結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 結婚 結婚を前提に付き合った相手と結婚するには?

結婚を前提に付き合った相手と結婚するには?

結婚を前提に付き合った相手と結婚するには?

お付き合いをする際は、「結婚を前提」で付き合うことができると安心ですね。ただ、結婚までに何が起こるかわかりませんから、確実に結婚できるとは限りません。では、実際に結婚まで至った人はどのくらいいるのでしょうか? 今回は「結婚を前提に付き合った場合に結婚まで至る割合」や「結婚まで至る女性の特徴」を、既婚男性へのアンケートをもとに探ります。

■結婚を前提にお付き合いしたら結婚できる?

まずは、既婚男性に「結婚を前提としたお付き合いをしたことがあるか」を聞き、そのうちどのくらいの人が「結婚まで至ったのか」を調べてみました。

◇結婚を前提にお付き合いしたことがある?

Q.結婚を前提にお付き合いしたことはありますか?

Q.結婚を前提にお付き合いしたことはありますか?  はい(80.6%) いいえ(19.4%)

※有効回答数247件

「結婚を前提にお付き合いしたことがある」と回答したのは全体の約81%。およそ5人に4人の割合で、結婚を前提とした真剣な交際をしたことがあるとのことです。では、このうちどのくらいの人がその相手と結婚したのでしょうか?

◇結婚を前提にお付き合いした人と結婚した?

Q.そのお相手と結婚しましたか?

Q.結婚を前提にお付き合いしたお相手と結婚しましたか?  結婚した(90.5%) 結婚しなかった(9.5%)

※有効回答数199件

「結婚を前提にお付き合いしたことがある」という男性の約9割が、その相手と結婚したと回答。最初から結婚を考えて付き合った場合は、ほとんどが結婚に至るということですね。

◇結婚できた理由・できなかった理由

続いて、「結婚できた」と回答した199人には結婚できた理由を、できなかった19人にはなぜできなかったと思うのかを聞いてみました。

☆結婚できた理由

・「『結婚しよう』と決めてから交際したから。年齢的にもそろそろ結婚しないとまずいと思っていたし、結婚してもよいと思える相手だった。相手も結婚を望んでくれた」(38歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「お互いの価値観が似ていた。自分が三男というのも相手にとって都合がよかった」(44歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「お互い一緒にいたいと思ったからだと思います。あとは相手に急かされたから」(29歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

多くの男性が「結婚を前提に付き合ったから」と回答しています。目的が明確ならお互いに協力しながら進めますし、準備もできますから、結婚に至りやすいのでしょう。また、「価値観の一致」も大事な要素。結婚を決める最後の後押しになったケースも多いようです。

☆結婚できなかった理由

・「その人の欠点が徐々に見えてきた。価値観がちがった」(44歳/その他/その他)

・「2人ともまだ若かった。就職を機に遠距離になってしまいすれちがいが多くなった」(42歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「自分の家族が受け入れなかったから」(44歳/小売店/販売職・サービス系)

結婚できなかった理由でで多く挙げられたのが「価値観の相違」です。結婚できた理由では「価値観の一致」が多く挙がっていましたから、その反対となるとやはり結婚は難しいでしょう。

また、いくら結婚を前提に付き合ったとしても、付き合う中でいろんなトラブルが起こるものです。結婚が前提といっても、誰もが結婚に至るとは限らないようです。

■結婚に至った女性の特徴

結婚を前提にお付き合いした場合、どのような女性なら結婚に至りやすいのでしょうか? 既婚男性に、結婚した相手はどのような女性だったのかを聞き、その特徴を調べてみました。

◇どんな女性が結婚まで至っているの?

☆優しい

・「優しい。自分に合わせてくれる素敵な女性」(28歳/金融・証券/専門職)

・「3歩後ろを付いてきてくれるような人で、自分のことより相手のことを第一に考えてくれる優しい人です」(26歳/運輸・倉庫/技術職)

☆明るい

・「明るくて人付き合いがよい」(39歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「明るくて話好きで、付き合っていてこっちが楽だった」(31歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

☆しっかりしている

・「自分の意思をしっかり持っていて、それをちゃんと表現できる」(43歳/電力・ガス・石油/営業職)

・「相手に流されず自分の意見をしっかりと述べ、それでいて私の話も聞いてくれる」(44歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

結婚に至りやすいと思う女性の特徴を聞いたところ、このようになりました。やはり多かったのがこちらを思いやってくれたり、尊重してくれたりする「優しい性格」の女性です。そういう女性は手放したくないと思ってしまいますよね。

また、明るい性格の女性も同様です。ずっと一緒にいるのなら、明るい性格の女性がいいと思うでしょう。考え方などがしっかりしている女性も高評価のようで、多くの男性が結婚を決める要因になったと回答しています。

■結婚を前提に付き合って結婚するために気をつけるべきこと

最後に、結婚を前提に付き合った場合、どのようなことに気をつけると結婚に至りやすいのでしょうか? 注意点を聞いてみました。

◇結婚を前提に付き合った場合の3つの注意点

☆相手を尊重する

・「相手を思いやること。思いやりがなければ、付き合いは長続きしないから」(39歳/生保・損保/その他)

・「自分のことばかりでなく、相手のことを尊重して考えて行動すること」(38歳/自動車関連/販売職・サービス系)

☆相手を深く理解する

・「よく会話をして相手を理解し、合わない部分も視点を変えて受け入れられるようにすることが必要。完璧な人はいない」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「相手を理解すること。それができないと話が合わないし、いつまでたってもお互いを知ることができない」(30歳/小売店/事務系専門職)

☆価値観を大切にする

・「価値観が合うかどうかが大事。そこが異なるとやっぱりうまくいかない気がするから」(39歳/その他/その他)

・「お互いの価値観を確認すること。価値観が合わないと長く続かない」(41歳/金融・証券/営業職)

結婚に至るためには「尊重」「理解」「価値観」の3つが重要とのこと。特に相手を尊重することと理解することは多くの男性が挙げており、もし価値観が一致しなくても、相手を理解して尊重する気持ちがあれば、うまく受け入れられるかもしれませんよね。

■結婚を前提として付き合えば結婚できる可能性は高い

アンケートの結果、結婚を前提として付き合った場合は「結婚に至る可能性は高い」とのことでした。およそ9割が結婚に至っていますから、付き合う段階でお互いに「結婚前提」ということを確認しておくと結婚しやすいでしょう。

ただし、結婚が前提だからといって無条件で結婚できるわけではありません。結婚に至った人はいずれも相手を尊重するなど相応の努力をしています。

もし、結婚前提の付き合いを望んでいるのなら、相手を尊重して理解することを心掛けるといいですね。

(中田ボンベ/dcp)

※画像はイメージです

※マイナビライフサポート調べ
調査日時:2018年12月22日~12月26日
調査人数:247人(20~44歳の既婚男性)

結婚に関するキーワード

結婚に関する記事

結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 結婚 結婚を前提に付き合った相手と結婚するには?
結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 結婚 結婚を前提に付き合った相手と結婚するには?

結婚相談所ナビは
"結婚したい"と思う人の
「第一歩」を応援するサイトです

結婚相談所ナビ

婚活の正しい情報、婚活の不安を解消する情報をお届けし、最高の結婚相手と出会うための第一歩をサポートいたします。