結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 結婚 年の差婚の実態調査! 女性が年上の夫婦がうまくいく理由

年の差婚の実態調査! 女性が年上の夫婦がうまくいく理由

年の差婚の実態調査! 女性が年上の夫婦がうまくいく理由

かつては女性のほうが年下の夫婦が多い傾向にありましたが、昨今は女性のほうが年上の夫婦の割合が少しずつ増えているそうです。

では、男性が年下であることには、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか? 実際に年下男性と結婚した女性に聞いてみました。

「妻が年上」夫婦の年齢差、理想と実態

■「妻が年上」夫婦の年齢差、理想と実態

妻と夫の年の差は何歳の夫婦が多いのでしょうか? 年下の男性と結婚している女性に聞き、多い順にランキングにまとめてみました。

実際の年齢差は?

Q.旦那さんとは何歳差ですか?第1位 1歳差(39.0%) 第2位 2歳差(24.5%) 第3位 3歳差(12.5%)

※有効回答数200件

もっとも多かったのが「1歳差」、次いで「2歳差」となりました。3位も「3歳差」ですから、年下といってもあまり大きな年の差はないようです。4位の「6~10歳差」くらいになると「年の差カップル」という印象が強くなりますが、8.0%と少数。姉さん女房が増えているといっても、目立つような年齢差のカップルはそこまで多くないのかもしれませんね。

何歳差だとうまくいくと思う?

続いて、女性が年上の場合、夫婦関係がよりうまくいくような年の差は何歳だと考えられているのでしょうか? 「理想的だと思う年の差」をアンケートで聞き、回答数の多い順からランキング化しました。

理想の年齢差はいくつ?

Q.女性が年上の夫婦では、旦那さんと何歳差だと一番うまくいくと思いますか?第1位 1歳差(26.5%) 第2位 3歳差(25.0%) 第3位 2歳差(22.5%)

※有効回答数200件

ランキングにまとめたところ、第1位は「1歳差」となりました。僅差で「3歳差」が続きます。3位も「2歳差」で、計74%もの女性が「夫が1~3歳年下だと夫婦関係がうまくいく」と考えていますね。

理想の年齢差の理由は?

上の質問で回答してもらった年の差について、なぜその年齢差だとうまくいくのかを聞いてみました。

・「1歳差。あまり離れると会話の話題がずれたり、女性が年上だと、どこかしら老化が顕著になるので」(夫が2歳年下/41歳/その他/その他)

・「3歳差。近すぎず離れすぎずで、甘えたり甘えられたりしやすいと思う。かわいいなと思う瞬間もあるし、頼れるなと思える瞬間もあると思う。近すぎると年下の感覚がほぼない。離れすぎると甘えられない気がする」(夫が1歳年下/35歳/その他/販売職・サービス系)

・「2歳差。実際私たちも2歳差で、離れすぎているわけでもないので話題も合うし、身体を使ったスポーツとか今後も長く一緒にできるからです」(夫が2歳年下/32歳/既婚/その他)

・「5歳差。これくらい離れていたら女性側が大人になれて、ケンカにならないと思うので」(夫が2歳年下/43歳/学校・教育関連/専門職)

・「6~10歳差。離れているほうがお互いの価値観を尊重し合える余裕ができると思うから。近すぎるとちょっとしたプライドでケンカになるかも」(夫が6~10歳年下/36歳/その他/その他)

「1歳差」では「年の差を感じないから」という回答が多く挙がりました。たしかに大人になれば1年の差ぐらいはあまり気にならないものですよね。次に多かった「3歳差」では「ちょうどいい」という回答が目立ちました。1歳差だと近すぎますし、あまり離れていてはジェネレーションギャップが大きいでしょう。年の差を「程よく」感じるにはちょうどいい年齢差なのかもしれません。一方で、「6~10歳差」など年齢差が大きい場合は、一歩引いて相手を尊重できるとのこと。いわゆる「大人の対応ができる」ということですね。

「妻が年上」夫婦のメリット・デメリット

■「妻が年上」夫婦のメリット・デメリット

次に、夫より年上でよかったと思う女性はどのくらいいるのかを調べてみました。なぜそのように思うのかという理由も一緒にアンケート調査を行いました。

夫より年上でよかったと思う人の割合

Q.年の差婚でよかったと思いますか?はい(66.0%) いいえ(34.0%)

