結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 結婚 「結婚を後悔」なんかしたくない。独身時代にすべきこと、結婚後にできること

「結婚を後悔」なんかしたくない。独身時代にすべきこと、結婚後にできること

「結婚を後悔」なんかしたくない。独身時代にすべきこと、結婚後にできること

結婚したいと思っていても、まわりの人から「結婚を後悔した」という話を聞くと「本当に結婚してもいいのか」と迷ってしまいますよね。愛情が冷めたらどうしようか、ちゃんと育児ができるのかなどと考えるうちに、結婚しなくてもいいやという気持ちになる人は多いかもしれません。

今回は、既婚女性へのアンケート調査を中心に、結婚を後悔しないためにどんな手を打っておくといいかをまとめました。結婚前・結婚後の両方について解説します。

未婚女性に調査「結婚後の生活に不安を感じる?」

未婚女性に調査「結婚後の生活に不安を感じる?」

まず、結婚後の生活に不安を感じている未婚女性がどのくらいいるのかを調べてみました。

結婚後の生活を不安に思う人の割合

Q.結婚後の生活を思い浮かべて不安な気持ちになることがありますか?はい(58.8%) いいえ(41.2%)

(※1)有効回答数102件

約6割の女性が、「不安な気持ちになる」と回答しました。昨今は税金アップや保育園不足など、結婚生活に不安を抱かせるニュースが多いですから、そうしたことを耳にすると本当に結婚してもいいのかと思ってしまいますよね。

結婚することが不安になる理由

次に、上の質問で「不安な気持ちになる」と回答した女性60人に、その理由を聞いてみました。(※1)

ずっと好きでいられるのかが不安

・「ふとしたときに、行動や言動でげんなりしてしまうような気がする。好きという気持ちが薄れていかないか、など不安に感じることがある」(24歳/学校・教育関連/その他)

・「性格や価値観など、うまくやっていけるか。長く一緒に暮らすと嫌なこともたくさん見えてきそうだから」(42歳/その他/その他)

金銭面が不安

・「同棲もしていないので、アパートの初期費用や結婚式、出産費用など、これからいくらかかるかが心配」(28歳/その他/その他)

・「経済面と生活環境。今の彼は仕事熱心な人だけど、自分にお金を使うのは惜しまないが、家庭にお金を使うことを嫌がり、『今の生活を変えたくない』というのが口ぐせなので、結婚になかなか踏み切ってくれない」(43歳/その他/販売職・サービス系)

家事がこなせるか不安

・「家庭の切り盛りができるか。実家で親に甘えている部分があるから。自立できるか不安」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「家事と仕事をこなせるか。料理が旦那さんの口に合うか心配」(26歳/その他/販売職・サービス系)

特に「長く一緒にいられるのか不安」という回答が多く寄せられました。一緒に生活するようになって問題が生じるカップルも少なくありませんから、「自分も同じことになるのでは」と心配になってしまうかもしれません。

また、結婚してからもお金に不自由せず生活できるのか不安に思う女性も多くいます。特に彼氏との金銭感覚のずれが気になっている女性ほど、そう思っているようですね。

ほかにも、結婚後に家事がこなせるのかが不安、という声も多く挙がりました。女性は仕事との両立を求められるケースが多いですから、それもネックになっているようです。

既婚女性に調査「結婚を後悔したことがある?」

それでは、結婚してからは、実際にどんなことで「結婚を後悔する」のでしょうか? 既婚女性にアンケートで聞いてみました。

結婚を後悔したことがある人の割合

Q.結婚を後悔したことはありますか?はい(47.0%) いいえ(53.0%)

(※2)有効回答数198件

「結婚を後悔したことがある」という女性は47.0%でした。およそ2人にひとりが後悔したことがあるようで、これは多いといえるでしょう。

結婚を後悔した理由

では、なぜ結婚を後悔したのでしょうか? 上の質問に「はい」と回答した女性93人に、その理由を聞いてみました。(※2)

夫との価値観がちがった

・「夫が子どもより自分や妻を優先するため、子どもを一番に考えてほしい私との考え方の不一致」(34歳/印刷・紙パルプ/その他)

・「性格が合わない、一緒に生活するのが苦痛」(30歳/医療・福祉/専門職)

夫とトラブルがあったから

・「旦那が結婚して一カ月で出会い系サイトに登録しているのを偶然見てしまったから」(40歳/情報・IT/その他)

