、何をしているのか気になって、電話やメールをしてしまうから」(22歳/学生/その他)

何よりも恋人を優先する

・「いつも彼氏のことを考えている。自分のしたいこと、やらないといけないことがあるのに彼氏優先になるから」(27歳/その他/販売職・サービス系)

・「友だち付き合いが適当になってしまった」(21歳/学生/専門職)

どんな瞬間に恋愛依存症だと思ったのかを聞いてみましたが、多かったのは、「恋人がいない状態に耐えられない」という回答。常に恋人や好きな人がいないと落ち着かない人は、恋愛依存症かもしれないという思いを抱くようです。また、彼氏の行動を気にする、何よりも恋人を優先する、という場合も、恋愛依存症だと思ってしまうとのことです。

恋愛依存症で困ったエピソード

次に、上の質問で「はい」と回答した女性に、「恋愛依存症で困ったエピソード」を聞いてみました。ピックアップしてご紹介します。

男性から「重い」と思われる

・「重すぎると言われることが多い。年上の男性でないと受け止めきれないくらい思いが強い」(23歳/学生/その他)

何でも恋愛に結び付けて考えてしまう

・「仕事上での会話ですら、好意があって話しているのか? などと変な詮索をしてしまうところがある」(41歳/情報・IT/その他)

すぐに浮気をしてしまう

・「浮気をしてしまった」(33歳/学校・教育関連/その他)

恋愛に対する思いが強すぎるのか、男性から重いと思われたり、男性を意識するあまりに仕事に影響が出たりしたという回答が挙がりました。すぐに浮気してしまうのは本人以上に付き合っている男性がかわいそうですね……。

恋愛依存症の特徴と原因

恋愛依存症の特徴と原因

恋愛依存症の女性にはどのような特徴があるのでしょうか? また、そもそもなぜ恋愛依存症になってしまうのでしょうか? 心理カウンセラーの杉本まきさんに聞いてみました。

恋愛依存症の特徴とは

まず、恋愛依存症にはどのような特徴があるのか見ていきましょう。

連絡が取れないと不安になり、しつこく確認する

恋愛依存症の女性には極度の「見捨てられ不安」があります。そのために、連絡が取れないと浮気をしているのではないか、捨てられるのではないかと不安になり、連絡が取れるまで何十回もメールや電話をしてしまいます。また、どこに行っていたのか、何をしていたのか、自分の納得できる答えが得られるまでしつこく問い詰めます。

自分を犠牲にしてでも彼に尽くす

健康的な恋愛はギブ・アンド・テイク、フィフティ・フィフティな関係を築いていくものです。しかし、恋愛依存症の女性は相手に嫌われないようにすることに必死で、なんでも相手に合わせてしまい、「NO」が言えなくなります。そうした状態になると、さらに自分を犠牲にして相手に尽くしたり、貢いだり、何かあってもすべて自分が悪いと考えたりしてしまい、ときにはDVの被害者になることもあります。

家族や友人との約束があっても常に彼を優先する

恋愛初期に「好きな人と少しでも一緒にいたい」と思うのは自然なことですが、関係が安定してくると、家族や友だちとの約束があればそちらを優先する余裕が生まれます。しかし、恋愛依存症の場合はそれができません。彼からの連絡があるとすぐに返事をしないといけないからと常にスマホを離さず、何があっても彼と会うことが最優先になり、まわりの声に耳を傾けることができなくなります。そのために周囲との関係にひびが入ってしまうことがあります。

恋愛依存症に陥ってしまう原因

次に、恋愛依存症になってしまう原因について教えていただきました。

親から受け取れなかった愛情の埋め合わせ

人は幼少期に両親から無条件に愛情を受けることで、精神的に安定した大人になれるといわれています。なんらかの事情でそれが叶わなかった場合に、恋人や結婚相手に親のような愛情を求め、足りなかった愛情を埋めようとします。その欲求は、「もっともっと」と限りないため、相手を束縛したり、相手に依存したりする原因になります。