※有効回答数200件

7割近い女性が、「年の差婚でよかった」と回答しました。経験者の声ですから、年下の彼氏との結婚を考えている人にとっては頼もしいデータですね。

夫より年上でよかった・よくなかったと思う理由

上の質問で「よかった」と答えた理由、「よくなかった」と答えた理由を聞いてみました。

よかったと思う理由

・「自分が年上だけど若い気分でいられると思う」(夫が4歳年下/34歳/医療・福祉/専門職)

・「旦那が若いと将来の不安も若干少ない」(夫が5歳年下/37歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「精神的に優位に立てる。何かあっても『年下だからしょうがないな』と思える」(夫が2歳年下/39歳/その他/その他)

年の差婚のよかった点はこのようになりました。多くの女性が「若い気分でいられる」と回答しています。また、収入や子育てなどの面で長期間頼れるため、その点が助かるという声も見られました。女性側が年上ということで、優位な立場になれるのもよかったと思う点のようです。

よくなかったと思う理由

・「相手が子どもじみていて、年上の人と結婚したほうがよかった」(夫が5歳年下/42歳/その他/その他)

・「男のほうが精神年齢が低いのに、男が年下だと実年齢よりかなり精神年齢が低くて、ケンカなどもめたときに幼稚すぎてめんどくさい」(夫が2歳年下/28歳/その他/その他)

・「女性が年上だと、3歳差でも自分だけがおばさんのカテゴリーに入ってしまったように感じる。義母が、夫の年齢は忘れても、私の年齢は決して忘れず、嫌な気持ちになる」(夫が3歳年下/40歳/その他/その他)

「よくなかったと思う理由」では、多くの女性が「相手の精神年齢が幼い」と回答しました。年下なので考え方などが自分より幼くても仕方ないかもしれませんが、その点が我慢できなかったりするようです。また、ふとした瞬間に年の差を実感して、ネガティブな気分になる女性もいるようでした。

「妻が年上」夫婦のメリットって?

それでは、「女性が年上の夫婦」のメリットは、具体的にどんなことなのでしょうか? 妻自身が考えるメリットと、夫から聞いたことのあるメリットを、それぞれ挙げてもらいました。

妻にとってのメリット

●主導権が握れる
・「亭主関白になりにくく、自分の意見が言いやすい」(夫が2歳年下/37歳/医薬品・化粧品/その他)

●若く見える
・「年下のノリだったりパワーだったり、常に吸収しているのでいつまでも若々しくいられるし、いつまでも若々しくいようと思う」(夫が5歳年下/28歳/その他/その他)

●長く働いてくれる、体力がある
・「自分が定年になってもその先も働いてくれる。体力があるので子どもの相手を長くしてくれる」(夫が4歳年下/31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「妻にとってのメリット」はこのようになりました。家庭の中で主導権が握れることをメリットだと考えている女性は多いようです。もちろん限度はありますが、あれこれ我慢しなくていいのはストレスになりませんよね。また、若い夫に合わせることで自分も若く見られることや、仕事面などで長期間頼れることも大きなメリットのようです。

夫にとってのメリット

●甘えられる
・「相手が年上だと思うと甘えてもいい気がするから」(夫が3歳年下/40歳/学校・教育関連/専門職)

●頼れる
・「自分が頼りないかなと思うときも奥さんが年上だと頼れたりする」(夫が1歳年下/35歳/その他/その他)

●気が利く
・「まわりに対する気配りができると言われる」(夫が1歳年下/32歳/その他/その他)

「夫にとってのメリット」としては、妻が年上ということで「甘えやすい」「頼れる」ことが挙げられました。また、「姉さん女房は気が利く」ようで、それがメリットだという女性も多くいます。相手に甘えたいタイプの男性にとっては助かることですよね。

「妻が年上」夫婦のデメリットって?