・「ケンカばかりで口を利かないときが続いたことがあり、そのとき後悔した」(31歳/金融・証券/専門職)

自由な時間がないから

・「自由な時間と自由に使えるお金もなく、自由に外出できない、毎日の家事に疲れたとき」(41歳/機械・精密機器/その他)

・「共働きで夫のほうが早く帰ってきてもご飯は私がつくっていた時期があり、そのせいで寝る時間をつぶしてしまった」(31歳/その他/その他)

金銭面が苦しい

・「本当はこの人でなくて、もっと経済力のある人がよかったんじゃないかと、金銭的に苦しいときにいつも思う」(39歳/その他/事務系専門職)

・「金銭的に余裕がなくなった。自分のしたいことがほとんどできなくなった」(27歳/その他/その他)

多く挙がったのが「夫との価値観がちがったこと」でした。価値観や考え方にずれがあるのは仕方ないですが、それがお金の使い方や家事・育児の協力など、結婚生活に悪影響を及ぼすとなれば、話は別ですよね。

また、夫の浮気などトラブルが起こったときも、当然ですが結婚を後悔するものです。

ほかには、「自由な時間がないこと」で後悔する女性も多くいます。家事などで時間が取られるのは仕方ないですが、まったく余裕がなくなるのはつらいですよね。

結婚を後悔したことがない理由

続いて、上の質問に「いいえ」と回答した女性105人に、「結婚を後悔したことがない理由」を聞いてみました。(※2)

夫婦仲が円満だから

・「お互いがお互いのことを尊重しているし、無理なことは求めないようにしている。毎日ちゃんと言葉にして『大好き』などと気持ちを伝えたり、感謝の言葉も言いすぎなくらい言うようにしているから」(29歳/商社・卸/その他)

・「『この人しかいない!』という人と結婚できたということ。そしてその後の生活もお互い感謝の気持ち、思いやりを忘れずに生活しているから」(29歳/その他/その他)

子どもがかわいいから

・「子どもができて毎日忙しいですが、子どもたちの成長が楽しみで、子どもメインの生活で毎日楽しんでいます。収入は少ないですが、子育てできる最低限の貯蓄も楽しみのひとつです」(35歳/その他/その他)

・「子どもにも恵まれ、家族で楽しく暮らせているから」(42歳/その他/営業職)

経済的に不自由していないから

・「安定した収入があることと、夫婦間に不満がないこと」(34歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

・「経済的に充実しているから」(29歳/その他/その他)

「夫婦仲が円満だから」という回答が特に多く挙がりました。夫婦仲よくすごせているのなら、結婚してよかったと思うことはあっても後悔することはないでしょう。

子宝に恵まれたことや子どもの成長が楽しいので、結婚を後悔していないという回答も見られました。

また、経済的に安定した生活を送っていることで、不満を感じないという人も多くいます。夫婦円満、お金にも困っていないのなら、何も言うことはないでしょうね。

結婚を後悔しないためにできること

結婚を後悔しないためにできること

では、結婚を後悔しないためには、どのようなことに気をつけるといいのでしょうか? 既婚女性に、結婚前と結婚後の両方で「後悔しないために心がけておくといいこと」を聞いてみました。(※2)

結婚前にやっておくといいこと

まず、結婚する前にやっておくといいこととして、どのようなことがあるでしょうか?

同棲を経験しておく

・「相手のご飯の好みや家事への協力、生活費など金銭面など、付き合っているときにはわからないことが見えてくるから」(31歳/その他/その他)

・「一緒に暮らしはじめて知る、普段の生活態度や意識がわかるから」(39歳/その他/事務系専門職)

貯金をしておく

・「いつ妊娠出産、転職または辞職してもいいように。相手の貯金がなくても期待してがっかりすることがないから」(22歳/その他/その他)

・「医療費や安定した生活のため。お金に余裕がなくなると心身ともにしんどくなる。大事な人とのつながりを保つため」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

結婚後の生活について話し合う

・「お金の管理の話。お小遣いの額や、お金の使い方で揉める夫婦が多い」(31歳/金融・証券/専門職)

・「出産前、女性が働いているうちはお財布が別でもそこまで問題はないけれど、産休だったり退職すると話が変わってくるもの。しかし、男性側はそこまでのことととらえていなかったりして、財布をひとつにする話し合いが進まなかった経験が自分もあったし、まわりでもけっこう聞くので。家事分担は途中からだとなかなか難しいので最初が肝心」(39歳/その他/その他)

