結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 結婚 スピード婚をするなら確認すべき3つのポイント

スピード婚をするなら確認すべき3つのポイント

スピード婚をするなら確認すべき3つのポイント

結婚を決断するタイミングは、人それぞれで違うものです。じっくりお付き合いをしてから考える人もいれば、出会った瞬間に結婚を意識して「スピード婚」をする人もいます。それほど早く結婚を決断できるのはなぜなのでしょう。そこで、スピード婚事情にスポットを当ててアンケート調査し、スピード婚のメリット・デメリットや、スピード婚をするなら何を確認しておくといいのかを調査しました。

■スピード婚の定義って?

そもそも、スピード婚とは何でしょうか。世間の一般的なスピード婚に対するイメージを未婚女性に聞いてみました。

◇スピード婚といわれる期間って?

どれくらいの期間までがスピード婚となるのでしょうか。

Q. スピード婚とは交際から結婚までがどのくらいの期間の結婚のことだと思いますか?

Q. スピード婚とは交際から結婚までがどのくらいの期間の結婚のことだと思いますか?  第1位 半年未満(37.5%) 第2位 3カ月未満(37.1%)第3位 1年未満(23.3%) 第4位 9カ月未満(1.8%) 第5位 1年以上(0.3%)

(※1)有効回答数283件

「半年未満」が1番多い回答で、次いでほぼ同数で「3カ月未満」という回答でした。一方で「1年以上」と答えている人はごくわずかです。出会って1年以内に結婚することがスピード婚だというイメージが強いのだと考えられますね。

◇スピード婚のイメージは?

スピード婚に対するイメージは、それぞれどのようなものがあるのでしょうか。コメントを紹介します。

・「スピード婚というと、できちゃった婚のイメージがあるのであまり良い印象は持っていませんが、それもひとつの形としてありなのかな?と考えています」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「どの年代なのかによってもイメージは異なります。30代のスピード婚であれば、真剣に婚活した結果なのだと思います」(37歳/情報・IT/その他)

・「余りにも早すぎると周囲に反対されそうですし離婚率が高そうで、お互いの将来を真剣に考えていなさそうなイメージ」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

コメントを見ると、子どもを授かったことにより結婚を決めるイメージが強いという意見が多く見受けられました。また、結婚する年代によってもイメージは変わるようです。

短い期間でも、適齢期の人が婚活を行った結果であれば、いい人と出会えたのだと納得できるという意見もありました。

■スピード婚をする人は実際どのくらいいるの?結婚までの期間は?

では、実際にスピード婚で結婚する人はどれくらいいるのでしょうか。

◇スピード婚だったと思う?

既婚者を対象に、自分はスピード婚だったのかどうかを調査しました。

Q. あなた自身はスピード婚であったと思いますか?

Q. あなた自身はスピード婚であったと思いますか?  はい(35.3%) いいえ(64.7%)

(※2)有効回答数249件

アンケートの結果、自分はスピード婚だったと回答した割合は35.1%でした。対象者内では、スピード婚をした人はそうでない人に比べると少ないことがわかりました。

しかしながら、対象者のおよそ3人にひとりはスピード婚だったことになりますので、スピード婚もめずらしくはないようです。

◇スピード婚までの期間

上の質問に「はい」回答した女性87人に、交際から結婚までの期間はどのくらいであったかを聞いてみました。

Q. 交際からどのくらいで結婚しましたか?

Q. 交際からどのくらいで結婚しましたか?  第1位 1年未満(34.5%) 第2位 1年以上(29.9%) 第3位 半年未満(16.1%) 第4位 9カ月未満(13.8%) 第5位 3カ月未満(5.7%)

(※2)有効回答数87件(スピード婚だったと回答)

アンケートの結果、もっとも多い回答が「1年未満」。次いで、「1年以上」となりました。イメージとは異なり、「1年程度」交際してから結婚する場合も、早く結婚したという印象があるようです。

■スピード婚のメリット・デメリット

ではスピード婚にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょう。スピード婚をした女性に聞いてみました。

◇スピード婚のメリット

・「恋愛には盛り上がりがあるので、その盛り上がった状態のところで結婚できる」(44歳/その他/その他)