反対に、「女性が年上の夫婦」のデメリットはどんなことなのでしょうか? 夫婦それぞれのデメリットを聞いてみました。

妻にとってのデメリット

●頼れない
・「いざというとき、経験値が足りないので頼りづらい」(夫が6~10歳年下/38歳/その他/事務系専門職)

●甘えられない
・「甘えたくても甘えられない。いつも年下だからという理由で逃げられる」(夫が3歳年下/30歳/医療・福祉/専門職)

●老けて見られる
・「いくら若くいようとしても年には勝てない」(夫が5歳年下/39歳/その他/その他)

妻にとってのデメリットでは、「頼れない」「甘えられない」という回答が多く挙がりました。頼れる年下もいるでしょうが、過度に頼ったり、甘えたりはできないようです。また、年が離れている場合は、夫の容姿と自分の容姿が比べられるなど、老けて見られるのもデメリットだそうです。

夫にとってのデメリット

●主導権が握れない
・「年下扱いされる。たまに見下される」(夫が5歳年下/43歳/食品・飲料/その他)

●容姿の差が気になる
・「奥さんが早く年を取る」(夫が6~10歳年下/42歳/その他/その他)

●出産のリミット
「子どもを産む年齢のリミットがすぐ来る」(夫が4歳年下/31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「夫にとってのデメリット」はこのようになりました。頼りないと思われて主導権が握れないのはたしかにデメリットでしょう。何事も伺いを立てないといけない生活はつらいでしょうね。また、当然ですが相手のほうが早く老けてしまうので、見た目に差ができてしまうことをデメリットと感じる男性がいるようです。出産に関しても、子どもがほしい男性は女性の年齢が気になるかもしれませんね

「妻が年上」夫婦が幸せになるには

最後に、女性のほうが年上の夫婦が幸せな結婚生活を送るために、どんなことが大切かを調べました。

夫婦円満の秘訣とは?

円満な夫婦関係を続けるためには、どんなことを心がけるといいのでしょうか? アンケートで聞いてみました。

お互いを敬う

・「年下であっても一家の大黒柱であるので、年上だからと上から見ずに、家長としてなんでも相談し信頼することが大切だと思います」(夫が6~10歳年下/36歳/その他/その他)

感謝の言葉を忘れない

・「家事に育児に仕事、どれをとっても大事なはずなので、お互いにありがとう、という言葉を伝えるべきだと思う」(夫が1歳年下/34歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

年齢を気にしない

・「どっちが年上か年下かを気にしすぎたり、それに優劣をつけるとケンカになりそう」(夫が4歳年下/31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

寄せられた回答の中で特に多く挙がった3つをまとめてみました。「お互いを敬うこと」は、夫婦生活を円満に過ごすためには欠かせないものです。「感謝の言葉」も大事ですよね。年齢差のある・なしに関係なく忘れてはならないものでしょう。また、年齢差を変に意識しないことも大切です。同い年くらいの感覚で過ごすといいかもしれませんね。

結婚前にメリット・デメリットを理解しておこう

「姉さん女房」の女性にアンケートで聞いてみたところ、およそ7割近い女性が「年の差婚でよかった」と回答しています。一緒にいることで若くいられる、子育てなどで頼れるといったことが、その理由とのことです。「頼りにくい」などのデメリットもありますが、「お互いに敬う」「お互いに感謝の言葉を忘れない」「年齢を気にしない」などの夫婦円満の秘訣を心がければ、取るに足らない問題かもしれません。年下の彼氏との結婚を考えている人は、今回紹介したメリットやデメリットを踏まえて考えてみるといいでしょう。

(中田ボンベ/dcp)

※画像はイメージです。

※マイナビライフサポート調べ
調査日時:2019年2月19日~2月20日
調査人数:200人(22~44歳の年下の男性と結婚している既婚女性)

人気の婚活マッチングアプリ [PR]

Omiai

人気の婚活マッチングアプリ [PR]

1日約1万組がマッチング!恋活・婚活なら『Omiai(オミアイ)』

結婚に関するキーワード

結婚に関する記事

結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 結婚 年の差婚の実態調査! 女性が年上の夫婦がうまくいく理由
結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 結婚 年の差婚の実態調査! 女性が年上の夫婦がうまくいく理由

結婚相談所ナビは
"結婚したい"と思う人の
「第一歩」を応援するサイトです

結婚相談所ナビ

婚活の正しい情報、婚活の不安を解消する情報をお届けし、最高の結婚相手と出会うための第一歩をサポートいたします。