結婚前のポイントとして多く挙がったのが「同棲」でした。一緒に暮らすことで、付き合う中では気づかなかった価値観を再確認し、結婚生活をシミュレーションできます。結婚したあとに「こんなはずじゃなかった」と思うことを減らせるでしょう。

また、結婚式や新生活の準備、結婚後の生活でもお金が必要ですから、独身のうちに貯金をしておくといいですね。

結婚後の方針や役割を事前に話し合うことも重要です。これも結婚後のミスマッチを減らすために大事なポイントですね。

結婚後にやっておくといいこと

次に、結婚後に心がけるといいと思うことについても聞いてみました。

感謝の気持ちを忘れない

・「お互いに感謝を忘れないこと。仕事、掃除、洗濯、料理、(育児)どれもやらなくてはいけないこと。全部ひとりでこなすのは大変。できることをできる人がすればスムーズ。そこでお互いに感謝の気持ちがあれば、『またがんばろう』ってお互い思えるから。当たり前のことだけど一番大切」(36歳/その他/その他)

・「感謝と謙虚な気持ちを心がけること。自分のことを棚に上げて相手に求めすぎたり、なんでもやってもらって当たり前になってしまうことが多いから」(42歳/医療・福祉/専門職)

なんでも話し合う

・「話し合って、元々のちがう考え方を擦り合わせていくことが、今後一緒に生活していく上で必要なことだと思う」(25歳/その他/販売職・サービス系)

・「お互いの主張を言える関係をつくること。結婚がふたりの生活のスタートなのだから、お互いの言いたいことが相手を傷つけることなく伝えられることが一番楽だと思います。下手に気を使って言いたいことが言えないまま、子どもが生まれたり生活が変わっていくと、あとが大変」(39歳/小売店/販売職・サービス系)

自由な時間をつくる

・結婚したからといって自分の時間を犠牲にしすぎると、自分自身が苦しくなるので、ときにはひとりの時間も大切にし、リフレッシュすればまた相手をきちんと思いやることもできると思うから」(30歳/その他/その他)

・「何もしない、自分の時間をつくると家族にもやさしくできそう」(29歳/商社・卸/その他)

多く挙がったのが「感謝の気持ちを忘れない」「なんでも話し合う」「自由な時間をつくる」でした。感謝の気持ちを忘れてしまえばお互いに不満が募りますし、一緒にいるのが苦痛になりますよね。お互いをより理解してよき関係を築くためにも、話し合いは欠かせません。

相手を気遣うことは大事ですが、そのために我慢が続くとストレスになってしまいます。適度に自由な時間を設けることも、夫婦円満のコツだといえますね。

相手を尊重する心を持とう

アンケートの結果、未婚女性のおよそ6割が結婚生活に不安を感じているとのこと。中でも「長く一緒にいられるのか不安」なことが理由で、結婚を心配している女性が多いようです。

また、既婚女性へのアンケートでは、半数近くが結婚を後悔しており、その多くが「価値観のちがい」によるものだとわかりました。価値観のちがいによって相手に不信感が募り、長く一緒にいるのが苦痛になるわけです。

ですから、結婚を後悔しないためには、価値観のちがいをあらかじめ理解したり、ズレを修正することが必要。

結婚前・後にかかわらず、相手を尊重してしっかりと話し合えば、価値観のちがいをなくしたり、ちがいがあっても乗り越えることができるでしょう。

(中田ボンベ/dcp)

※画像はイメージです。

(※1)マイナビライフサポート調べ
調査日時:2019年2月15日~2月19日
調査人数:102人(20~44歳の未婚女性)

(※2)マイナビライフサポート調べ
調査日時:2019年2月15日~2月19日
調査人数:198人(22~44歳の既婚女性)

結婚に関するキーワード

結婚に関する記事

結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 結婚 「結婚を後悔」なんかしたくない。独身時代にすべきこと、結婚後にできること
結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 結婚 「結婚を後悔」なんかしたくない。独身時代にすべきこと、結婚後にできること

結婚相談所ナビは
"結婚したい"と思う人の
「第一歩」を応援するサイトです

結婚相談所ナビ

婚活の正しい情報、婚活の不安を解消する情報をお届けし、最高の結婚相手と出会うための第一歩をサポートいたします。