・「将来子どもが欲しい場合やすでに妊娠している場合は、籍を入れることで安心につながる」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「相手のことを知り尽くしてしまうと、結婚してから新しい魅力を発見することができないので、楽しみが多いこと」(43歳/その他/その他)

スピード婚のメリットは「恋愛感情が盛り上がった状態のまま、勢いで結婚できるから良い」とした回答が多く見受けられました。

また、スピード婚は相手のことをあまり知らない状態で結婚することもあります。そのため、結婚後も相手のことを知る楽しみがあり、常に新鮮な気持ちで結婚生活を送れるという意見もあります。

◇スピード婚のデメリット

・「お互い良く知らないまま結婚してしまうので、結婚した後になって悪い部分が出てきても引き返せないというところ」(44歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「相手だけではなく、相手の家族や親戚のことを把握できておらず、困ったことが少なからず出てくる気がする」(44歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「付き合ってからの2人の思い出が少ないこと。後々知らない部分が離婚の原因にもなり得る」(26歳/その他/その他)

デメリットでは、結婚してから相手の悪い部分が見えてくるという回答が多くありました。交際期間が短いと、相手の良いところだけしか見えていない傾向があります。その状態で結婚すると、お互いに日常生活を共にしていくなかで相手の嫌な面やだらしない部分なども見えてくるので、理解できないことが多々発生してしまいますよね。

また、結婚は当人同士の問題だけではありません。相手の両親や親戚と上手くいかないと、結婚生活は厳しいものになってしまうでしょう。

■スピード婚をするなら確認しておきたいポイント

スピード婚をするなら、何を確認しておけば良いのでしょうか。

◇スピード婚をするなら確認しておくべき3つのポイント

☆金銭感覚

・「金銭感覚、暴力をふるわないかどうか。あとは経済力があるかどうか。生計を共にするので、一緒に生活できるかどうかは重要」(31歳/その他/その他)

☆相手のご両親

・「相手の両親がどんな性格でどんな考えなのかしっかりと確認しておくべき」(32歳/その他/その他)

☆価値観

・「その後の生活を維持していくためにも、結婚やその後の生活に関する価値観のすり合わせだけはしておかないといけないと思います」(33歳/医療・福祉/専門職)

回答のなかでも特に多かったのは、相手の「金銭感覚」と「借金の有無」でした。結婚生活とお金は切っても切り離せないものです。相手の金銭感覚が自分とずれていると、家計を圧迫しかねません。

また、相手に借金があれば、一緒に返済をしなければならなくなります。そういったことからも、相手の経済状況と金銭感覚を確認しておくことはとても重要だということがいえますよね。

次いで多かった回答は、相手の両親についてです。両親の健康状態によっては、面倒をみることになるケースもあります。同居を余儀なくされる場合もあるでしょう。後々のトラブルにならないためにも、お互いの両親を交えて将来のことまで話し合っておく必要があるのだと言えます。

■確認すべきポイントをおさえて幸せな結婚生活を!

交際期間が短いスピード婚は結婚後もお互い新鮮な気持ちで生活できるものです。しかし、相手のことをよく知らないと、両親のことや金銭でトラブルが起こる可能性も無視できません。スピード婚とはいえども、できるだけ相手のことを知り、結婚を決断するようにしましょう。

文:tamago

※画像はイメージです

※1 マイナビライフサポート調べ
調査日時:2018年10月17日~10月25日
調査人数:283人(20~44歳の女性)

※2 マイナビライフサポート調べ
調査日時:2018年10月16日~10月21日
調査人数:249人(24~44歳の既婚女性)

結婚に関するキーワード

結婚に関する記事

結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 結婚 スピード婚をするなら確認すべき3つのポイント
結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 結婚 スピード婚をするなら確認すべき3つのポイント

結婚相談所ナビは
"結婚したい"と思う人の
「第一歩」を応援するサイトです

結婚相談所ナビ

婚活の正しい情報、婚活の不安を解消する情報をお届けし、最高の結婚相手と出会うための第一歩をサポートいたします。