自己肯定感が低く、自分に自信がない

何をやってもほめてもらえない、認めてもらえないという状況の中で育つと、自己肯定感が低く自分に自信が持てません。自信がないと、「自分は相手にふさわしくないのではないか」「嫌われてしまうのではないか」と不安ばかりが先立ち、常に愛情確認をせずにはいられなくなります。また、「この人に嫌われたらもう誰もいなくなってしまう」と考えた場合も、相手にしがみつこうとします。これも依存の原因です。

精神的に自立できていない

精神的に自立ができず、常に誰かに頼ることが習慣化されている場合も恋愛依存症になりやすいです。たとえば、過保護で過干渉な親に育てられた場合です。そうした親の元で育つと共依存になりやすく、人の顔色を常に気にするようになって自分の気持ちが表に出せなくなります。その結果、自分の中で不安が大きくなってしまうのです。誰かに頼りたい、誰かがいてくれないと不安という気持ちが強いため、ダメだとわかっていても恋愛依存症になってしまうのです。

恋愛依存症を克服するには?

恋愛依存症を克服するには?

恋愛依存症は、どのようにすれば克服できるのでしょうか? 杉本さんに「克服方法」を聞いてみました。

恋愛依存症を克服するには?

恋愛依存症を克服するには、「信頼する・される」ことを学ぶのが一番です。しかしそれが難しい場合は、「自分に自信を持つこと」で精神的な自立を目指しましょう。経済的な自立や何か好きなことのスペシャリストを目指す、資格を取るなどもオススメです。何かを目指して集中して努力すれば、脳にできた依存の回路を使う機会も少なくなり、依存の対象から離れるきっかけになることもあります。

また、幼少期にどのようにすごしてきたかなど、自分の過去と向き合うことも大切です。過去と向き合えば、今の自分がどのような愛情を求めているのかを知ることができるでしょう。求めている愛情が相手に求めるべきものなのか、そうでないのかがわかると、解決への一歩が踏み出せる場合もあります。

たとえば、本当は親から受け取るべき愛情を相手に求めていたことに気づくと、「彼は私の親ではない、親が子どもに与えるような愛情を求めるのはまちがっている」と理解できます。そうすれば、パートナーとの関係はどうあるべきかを考えることができ、精神的な自立を目指せるでしょう。

生活に影響が出るほど依存している場合は克服を心掛けよう

アンケートの結果によると、自分のことを恋愛依存症だと思った経験のある女性はおよそ4人にひとり。その中には、恋愛への依存が原因で悩んだり、苦しんだりしている人もいるようです。ポジティブに恋愛を楽しんでいるのならいいかもしれませんが、生活に影響が出るほどの状況なら、早期に改善すべきでしょう。

杉本さんのアドバイスにあるように、まずは自分に自信が持てるよう何かにチャレンジしてみてはいかがでしょうか? 自信が持てると精神的に安定しますし、自立した精神状態になるはず。そうするうちに、恋愛依存症を克服できているかもしれませんよ。

(文・杉本まき、中田ボンベ/dcp)

※画像はイメージです。

(※)マイナビライフサポート調べ
調査日時:2019年2月22日~2月24日
調査人数:198人(20~44歳の女性)

人気の婚活マッチングアプリ [PR]

Omiai

人気の婚活マッチングアプリ [PR]

1日約1万組がマッチング!恋活・婚活なら『Omiai(オミアイ)』

恋愛に関するキーワード

恋愛に関する記事

結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 恋愛 これって恋愛依存症? ケース紹介と原因、克服方法
結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 恋愛 これって恋愛依存症? ケース紹介と原因、克服方法

結婚相談所ナビは
"結婚したい"と思う人の
「第一歩」を応援するサイトです

結婚相談所ナビ

婚活の正しい情報、婚活の不安を解消する情報をお届けし、最高の結婚相手と出会うための第一歩をサポートいたします。